やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『よつばと!』に残された謎・伏線・フラグなどなど……

 『よつばと!』強化週間、最終日。
 ……と言いつつ、組み合わせ投票の結果発表やら、『よつばと!』関連で書きたいことはまだ残っているので今後もチョコチョコ書いていくつもりですけどね。


 “組み合わせ”“年齢考察”と続けてきた『よつばと!』話ですが、今日はその他に残されている謎や伏線やフラグをまとめてみようと思います。
 この漫画の大きな特徴として、“厳密に作中時間が設定されている”という点がありますよね。あさぎがアイスを食べていたら、次の回でかーちゃんが「(あさぎは)昨日、私のアイスを食べたのよ」と愚痴っていたり。基本的には1話完結の物語でありながら、個々の話がしっかり繋がっているんですよね。

 そういう意味で言えば、“今の話”の中に“次の話”のヒントが隠されているとも言えて。そうした意識を持って読んでみると“今の話”も倍楽しめるというものです―――ってなカンジにあれこれ理由付けてみたけれど、単に「自分用に」まとめておきたいなと思った謎・伏線・フラグ整理をやるだけなんですけどね。

B000T8S9EMよつばと リボルテック

海洋堂 2007-09-27
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ よつばの「じーちゃん」はどうしてるの?
 違和感を最初に覚えたのは、誰もいない綾瀬家をよつばが訪ねるシーン。
 あの見開き2ページの寒気というか、ゾクゾク感は凄いです。前の回が華やかで楽しい話だっただけに、よつばの「あけてくださーい…」の文字が凄く重く圧し掛かってきました。いつも明るいよつばだけど、過去に“あけてもらえなかった”経験をしたことがあるのかもなぁと思ったのです。

 で、7巻の敬老の日の話を読んで―――“ばーちゃん”にしか電話をしていないことで、「あぁ、やっぱりじーちゃんは死んじゃっているのかもなぁ」と思いました。前述の風香と仏花を買いに行く回で、よつばは“死”を理解していましたからね。ばーちゃんとじーちゃんととーちゃんと4人暮らしだったけど、じーちゃんが死んじゃって、とーちゃんとよつばは引っ越してきた……ってトコなのかなぁと推測しました。


 ……ですが、こないだ既刊をパラパラ読み返してみて「アレ?」と自分の推測がおかしいことに気付いたのですよ。
 それだとお盆の回で「死んだ人が帰ってくる日なんだ」と知ったよつばが、“じーちゃん”に無反応なのはおかしいですよね。


 推測が煮詰まってしまったので、「ばーちゃん」か「じーちゃん」か「よつばの出自」に関する情報が出ている箇所を全部拾い集めてみました。困った時のローラー作戦です。チェック漏れあるかもなので、気付いた方は指摘してもらえると助かります。

・1巻3話…とーちゃんのセリフ
 「ばーちゃんちは(クーラーが)なかったもんな。じーちゃんがクーラー嫌いなんだよ」
・1巻6話…ジャンボのセリフ
 「こいつ(=よつば)ひろわれっ子なんで、かーちゃんいないんだ」
・1巻7話…とーちゃんのセリフ
 「俺が外国でひろってしまって、なんだかわからないうちに、育てる事になった」
・2巻14話…恵那のセリフ
 「よつばちゃん、ここに来る前はおばーちゃんちにいてねー。その前は島にいたって言ってたよー」
 「(どこの島?と訊かれて)左って言ってた」
・4巻休憩…よつばのセリフ
 「(どっから来たと訊かれて)ひだり」
・4巻27話…とーちゃんのセリフ
 「ばーちゃんに買ってもらったやつか?」
・5巻28話…よつばのセリフ
 「よつばもあっちのとおいばーちゃんちからきた。そのまえはもっととおい ひこうきでいくとこからきた」
・5巻29話…とーちゃんのセリフ
 「これ(=ぶどう)、うちの田舎から送ってきたもんなんですけど」
 よつばのセリフ
 「これなー、ばーちゃんがおくってきたー」
・5巻32話…とーちゃんのセリフ
 「(よつばに向かって)おまえ、そういうのどこで覚えてくんの?ばーちゃんか?」
・6巻36話…とーちゃんのセリフ
 「(学校について)ばーちゃんちの隣のみーちゃんが行ってたとこ」
・7巻43話…敬老の日に、ばーちゃんに電話をするシーンがある
 ※ じーちゃんには替わらない

 調べてる途中で気付いていたんですが、「じーちゃん」という名前が出てきたのは1巻の第3話だけで、しかもとーちゃんのセリフだけなんですよね。よつばは「じーちゃん」という言葉を喋ったことがない(他の家のじーちゃんの話はしたことあるけど)。

 そもそも「じーちゃんち」ではなく「ばーちゃんち」という表現をしていることが気になるのですが、綾瀬家も「おばあちゃんちから帰ってきて…」と言っているので、あずま先生の中で実家と言えば「ばーちゃんち」なんでしょうか。


 ひょっとしたら……よつばがばーちゃんちに住み始めた頃には、既にじーちゃんは死んでいたりするのかな?と思ったのですが。それだと、とーちゃんの「じーちゃんはクーラーが嫌いなんだよ」は、「嫌いだったんだよ」になるような気も。
 考えれば考えるほど分かりませんね。第3話のセリフさえなければ気にもならなかったのに、一体じーちゃんは何処にいるんでしょう。そもそも30歳前後と思われるとーちゃんの親ならば、50代60代くらいだろうし、まだまだ元気なお年頃のはずなんですよね。

 単に、じーちゃんに放浪癖があるとか……実際に亡くなってはいるんだけど、大人が気を使ってよつばには「じーちゃんは遠いところに出かけたんだ」と説明したとか。そういうところなんでしょうか。謎は深まるばかりで、何一つ解決出来てませんね(笑)


○ とーちゃんはどうしてこの家に引っ越してきたのか?
 これは「ばーちゃんちの謎」にも関係している話なんですけど……そもそも、とーちゃんはどうしてここに引っ越してきたんですかね。
 最初は仕事の関係で引越しをしたのかと思ったのですが、とーちゃんの翻訳家の仕事ってパソコンと向き合うことばかりで、編集者の人が打ち合わせに来たり・打ち合わせに出かけたりは全くしていないんですよね。翻訳家の仕事がそういうものなのかはさておき、それならば別に実家暮らしでも不便はなかったはずですよね。


 となると、昔住んでいた馴染みの土地に帰ってきたということなんでしょうか?

 そう言えば……5巻の天体観測の話でジャンボがとーちゃんに「なんとか自然公園って知らん?子供の時、遠足に行った」言うシーンがあるんですが、「車で1時間ちょい」の距離だそうです。
 車で1時間ちょいって結構な距離ですよね。「1時間」という説明ならば40分くらいも含まれそうですが、「1時間ちょい」ならば1時間5~20分くらいを指しそうな気がします……自然公園への遠足で、車で1時間ちょいの距離かぁ。バスに乗って1時間ちょいかけて「自然公園」って微妙だよね(笑)。
 ひょっとして、ジャンボやとーちゃんが住んでいた地域って今住んでいる地域から微妙にズレてる……?

 前回の年齢考察の時に、このジャンボのセリフから「ジャンボととーちゃんは幼なじみだったのではないか」と書いたのですが……よくよく見ると、このセリフも違和感ありますよね。普通だったら「なんとか自然公園って覚えてないか?」な気が……単に文字数の問題だったのでしょうか。
 しかも、とーちゃんは「知らん」って言ってるし。



 ジャンボの父親の店が近所にあるのだけれど、とーちゃんが引っ越してきた家は「借家」なので昔住んでいた家というワケではありません。
 加えて言うならば、ジャンボの父親のお店が「フラワージャンボ」というのも気になりますね。このお店が昔からやっていた場合は、「フラワージャンボ」の息子がたまたま2m以上の身長になって「ジャンボ」というあだ名になったのでしょうが。最近始めた場合は「ジャンボ」というあだ名の息子がいるから「フラワージャンボ」という店名にしたのかも知れません。

 というか、昔とーちゃんがこの辺に住んでいたなら、「ばーちゃん」が現在ずっと遠くに住んでいる理由も分かりませんよね。単に転校しただけ?
 転校しつつも連絡を取り合っていたとーちゃんとジャンボが、この度また同じ土地に暮らし始めている……みたいな物語にすると、別の扉が開けそうですね(笑)。そして、その二人を邪魔しないように引越しの手伝いにこなかったヤンダ…!三人の関係や如何に!!今後の展開に乞うご期待!!


○ みうら(早坂家)はいつハワイに行くのか?
 4巻で恵那が「みうらちゃん、夏休み終わったらハワイ行くよね」と言っていたので、早坂家は9月になったらすぐにハワイに行くのかと思っていたのですが……9月になっても普通にみうらは登場していて、ハワイに行ったそぶりはありません。

 9月25日木曜日の数日前(ヤンダが「日曜にしてくれよ」と言っていたので、月曜か火曜の22日か23日だと推測できます)に、よつばが「ハワイはもうみうらが行くのでしたー」と言っていました。忘れていたワケじゃなかったのですね…・・・
 で、4巻を読み返してみると―――恵那は「秋に旅行いくんだよ。学校お休みして一週間も!」と言っていました。「秋」だったんですね。勘違いしていました……ということは、10月or11月という可能性もあったのか。

 みうらがハワイに行っても、よつばの生活に何かが起こるワケじゃありませんが……ベタなところだと、日焼けして帰ってくるとかはあるかも知れませんね。ベタすぎ?


○ 風香の高校の文化祭
 この『よつばと!』がどこまでの時間を描くのか分かりませんが……「今度文化祭でお店をやるの」と言っていたので、作中時間がそこまで進めばよつば達も文化祭に遊びに行きそうですね。
 高校にはよつばの存在を知っている人もいるし、よつばに「学校」を教えるチャンスでもありますし。

 てゆうか、こんな展開にもならない限り、しまうーの出番がなさそうで……

 友達の文化祭って、遊びに行くと“自分には見せない顔”を周りに見せていたりして意外な楽しみがあるんですよね。風香なんかは結構モテていそうだし、「しっかりしている」と思っているクラスメイトも多そうですね。しまうーには結構ツッコまれてましたけど。


 しかし、こうした秋のイベントをいちいちやっていくと、恵那の小学校の運動会とかも描かなきゃいけなくなるか……『よつばと!』コミックスのクオリティで運動会なんざ描こうものなら、アシスタントに死人が出そうです。


○ こんにゃく屋の誤解
 風香→とーちゃんフラグはひとまず置いといて……1回限りのネタかと思いきや、まさかの4巻への伏線だったというこんにゃく屋ネタ。なまじ風香は頭の回転が早い(ネジは抜けてるんだけど)ので、誤解したままどんどん突き進むコントみたいな展開に。

 しかしまぁ、こんにゃくが話題に出ることってそうそうありませんし……今後に誤解が解けるかは分かりませんけどね。「風香×とーちゃん」派の人にとっては、乗り越えなければならないハードルなんじゃないかと思います(笑)。
 そういや……風香ってとーちゃんがあちこち海外に行っているということにも食いついていましたし、そっち方向からの展開をしてくるかもですね。「この人、意外に英語とか出来んだ」的な。


○ ちっとも絡まないジャンボとあさぎ
 この二人、最後に会話したのが1巻の第4話。「俺は裸でも大丈夫ですから!」という(笑)
 というか、これが最初で最後で……これ以降はすれ違いにすれ違いを重ね、そろそろあさぎも大学の夏休みが終わっている頃ですよね。木曜休みのジャンボと、土日が休み(多分)のあさぎだとますます出会うことがなさそうです。哀れジャンボ、というかこのままだとみうらとも絡む機会がないじゃないか。

 しかし……しょっちゅう小岩井家に遊びに来ているジャンボと、しょっちゅう綾瀬家に遊びに行っているよつばを観ていると、ジャンボとあさぎが1回しか会っていないというのは驚きですよね。
※ 13日追記:コメント欄にて「ジャンボとあさぎは蝉とりの回でも会っている」との指摘が。ホンマや……失念していました。実は僕は「ジャンボはあさぎの猫かぶりモードしか知らない」と思っていたんですが、蝉を殺虫剤で殺そうとしてるとこも見てたんですね(笑)(笑)


 ちなみに、みうらとあさぎも会話しているシーンはありません。接触自体は2巻のケーキの回と、7巻の糸電話の回でありましたが、会話はしていないんですよね(みうらの話からすると作中以外では話したことありそうなカンジですけど)。ちなみに、みうらと虎子は遭遇もしていません。


 あと、“組み合わせ”の話をした時に切望する声が多かったのが「ヤンダと女性陣」の絡み。ヤンダは男連中&よつばとしか絡んでいないので(牧場のお姉さんは除く)、女性陣相手にどういう反応をするのかが楽しみですね。
 ヤンダは普通にモテそうなので、ジャンボみたいな反応にはならないとは思いますけど(笑)。


 そう言えば、2巻にほとんどよつばが登場せずに綾瀬家だけの会話を描いた回がありましたよね(「あさぎのおみやげ」)。あんな風に、サブキャラだけの回というのもキャラが増えた分観てみたい気もします。

B000VQU74Mよつばと! 綾瀬風香 制服Ver.

海洋堂 2007-11-01
売り上げランキング : 18

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 並べてみて思うのですけど……『よつばと!』って妙なところが非常にリアルですよね。読者から観て「謎」な“とーちゃんが引っ越してきた理由”とかも、子どものよつばからしても「謎」なワケで。全てを描かないからこそ、“子ども目線のリアリティ”を表現しているんだなぁと思いました。

 色んな楽しみ方ができる『よつばと!』。
 頭を真っ白にして大笑いすることも出来れば、カップリングに萌えることも、緻密な設定を考察するのも楽しいです。幅広い人が楽しめるものなんてそうそう目指せるものではないし、目指したところで中途半端なものになりがちなのですが、しっかりと成功している辺りがあずまきよひこが漫画界のイチローだと思う理由だったりします。

 世界にどれだけ野球選手がいても、イチローになれたのはイチローだけですからね。
 (もちろん日本の若手選手にも、イチローに匹敵する素材は沢山いますけど)


 これから先、作中季節が秋に向かいます―――作品自体がいつまで続くのかは分かりませんが、秋も面白そうなイベントが沢山あるのでそうしたものも描いてもらえると嬉しいです。その場合、よつばのあのファッションはどうするんでしょうね。そろそろ半袖半ズボンがきつくなってきた季節だと思うんですけど(笑)

B000WF1TKSリボルテック ダンボー

海洋堂 2007-12-01
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 18:46 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

うーん

○やんだは間違いなく、とーちゃんとジャンボより年下だが、「○○先輩」ではなく「○○さん」と呼んでいるあたりからして、大学あたりの2歳~3歳くらい年下の後輩かと思われますなあ。
意外と高校での先輩後輩の関係って、ある程度の年齢までは先輩!とか言いますが、
大学に来てからだと、きつめの体育会系(六大学の野球部とか)でない限り、
先輩とは呼ばないように思います。

○牧場へ行く際に、やんだは車で来た様子がなかったような・・・。
まあ、4人でにぎやかしでしょうから、限られたページ内でそれを表現することもないんでしょうけど、なんか勘ぐってしまいました。
海へ行くときには、駅までバス移動はしてないけど、フラワージャンボはバスでそれなりに離れているような。あそこは店だから住まいはまた別なんでしょうかね。

なんてあたりも気になっています。

よつばとしては、引っ越した理由ってのは「謎」というよりも「気にならない(しない・意識してない)」レベルかもしれませんね。
私は作品中のよつばの「子供らしい視点」からそう思いました。

引っ越す前にも、間違いなく友達とか近所の知り合いレベルの人はいたと思うんですけど、それに関しても一切話がでてきませんよね。(ばーちゃんは除く)
やっぱり気にしてないのかなあ・・・。

長文すみませぬ。

| げんろく | 2007/10/13 02:25 | URL | ≫ EDIT

 ジャンボは実家、自然公園は割と有名で、
他県からも遠足できたりする。
 コイとジャンボは大学で親友に、ヤンダは大学の後輩。
じーちゃんは生きているが、ばーちゃんの尻にしかてるので、
ばーちゃんち、かなと思っています。
 CDのよつばと冬将軍に、冬服の絵もあります、
よつばよりとーちゃんの衣替えが、気に成ります。

| とうりすがり2 | 2007/10/13 08:05 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/10/13 08:11 | |

7巻32ページの会話がものすごく気になるんです。
もしや、よつばの!?いや、とうちゃんの?!

| 1 | 2007/10/13 08:43 | URL |

>げんろくさん
 興味深い意見ありがとうございますー。

 ヤンダの呼び方は結構微妙じゃないですかね……高校でも「○○先輩」じゃなくて「○○さん」と呼ぶ人はいますし(運動部じゃなければなおさら)、個人差はあると思いますよ。僕も学生だったことがありますが、一度も「○○先輩」と先輩を呼んだことがありません(3人称ではありますけど)。

 ヤンダの職場が実際どの程度近いのかも微妙ですし(車で来た割には、近所のうどん屋を知っているっぽい?チェーン店?)、自宅はなおさら謎ですよね。そもそもカップめんをたまに食いに来る関係というのからよく分かりません(笑)。

>フラワージャンボはバスでそれなりに離れているような。
 バスと言っても一停留所くらいでしょうし、“ちょっと近所の花屋に行ってくる”程度の近さじゃないかなと。あぁ…でも、そうか。“近所の花屋”に行こうと思ったらよつばがバスに乗っちゃって、“ちょっと遠い花屋”に入ったらジャンボがいたということか。

>引っ越す前にも、間違いなく友達とか近所の知り合いレベルの人はいたと思うんですけど
 これも結構気になりますよね。
 多分よつばは順応力が高いから過去に起こったことをあまり気にしない(覚えていない)のだと思いますが、ここまで気にしないと本当に人が少ない田舎だったのかなと。年の近い友達はあまりいなかったとか。

 考えれば考えるほどよつばの過去が暗いものに思えてしまうのは、僕の根が暗いからでしょうか(笑)

>とうりすがり2さん
>自然公園は割と有名で、 他県からも遠足できたりする。
 なるほど、コレは結構しっくりくるような気がします。
 とーちゃんとジャンボが子ども時代に知り合っていなくても、「あの公園は有名だから行っただろ」的な意味合いで言ったと説明できますね。

 でも、とーちゃんとジャンボは長い付き合い(高校以前)だと思うのですよ。息の合い方もそうですし。二人は趣味がかなり違う(ジャンボはアウトドア派、とーちゃんは海外に行ったり)のに、それでもつるんでいるというのは付き合いが長いからじゃないかなと。

 しかしまぁ、それでも推測の域は出ませんが……

>CDのよつばと冬将軍に、冬服の絵もあります、
 これ、Amazonリンク貼り付けようと「よつばと!」で検索すると1番に出てくるんですよね。なんでなんでしょう……

 漫画を描く側からすると、よつばのようにシンプルな線のキャラってベタ(黒い部分)をデザインの中に如何に入れるかが重要なんですよ。
 Tシャツはそういう意味でデザインがしやすいので、必ずどこか(袖とか襟首のとことか)にベタが入っていたんですが……冬服になるとデザインがまた厄介だなぁと。

> 1さん
 このセリフ……普通の(というのも変ですが)1話完結漫画だったら、冒頭に「誰かが来る」暗示をしておいて中盤に出てくる…みたいな伏線に思えるのですが。実際に来たのは恵那だったという(笑)。

 これを伏線として今後に使ってくるのか、それとも「よつばにはよく分からない話をしている」というだけの描写なのか、どちらの可能性もありそうです。

| やまなし | 2007/10/13 21:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/447-0f3f5f06

TRACKBACK

[漫画][CS]さて本日深夜、BSマンガ夜話ファイナル。前の「よつばと!」試論で描けなかったことを補足で。

「八チワンダイバー」「蒼天航路」それぞれについての感想も作品論もあるのだけれど、その前にやっぱり今夜の「よつばと!」に備えて、この前のエントリhttp://d.hatena.ne.jp/gryphon/20080913#p4で書ききれなかったことをかこう。あの時は全部盛り込めたと思ったけど、け

| 見えない道場本舗 | 2008/09/18 05:31 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT