やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:男児から見た感情移入先としての百合

 「ホモが嫌いな女子などいません」かどうかは置いといて、「百合が嫌いな男子などいません」というのは割りと言えるんじゃないかなと思います。
 百合なのかレズなのかとか、どこまでを許容範囲とするのかとかの個人差はあるけれど……女のコ同士が仲良くしているのを見て和まない男なんていないもの。


 というワケで、今週の貧乳カテゴリー話は「百合」。もはや、おっぱい関係ない。
 「百合」と言っても、「男性にとっての百合」と「女性にとっての百合」では微妙にニュアンスが違うと思うので……僕が語るのは「男性にとっての百合」です。残念ながら、僕は男なんで。

 「女性にとっての百合」も男の僕にとってはミステリアスで魅力的なものなんですけど、如何せん男からでは分からないことの方が多いので語りようがないのです。“女のコもイケる”女性が百合萌えなのは凄くイメージしやすいんですが、世の中には“女のコ相手はありえない”けど百合萌えの女性もいますからね……恐らくは“萌え”の出処が違うのだろうけど、男にとってはよく分からないというか。


 ということで、今日は「男性にとっての百合」話です―――


○ 少年漫画の主人公は少年でなければならない
 いきなり下品な話で申し訳ないのですが……
 僕が毎週聴いているアンタッチャッブルのラジオにて、以前に山崎さんが「AV男優が格好良いと萎える」と言っていたことがありました。
 「結局、このコとエッチなことが出来るのは(ブサイクな自分ではなく)格好良いAV男優なんだなと考えちゃうと、虚しくなってしまって…」とのこと。言わんとすることは分からなくもないです。


 そう言えば……漫画版『舞-乙HiME』を少年チャンピオンで連載する際に、脚本の吉野弘幸氏が「少年漫画には一応“物語は読者の半径三百M以内から始めろ”という黄金率があるんですが…」と苦労したことをコミックスで語っていましたね。
 原作(?)となるアニメ版は“女のコ達が夢を追いかける話”だったので、少年漫画の読者とはズレがあった―――と。まぁ、チャンピオン読んでいる人の少年率ってどのくらいなんだろうとは思うのですが、女のコが主人公じゃ読者が感情移入できないよねと、漫画版の『舞-乙HiME』は(アニメ版では女のコの)マシロ姫を「女装している少年」にしてしまうことで解決していました。何たる力技。



 『舞-乙HiME』の例は極端というか、力量がある人達だからこそ可能だった力技だったと思うんですが……主人公と受け手(読者・視聴者・プレイヤー)を近くして、感情移入しやすい環境を作るというのは基本中の基本です。
 『マジンガーZ』の主人公がマジンガーではなく兜甲児なのは、視聴者にとってはロボットよりも男子高校生の方が感情移入しやすいからですし(しかも、メイン視聴者である子ども達と年齢が近い弟がいる)。『ガンダム』以降、情けないタイプの主人公が増えたのは「兜甲児よりもアムロ・レイの方が自分に近い」と思った人が多かったからです。

 普段は「自分に近くて」「情けない」主人公が「ここぞというところで活躍する」姿に燃えるのは、主人公に感情移入出来るからなんですよね。僕らは出来杉くんよりものび太に近いからこそ、劇場版ののび太が正義と友情のために頑張る姿に感動できるのです。



 あれ?でも、この論理で考えると……男って百合モノに感情移入できなくなっちゃうんですよね。
 女装少年になって女子校に潜入する可能性は0ではないけど(限りなく0には近いけど)、ほとんどの男性は女のコだった経験がありません。女だった経験がない男が、美少女同士の百合描写に感情移入なんかできるの?自分から最も遠い存在に感情移入なんかできるの?


 でも、百合アニメとか百合漫画というのは既に一ジャンルですし、そうでないアニメや漫画にも百合キャラが出てきて人気だったりします。女性にしか人気がないワケではなくて、むしろ男性の方が熱心に百合モノを好きなケースもあるんですよね。

 という疑問が、今日の記事を書こうと思い立ったきっかけです。


4253210562舞-乙HiME嵐 (少年チャンピオン・コミックス)
吉野 弘幸 樋口 達人 佐藤 健悦

秋田書店 2007-08-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ 現実とフィクションの間で
 『ドラゴンクエスト』シリーズの主人公が無個性で喋らないキャラなのは、プレイヤーが「主人公=自分」と感情移入できるようにと言われています(実際には、全く喋らないというワケでもないんですけどね)。

 言われてみれば……対照的に映画的な演出をする『ファイナルファンタジー』シリーズは、主人公のキャラの好き嫌いによって各人の評価が分かれているような印象はありますね。
 『ドラクエ』と『FF』のどちらが優れているかという話ではなく、『ドラクエ』がより広い対象を設定しているのに対して、『FF』はより深いファンを作ろうとしている気がします。『FF7』のスピンオフ作品なんかは、分かりやすい例です。



 しかし、無個性で自己主張しない主人公の方が感情移入しやすいと言っても、感情移入しやすいからこそ上手くいかない要素も出てきます。
 美少女アニメや美少女ゲームで、「無個性で自己主張しない」「自分に近い」主人公がモテモテになるのがどうにも納得いかないのです。この主人公、俺と一緒でダメダメな筈なのにどうしてモテるんだと。

 現実の僕らは、大抵の場合はそうそうモテるもんでもありません。席替えの後に、隣の席になった女子が「黒板が見えないので席を変えて下さい」と申告するなんて日常的だったじゃないですか(断言)。感情移入しやすいために無個性なキャラにしたはずが、逆に感情移入できねえよと。


 でも、逆に主人公が「あぁ、コイツならモテるのも納得だぜ!」みたいな二枚目なのも腹が立つんですよね(笑)。AV男優が格好良いと萎えてしまうのと一緒です。



 もちろん、現実とフィクションのギャップに折り合いを付けて上手く楽しめる人が沢山いるのは分かりますよ。でも、僕にはその才能がないので、イマイチこの手の「美少女がいっぱい登場!」「主人公がモテモテ!」系の作品は苦手なのです……
 主人公が全くモテない美少女作品というのも面白いと思うんですが、そうなるとどうしても「ムリヤリ」系にシフトしがちなのと、「フィクションの中でくらいはモテたい!」という願望を満たしきれないジレンマが出てきます。


 なので、逆転の発想。
 主人公なんていなければ良いじゃないか。―――これこそが、百合ブームの根源なんじゃないかと思うのです。


 今では百合アニメの代表のように語られる『ストロベリー・パニック』は、元々は「メインヒロインの兄になって、女子校に入学した妹に助言を与えて百合カップル成立に導く」というよく分からない読者参加企画だったそうです(参考:Wikipedia
 主人公は読者であって、ヒロインの兄であって、百合カップルの二人ではなくて―――読者は女のコ達がイチャイチャしているのを見守るだけの、監視カメラのような存在だったんですよね。

 んでまぁ、この企画は上手くいかなくて「兄」という設定も消滅し、僕が観ていたアニメ版もシンプルに女のコが女のコとイチャイチャする作品となっていたんですが……この変遷は、百合作品を考える上で非常に興味深いです。

 女のコ同士の恋愛では、男性読者が感情移入できないと編集部は判断
 → 作中には登場しない「ヒロインの兄」を設定して、妹を見守る立場として感情移入させる
 → 妹という設定に縛られ失敗
 → 男性不在の百合作品として展開し直す


 『ストパニ』はぶっちゃけ『マリア様がみてる』の模倣だとは思うんですが、女性向けの媒体で展開していた『マリみて』を、男性向けの媒体で成功させるための苦労が垣間見え―――最終的には、女性向け作品と同じようなところに着地したというのは面白いですね。
 僕は『マリみて』観たことないんで偉そうに語る資格もないのですが、『ストパニ』ファンに言わせると「『マリみて』とはまた違う魅力がある」とのことです。



 そもそもが、僕らは自分に近い人間にしか感情移入できないワケじゃありません。
 戦争体験がなくても『火垂るの墓』に涙できるし、野球をしたことがなくても高校野球に熱くなれるのです。近い環境の人間でなくても、自分との共通点を見つけて感情移入できるんですよ。それだけの想像力は持っているのです。
 もちろん、そのためには感情移入が出来るだけの下地を描かなければならないので、即物的な少年漫画やゴールデンのアニメでは「受け手と近い存在を主人公に」がセオリーになるんですけどね。


 良くも悪くも、じっくり作品を判断してもらえるヲタク向け作品だからこそ、男性が百合モノに感情移入が出来たというのは大きな要因でしょう。



 この発想からすると―――女性は男性から最も遠い存在であるからこそ、男性が百合に感情移入が出来るとも言えるワケで。
 その意味ならば、男性から見た百合モノって触手とかに近いのかもしれませんね。「美と美」か「美と醜」か、最終的に形が出る方向は真反対ですけどね。


B000KGNKWEこれが私の御主人様 倉内 安奈 (1/8スケールPVC塗装済み完成品)

トイズ・プランニング 2007-05-13
売り上げランキング : 2144

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 加えて、キャラ造形をする立場からすると百合キャラって便利なんですよね。

 ツンデレだったらツリ目でなければならないとか、クールなコは貧乳でなければならないとか、キャラをデザインする際にそういった制約がなく。それでいて、百合キャラというだけでキャラが立つワケです。
 これは別に百合に限らず、「誰かを想っている」「誰かに想われている」というのはシナリオを作りやすい要素にもなります。


 全員が全員、“女のコが好き”というのは流石に勇気が必要ですが……
 登場人物の中に一人くらい入れておけば面白いかもなぁとは思います。なので、現実の“百合っこ比率”よりもフィクションの中での“百合っこ比率”が高くなるのは当然とも言えるんですよね。つーか、現実に百合っこなんて遭遇したことないけど。出会ってみたいもんだ。


 とまぁ……こんな風に「男性から見た百合」を語ってきて、ここ数年のブームは男女の恋愛を描き続けてきた美少女アニメや美少女ゲームのカウンターとして出てきたというか、まぁそんな感じだと思うんですが……


 同性愛を描いた作品というのは、それこそ大昔からあるワケです。
 ただ、個人的にはそうした“同性愛を描いた作品”と“昨今の百合ブーム”は出処が違うんじゃないかと思うのです。

 男性が都合の良いところばかりを見たがっているからなのか、男性向けの百合作品って「同性愛がマイノリティであること」も「(少なくとも現在の日本社会では)同性愛には将来がないこと」も描かれないケースが多いんですよ。
 前述の『ストパニ』はそもそも作中に男自体が出てこなかったし。『シムーン』は女以外は生まれてこない世界の話だったし。『舞-乙HiME』なんかソコを逆手にとって、「オトメは男性と交われない」という設定まで用意していたし。


 でも、そうした作品を観ている男性陣からも、そうした違和感を指摘する人は少なくないです。「女のコ同士がイチャイチャしてる」だけなのか、「ガチで同性愛」なのかは大きな差ですが……恋愛感情として百合を描くのならば、負の側面も描くべきだろうということですね。

 描くべきかは非常に難しい話ですが、百合が単なる一過性のブームではなく一ジャンルとして今後も生き続けるのならば……そうした作品が生まれて、議論が巻き起こる可能性も高いでしょうね。

4877348824少女セクト (メガストアコミックス)
玄鉄絢

コアマガジン 2005-08-19
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 22:06 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

百合嗜好はあまりない状態でストパニをみた自分ですが、見事なまでに泣きました。
背景や他の視聴者の考察を拝見しようかとたまたま覗かさせて貰ったのですが、凄い共感します。

というか僕もそうなんですが、こういうヲタ向けのアニメを単なる目視で終えずに広げてゆくところが微笑ましい^^

| ぺ | 2008/08/18 20:33 | URL |

>ぺさん

 どうも初めましてー。
 この記事もちょうど1年前に書いたものなので、正直あまり内容を覚えていなかったのですが(笑)………『ストパニ』の“男性目線”の変遷は、“主人公視点”を考えるにあたってかなり興味深い出来事だったのかなーと今でも思います。

 漫画にしてもアニメにしてもゲームにしても、ビジネスとして成り立つ以上は「需要と供給」なので、今生きている人々が何を求めているのかという縮図じゃないかなーと僕は考えています。なので、研究対象として非常に面白いのです。

| やまなし(管理人) | 2008/08/19 18:55 | URL | ≫ EDIT

すいません、てっきり20080817の記事だと勘違いして(笑)

なるほど、そういう切り口で考えてみるのも面白いですね^^
では失礼します~

| ぺ | 2008/08/19 23:18 | URL |

>ぺさん

>20080817の記事だと勘違いして(笑)
 やっぱりですか(笑)
 昔の記事にコメント頂けるのは嬉しいので(自分で何書いたのか覚えていなかったりするのですけど)、気にせんで下さいねー。

| やまなし(管理人) | 2008/08/20 19:16 | URL | ≫ EDIT

うーん、やっぱりハーレム物はどう考えてもおかしいですね。
罪悪感出るよ。

遠い存在と言う意識はなかったなー。
百合好きは全員普段も女性的な格好をしてるものだと思ってました。
百合男子を呼んでもこういう男性は少数派だろうと思ってたんですが
ならよくネタである「男を滅ぼすためなら俺も死ぬ覚悟がある」みたいなのは冗談ではなく本気とか…?
なんで腐女子みたいに男の格好しないんだろう?

あと他の場合は北斗の拳などマッチョ燃え漫画好き→腐女子やフェミ女性がユリアなど弱いヒロインを叩く→見捨てきれず、女は女らしくしろ、弱くあれ、腐女子はしょせん偽者と過激な男尊女卑思想に走っていく→弱くあれと言いつつ己は強い男と言う特権的な地位にいる事への罪悪感→マッチョから一気に百合転と言うのも周りで結構いました。

女性視点での百合が分からないとのことですが、今百合男子を叩いている百合女性はこの逆のパターンが多いです。

| 名無しの萌さん | 2012/12/04 08:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/384-9936a5f5

TRACKBACK

百合の咲く場所で

トラバってまで書く程の内容があるのか??(笑やまなしなひび-Diary SIDE- 考察:男児から見た感情移入先としての百合いつも「貧乳」カテゴリはすっとばしてゲーム関連のエントリ...

| planet-ape|blog | 2007/08/19 11:36 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT