やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲームショウ近辺のゲーム話

 今年の東京ゲームショウ最大のニュースと言えば、やはりコレでしょう!!

 まさかの宮本茂登場に会場歓喜!レトロゲームアワードが発表される(iNSIDEさん)

 宮本茂作者本人に『スーパーマリオ』をプレイさせて辱めるという企画(笑)
 『わぱのつれづれ日記』さんのレポートでも触れられていましたね。最初のクリボーにやられそうになりながら、「最近はヌンチャクコントローラばかりイジっているから」と言い訳する辺り……流石、世界に名を轟かせるカリスマゲームデザイナーなだけあります(笑)。こんなところも大好きだぜ、宮本さん。

スーパーマリオギャラクシースーパーマリオギャラクシー

任天堂 2007-11-01
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 という冗談はさておき―――
 事前に情報が漏れていた分サプライズとはいきませんでしたが、PS3の振動機能付きコントローラがめでたく発売するというのが今年(のゲームショウでの)最大のニュースですかね。良かった良かった。

 振動機能を追加した「DUALSHOCK 3」を発表――「東京ゲームショウ2007」開幕

 あれだけ「振動なんて前時代の機能だ」と言っておきながら、発売済みのソフトにもちゃっかり振動対応させている辺り―――振動大好きな自分としてはかなり腑に落ちないところではあるのですが、“Xbox360とのマルチタイトル”が多いPS3としてはネックが一つ外れたのはイイことですね。新コントローラの価格が発表されていないところが不気味ではありますが……


 しかし、このニュースを受けて色んなブログなんかで「別に振動なんかいらねえよ」「どっちにしろ振動オフにするし」的なことを書いている人が多かったのが印象的でしたね。もちろん考えは人それぞれですし、振動が好きじゃないって人は僕の身近にもいますけど……
 高い金出して、訴訟問題解決して、ようやく振動付けれるぞー!やったー!という時にそういうこと言うのって、「空気読んでやれよ」と声をかけてやりたくなりました。


 一方で、PS3本体値下げの発表はありませんでした。
 まぁ……発表は実行直前じゃないと売上げ落とすだけですしね。あとは、実行するタイミングがいつかということだけか。『GT5プロローグ』にあわせて12月か、ソフトが揃ってくる来年春か。12月に値下げカード切れれば、(少なくとも日本では)息を吹き返すと思うんですけど………そこまでの覚悟があるのか。

忌火起草 特典 Blu-ray Disc「忌火起草 生誕編~メイキング オブ 忌火起草~」付き忌火起草 特典 Blu-ray Disc「忌火起草 生誕編~メイキング オブ 忌火起草~」付き

セガ 2007-10-25
売り上げランキング : 126

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あとは、やっぱりコレか……

 タッチして神判する問題作に続編登場!?SNKプレイモア・プレスカンファレンス

 『どきどき魔女神判2(DUO)』が正式発表。
 「なんか……前作と似たような画面だな」と思ったのですが、前作をベースに作り始めたばかりだから今後変わっていく可能性は高いそうで。魔女チェックモードは更に力を入れるとのことで、前作終盤のエロさを越えられるのか期待しています。

 しかし……意外だったのは、前作主人公のアクジ一人が残って他のメンバーは総入れ替えにするということ。
 個人的な予想で言えば、ルル様だけが残って主人公入れ替えというパターンかなと思っていたのですが……残ったのがアクジの方とは。前作でアクジの内面まで描いちゃってソレがなかなかにアツイ話だっただけに、続編ではどうするんでしょう。成長リセットにはして欲しくないなぁ。

 まぁ、何だかんだ前作キャラもチョロッとは出てくるような気がしますけどね。
 今度こそ、メイド服姿のあやめを魔女チェックしたい!!(笑)

どきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付きどきどき魔女神判! 特典 お守り型携帯クリーナー「どき魔女、まほの開運お守り!」付き

SNKプレイモア 2007-07-05
売り上げランキング : 168

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あんまりニュースになっていないみたいですが、個人的に「おぉっ!」と思ったサプライズはコレ。

 PSPで「ギレンの野望 アクシズの脅威」が完全新作2008年に発売

 『ギレンの野望』シリーズは(出来ることが多すぎて僕には難しすぎたけど)愛着のある作品なので、新作が出るというのは嬉しかったです。ハードの変遷は色々と一筋縄ではいかなかったシリーズですが、次はPSPか……
 新型登場でPSPは現在絶好調ですし、地道に600万台売って第2位の地位を確固たるものにしているなど(600万台という数字はサターンや64の普及台数よりも多い)……安定した市場を形成しているんですよね。

 加えて、ユーザー層から対応ハードを考えると―――DSは容量に不安があるので外れ、Wiiはどちらかというと初代『ガンダム』寄り、『ガンダム無双』がヒットしたPS3はマッチしそうなんだけど分母が少ない割に開発費がバカ高い、Xbox360など知らん(笑)。
 と考えていくと、『Zガンダム』~『逆シャア』辺りのガンダムゲームを発売する際に、PS2の後釜としてのPSPというのは結構理に適っているんですよね。『SEED』系はロボ寄りの人とキャラ寄りの人でまた分かれるとは思いますけど。


 こちらはまた別記事で語るつもりですが……アーケードで発表された『ガンダムvsガンダム』も、数年後に家庭用へ移植されるとなると重要な見極めが必要っぽい。
 その頃までにPS3が順調に普及していればベストなんだけど、万が一コケていたとしたら……ユーザー層にマッチした市場というのがPSPくらいしかないんですよね。うーん、難しい……ガンダムはガンダムで大変なんだなぁというお話でした。

B000UL11NEガンダム バトルクロニクル

バンダイ 2007-10-04
売り上げランキング : 22

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 DS&Wiiのサプライズと言えば、コレか?

 Wii「お姉チャンバラR」(仮)発表――ディースリー・パブリッシャーブース

 『お姉チャンバラ』がWiiに。
 剣劇アクションとWiiリモコンの相性はあまり良くないんじゃないかと思っているんですが、結果的に剣劇アクションがWiiにどんどん増えつつありますね。まぁ……色んなゲームが増えるのは悪いことではないですよね。どうも、どの作品も色っぺえねえちゃんが目立っているとは思いますが(笑)……

 ちなみに、『iNSIDE』さんの剣劇アクションの体験レポートを並べてみると―――
 『NO MORE HEROES』は爽快かつ歯応え十分のアクションゲーム!
 サプライズ!? 『お姉チャンバラR』がWiiに登場
 華麗に爽快に『ソウルキャリバー レジェンズ』がプレイアブル展示

 それぞれの操作方法の違いが分かって面白いですね。
 『NO MORE HEROES』はAボタン連打で斬りつけ、Wiiリモコンを振るのはトドメの一撃のみ。『お姉チャンバラ』はボタンを押しながら振って攻撃みたい(上述のITmediaの記事と押すボタンが違うんですけど、真相は如何に…)。『ソウルキャリバー』は振った動きがそのまま攻撃になるらしく、突きも感知したとか。

 一口に“剣劇アクション”と言っても毛色は違いますし、何だかんだ食い合わないようにはなっているのかも。どの作品も固定ファンが(『NO MORE~』は須田さんのファンが)しっかりいそうですしね。

 ちなみに『NO MORE HEROES』は12月6日、『お姉チャンバラ』は来年初頭、『ソウルキャリバー』は今冬(?)発売予定―――

B000LHB6IMNO MORE HEROES(ノー・モア・ヒーローズ)

スパイク 2007-12-06
売り上げランキング : 184

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 個人的には剣劇アクションよりも、こっちの体験リポート比較の方が興味あります。これも『iNSIDE』さんの記事より。

 ザッパーのプレイ感覚は?『アンブレラクロニクルズ』
 Wiiザッパーにぴったり! 爽快感あふれるWii『ゴースト・スカッド』

 ザッパー(Wiiリモコンを銃型に変えるアタッチメント)対応の二作品ですが……恐らくはWiiリモコン+ヌンチャクで作られていた『バイオUC(アンブレラクロニクルズ)』と、元々ゲーセンのガンコン用に作られた『ゴーストスカッド』の差が出たという印象ですね。
 とは言え……『バイオUC』も内容自体はなかなか評価が高いそうで、Wiiのガンシューティングとしてどちらも注目かも。値段の差は大きいですが、その分『ゴーストスカッド』はシンプルな印象ですしねー。

 ……とは言え、『ゴーストスカッド』を買うか悩んでいた僕も、バーチャルコンソールで購入した『罪と罰』が面白すぎるので恐らくはスルーすると思います。うぅ……ゴメンな、セガ。安くなっているのを見かけたら半年後くらいに買うかも知れんからな(最悪な発言)。



 あとは……僕的に買うか悩んでいた『パンヤ2』『WE LOVE GOLF』『デカスポルタ』の情報ですが、『パンヤ2』については全く情報が入ってこなかった(笑)。
 『デカスポルタ』に関しても、プレイリポートよりも「価格は、以前発表されていた6090円から1000円ほど値下げし、5040円(税込)となっています。」に驚きました。1000円値下げって良いのかそんなテキトーで……定価が『Wii Sports』に近づいたことで、売上げとしては化けそうな気配はありますが。

 カプコン&キャメロットで注目されていた『WE LOVE GOLF』も、『わぱのつれづれ日記』さんのレポートを読むとちょっと微妙かなと思ったり……「結局ボタン操作で良かったじゃん」という感想を持たれたなら、Wiiリモコンの操作って駄目だと思うんですよね。

 TGS2007レポート(ソフト編)~『WE LOVE GOLF!』

 『パンヤ』はキャラゲーと割り切って従来操作でも楽しめそうだとは思うのですが、こちらは本格的なWWiiリモコンのゴルフゲームを謳い文句にしている分ちょっと残念………

 しかし……こう考えると、ファミコンの『ゴルフ』の時点でゴルフゲームのシステム・バランス調整って限界に辿り着いてしまったのかも知れませんね。『パワプロWii』が「やっぱ従来操作が一番だよなぁ」と思わせる内容だったように、既に確立されてしまったスポーツゲームはWiiリモコンには向かないのかも。

B000VT2J0EDECA SPORTA デカスポルタ

ハドソン 2007-12-20
売り上げランキング : 900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 あとは……ゲームショウ関係ないのだけど、『ASH』の発売が近づいたことでTouch-DSに坂口さんのインタビューが掲載されました。

 思ったよりも、フツーに面白そうですね。
 戦闘はちょっと面倒臭そうですけど……ストーリーやムービーはなかなか期待が持てますし、CMもカッチョいいです。何よりも坂口さんが“タッチペンによるS・RPG”に強い意欲を持っていたことが分かるインタビューで、アイシャの服もエロイし(笑)、DSで新規シリーズのゲームがどれだけ売れるのかという意味でも注目しています。

 まぁ……ジャンルがジャンルなので、爆発的ヒットは難しいでしょうけどね。
 以前にもチラッと書きましたが、『マルガの湖畔』さんの2007年度のゲームソフトランキングを見ると……(9/2までの集計期間で言うと)“キャラもの”でも“続編もの”でもなくて“Touch!Generations”系でもないソフトは、14位の『レイトン教授』(60万本弱)の次は50位の『すばらしきのこせかい』(17万本)なんですよ。

 ベスト50に2本。ゲームの未来が物凄く不安に感じるのは僕だけですかね……


 それはともかく。
 坂口作品で言えば、『ブルードラゴン』がDSでも展開することが発表されたそうですね。詳しい事情はよく分かりませんが、『ピニャータ』のケースと同じように“Xbox360作品への販促”という意味合いがあるのかなと。
 メディアミックスの展開を見れば、DSが一番ユーザー層に合ったハードなのは間違いないでしょうし。携帯機はマイクロソフトと競合しない分野(と、本当は一概に言えないんですけどね)ですし、まぁ選択肢としては悪くなさそう。

 恐らくはDS版は外伝的なソフトになるのだと予想しますが、“入り口になる外伝”を作るのはそう簡単なことではないですからね。とりあえずは、お手並み拝見……

B000BQYJGYアルカイック シールド ヒート

任天堂 2007-10-04
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 11:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/426-bcbcfc34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT