やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『よつばと!』の“組み合わせ”、どれが一番好きよ?

 ちょっと前に書かれた記事ですが、面白かったのでご紹介。

 立った!立った!フラグが立った!!!~かけあわせ2007(よつばと!編)
 <情報元:週刊少年二次元さん>

 『よつばと!』7巻にて、ヤンダ×ジャンボが萌えるよねというお話。
 ヤンダの名前は第1話でジャンボが出していたので「ジャンボの友達なんだろうな」と漠然と思っていたのですが、ウォーターワールドの話ではとーちゃんが「やんだでも(誘うか)」と言ったのに対してジャンボがあさぎを誘う口実に使っていたので引っかかっていました。
 とーちゃん・ジャンボ・ヤンダの三人は友達なんだろうけど、どんな関係なんだろうと……ジャンボにとって、ヤンダは“あさぎを誘う口実”以下なのかと。

 で、ジャンボとヤンダの(作中での)初接触は本棚作りの回なんですが、それ以前の天体観測の回などで「ん!倒せ!」と言っていたり、色んなところでフラグっぽいところはあったんですよね。本棚作りの時も「(小岩井家の本棚作りは)めんどくせえから面白いんじゃねーか」と言いつつ、「(ヤンダのスピーカー台は)めんどくせえ」と一蹴していたり。


 とまぁ、こんな風に『よつばと!』は“組み合わせ”の宝庫なワケですよ。
 “カップリングによる萌え”までいかなくても、“キャラ同士の組み合わせ”による化学変化の面白さを取り入れたのは『あずまんが大王』でもそうでしたよね。このキャラとこのキャラが絡むとこうなる、という。

 一番分かりやすい例は、榊と噛みねこですかね。普段は格好良くて頼もしい榊が、噛みねこと絡むとあぁなる。キャラに記号的な属性を付けることで、組み合わせが面白くなるのです。
 『あずまんが大王』で言えば、個人的には智と神楽の組み合わせが好きでした。普段は一緒にバカバカ言い合っているのに、おっぱいの話をされると「胸のことはどーでもいいだろ!」と真っ赤になる神楽がエロかったのです。


 あずま先生は間違いなく漫画界の天才だと思いますけど、やっていることは物凄く基本に忠実なことなんですよね。イチローに「野球が上手くなるにはどうしたら良いんですか?」と聞くと「グローブをちゃんと手入れしよう」と答えるようなものというか、細かい積み重ねが珠玉の傑作を生んでいるのだと思います。

 ということで……冒頭で紹介した『1976腐女子』さんの記事に触発されて、自分もお気に入りの組み合わせを紹介したいと思います。“カップリング”と言うよりも“コンビネーション”と言うべきか、萌えとは違っても面白い組み合わせなんかも多いよなぁ…と。
 ネタバレを超含むので、読んだことない人は急いで本屋に走るか、この記事で予習してから本屋に走るとイイと思うよ(笑)

 あ、一応。“組み合わせ”なんで、「どっちが前か」は気にせず列挙しました。

4840224668よつばと! (1)
あずま きよひこ

メディアワークス 2003-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【オトナとこども】
 ・ジャンボとみうら
 これは『1976腐女子』さんでも挙げられていた鉄板。
 オッサンと女子小学生(ボーイッシュ)の組み合わせです。Wikipediaによると、ジャンボは210cm・みうらは121cmだそうで身長差フェチにはたまらないギャップですね。なのに、主導権はみうらの方にあるというのが萌えます。

 この二人の初接触は2巻の写生の回でしたが…みうらがジャンボを「でか!!人か!?」と個体認識していたのに対して、ジャンボがみうらを個体認識したのは花火大会の回からというのがまたイイですよね。今まで気にしていなかったアノコが、ある日突然、みたいな(笑)
 その後のやり取りは言うまでもなく。天体観測以降は接触のない二人ですが、みうらがハワイに行った後の話に期待しています。


 ・風香ととーちゃん
 これも『1976腐女子』さんで挙げられていた組み合わせ。オッサン(子持ち)と女子高生。
 そもそも、とーちゃんが引っ越してきて初めて出会ったのが風香ですしね。そう考えると『よつばと!』の全てが風香ととーちゃんのフラグに見えてくるから不思議です(笑)。

 個人的に萌えたのは「ちょっと勉強できないお子さんかと思ってた」の辺り。
 風香って基本的には“しっかりしているコ”なんだけど、近しい人(あさぎや恵那やよつば)は抜けたところもあると気付いているんですよね。それでも、とーちゃんの前では比較的“しっかりしている”ところしか見せていなかったんだけど、ちゃっかり気付かれていたところがイイです。

 逆に、とーちゃんの方は“いい加減”な方が目立っていて「品物の選び方がテキトーだった」とか言われているんだけど、よつばが高校に行く回で“しっかりした父親の面”を風香は見ていて驚いているんですよね。この辺のギャップが、心境の変化に繋がるんじゃないかと妄想のしどころですよ(笑)


【家族】
 ・恵那と恵那パパ
 僕としては『よつばと!』最萌えコンビはコレ。父親と娘(女子小学生)の組み合わせです。
 恵那は小学生にしてはしっかりとしたコで、小岩井家のとーちゃんやジャンボには敬語を使えるコ(テンション上がるとあやふやになる)なんですけど―――自分の父親に対してはもちろん敬語を使いませんし、父娘という微妙な距離感が見事に描かれています。
 自分から労ったりはできない、でも頑張っている父親に対して労いの気持ちもあったりで、肩たたきの件で「肩たたき券使ってよ」と父親に言ったりする。素直になれない部分が凄くイイです。お手本のような娘っぷり。


 ・あさぎと風香
 姉(大学生)と妹(高校生)の姉妹です。姉妹好きとしては食いつかないワケにはいきません。
 第1話でのよつばの扱いからずっとことあるごとに対比されているようで、風香の方に若干のコンプレックスがある模様。イチャイチャしているワケじゃないですが、姉が妹をからかって、妹は妹で「あさぎ姉ちゃんにバカにされる!」と気にしているのが可愛いです。

 あと、何気にあさぎの方も風香のことを「男のコに受けそうなスタイルだしね」と評しているのもポイント高いです。普段バカにしているのに、結構しっかり見てるんだなぁと。


 ・あさぎと恵那
 姉妹その2。姉(大学生)と妹(小学生)のやり取り。
 あさぎは作中最強キャラとも言えるキャラで、よつばをいなせる数少ない人物だったり、モテモテだったり、要領の良さが垣間見えるんですが……何故だか恵那にだけは甘く、4巻の地球温暖化の件では素直に「すまんです」と折れていたりするんですよね。個人的に、こういうジャンケン的な人間関係がツボなのです。


【友達】
 ・恵那とよつば
 友達というか、擬似姉妹というか。
 恵那は三姉妹の末っ子だけど、上の二人が“しっかりというよりはちゃっかりしている”あさぎと“しっかりしているようでしっかりしていない”風香のためか、末っ子の割にはしっかりしていて。それでいるからか、よつばと絡むとお姉さんぶるのが可愛いです。
 7巻の自転車の話も良かったけど、5巻ダンボーの回は(みうらもさることながら)恵那のお姉さんなところが輝いていて良かったです。てゆうか、恵那は何をやっても可愛い。


 ・恵那とみうら
 萌えとはまた微妙に違いますが、このコンビも上手く対比されていて見ていて楽しいです。
 見た目だけだと恵那が女のコっぽくて、みうらがボーイッシュなんですけど―――実はみうらの方がヘタレているなど、二人揃っているからこそキャラが立っている部分があるなぁと。あと、誰にでも気を使う恵那だけど、みうらには結構“言う”のもすごく「らしいなぁ」と思いました。

 凄くしっかりしていて礼儀正しい恵那も友達相手には軽口とか言うんだ、と。


 ・ジャンボととーちゃん
 実を言うと、ヤンダを絡めるよりもコッチの方が好きです。萌えというよりは、いいコンビとして。
 当たり前っちゃ当たり前なんですけど、過ごした時間が他のキャラと違うので互いによく分かっているというのが節々から見えるんですよね。だからこそ、バドミントン勝負みたいなことになって、それがまた面白い。

 あと、釣りの回とかがそうなんですけど、“大人同士”の会話が時々見えるのが萌えますよね。普段バカばっかやってるし、基本的には『よつばと!』は大人がよつばという子どもと接触する話なんですけど、時たまこういう“大人同士”のやり取りが見れるのが流石というか。



 以上、こんなカンジ。
 もちろんこの他にも“よつばとヤンダ”とか、“よつばととーちゃん”とか、“あさぎとかーちゃん”とか王道の組み合わせもありますよね。こういう風に色んな組み合わせが出来ることは、『よつばと!』の大きな特徴とも言えます。

 具体的に言うと、ここで挙げたような“オトナとこども”のやり取り、“家族”のやり取り、“友達”同士のやり取りをきちんと描いている作品だからなんですよね。
 リアルに人間関係を考えてあるからこそだし、ちゃんとそれをコマに収めるよう意識されている。「この時、このキャラはどんな表情をしているだろう」と思ったところは、大抵しっかりと描かれています。……これは簡単そうに見えて、なかなか出来ない立派な技術です。

 喩えば、7巻でしまうーが綾瀬家に来る話……しまうーと恵那の会話なんか、すごく「友達の妹との会話」として凄く良く出来ているんですよ。短いシーンだけど、作中で描かれる前の二人の関係がちゃんと分かる。
 あと、「友達の父親」とのあの微妙な空気とかも凄く分かる(笑)。ああいうのは、常日頃から意識をしていないと描けないんですよねー。



 と、ここで試験的にアンケート設置。
 「みんなはどうなんだろう?」と疑問に思ったので、投票フォームを用意しました。「萌える」でも「面白い」でもイイので、『よつばと!』好きな人は“好きな組み合わせ”に気軽に投票して下さいな。

 ここに挙げた以外の組み合わせは、一番下の空欄に入力することで追加できます(多分)。自信がなければブログのコメント欄にでも書き込んでくれれば、僕が追加しますんで。

 投票は1日1回有効。期間は10日間。ではでは。
※ 投票の受付は終了しました。結果はこちら



 どうでもイイことですが、ヤンダ×ジャンボと書いて急いで読むとヤングジャンプに見えますよね。

B000WF1TKSリボルテック ダンボー

海洋堂 2007-12-01
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 18:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

自分が興味あるのは
・ヤンダ×あさぎ
・ヤンダ×みうら
の組み合わせですかね…ってかまだ顔合わせすらしてないんで
もし出会ったらどうなるだろう?という意味での組み合わせです。
ヤンダは今のところ物語内においてよつばもしくはジャンボ、とーちゃん等の
男性キャラとしか絡んでませんが、もし他の女性キャラと絡んだらどういうリアクション
を返すのか…それが気になって仕方ありません。
その中でも特に気になるのが上のあさぎとみうらです。
この2者は作中内でもかなり頭の回転が速く気の強い勝気キャラとして描かれています。
この2人と作中内でもある意味ジョーカー的存在であるヤンダが絡んだ場合、どんな
展開になるかが今、最も興味があります。

| タマノリシコ | 2007/10/04 15:45 | URL | ≫ EDIT

>タマノリシコさん

 書き込み、どうもありがとうございますー。

 ヤンダと女性陣の組み合わせは期待も高いですが、キャラの力関係が崩れてしまったらどうしようという不安もありますね。恋愛方向に進むと、ジャンボ×ヤンダ派の自分としては複雑です(笑)

 「日曜が休日」とか「みうらがハワイに行くのでした」とかが、遭遇のフラグっぽい気もするので不安半分で楽しみにしたいと思っています。ジャンボ・ヤンダ・みうらかあさぎという組み合わせはありそうですねー。

>作中内でもある意味ジョーカー的存在であるヤンダ
 人によって印象が違うので面白いです。
 僕にとってヤンダは『大富豪』の9か8くらいの認識です(笑)。強くもなく弱くもなく、でもあると色々と便利、みたいな。

| やまなし | 2007/10/04 18:25 | URL | ≫ EDIT

レスどうもです。

>キャラの力関係が崩れてしまったら
そこは大丈夫じゃないですかね。あずまさんは結構そういうキャラ同士の
相関関係には気を使って描いてそうですし。
こいつはあいつには強いけどあのキャラには弱気…みたいな感じというか。
例えて言うならジャンケンみたいに上手くバランス調整が取れたお話だと思います。

>恋愛方向に進むと
それも大丈夫だと思いますよ。恋愛展開にはまぁ十中八九ならないでしょう。
(あずまきよひこの描く恋愛漫画にも興味はありますが…)

>僕にとってヤンダは『大富豪』の9か8くらいの認識
なるほどw上手い例えですねw
自分がジョーカーと例えたのは力関係の強弱的な意味ではなく、主に作中内での
役割的な意味でです。簡単に言うとヤンダ以外のキャラって割と物語内での役割が
ほぼ決まっていてその行動も予測が着きやすいんですよね。
あさぎは誰とでもクールに接し、無難にこなし(これを更に熟練させたのが綾瀬母)
風香は人当たりの良い優しい天然系(異性に置き換えて熟練させたのが綾瀬父)
恵那は生真面目でちょっと頑固な優等生、これにクールでかっこいい系の虎子や
ちょっとひねくれ入ってる小悪魔系のみうら、近所の優しくて不器用なお兄さん系の
ジャンボ、主人公とそのパートナーであるよつば&とーちゃん。
以上のキャラは誰もが基本的によつばに優しく且つ行動予測が着きやすいので
(仕事が判明していて休日設定も判明済み→ジャンボ、とーちゃん
学生であり且つ真面目揃いなので行動予測が容易→三姉妹とその友人’s
一般的な家庭の主婦とその夫→綾瀬母、綾瀬父)
誰がどのタイミングでよつばと出会い、どういう反応を示すかを予測するのは
そう難しくはありません…が、ことヤンダに限っては行動予測が困難なんです。
まず職業が不明なのでどういうタイミングで小岩井家に来るのかが読みづらく、
なおかつ本人の性格もかなりのズボラでいい加減であるので、行動パターンが
ランダムで分かり難いです。その点、一旦その気になると例え仕事があっても
有給を取ってまでよつば達についていく積極性があり、非常に行動パターンが
ランダムで複雑なキャラなわけです(ぶっちゃけて言うと曲者ですね)
おまけに作中内で唯一よつばに敵視されていてよつばの「怒」の感情を引きずり出せる
貴重な存在でも有ります。そういう意味において作中内でも他キャラとは明確に区別
されている特殊性(不真面目な性分、よつばとの関係、不明瞭なキャラ設定)が
トランプのジョーカーによく似てると思ったわけです。
これからのよつばと!の展開の鍵を握ってるのは実はヤンダじゃないかと結構本気で
思ってたりします。何よりあいつが出てくると盛り上がりますからねwヤンダの活躍に
期待大です。
以上です。長々と失礼しました。


| タマノリシコ | 2007/10/04 22:33 | URL | ≫ EDIT

>タマノリシコさん

 なるほど。
 僕は“ジョーカー”という言葉から「切り札」的なイメージを持ったのですが、どちらかというと「異分子」的な意味合いですかね。
 ヤンダ以外のメンバーは2巻の頃からほぼ固定されているので(それでも、みうらとあさぎとか作中で絡んでいないキャラはいるのですが)、そこにヤンダが入ると転校生キャラ的な面白さが生まれそうですね。

 個人的には「ヤンダが女性キャラに食いつく」のも「ヤンダが女性キャラにモテている」のもあまり見たくなかったんですけど、それはそれで面白そうだと思うようになってきました(笑)。
 よつばがヤンダに敵意を向けている分、他の女性陣には割かしオトナな対応をヤンダは取るんじゃないかと僕は予想しますが。果たして。


>ことヤンダに限っては行動予測が困難なんです。
 基本的には「日曜が休み」「火曜は休日出勤だった」と言っていて、昼飯を食べに来るのは月末の給料日前ということが明らかになっているので……木曜休日のジャンボよりは他のキャラと絡む可能性は高そうですね。

 ただ、この手のキャラは“たまに出てくるから面白い”というのもあって、使いどころは絞ってきそうですけど。それよりも、すっかり女性陣と絡まなくなったジャンボの行く末が心配です(笑)

| やまなし | 2007/10/05 20:38 | URL | ≫ EDIT

自分が好きな組み合わせの風香ととーちゃんについて
>それでも、とーちゃんの前では比較的“しっかりしている”ところしか見せていなかった
とーちゃんも風香の駄目な所多々目撃してると思います。
引越しの次の日からトイレの窓でつっかえてましたし、水金地火木土天海冥やつくつくぼーしが嫌いといったりと他にもいくつか駄目そうな所が。
結構風香は簡単にぼろを出すタイプかと。

| ねずみとり | 2007/10/05 23:33 | URL | ≫ EDIT

>ねずみとりさん

 まぁ、本当に1度も目撃してなかったらフラグとして成り立ちませんからね(笑)
 あくまで“他の人と比べて”ということで……気付くチャンスは少なかったんじゃないかと思います。「しっかりしていない」というよりは、美少女と言ったりセクハラしたり「からかいやすいコ」くらいの認識だったんじゃないかと。

 いやね、「ぼろを出すタイプ」というのに超同意ですけどね。よつばなんか2話の時点で勘付いていたみたいですし。みうらや虎子ですら風香の頼りなさ(天然さ)に気付いているっぽいですもの。そこがまた風香の魅力でもありますが。

| やまなし | 2007/10/07 15:11 | URL | ≫ EDIT

組み合わせ

気になる組み合わせといえば、みうらとトラは面識あるのでしょうか?
大人に対しても気後れしないみうらも、
トラのことは「カッコいいおねーさん」として素直に尊敬てしそう。

| FoFo | 2007/10/11 00:59 | URL |

>FoFoさん

 言われてみれば、気になる組み合わせですね。
 作中ではもちろん接触がありませんが、どちらも「男?女?」というタイプですし(笑)、そういうコンプレックスを持っているみうらは虎みたいな女性に憧れてそうですね。と言いつつ、みうらも最近ちょっと女のコらしくなってきましたけど……

 これだけ色々な組み合わせが出来る『よつばと』において、まだこういう組み合わせがあるとは驚きですね。
 それを言うと、みうらとあさぎも(作中では)直接は会話していませんけど……

| やまなし | 2007/10/11 12:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/438-a3843b34

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT