やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

誤解されがちなWiiとRPGの相性

 今日は他に語ろうと思っていたネタがあったんですけど……驚くべき噂が『N-Wii.net』さんで取り上げられてたので、優先的に今日はこちらの話題で行きます。

 元スクエニの松野氏とモノリスソフト、Wii向け新作RPGを制作中?

 松野氏とは『オウガバトル』シリーズ『FFタクティクス』『FFXII』などで知られる日本を代表するゲームクリエイターの一人(ただし『FFXII』は途中降板している)。モノリスソフトは『ゼノサーガ』『バテンカイトス』シリーズなどのRPGで有名な開発会社で、今年の5月に任天堂が株式の80%を買収したことでニュースにもなりました。

 あくまで噂レベルですし、正直なところWiiファンの願望が多分に出ている推測なんだろうと思うのですが……

 「スクエニ退社後の松野氏は何をしているのか不明だった」「なのに、Wii Preview時のインタビュー動画に出てきていた」「Wii用のアイディアを練っている(が、形になるかは分からない…みたいな含みのある)というコメントだった」「モノリスソフトの買収は任天堂がRPG路線を強化したいから」などなど……今まで出てきた情報や噂と合致しているからこそ、こういう噂が出てくるんだろうなぁと思いました。

 僕自身が気になったのはこの一文。
 「岩田が社長になって、任天堂はRPGのジャンルでもっと優れたものを出したいと考えた。」

 あー、そうか。岩田さんが社長になったのは2002年で、ファイアーエムブレムシリーズが据置機で帰ってきた『蒼炎の軌跡』が2005年発売。シリーズ公式サイトが出来たり、ここ数年やたら『エムブレム』に力入れてるよなぁと思っていたのですが……そういう事情ならば合点がいきます。
 岩田さんと言えば「ゲーマーにとっては敵だ」とか「ライトユーザーに媚びたゲームばかり作りやがって」みたいに言われることが多いと思うんですけど……当然のことながら『MOTHER』シリーズに深く関わった一人ですし、RPGというジャンルを軽視しているワケがないんですよね。

 『エムブレム』シリーズへの注力や、DSで『ASH』を発売すること(加えてDSの新色をここに投入すること)などを見ると―――いわゆる非アクション系のRPGへの期待があるのかも知れませんね。岩田社長自らか、岩田体制で力を持った他の人なのかはともかく。


 そう考えると……松野氏のアイディアとモノリス買収が直接交わるかはさておき、その二つの事柄が実はWiiにとっての“ゲーマー向けゲームとしての”ジョーカーになるのかも知れませんね。どこかで任天堂自らがWii向けにRPGを出す可能性は高いんじゃないかと予想しておきます。



 ちなみに、Wii Preview時に出てきたゲームクリエイターの方々が作っていると思われるソフトを整理してみました。名前は敬称略です。インタビューで食い付いていたWiiの機能もまとめてみました
・吉積信(バンダイナムコゲームス)『ソードオブレジェンディア(仮称)』……Wii Connect24でゲームに変化
・鯉沼久史(コーエー)『戦国無双KATANA』……気軽に楽しめるところに言及
・和田洋一(スクウェア・エニックス社長)……ライフスタイルの変化に期待
・堀井雄二『ドラゴンクエストソード』……感覚的なコントローラー、無線LAN対応
・本間さなえ(バンダイナムコゲームス)たまごっち関連?……部屋に置きやすいデザイン
・小口久雄(セガ副社長)……バーチャルコンソールへの供給、Wii Connect24
・松野泰己……『マリオギャラクシー』に感銘、箱庭に直接触れる感覚
・鵜之澤伸(バンダイナムコゲームス副社長)……ユーザー層の回帰、周辺機器のバリエーション、DSとの連動
・河津秋敏(スクウェア・エニックス)『FFCCクリスタルベアラー』……ネットワークへの敷居の低さ

 このインタビュー動画で皆さんが熱く語っていることの半分も形になっていないというのが現状なんですが(汗)……松野さんがWii用ソフトに前向きというのは分かりますね。世界観構築に力を入れる松野さんだからこそ、その世界に触れられるコントローラーに注目したのかも。

B000QXV42OファイナルファンタジーXII インターナショナル ゾディアックジョブシステム(シークレットDVD同梱)

スクウェア・エニックス 2007-08-09
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さてさて。Wii向けRPGというニュースならば、こちらは確定情報。
 『わぱのつれづれ日記』さんに考察付きで書かれていたのでご紹介します。

 風来のシレン3がWiiで登場

 wapaさんは「シレンシリーズが元々任天堂ハードの作品だったこと」「シレンはグラフィックよりもシステム重視なこと」がWii用で発売する要因になったのじゃないかと考察していますね。なるほど、相変わらず見事な切り口で惚れ惚れします。


 『弟切草』『かまいたちの夜』をバーチャルコンソールに出しながらPS3用に『忌火起草』を出すということを忘れれば、スーファミ版の『シレン』をバーチャルコンソールに出しているのだから最新の『シレン』をWii用に出すのは当然っちゃ当然なんですよね。

 以前から、ファミコン・スーファミ時代からの回帰層を狙ってDSで2Dゲームがヒットしていることを書いてきたんですが……ある意味では、WiiってDS以上に回帰層が集まりそうなハードなんですよね。バーチャルコンソールなんて言う究極の回帰アイテムがあるのですし。
 もちろんWiiを持っていてバーチャルコンソールやっていないという人も沢山いるのでしょうが、バーチャルコンソールでスーファミ時代のゲームを懐かしく遊んでいるような人達には「スーファミ版シレンのバーチャルコンソール化」と「シレン最新作がWiiで登場」という二つのニュースはマッチしやすいんじゃないかと思います。

 そう考えると……最初は「?」と思った中村光一氏の「クラシックコントローラ推奨です」発言も、納得がいきますね。Wiiでスーファミ時代のバーチャルコンソールを楽しんでいるような層は既にクラシックコントローラを持っているでしょうから、ある意味で標準のコントローラなんですよね。


 同じように、バーチャルコンソールに出ているような時代の作品の続編をWiiで出していくと面白いと思うんですが……キャラゲーやアクションゲームと違って、今も続いているRPGって少ないんですよね。バーチャルコンソールでは出ないだろう『ドラクエ』『FF』と、既に出ている『ゼルダ』くらい?
 RPGで圧倒的シェアを築いたスーファミ回帰層を取り込めないことが、実は最大のネックなのかも知れませんね。とりあえずスクエニさんにバーチャルコンソールを協力してもらおうぜ。


 しかし……「シレンにアナログスティックは不向き」というのは分かるんですけど、Wiiリモコン横持ちじゃ駄目なんですかね?ボタン数が足りない?じゃあ、左手でWiiリモコンの十字キーで移動して、右手のヌンチャクのボタンで操作するとか……せっかくどちらの手でも持てるコントローラなんだから色んな使い方ができると思うんですけどね。
 クラコンが嫌いなワケじゃないんですが、振動がないのが未だに物足りなくて……64ソフトをバーチャルコンソールで遊んでいない理由の7割は「振動がないから」ですもの。

B0001GEOEG不思議のダンジョン 風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参! for Windows ベストプライス版

チュンソフト 2004-02-27
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 愚痴はともかく。
 どこかの偉い人が以前に「WiiはRPGに不向きだから最終的にはPS3が勝つ」みたいなことを仰っていたのですが、システム面だけで言えばWiiとRPGの相性が悪いとは思えません。というよりも、従来通りのRPGをPS3やXbox360で出すメリットってあるのかなと思うのですよ。

 喩えばレースゲームだったり、戦闘機のシミュレーターだったりならハイスペック機で出すメリットは分かりやすいです。高速で動く多数のものを描写するのにはマシンパワーが要るんでしょう(専門的なことはちょっと分かりませんが……)
 『ブレイドストーム』のように超多数vs超多数みたいなゲームとか、箱庭の中で縦横無尽に動き回る3Dアクションなんかもまた然り。PS3版の情報が出てくる度に「ん?どうなの?」と不安にはなるのですが、『ウイニングイレブン』のようなシミュレータも“現実に近付ける”最終目標があるのだからハイスペック機で出す意味は分かります。

 でも、喩えば……こちらが数人vsあちらが数匹のモンスターみたいな従来型のRPGの場合、マシンスペックってそんなに重要か?と思うのですよ。PS2から先の“進化”って、召還獣のエフェクトとムービーの豪華さ以外に見せられるところあります?
 “冒険している”感覚のために風景の描写を細かくするというのも、PS2初期の『FFX』くらいでほとんどの人は満足しちゃっているんじゃないですかねー。

 純粋なRPGとは言いがたいかも知れませんが…DSでスクエニがヒット作をコツコツ積み上げているのを見ると、RPGファン全員がグラフィック&スペック重視だというのは誤解だろうと思っちゃいます。



 もちろんハイスペック機で作るRPGが無駄だということではないんですが―――グラフィック重視はPS3かXbox360、手軽さはDSかPSP、システムはWii、みたいな棲み分けが最も可能なジャンルがRPGだと僕は考えるのです。少なくとも機能面では。


 とは言え、
 「WiiにRPGは不向き」というのは、むしろスペック以外なところにあって。
 『Wii Sports』を家族で楽しみたくてWiiを買ったというような人は、ほとんどの場合は“家族全員が使う”居間のテレビにWiiを繋げていることでしょう。WiiとRPGの関係を語る上で、一番のネックはここにあります。何十時間もかかるRPGを買って、居間のテレビを占拠できるのか……という問題。
 まぁ、それを言っちゃえば「大画面テレビじゃないと映像が堪能できないよ」というPS3やXbox360も同じような境遇なので、据置機におけるRPGというのはジリ貧になりつつあって、携帯ゲーム機に市場を移しつつあるということなんでしょうけどね。


 それでも一人用の『ドラクエソード』はWiiの市場で売れたのですし、むしろ「ボリュームが少ない!」という不満が多いくらいで。WiiでもRPGが売れる土壌というのは、ちゃんと存在してはいると思うんですけどね……
 「1プレイごとの時間」「セーブポイントの量」「読み込みの長さ・頻度」などなど、『ドラクエソード』に対する批判からWiiユーザーがどういうゲームを望んでいるのか学ぶことは多いのです。ホント、この3つさえ何とかなればWiiでもRPGは楽しめると思うのです。



 松野氏の件はあくまで噂ですし、モノリスソフトは現在『ディザスター』開発中で、『シレン3』は固定ファンは多いけれど万人受けするタイトルではない……
 Wiiにとって、次なるRPG系の大きな花火は『FFCCクリスタルベアラー』ですかね。RPGというよりはアクション寄りなのでしょうが、DSの『FFCCリング・オブ・フェイト』が好評なのでコチラに対する期待も徐々に高まっているんじゃないでしょうか。

 DSで『FF3』がミリオン越えた時のように、Wiiでもこうしたソフトがミリオンを越えてこそ初めて「ゲームらしいゲームも充実してきた」と言えるのかも知れませんね。それはもちろんソフトメーカーの力が問われていることでもあるのですが……
 スクエニの『FFCC』と、スクエニを退社した松野氏の新作が競り合ってWiiを盛り上げるなんてことになれば……Wiiユーザーとしては幸せなことだと思います。期待をしていますよ、松野さん。


B000BQUU30ファイナルファンタジー・クリスタルクロニクル リング・オブ・フェイト

スクウェア・エニックス 2007-08-23
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:21 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

絵とシステムは分業

グラフィッック重視が箱とPS3、wiiがシステム重視という定義付けにちょっと疑問が。
そもそも作っている側からすればグラフィックを作る方とシステムを作る方は別々なのですから
グラフィッカーはそのハードの限界を突き詰めるだけ、プログラマー、プランナーはハードでできる
システムを構築していくだけであって、どちらかが優れてるからどちらかが疎かにになる
と言う考えは的外れなのではないでしょうか?もちろんメーカーの向き不向きはありますけれど。

wiiがRPGに不向きと言われた理由はやっぱりメインのリモコンにあって、長時間遊ぶと疲れる、長時間要するゲームだと動きが飽きられる点でしょうし、スクエニもそこのところが解っていたからソードの容量が少なかったのではないでしょうか?シレンは元々任天堂ハード中心に出てるソフトだからwiiであって、長時間要するゲームなのでクラコン推奨。深読みする事でもないと思われます。

設置場所についても箱○だろうがPS3だろうがwiiであろうと家庭環境によって居間に置く人は居間、部屋に置く人は部屋であって、どのハードだって居間に置いている人は家族の顔色みてゲームをやるし。部屋に置いている人はどっぷりゲーム人生、このハードは居間、部屋と決めちゃうのも厳しいのではないでしょうか?ハイスペック機が大きいテレビじゃないと機能ははっきできないのは確かでも、従来のテレビで遊べないわけではないし、描写が劣る訳でもない、HD画質というのは大テレビで引き延ばしても綺麗と言う事なのですし。

| 幻 | 2007/09/07 18:35 | URL | ≫ EDIT

>幻さん

 どうも、書き込みありがとうございます。

>絵とシステムは分業
 なるほど、その通りですね。「システムはWii」というのも、僕個人の勝手な願望が多分に混じった書き方だったなぁと反省しています。

 ただ、やはりマシンスペック(というか方向)の差はあるので、「PS3の方がWiiよりもグラフィックは細かく出来る」し「Wiiの方がセーブロードに時間がかからない」(コレは世間で言われていることなので実際に確認したワケじゃないですが)みたいな差は確実にあると思うんですよ。
 そうした差の中で「この作品はPS3で作ろう」とか「Wii向けにこの作品を作ろう」と決めていかなければならないので、そのハードに適した作品にも結果的に差が出てくるものなんじゃないでしょうか。

>wiiがRPGに不向きと言われた理由はやっぱりメインのリモコンにあって
 うーん……これにはちょっと異論があります。
 別にWiiリモコンを見たからといって「振らなきゃならない」という決まりもありませんし、そんな発想しか出来ないクリエーターばかりだとも思えません。「他人の思いつかないことを考えよう」というのがクリエーターなんですからね。

 片手で操作できるとか、ワイヤレスだとか(PS3にもXbox360にもワイヤレスコントローラーはあるけど)、マイクがついているとか、拡張端子が付いているとか……「リモコンを振らなくたって」、こうした特徴がRPGにとってマイナスだとは僕は思えません。使える機能は幾つだってあります。

 そもそも、従来型のRPGはボタン数を使わなかったんですから(決定・キャンセル・メニューにLRくらい?)Wiiリモコン単体でも十分だと思うんです。全ボタンを駆使するようなアクション系とかはまた別ですけどね。
 それでもボタン数を多く使いたいというのならヌンチャクをつければ良いのだし、WiiリモコンがRPGに不向きというのはやはり僕には納得がいきません。


>家庭環境によって
 まぁ……それを言っちゃうと、マーケティングって何?って話になっちゃいますので(汗)
 もちろん僕は全員が全員とは思いません。ただ、PS2とPS3の違いに5~6万円出せるような人はAV機器に詳しい人が多いだろうし、『Wii Sports』を買うような人はみんなでゲームを遊びたい人が多いだろうって話です。
 当たり前なことですけど、14インチのテレビでPS3を遊んでいる人もいるだろうし、『Wii Sports』を居間に置かずに一人用ゲームとして楽しんでいる人もいるでしょう。それはそれとして―――でも、居間の大画面テレビで遊んでいる人への配慮もしてくれたら良いのになぁということです。

>どのハードだって居間に置いている人は家族の顔色みてゲームをやるし。
 この記事で最終的に言いたかったのはこの部分で、「家族の顔色みて」やりやすいゲームの重要性を考えて欲しいと思うのです。30分ごとにセーブが出来るゲームと、2時間ごとにしかセーブが出来ないゲームでは、家族の顔色を見た上でのプレイ頻度は大きく差が出ます。

 自室で遊んでいる人もいるのだろうから、別に良いや……と、2時間ごとにしかセーブが出来ないゲームばかり作られても。多くの人は電源すら入れられませんよと言いたいのです(もちろんセーブについては一例で、読み込み速度とかテンポとか他の要因も沢山あります)。

| やまなし | 2007/09/07 20:09 | URL | ≫ EDIT

>幻さん

分業と言いますが、だからといって完全に切り放されているわけではありませんよ。
たとえばDSのFF3は、3Dグラフィックの戦闘を、ポリゴンのクオリティを落とさずに実現するために、
プログラマさんやプランナさんは下画面だけの表示にすることにしました。
GBAの逆転裁判3も、少ない容量を活かそうと考えた演出が、シナリオに影響を及ぼしています。
ゲーム製作というのは、分業、といえるほど別々にはなっていませんよ。

また、やまなしさんもおっしゃっていますが、Wii=リモコンを振る、という思考の限定もどうかと。
Wiiの利点のひとつには、開発費が他二機種に比べて圧倒的に安い、というのもありますし。
開発者としては、その辺りも魅力に見えますよ。
WiiがRPGに不向き、といわれる最大の理由は、最初にそう言った人が、
そう錯覚したのが広まってしまっただけだと思いますよ。

| 通りすがり | 2007/09/08 16:18 | URL | ≫ EDIT

>通りすがりさん

 僕が返信するのもアレなのかも知れませんが、物凄く興味深いコメントだったので返信させて頂きます。

>GBAの逆転裁判3も、少ない容量を活かそうと考えた演出が、シナリオに影響を
 僕は未だに「携帯機はサブ」「メインは据置機」と考えてしまう人間だったのですが、こういうエピソードを聞くとGBAの頃から「携帯機がメインになる時代」が着々と進んでいたのだと思いますし、カプコンが全てのハードで結果を残しているのも納得だなぁと思いました。

 古い話ですが……スーファミの『F-ZERO』の車が浮いているのは「タイヤのエフェクトが描けないから」でしたし、『ドルアーガの塔』のマップが横長なのは『マッピー』の基盤を使いまわしたからだと言われてて。ゲーム業界って、そういう試行錯誤で発展していったんですよね。
 表現に制限のなくなるハイスペック機も未来のカタチだと思うんですが、制限がある中の試行錯誤で生まれてくる作品にも頑張ってもらいたいです。

>Wiiの利点のひとつには、開発費が他二機種に比べて圧倒的に安い
 そうでした。コレを忘れてました(汗)
 開発費が安いということは失敗してもリスクが少ないということですし、より柔軟でより風変わりなアイディア重視の作品が出てくる可能性も高いんですよね。それはもちろんRPGに限らず、色んなジャンルに於いても。

 プレステと64時代のことを印象に残っていれば、その時のイメージで「任天堂機ではRPGは売れない」と言ってしまうのかも知れませんね。そう言われていたDSでもRPGでミリオン突破するようになりましたし、64では少数精鋭主義が脚を引っ張ったという背景を考えれば、それほど根拠のある話ではないと今なら言えるんですけどね。

| やまなし | 2007/09/08 21:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/409-9d8c62a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT