やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハードを牽引する人気シリーズなんてもうないのか?

 『忍之閻魔帳』さんによると、『FFXII インターナショナル』の消化率がヤバいらしい。分かりやすく言い換えると、すげー売れ残っているよとのことです。

 『FF12』はもちろん僕は(PS2が動かないので)未プレイなんですが、「壁を乗り越えると実は良いゲームだと気付く」とネット上で言われているのをよく見かけていたので……過去のインターナショナル版と比べても絶不調だというのは驚きました。


 確かに……インターナショナル版で二度目を売って稼ごうという考え方自体が、“暗黒期”を乗り越えた今のゲーム業界には向いていないのかも知れませんね。情報収集能力さえあれば面白いゲームって沢山あるもんなぁ。同じゲームを二度やる気にはなれないか。

B000QXV42OファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム(シークレットDVD同梱)

スクウェア・エニックス 2007-08-09
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ちょうど、この時期に野安さんのブログで「人気シリーズの続編が据置ゲーム機の勝敗を分けることにはならない」という記事がアップされました。

 全然違う文脈で出てきた二つの話題ですが、あたかも「FF12は人気なかったから」「FF13にそれだけの求心力はない」と繋がりかねない流れになってしまったような……話はそんなに単純なことじゃないと思うんですけどね。



 『FF7』『ドラクエ7』が初代PSを勝利に導いたというのは確かに一因はあったと思いますけど、実際僕は『FF6』が大好きだったけど『FF7』は買わなかったし……
 我が家がスーファミを買った決定打も『マリオワールド』ではなく『ストII』だったし、世間的な声も『F-ZERO』や『シムシティ』が「スーファミってこんなことが出来るんだ!」と思わせてくれたというのを聞いたことがあります。個人的には、友達宅で『ファイナルファイト』を見た時はビビったもんなぁ。ファミコンとは違って、こんなデカいキャラを動かせるんだ!って。


 でも、僕がWiiを買ったのは『ゼルダ』や『ファイアーエムブレム』があったからだし(どちらも売上げは…だったけど)、同じように人気シリーズの続編をやりたいからPS3を買いたいって人も大勢いるとは思います。シェア1位になれるかは別の話ですが……


 もちろん『FF13』については野安さんの意見に同感できるところも多くて……今のスクエニにおける『FF』って“一つのハードを勝利に導くキラータイトル”ではとっくになくなっていて、全てのハードの『FF』ブランド全体での成功を意識している気がします。
 PS3でもWiiでもDSでもPSPでも、『FF』と名の付く作品は発売しますしね―――ナンバリングタイトルだとか外注だとかは、ビジネスの中の一つの選択肢でしかなくなっているというか。良い意味でも悪い意味でも、『FF』や『ドラクエ』というブランド名はブランド名でしかないと割り切っているというか。

B000BQUU30ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト

スクウェア・エニックス 2007-08-23
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 スクエニのこの考え方って、実は凄い逆転の発想なんですよね。
 「シリーズものを何作も遊んでくれる人は減ってきている」という認識があるから、幅広い年齢層(ハード)に向けて逆に「シリーズものを沢山出す」という。

 コーエイの『無双』ラッシュとは、ちょっと意味合いが違います。
 そもそも、『FF』『ドラクエ』の場合はジャンルまで違いますしね。ファンに全作買ってもらおうとは、最初から考えていないフシがあります。
 どちらかというとメディアミックスとかに近いのかも。そういや、『ドラクエ』は昔っからジャンプで『ダイ大』やってガンガンで『ロト紋』やってアニメオリジナルのもあって『4コマ劇場』とかもありましたしね。小説版もあったなぁ……“入り口を増やす”考え方は、実は昔から持っていたんですよね。


 話ズレた……
 僕自身は野安さんが仰るほどには、そんなに急激にゲームファンの心情は変わっていないと思っているのですが。次の据置ハード戦争の頃には、そうなっているだろうなという気はします。

 我が家では居間でWiiが頑張っていますけど、喩えば(絶対にありえないけど)『ゼルダ』や『ファイアーエムブレム』がPS3かXbox360で出ていたならWiiではなくソッチを居間に置いていたか―――と言うと、それはないんですよ。何故なら、サイズがデカいから。面白いゲームが出るか以前に、居間に置くスペースが物理的にないのです。

 この喩えは物凄く限定的だと思いますけど、同じように「奥さんが興味を持ったのがWiiだった」とか「アプコン目当てにPS3買った」とか「友達みんながXbox360持ってオンラインやってる」とか―――据置機を買う理由に、少しずつ“遊びたいソフトの数”以外の要因が入りこんでいる気がするんですよ。


 でも……それを言い出すと、どの据置ゲーム機が勝つか鍵を握っているのは未婚率だとか出生率だったりするワケですし。キリがないような気もしますね。
 僕自身の予想では、未婚率はこのまま延々と上がり続けるだろうからPS3も独身男性に売れると思っているんですが……そう考えると、PS3は売れるけど年金制度は崩壊するとか、よく分からない話になりそうだ(笑)。

 とりあえず、子作りはゲーム内で。

B000SRVHWUアガレスト戦記 特典 スペシャルディスク付き

コンパイルハート 2007-09-27
売り上げランキング : 498

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 05:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/381-e4c650e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT