やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久米ラジオに浦沢直樹が出演

 今日の久米宏さんのラジオ(@TBSラジオ)に、漫画家の浦沢直樹さんが出演していました。『20世紀少年』の連載が終了したので、『PLUTO』の連載を抱えながら「月イチの連載は僕にとっては夏休みみたいなもの」と出演を了承した模様。スゲー、カッケー、ナンジャソリャー。


 漫画好きばかりが聴いているラジオ番組ではないので、漫画の内容などにはほとんど触れず、浦沢先生のライフワークみたいな話が多かったですね。漫画を描く仕事を、スポーツのように捉えているというのが印象的でした。
 「体力の限界!と引退する必要も漫画家にはあると思う」とか。漫画を描くフォームが偏っていたせいで体を痛めたので、左側にタオルを敷いて調節しているとか。ほとんどスポーツ選手の話ですよねコレ(笑)。

 クリエイティブな話で言えば……同時連載をしてしまう理由の一つに、「思いついたものは他人に描かれるよりも早く描かなきゃと焦るから」と仰っていたのが面白かったです。『YAWARA』の連載開始直前に、雑誌を読み漁って「まだどこも女子柔道の漫画をやってないな!」と確認したとか。


 インタビューとかはもちろん何度も読んだことがあるんですけど、ラジオで生の声を拝聴したのは初めてで……想像したよりも物腰が柔らかくて、それでいて予想通り頭の回転はムチャクチャ早い人だなと思いました。
 番組アシスタントの小島アナウンサーが「ペンにいちいちインクを付けるのって面倒臭くないんですか?」という、漫画家に対しては失礼極まりない、でも一般人的にはナイスな質問をしたんですけど―――「今はインクを付けないペンも出ているんですけど、筆圧をかけられないんですよ」と大人な対応をしていました。うーむ、模範解答。


 僕は最近は『20世紀少年』は「買ってるけど完結するまでは読まないでおこう」と積んでいる状態なので……まぁ、色々と言われている噂は聞くんですが、最終巻の発売を楽しみにしたいと思います。それまでネタバレ情報とか送ってこないで下さいね。

| 漫画作成 | 15:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/393-17587ce8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT