やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Wiiへのバッシングが始まった?始まれ、始まれ

 Wiiのバージョン3での不具合を修正したバージョンが配信されました。その名もバージョン3。
 何故に修正されたバージョンが同じ番号なんだ、ややこしい…

 任天堂から伝言板に送られたメールが「ちゃんと直ってるか不安ですが」的な、恐ろしく自信なさげな内容だったのは笑っちゃいましたが……僕が期待していた通りに「お盆休みまでに修正版を配信」したのは、きちんと評価したいと思います。
 もちろん不具合が出ないことがベストなんですが、不具合が出ても迅速に対応した今回はわりとベターな結果だったんじゃないかと思います。


 今回の不具合連発の中では飛び切りで酷かった『家計ダイアリー』のミスの後も、修正バージョンの『家計ダイアリー』は結構売れているそうですしね。コアなゲーマーが思っている以上に、ライトゲーマーは柔軟なのかも……と最近は思うようになりました。

 問題は、コアなゲーマーからの信頼が急激に落ちていることなんですけど……


 毎日のように紹介している野安さんのブログで、昨日も興味深い記事が。

 Wiiは、むしろ負け組である

 タイトルは煽る目的なんでしょうし、言いたいことはココ数回の記事と連動していて「ワクワクできるようなゲームソフトを」のところにあるんでしょうから……この記事そのものにツッコミを入れるつもりはなくて、僕としては続きの記事を楽しみにしているんですが―――


 個人的に気になったのは、この一行。
 「正直にいいますが、最近、ぜんぜんWiiでゲームを遊んでないんですよね。」

 『パワプロWii』『フォーエバーブルー』という新作ソフトと、月イチのペースでバーチャルコンソールソフトを購入しているせいでクリアする時間が確保できないほど充実している僕と。インターネットチャンネルにハマりつつあるウチの親父と。変わらず『みんなで投票チャンネル』を楽しんでいる我が家……というのは、やっぱり少数派だろうなとは前々から自覚していました。

 これは我が家が異常という話ではなく、任天堂がWiiを売り込もうとしたモデルケースとしての家族「ゲーム好きの子どもと、むしろゲームが嫌いでデジタル機器に苦手意識を持っていた両親」にガッツリ合致しているというだけであって(しかも、僕は家族をWiiに巻き込むために事前準備を仕込んできたのだし…)

 そうではない形態の家族にとっては、最初からズレがあったというのは確かなんですよね。


 これはWiiに限らず、DSとかPS3についてもそうなんですけど……

 「○○買ったけど、遊ぶソフトがないし。買って損した」
 という意見を見かける度に、僕はビックリしていました。だってさ、何万円もするものですよ?世間でどんなに騒がれていようとも、「遊びたいソフトがあるか」くらい調べてから買おうと思うじゃん。どんだけ無計画なんだ、と。何も考えずに6万円出してPS3を買うならば、何も考えずに僕の部屋のエアコンを直してくれ!暑い!!


 でも、最近はちょっとその考え方も「アリだったのかな」と思うようにもなってきました。
 新しいゲーム機を買う時って、“具体的にやりたいソフト”があるケースの他に“漠然と新しい体験を求めている”ケースもあるんですよね。『ゼルダ』や『ファイアーエムブレム』のためにWiiを買った僕は前者だし、「FF13のためにPS3買うぞ!」という人も前者で、『Wii Sports』を見て「何か新しそうなゲーム機が出たな」とWiiを買った人は後者。


 後者の方も具体的なソフトを見てはいるんだけど、それは“そのハードが見せてくれる新しい世界”の一例であって―――漠然とした期待を含めての青田刈りというか。クサイセリフを敢えて使わせてもらうのなら、“新しいゲーム機を買うのって新しい未来を買うことなんだよね”。決してスペックを買うワケではない。

 ファミコンからスーファミに乗り換えた時、スーファミからプレステにトップシェアが移った時、PS2が出てきた時……過去に経験した新ハードの衝撃を知っている分、消費者は「新しいハードを買えば新しい遊び待っている」と思うのは普通のこと。


 その意味で言えば、『Wii Sports』はまさしく“Wiiにしか出来ない”“Wiiのための”“新しいゲーム”でした。もちろん作りこみの甘さを指摘する人も、そもそも「リモコン振るのはバカらしい」と言う人もいましたけど、あのソフトが新しかったのだけは確かです。
 でも、『Wii Sports』以外―――正確に言うと、『ゼルダ』とか『ファイアーエムブレム』とか『ペーパーマリオ』とか『やわらかあたま塾』とか『ドラクエソード』とかの「『Wii Sports』と『はじめてのWii』以外はあまり売れない」と言われる作品って、既にあった作品をWii用に作り変えただけなんですよね。

 「ゲームらしいゲームは売れない」でも、
 「“Touch!Generations”も落ち目だ」でも、本当はなくて……


 Wiiの新しい世界を見せてくれるソフトは『Wii Sports』『はじめてのWii』以外にない―――というのが、正確な現状把握なんじゃないかと思うのです。

B000IN8FJMWii Sports

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『パワプロWii』なんか分かりやすくPS2とのマルチですし、『ゼルダ』はGC作品をWiiリモコン用に作り直した作品で、『エムブレム』は思いっきりGC版の続編。
 『ペーパーマリオ』は2Dマリオ層にアピールしていたし、『やわらかあたま塾』はDS版を「みんなで遊ぼう!」と組み替えたもので、『ドラクエソード』は『剣神』の焼き直し。

 『ガンダム0079』とか『バイオ4』はシステム自体は凄く新しいのだけど、世界観とかゲーム内容が旧作と似通っている分、売れないのも仕方ないのかなぁと推測。『エレビッツ』は……そもそも存在を知られていない(笑)


 もちろんコレらの作品が悪いワケじゃなくて、僕はこうした作品が増えるのは凄く嬉しいです。PS2がぶっ壊れている僕にとっては『パワプロWii』で、ライオンズのルーキー岸が使えるだけで「新しい!」と感動しているくらいです(笑)
 ただ……『Wii Sports』のような新しさを求めている人にとっては、「今までのゲームと変わらないじゃん」と思われても仕方ないなーと。



 『Wii Sports』が騒がれた頃、両手で握るコントローラを使うような“これまでのゲームが好きだった人”からは「あんなのはゲームじゃない」と言われ。
 旧ハードの流れを引き継いだソフトが増え始ると、“『Wii Sports』のような新しい遊びを期待している人”にとっては「これじゃ今までと変わらないじゃん」と言われる……

 「ユーザーってワガママだね」なんて言いたいのではないです。
 Wiiが“これまでのゲームが好きだった人”も、“これまでのゲームが好きじゃなかった人(飽きちゃった人)”もターゲットにしたのだから―――1本のソフトで両側のユーザーを満足させることなんて出来ないんですよ。

 で……この夏商戦のWiiソフトのラインナップで言えば、圧倒的に“これまでのゲームが好きだった人”に偏っている……と。
 『Wii Sports』でワクワクした層からは「あれ?結局、『Wii Sports』だけじゃん。何やってんの任天堂」と思われているところに、ちょうど不具合連発が起こったのを契機に任天堂バッシングが大勢を占め始める現状――――――これって凄く正常なことなんだと思うのですよ。


 “みんなが騒いでいるから俺も騒ごう”とか“PS3買ったからWiiに勝たれると困る!”なんて理由で叩いている人は論外として、『Wii Sports』が好きだった人がWiiに「やるゲームがないじゃん!」とバッシングをするのは当然だと思います。もっとやるべき。
 まぁ……ブログのコメント欄に突撃したりなんて非生産的なことをするよりも、クラブニンテンドーみたいに御意見を受け付けている場所でしっかりと意見を送った方がリターンはあると思うんですけどね。

B000FJ6FLYエレビッツ

コナミデジタルエンタテインメント 2006-12-02
売り上げランキング : 2089

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 僕は『マリオギャラクシー』も『スマブラX』も非常に楽しみにしている人間ですし、自分にはマトモに動かせそうにないから買わないけど『メトロイドプライム3』とかも応援しています。『ゴースト・スカッド』みたいなガンシューティングも欲しいなぁと思っています。

 でも、これらのソフトが『Wii Sports』のような新しい世界を提案してくれるかと言ったら微妙だと思います。

 『Wii Sports』の頃に起こった「これはゲーマーへの軽視だ!」という意見への反発なのか、岩田社長や宮本さんのインタビューはゲーマーを強く意識したものが多くなっている気がします。
 「Wiiリモコンを活かした新しいマリオだ」と謳われていた『マリオギャラクシー』は、どうにも最近「『マリオ64』の正統続編だ」みたいな売り出し方にシフトしてきたような……

 E3での岩田社長の「ライトゲーマーとコアゲーマーの壁を取り払いたい」という講演を『マリオギャラクシー』に当てはめると、2Dマリオ(『スーパーマリオ』~『Newマリオ』)の層と3Dマリオ(『マリオ64』)の層の融合をイメージしているんだと想像出来るのですが……
 それだとあくまで既存のゲームの進化であって、『Wii Sports』のような新しい世界だとは思えませんよね。そもそもマリオを使っている時点で、そちらを狙っていないんだと思うんですが(笑)。

 大メジャータイトルである『マリオ』ですら、Wiiにおいてはプレイヤーを選ぶソフトなんですよね。“2Dのように操作できる3D”をウリにしているところをみると、『Newマリオ』層を引き込もうとしている意図が見えるので……その効果で『マリオギャラクシー』が100万本を超えれば、Wiiでも“既存タイトルの正統進化”が売れることの証明になると思うんですが。『マリオ』までコケると、いよいよヤバいよと……



 『Wii Sports』のような新しいゲームソフトと言えば、次は『Wii Fit』なのかなぁと思うのですが……触ってみるまで「ホントに面白いの?」という不安もありますし。そもそも、『Wii Sports』から『Wii Fit』まで1年もかかっているんだから「全然ソフト出ねえ!」と言われるても仕方ない気もします。
 あ……でも、『みんなで投票チャンネル』なんかも凄く“新しいソフト”だと思うんですけど。やっぱりアレじゃ駄目なのか(笑)。もうちょっと、予想的中率とか的中回数によってMiiが新しい動きをする……みたいな遊びが欲しかったかもですね。ご褒美がないと、飽きが来ちゃいますからねぇ……

 その意味で、『Wii Sports』『はじめてのWii』『みんなで投票チャンネル』に続く新しいWiiの遊びとして僕が期待しているのは、『Miiコンテストチャンネル(仮称)』だったりします。
 Wiiが普及した層とネット接続率から考えると、今までにはありえなかった色んなことが出来ますからね。別にWiiリモコンに縛られる必要はなく、“Wiiにしか出来ない”ソフトは無数に生み出せるのです。後は、いつ出来上がるのかというだけです。


B000UH1HJ6ゴースト・スカッド(通常版)

セガ 2007-10-25
売り上げランキング : 6547

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今年も来年も、ゲーム業界は転換点なんだと思います。
 それは「任天堂信者」と「SCE信者」の二項対立なんて単純な構図ではなく、“ユーザーの求めているものをゲーム会社が提案できるのか”とか“ゲーム会社の作っているものにユーザーが合わせていくのか”といったもっと根の深い話だと思います。

 だから、ちゃんと自分が欲しいものをアピールすること、メーカーの駄目な部分を指摘することは大事なんです。『脳トレ』からずっと続く「任天堂がやることは何でも正しい!」みたいな風潮よりは、悪いことにはしっかりとバッシングが起こる方が健全だと思います。


 支持率100%の政権なんて、全然民主的じゃないでしょ?

 問題は……バッシングをする側はメーカーが潰れても職にあぶれる心配もないワケで、無責任で非生産的な発言をしがちってことなんですけどね。

| ゲーム雑記 | 20:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

たのむからPS3かX箱を買ってくれ!!
wiなんかが流行ったら、ゲーム業界5年は遅れる(もう終わってるとは…)
 ※X箱は3年保証付だぜ!!

| 1 | 2007/08/16 06:57 | URL |

>「任天堂信者」と「SCE信者」の二項対立なんて単純な構図
こういう単純な構図が最初から存在していたかどうかが疑問なんですよね

あくまでイメージなのですが

ゲームマニアの世界で生まれた最初の派閥は
マイナーハードをこよなく愛する「非主流派」で、
彼らが敵に回す存在として浮かび上がるのが「主流派」と呼ばれる人たち、
だったのではないかと(もちろん、両者とも中の人は入れ替わります)

初期は任天堂(主流)とそれ以外(セガハードが旗頭?)
32ビット機時代はソニーのPS(主流)とそれ以外(セガを旗頭にする)、任天堂はどちらでもない
で、
「主流」たるソニー(PS2)に対立する旗頭が存在しなくなったために
非主流派が旗頭にしたのが「任天堂(GC)」だったと

今度の新世代ハードにいたってはトップハードが入れ替わる端境期に来ていて
ハード派閥で見ると、前ハードの時点でいっていた発言内容が
両ハードメーカ信者で入れ替わってるように見えることがあるのはそのねじれ現象

ただ、非主流派に共通する欠点は
主流の独走はよくない、と主張するとき、それを強調しすぎて
じゃあ、マイナーハードを支持する利点はなんなのかが明確に示せないというか
…ああ、野党の主張の欠点に似てるんだな

この手の論議に
熱心にならざるを得ない人たちってゲームをこよなく愛するゲームフリークの皆さんだけで
年に1,2本ゲームを買うか買わないかレベルの人だと、どこが独走しようが、ゲーム市場自体が衰退しようがあまり影響ない。
しかも、PS時代から後者の人たち(ライトユーザー)がゲームを買う人の主流になってるので、
ゲームフリークたちの戦いは、彼らライトユーザーとどう同調し、どう棲み分け、自分の楽しみたいゲームライフを送るようにするかを考えることなんだろうな、と思います。

(思いついたままつれづれと長文すみません)

| 通りすがり | 2007/08/16 12:06 | URL | ≫ EDIT

>1さん
 たのむからPS3かX箱をくれ!!

 ……というのは冗談ですが、両ハードとも居間に置けない大きさなので自室の14インチテレビデオ(しかもスピーカーが壊れている)にしか繋げられないというのがネックで。テレビ買い換えるとビデオもなくなるのでレコーダーも買わなきゃいけないしで、物凄くお金がかかっちゃうので困っています。

 薄型PS2くらいのサイズになってくれるのを待つのが現実的ですかね。

>ゲーム業界5年は遅れる(もう終わってるとは…)
 まぁ……これは何をもって前身と考えるかという問題でもあるんですが。「グラフィック」という点で考えるなら、「WiiとPS3のどちらが売れるか」よりも「Wiiではどのソフトが売れるのか」「PS3ではどのソフトが売れるのか」という方が重要じゃないかなと思います。


>通りすがりさん
>思いついたままつれづれと長文すみません
 いえいえ、貴重な御意見ありがとうございます。

>32ビット機時代はソニーのPS(主流)とそれ以外(セガを旗頭にする)、任天堂はどちらでもない
 確かにこういうイメージはありましたね。64の頃は独自路線というか、固定ファンと安定したシリーズの売上げがあって、他機種とは違う空気だった気がします。FFとドラクエに逃げられたというのもあるんでしょうが、ノホホンと「良いゲーム」を作ろうとしていたというか。現在の日本におけるXbox360みたいな位置だったというか(もちろん64は64で結構売れていたんですけどね)

 あー、でもコレは任天堂側が仕組んだことじゃなくて、「任天堂に負けて欲しい人達」が囲い込んで行ったんじゃないかと現在なら思いますね。この辺は、結果論的なことが多いので正確に状況を把握するのは難しいですが…


>年に1,2本ゲームを買うか買わないかレベルの人だと、
 実を言うと、「ライトユーザー」の定義って議論していくと面白いと思うんですよ。
 喩えば「ドラクエしかやらない人」にとっては、どのハードでドラクエが発売するか気にしていると思うんです。でも、そういう人達をコアゲーマーと呼ぶのは抵抗ある。
 DSでゲームに入ってきたような人は、CMで見たソフトを「何か面白そう」と衝動買いしたりする。でも、こういう人達をコアゲーマーと呼ぶのは抵抗がある。

 こういう言葉の定義も、もっとちゃんとした議論をすると面白いと思うんです。岩田社長のコメントなんかでは「過去に遊んできた作品」が指針な気がするんですが、今はリメイクとかもありますしねー。簡単に定義付けが出来る言葉でもないのかもなぁ、と。

| やまなし | 2007/08/16 21:53 | URL | ≫ EDIT

>Wiiの新しい世界を見せてくれるソフトは『Wii Sports』『はじめてのWii』以外にない
DSも発売当初は「タッチペンを有効活用するゲームがない」と言われてたのを思い出しました。
そして、1年ぐらい経過するまでは「買って損した」といっていたゲーマーが多かった。

考えてみれば、Wiiは発売して1年経ってないハードなんですよね。
新規ハードにしては普及してしまっているので忘れがちですが。
DSもそのハードを牽引するソフトの発売ラッシュになったのは約1年後なので、
もう少し長い目で見る必要があるかもしれません。
(これはPS3にもいえることですけど)

| とーりすがーり | 2007/08/17 06:10 | URL | ≫ EDIT

>とーりすがーりさん

>DSも発売当初は「タッチペンを有効活用するゲームがない」と言われてたのを
 言われてみれば、そんな気もしますね。
 僕は当時ゲームをやっていなかったので、後から聞いたり知ったりしたことがほとんどですが……出たばっかりの『nintendogs』や『脳トレ』は「好きな人は好き」みたいな作品だったそうですし、『応援団』みたいなゲームも全然売れなかったと言いますもんね。

 「タッチペン」も「二画面」も、ムリに使うのではなくゲームに合わせて上手く活用できている作品というのは、ハード発売後一年くらいから急激に増えた印象はありますね。DSで『マリカ』や『どうぶつの森』が出たのもその頃で、タッチペンや二画面ではなく「Wi-Fi」という新しい可能性を見せてくれるのに1年かかったワケですからね(サービス自体が始まってなかったからなんでしょうが)

 ……となると、Wii発売1年後近辺に出るであろう『マリオギャラクシー』『スマブラX』がWiiらしさを見せられるのか、それとも「これって今までの延長線上じゃん」と言われるのかが鍵になりそうですね。(もちろん他のソフトやメーカ-でも可)


>これはPS3にもいえることですけど
 PS3も全然死んでないと思いますよ。
 これまでの次世代ゲーム機戦争は「勝ちハードにソフトが集まる」現象がありましたが、今回は「PS3用に作っていたソフトをWiiに」も「Wii用に作っていたソフトをPS3に」も出来ませんからね。発売数年後は、普及率によって企画自体の量が変わるでしょうけど……

 ……だから、WiiユーザーがPS3ユーザーが二項対立のように言われるのは違和感あるんですよねー。

| やまなし | 2007/08/17 23:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/383-4d9f1f93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT