やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『マリオパーティ8』&『罪と罰』セカンドインプレッション

○ 『マリオパーティ8』の話
 流石の母でも2月から続けてきた『どうぶつの森』に飽きてきたところがあるらしく、次のゲームがないか探している模様です。うーん……『Wii Fit』まではまだ時間があるので、そう言えばと以前友達からもらった『マリオパーティ8』に誘ってみました。
 父親も誘ってみたんですけど、父は「勝てそうにない勝負はしない」タイプの人間なのでスルーされました。

 前回のプレイでは時間がなくてルール説明を読む余裕すらなかったのですが、今回は余裕を持ってルール説明もしっかり読んで楽しみました。コースも一番シンプルなドンキーステージに。

 基本的には、コースの中に配置された「スター」に早く辿り着いた人が「スター」をもらえ、その数が一番多かった人が勝ちというルールのようです。『桃鉄』の目的地みたいなものか。『桃鉄』と違うのは、「サイコロがピッタシ止まらなくてもイイ」代わりに「スターを得るにはコイン20枚と引き換え」なことくらい。コインはその他に、「アイテム(キャンディ)購入」にも使えるので持っていて損はありません。
 このコインを得るために各ターンのラストに4人でミニゲームを行い、成績の良い人には沢山コインが集まる仕組みになっているのですが……ミニゲームにはチーム戦もありますし、ミニゲームが弱くてもソコソコ戦えてしまうみたいですね。コンピューターを最弱にしたところミニゲームでは余裕の勝利だったのですが、ボードゲームでは最後まで競った内容となっていました。

 肝腎のミニゲームですが……母が『どうぶつの森』で十字キーを使いこなせるようになったとは言っても、十字キーで逃げまくる系のミニゲームは僕の圧勝。逆に、Wiiリモコンのポインターを使った射撃なんかは母が異常に上手くて……最後に発表されるミニゲームチャンピオンは母でした。
 この辺のミニゲームのバランスは、個人的には好印象でした。中には面白くないミニゲームもあるんですが、それもご愛嬌ということで。


 最終的にはアイテム(キャンディ)を使って僕が奇跡の大逆転をしましたが、終盤まで競った内容で母も楽しんでいたみたいです。
 演出のテンポが悪いことや、1プレイに時間がかかること(15ターンで1時間半かかった)などの欠点があるので一人では遊びにくいし……“『Wii Sports』だけ遊べる人”にとってはボードゲームのルールが複雑すぎるとは思うので、一部で批判があるのも納得なのですが。

 個人的には結構楽しめるゲームかなぁと思いました。
 問題は、僕に友達がいないので多人数プレイをする機会がないということくらいです。

B000IUCWIUマリオパーティ8

任天堂 2007-07-26
売り上げランキング : 105

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ○ 『罪と罰』プレイ日記
 シューティングゲーム自体あまりやったことがないジャンルなので気付いていませんでしたが、どうやらこのゲームは「敵の攻撃の避け方」と「敵に攻撃を当てる方法」を覚える覚えゲーらしいです。
 よって、それらに気付かない内はコンティニュークレジットをやたら消費するだけなんですけど―――気付いてしまえば「なんで俺はこんなところで苦戦していたんだ」と気持ちいいくらいボコスカ勝てるようになりました。

 もちろん、難易度はイージーレベルですけどね。

 1-3の第三形態のボスは「第一形態・第二形態でダメージを喰らい過ぎないようにして、後は力押し」という原始的な手段で突破。続く2-1で攻略方法の分からない敵がいて(グルグル回って動物を追い詰めるところ)、1周目のコンティニュークレジットはそこで使い切ってしまいゲームオーバー。

 しかし、もう操作にも(少しは)慣れたもので2周目はサクサク進みました。
 1-2ラストのカチュアの倒し方が分からず(1周目はどうやって倒したんだっけ)、1-3ボスの第一形態の避けが上手く出来ずに2度ほどコンティニューしましたが……2回のコンティニューで1周目の記録を越えてしまいました。
 その後、痛恨の「セーブしないで電源を切ってしまう」というミスをして1-2からやり直しになるんですけど、流石に3回目は楽勝で突破―――現在は2-1の、何か変なのを追いかけているところです。


 “覚えゲー”と聞くとあまり印象は良くなかったんですが、コツさえ掴めば確実に上達しますし、何度もやり直したくなる爽快感があるので「なるほど、これはハマる人が多かったのも納得だ」というカンジです。ストーリーはワケ分からんけど、それもまぁ楽しい要因でもあります。

 クラコンでの操作に慣れつつあって、コレはコレで楽しいのだけど―――
 ガンシューティングに横移動が加わっただけの『罪と罰』が僕の出来る限界で、これ以上の動きが求められるTPSとかFPSは自分には不可能だと思いました。
 もちろんそれは“従来型コントローラでは”ということで、WiiでTPSやFPSを遊んだ人達が「Wiiリモコンのポインター機能は凄い!」と絶賛していた理由がようやく分かりましたよ。『バイオ4』は……怖そうなのでスルーするとして(笑)、『ガンダム』か『メトロイドプライム』か選択肢の中に入れておこうかな。


 しかし……『罪と罰』が楽しいので、恐らくは『ゴースト・スカッド』は見送ると思います。
 ゴメンな、セガ。東京ゲームショウの評判は結構良さげなんですけどね……

B000UGZKVIゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)

セガ 2007-10-25
売り上げランキング : 178

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 後は、『フォーエバーブルー』と『もじぴったんDS』をチョコチョコ進めているくらい。
 区切り良いところまで進んだら、感想をしっかり書こうとおもっています。

| ゲームプレイ日記 | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/425-1e742ae6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT