やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DS Lite新色登場、などなど10-11月の任天堂ラインナップ

 現実のライオンズがクソ弱いので、「ちくしょー!パワプロでリベンジだ!」とイライラしたままプレイしてボコボコにされるということが続いたので……気分が落ち着くまで『パワプロWii』はお休み中。替わりに『フォーエバーブルー』やっています。
 Wiiの「ディスクを入れっぱなしにしておくと起動が早い」機能って、実際のところは「ディスクを入れ替えると起動が遅い」ように思えてしまうので……ディスクを入れ替えるのが面倒というのが本音です。

 岩田社長の仰った「3秒で起動」というのはまだまだ……
 バーチャルコンソールのソフトは体感5秒くらいで起動しているイメージなんですけどね。64以外のソフトは中断機能あるから、いきなりゲーム画面から始まるし。



 今日は任天堂の発売スケジュールが明らかになる日との噂でしたが、いつものように『Rambling Man』さんにて情報が書かれていました。お世話になっています、どうも。


 驚いたのはやはりコレか。
 ニンテンドーDS Liteの新色はツートンカラー!「クリムゾン/ブラック」10月4日発売!

 どうやら坂口さんが作っている『ASH』(公式サイト)に合わせての発売なんだそうですが……『ASH』ってそこまでキラータイトルなのか?そりゃヒロインの服がエロくて気になってましたけどさ。
 でも、よくよく考えてみたら……SRPGであることと、価格が5800円というネックを除けば。スーファミ時代に栄華を極めた坂口さんの新作ということで、DSの回帰層にはマッチするのかも知れません。それをどうアピールするのかは置いといて。


 ちなみにこのDS Lite新色は海外では既に発売されていて、輸入版を購入した『N-Styles』さんが感想を書かれているので参考までにどうぞ。


 個人的にはやはりこっちがビッグニュースかな。

 『スーパーマリオギャラクシー』の発売日が11月1日に決定!
 定価は5800円!!

 宮本さんの話通りに「北米発売日の11月12日より早」く、激戦区だった10月25日にはぶつからなかった模様。しかし、『ゴースト・スカッド』買っても間に1週間しかないのか……どうしよう。

 それよりも5800円というのが嬉しいですね。
 『ゼルダ(トワプリ)』は開発期間が長かったから6800円でも仕方なかったんでしょうけど、その分ハードルが高くなってしまった印象はありますからね。幅広い人にプレイしてもらおうという際の5800円は妥当かな。


 試しにゲームボーイ・スーファミ以降の『マリオ』と『ゼルダ』の定価を調べてみたら……
<マリオシリーズ>
 GB『マリオランド』(2500円)SFC『マリオワールド』(8000円)GB『マリオランド2』(3800円)『マリオランド3』(3900円)→64『マリオ64』(10290円)GC『ルイージマンション』『マリオサンシャイン』(7140円)→DS『Newマリオ』(4800円)→Wii『マリオギャラクシー』(5800円)

<ゼルダシリーズ>
 SFC『神々のトライフォース』(7700円)→GB『夢をみる島』(3800円)→64『時のオカリナ』(6800円)『ムジュラの仮面』(メモリー拡張パック付7800円、単品5800円)→GC『風のタクト』(6800円)→Wii『トワイライトプリンセス』(6800円)DS『夢幻の砂時計』(4800円)

 ※ タイトル・対応ハードは全て略称
 ※ リメイク・移植作品は除く
 ※ GBC・GBAは『マリオ』シリーズの続編が出ていないので載せませんでした
 ※ 本体と同時発売のソフトは青字で記載。

 Wikipediaや公式サイトを中心にまとめたんですが……コレ、本当なんですかね。『マリオ64』が1万円越えで、『時のオカリナ』が6800円というのは一体。ひょっとしたら税込みと税別が混同しているのかも知れませんが、にしても3000円も差があるんですよね……(GCの作品はどちらも税別6800円っぽいですね。統一したデータを作りたいのだけど、消費税率が変わっていたりして難しい…)

 ゲームボーイの『マリオランド』を除けば、実は『マリオ』よりも『ゼルダ』の方が定価が安かったというのが意外です。これは『マリオ』が常に本体と同時発売して普及させるためのソフトだったのに対して、『ゼルダ』は本体発売後暫く経ってからの発売で価格を抑えられた―――ってところでしょうか。

 ……となると、今回は初めて“本体同時発売が『ゼルダ』で、その後に『マリオ』が発売”ということであって。据置機では価格を抑えられた初めての『マリオ』とも言えるのかも。さぁ、売れるのかどうか果たして!



 しかし…期待していた『スマブラX』『Wii Fit』の情報は出なかったみたいですね。
 客層が被る作品ではないので、どちらも12月ということなのかも知れませんが―――『スマブラX』は北米発売日での12月3日よりは遅れそうな予感がします。12月は1日が土曜日で、2日が日曜で、3日が月曜だからってだけですが(笑)。DS『ゼルダ』みたいにムリヤリねじ込んでくることはあるのか??

 その他、DS版『マリオパーティ』が11月8日発売。
 1つのカートリッジで4人まで対戦可能だそうですが、どれだけ機能が限られるかが鍵になりそうですね。『マリオカートDS』は良かったと思いますが、(『マリオパーティ』シリーズを開発しているハドソンの)『桃鉄DS』は酷かったので……


 後は、10月に任天堂から“Touch!Generations”らしいソフトが二つ。公式のカレンダーにも載っていますね。

 ・タシテン たして10にする物語(任天堂)
 ・DS文学全集(任天堂)

 文学全集は既に他社から出ているものと何が違うんだろうというところですが、価格が2800円らしい。そりゃ任天堂は限界まで価格を抑えられるだろうけどさ……

B000PVEZ0A一度は読んでおきたい日本文学100選

スパイク 2007-07-26
売り上げランキング : 146

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 16:02 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/408-13c3903e

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2015/01/24 20:46 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT