やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スクエニがバーチャルコンソールで出してくれそうな作品を考える

 先週、10月のバーチャルコンソールラインナップが発表され、Wiiユーザーはこぞって「○○がキタ!!」と大騒ぎしていたことでしょうが……巡回サイトを周ってみると、世代によって食いついたソフトがバラバラだったのが面白かったです。

 くにおくん(『熱血物語』)は僕らと同世代の20代真ん中辺り、『ドンキー2』はそれよりもちょっと下くらい、逆に『ヴァルケン』や『サムスピ』はちょっと上の世代、『ファミ探』は更に上の世代かな?『イース』は世代というより当時PCエンジンユーザーだったか友達にPCエンジンユーザーがいた人というカンジですかね。
 幅広いユーザーが「あぁ…懐かしいなぁ」と歓喜している横で、『半熟英雄』はあまり騒がれてませんでした。他の作品が凄すぎたとも言えるんですけど、旧スクウェア作品としては初のバーチャルコンソール参加なのに盛り上がっていないのは今後が不安だなぁ……と。



 あくまで噂だったと思うのですが、スクウェア・エニックス(以下スクエニ)はバーチャルコンソールに対して「現在続いているシリーズは出さない」と発言したとの話をどこかで読みました―――噂の真偽はともかく、本当であっても理には適っていると思うんですよ。
 確かに『ドラクエ』や『FF』シリーズをバーチャルコンソールで出してもらいたいという声はあるでしょうし、当時のそのままの状態を懐かしみたいという人は多いでしょう。ですが、それは“当時遊んでいた人”に向けたものでしかなくて、当時は未プレイだった人には「古臭くて」「遊びにくい」作品としか思えないかも知れません。

 シリーズのブランド力を高めつつ、新規開拓層への広がりを目指しているスクエニの方針からすると―――喩えばファミコン版『FF』1作目をバーチャルコンソールで出して、FFシリーズ未経験者に「何コレ、全然面白くないじゃん」と思われるのは手痛い損失なのです。
 別にファミコン時代の作品が今より劣っていると言いたいワケではなくて、少なくともこれからのゲーム市場のターゲットとなるべく層を考えれば、“ファミコン版をそのまま出す”ことよりも“今風にリメイクする”方がビジネスとしては広がりますからね。『FF4』を3D&ボイス付きでリメイクすることも僕としては賛成です。

 ……まぁ、時代に媚び過ぎて“アニメ絵”とか“サービスショット付き”とか“幼女リディアのフィギュア同梱”とかになっていたら、流石に反発はあったとは思いますけどね。バランスとしては、今度の『FF4』リメイクは丁度イイんじゃないかと。




 しかし、逆に言えば―――既に続編が出る見込みのないソフトはバーチャルコンソールに出してくれてもおかしくないということです。ということで、ファミコン・スーファミ・64時代に旧スクウェア&旧エニックスが出したソフトをまとめてみて、バーチャルコンソールに出せそうなものを考えてみましょう。
 「スクエニって『FF』と『ドラクエ』だけだろ?」なんて言う人は、これからまとめたリストに驚愕するがイイ!!てゆうか、俺が驚愕した。『FF』以前のスクウェアってこんなにソフト出していたんだ……。しかも、その頃から「技術屋集団」との評判は高かったそうで。

 旧エニックスのソフトは青色、旧スクウェア作品は赤色、今後配信の可能性が“なくはない”ものは太字でまとめてみました。
 開発元も関係あるのかなと思い、とりあえず分かる範囲で載せました。イメージとしては「エニックスはプログラムを外部に委託」「スクウェアは自社に抱える」というカンジでしたが、必ずしもそうではないんですね。

 リストは例の如くWikipedia(スクウェアエニックス)を参考にしました。


【ファミリーコンピューター】
 85年7月18日/『ドアドア』(エニックス/開発:チュンソフト)
 85年11月29日/『ポートピア連続殺人事件』(エニックス/開発:チュンソフト)

 85年12月19日/『テクザー』(スクウェア/開発:ゲームアーツ?)
 86年5月27日/『ドラゴンクエスト』(エニックス/開発:チュンソフト) ×シリーズ続行中
 86年9月18日/『キングスナイト』(スクウェア)
 86年12月15日/『水晶の龍』(スクウェア)※ ディスクシステム
 86年12月19日/『ディープダンジョン 魔洞戦記』(スクウェア/開発:ハミングバードソフト)※ ディスクシステム

 87年1月26日/『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』(エニックス/開発:チュンソフト) ×シリーズ続行中
 87年3月12日/『とびだせ大作戦』(スクウェア)※ ディスクシステム
 87年4月3日/『アップルタウン物語』(スクウェア/開発:アクティビジョン?)※ ディスクシステム
 87年5月1日/『ハオ君の不思議な旅』(スクウェア)※ ディスクシステム
 87年5月30日/『勇士の紋章 ディープダンジョンII』(スクウェア/開発:ハミングバードソフト)※ ディスクシステム
 87年7月3日/『磁界少年メットマグ』(スクウェア)※ ディスクシステム
 87年7月24日/『クレオパトラの魔宝』(スクウェア)※ ディスクシステム
 87年8月7日/『ハイウェイスター』(スクウェア)
 87年10月2日/『カリーンの剣』(スクウェア)※ ディスクシステム
 87年12月7日/『ジェイ ジェイ』(スクウェア)
 87年12月18日/『ファイナルファンタジー』(スクウェア) ×シリーズ続行中

 88年2月10日/『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(エニックス/開発:チュンソフト) ×シリーズ続行中
 88年5月13日/『ディープダンジョンIII 勇士への旅』(スクウェア/開発:ハミングバードソフト)
 88年7月12日/『亜空戦記ライジン』(スクウェア)※ ディスクシステム
 88年7月12日/『ムーンボールマジック』(スクウェア)※ ディスクシステム
 88年12月2日/『半熟英雄』(スクウェア) ★配信予定
 88年12月17日/『ファイナルファンタジーII』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 89年11月30日/『スクウェアのトム・ソーヤ』(スクウェア)

 90年2月11日/『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』(エニックス/開発:チュンソフト) ×シリーズ続行中
 90年4月27日/『ファイナルファンタジーIII』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 92年12月15日/『ジャストブリード』(エニックス/開発:ランダムハウス)
 94年2月27日/『ファイナルファンタジーI・II』(スクウェア) ×シリーズ続行中


【スーパーファミコン】
 90年12月26日/『アクトレイザー』(エニックス/開発:クインテット) ★配信済
 91年7月19日/『ファイナルファンタジーIV』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 91年10月29日/『ファイナルファンタジーIV イージータイプ』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 92年1月28日/『ロマンシング サ・ガ』(スクウェア)

 92年1月31日/『ソウルブレイダー』(エニックス/開発:クインテット)
 92年9月27日/『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』(エニックス/開発:チュンソフト) ×シリーズ続行中

 92年12月6日/『ファイナルファンタジーV』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 92年12月19日/『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!!』(スクウェア)

 92年12月21日/『46億年物語-はるかなるエデンへ-』(エニックス/開発:???)
 93年4月23日/『エルナード』(エニックス/開発:???)

 93年8月6日/『聖剣伝説2』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 93年8月27日/『樹帝戦記』(エニックス/開発:???)
 93年9月10日/『ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 93年10月29日/『アクトレイザー2-沈黙への聖戦-』(エニックス/開発:???)
 93年11月27日/『ガイア幻想紀』(エニックス/開発:クインテット)

 93年12月10日/『ロマンシング サ・ガ2』(スクウェア)
 93年12月17日/『アルカエスト』(スクウェア/開発:HAL研究所)

 93年12月28日/『ドラゴンクエストI・II』(エニックス/開発:???) ×シリーズ続行中
 94年1月29日/『ブレインロード』(エニックス/開発:???)
 94年2月26日/『いただきストリート2 ~ネオンサインはバラ色に~』(エニックス/開発:トムキャットシステム) ×シリーズ続行中
 94年3月25日/『南国少年パプワくん』(エニックス/開発:???) ×版権モノ

 94年4月2日/『ファイナルファンタジーVI』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 94年7月8日/『スラップスティック』(エニックス/開発:クインテット)
 94年9月2日/『ライブ・ア・ライブ』(スクウェア) ×版権モノ?(キャラの版権は小学館がもっているらしい)
 94年12月9日/『ワンダープロジェクトJ 機械の少年ピーノ』(エニックス/開発:アルマニック)
 95年2月24日/『フロントミッション』(スクウェア) ×シリーズ続行中?
 95年3月11日/『クロノ・トリガー』(スクウェア)

 95年3月17日/『熱血大陸バーニングヒーローズ』(エニックス/開発:ジェイフォース)
 95年4月21日/『魔法陣グルグル』(エニックス/開発:???) ×版権モノ
 95年7月14日/『ミスティックアーク』(エニックス/開発:プロデュース)
 95年9月29日/『ハーメルンのバイオリン弾き』(エニックス/開発:???) ×版権モノ
 95年9月29日/『常勝麻雀 天牌』(エニックス/開発:???)

 95年9月30日/『聖剣伝説3』(スクウェア) ×シリーズ続行中
 95年10月20日/『天地創造』(エニックス/開発:クインテット)
 95年11月11日/『ロマンシング サ・ガ3』(スクウェア)
 95年12月9日/『ドラゴンクエストVI 幻の大地』(エニックス/開発:ハートビート) ×シリーズ続行中
 96年2月9日/『バハムートラグーン』(スクウェア)
 96年2月9日/『FRONT MISSION SERIES GUN HAZARD』(スクウェア/開発:大宮ソフト) ×シリーズ続行中
 96年3月9日/『スーパーマリオRPG』(スクウェア/任天堂との共同開発)
 96年4月5日/『ルドラの秘宝』(スクウェア)

 96年4月12日/『魔法陣グルグル2』(エニックス/開発:???) ×版権モノ
 96年5月24日/『トレジャーハンターG』(スクウェア/開発:スティング)
 96年5月31日/『ダークハーフ』(エニックス/開発:ウエストン)
 96年7月19日/『スターオーシャン』(エニックス/開発:トライエース) ×シリーズ続行中
 96年12月6日/『スーパーファミコン ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』(エニックス/開発:ハートビート) ×シリーズ続行中


【NINTENDO64】
 96年11月22日/『ワンダープロジェクトJ2 コルロの森のジョゼット』(エニックス/開発:ギブロ)
 97年6月26日/『ゆけゆけ!!トラブルメーカーズ』(エニックス/開発:トレジャー)



 スクウェアのディスクシステム作品の多さにも驚きましたが、それ以上にエニックスのファミコンソフトの少なさに驚きました。量は少ないけど、このラインナップで日本有数のゲーム会社になったのだから……凄いよなぁ。


 注目すべきは2005年にPS2版の新作が出た『半熟英雄』シリーズでも、バーチャルコンソールに出てきたということです。オッサンな僕からすると2005年なんて昨日の前の日くらいの認識ですよ。
 ちなみに、シリーズごとの最新作を調べてみると……『サ・ガ』シリーズは2005年の『ミンストレルソング』、『聖剣』シリーズは2007年の『HEROES of MANA』(ただしジャンルがRTSに変更された)、『フロントミッション』シリーズはDSでの作品が製作中、『スターオーシャン』シリーズはPSPリメイクが12月に発売予定、『いたスト』シリーズは2007年6月にDS版が発売されました。

 結構、どのシリーズも続いていますね……(汗)
 一応、最新作との間隔で『ロマサガ』シリーズは“可能性がなくはない”にしましたが、PS2リメイクされている1作目は厳しそう。逆に『聖剣』シリーズなんかはブランド力低下が叫ばれているのだから、スーファミ版投入して息を吹き返す選択肢もあるとは思うんですけどね。


 その他の作品でも、結構面白そうなソフトがありますね。
 スクウェアのスーファミ後期の作品群は言うまでもなく、エニックスのクインテット三部作なんかも切望する声は多そうです。ゲームの歴史を考えるならば、絶対に外せないのが『ポートピア』。バーチャルコンソールの中断機能付きならば、それなりの目玉作品になるはず。

 スクウェアのディスクシステム作品も『水晶の龍』とかは結構有名ですよね、色んなイミで。『アップルタウン物語』とか、今Wiiで配信したら面白いんじゃないか?どんなに要望があっても、スクウェアにとっては黒歴史かも知れませんので出してくれないとは思いますけどね(笑)。

 『ワンダープロジェクトJ』も相変わらず希望中。
 『ライブアライブ』はキャラの版権があるから厳しいですかね……『スクウェアのトムソーヤ』も当時ゲーム雑誌で画面写真を見て、「タイトルに会社名を入れるなんてスクウェアも大きな会社になったんだなぁ」とかアホなことを思った記憶があります。その後、まさか任天堂を王者から蹴落とすほどの会社になるとは……


 忘れちゃいけない『マリオRPG』もありますね。
 スクウェアと任天堂の当時の関係を象徴するような作品なので、これがバーチャルコンソールで配信されればイメージは大きく変わりそう。これだけ有名な作品なのに僕は未プレイなので、是非配信されて欲しいです。


 こうやってまとめてみると、現在も続いているシリーズ作品以外にも「出たら面白そう」な作品が多いですね。特に『ポートピア』なんかは『ドラクエ』以上に懐かしむ人がいるんじゃないかと思います。

 ビジネス的にはバーチャルコンソール参加はそれほどメリットがあるワケではないでしょうし、ひょっとしたら「旧エニックスから1作品(『アクトレイザー』)、旧スクウェアから1作品(『半熟英雄』)出したから義理は果たしたよな?」とコレっきりな可能性もあるとは思います。
 ですが、ゲーム業界全体のことを考えれば……ファミコン・スーファミ時代の資産をここで活用することで、戻ってくるユーザーや新たに増えるユーザーを出すことはプラスに繋がることだと思います。どうか、今後もバーチャルコンソールにソフトを出し続けて欲しいです。そう願います。


ファイナルファンタジー4ファイナルファンタジー4

スクウェア・エニックス 2007-12-20
売り上げランキング : 15

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B000UTM356ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

スクウェア・エニックス 2007-11-22
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:02 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

パプワくん、ハーメルン、魔方陣グルグルは大丈夫なのでは?
各漫画が連載していた少年ガンガンの出版社はスクエニなので、版権はOKなはず。

| ああああ | 2007/10/06 00:19 | URL |

>貴様に名乗るHNなど~さん

 僕もこうした権利関係に詳しいワケじゃないので悩んだのですが……
 関連グッズの発売とかで原作者に権利料が支払われて大金持ち、みたいな話もよく聞きますし。出版社にお金が発生しなくても、漫画家さんとか、アニメが絡む場合はアニメ関連の会社に権利料とかが発生することもあるんじゃないかと思い、外しました。
 (スーファミの作品じゃそんなに多くないでしょうが)声優さんを起用している場合は、そこでまた権利関係が生まれるという説もありますし。

 でも、その理屈でいくとDSの『ジャンプスーパースターズ』とかは凄いことになってしまうか…

 メーカー側からすると、そんな面倒なことをしてまで、当時人気だった漫画のゲームなんて言ってしまえば“旬の過ぎた”ものを出すメリットは少ないと思って出てこないのかも知れませんね。ユーザー側からすると、「あ、この漫画ってゲームも出てたんだ」と懐かしくなれると思いますし、バーチャルコンソールの値段なら需要も大きそうなんですけど……

| やまなし | 2007/10/07 15:21 | URL | ≫ EDIT

結局、「スクエニは現行シリーズのVCは出さない」というのは正しくは無かった訳で
FFなんかはリメイクもVCも出してるけど、実際何が狙いなんだろう?
FF4のDS版はかなり難易度が高いし、いろいろ追加要素もあるから
そういった事で差をつけて売ろうとしているのだろうか?

| ああああ | 2016/01/31 23:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/434-7ea719a1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT