やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

任天堂経営方針説明会・中間決算説明会の社長説明の感想

 ゲームの話題が続いてしまって、ゲームに興味がない人には申し訳ないです。
 ただ、やはり……岩田任天堂教の信者としてはコレをチェックしないワケにはいかないのです。


 「任天堂 経営方針説明会・中間決算説明会」社長説明(動画)

 全40分ちょい。「そんな時間ないわっ!」という方は、テキストの方をどうぞ。
 こないだのカンファレンスと似たような話かと思いきや、「任天堂カンファレンスでは日本市場の話をしたので、今回は海外市場の話を」とのことでした。もちろん任天堂カンファレンスで出てきた情報を受けて、新情報の意味も違って見えるんですけどね。


○ 北米&欧州市場の動向
 ここは作画しながらだったので、あまり集中して聞いていませんでしたが……
 日本でのWiiの失速を尻目に海外(特に北米&イギリス)ではWiiが絶好調、DSも欧州で好調で、『nintendogs』は欧州中心にとうとう1500万本超えるとか。更に驚きなことに初代『脳トレ』(『もっと』ではない方ね)も欧州で絶好調で、間もなく日本の販売数を追い抜くペースだとか。日本では『もっと』の方が売れましたけど、それにしてもねぇ……

 あと、他社ハードの売れ行きにあんまり関係ないよというアピールも。
 確かにグラフを見るとその通りで、ここ最近のWii&DSの小休止状態も「季節的な要因」の方が強いらしい。でも、去年もそうだったっけ……?去年の今頃も、相変わらずDSは品切れ状態だったと思うんですけど。


○ 『ショッピングチャンネル』にプレゼント機能を追加
 ソフトの共有ではなく、ただ単に「ソフトを買って(フレンド登録した)友達にプレゼントする機能」です。岩田社長は「ネット接続率向上うんぬん」と仰っていましたが、フレンド登録できるということは既にネットに接続している人じゃんと思っちゃいました。

 ただ……「ネットに繋げるのは無料だから抵抗がない」人の中にも、「お金を払って(形に残らない)ソフトを買うのには抵抗がある」という人がいるのは間違いないでしょうし。そうした人にアピールする意味もあるのかなと。

 あと、やはり見逃せないのが「Wii Ware」の存在。
 『Dr.マリオ』のようにオンライン対戦が標準装備されているソフトの場合、自分は買ったけど相手は買っていないということも多いワケで―――「これ、プレゼントするから一緒に対戦しようぜ」みたいな使い方も出来るんですよね。
 「Wii Ware」にどういうソフトが出てくるかはまだ未知数ですが、コミュニケーション系のソフトが出てきて相手にプレゼントできるのなら新たな広がりが出来そうだと思いました。

 開始は今年の12月を予定。


○ TV番組表チャンネル(仮)
 「お天気」「ニュース」とチャンネルが発表された時から「TV番組表が出てきそうだな」とは思っていましたが、実際に出てくるとやはり驚きですね。岩田社長が仰るとおり「TVとゲームは時間を取り合うものだ」という認識がありましたし。
 ただ、こないだ『Wii Fit』の講演で宮本さんが「TVを観ながら走ってください」とも仰っていたように、むしろTVとの融和の方を目指している印象があるんですよね。こういう意識は大切だと思います。

 『お天気チャンネル』もそうでしたが……地デジのデータ放送ならば番組表を出せるテレビも多いでしょうし、別にWiiでやる必要はねーよなと思う人もいるでしょうし僕も思っていたのですが。
 動画を観ると、結構面白そうなんですよね。
 画面のスクロールが快適ですし、番組表を立体的に表示して色分けするのなんかも楽しそうです。観たい番組にはMiiを置いておくと、後から開いた人が分かるというのも面白いです。まだ試作版でしょうからデザインは簡素でしたが、作りこめば化けるコンテンツになるんじゃないかと思いますよ。

 僕はテレビほとんど観ない人間なので、あまり使わないでしょうけどね(笑)
 開始は来年の3月までを予定。



 今回の説明では出てきませんでしたが、11月からは『Miiコンテストチャンネル』と『みんなのニンテンドーチャンネル』が始まります。特に『みんなのニンテンドーチャンネル』は人々とゲームのあり方を変えるかも知れない(変えないかも知れない)可能性を持っていると期待しています。

 問題は開始のタイミングなんですが……DS体験版機能があるくせに、11・12月の任天堂のDSラインナップは『マリオパーティDS』と『高速カードバトル カードヒーロー』の2本のみ。任天堂ソフト以外の体験版も出せるのか、それとも『マリオパーティDS』の発売前に間に合わせられるのか、色んな要素が気になります。


 『みんなのニンテンドーチャンネル』絡みの話で言うと……
 ニンテンドーDSにゲームボーイの「バーチャルコンソール」が登場?(情報元:まさかてさん)

 こんな記事が出ていました。
 実際に行うためにはDSに記録媒体が必要になるので、Wii用バーチャルコンソールにスーパーゲームボーイが!という選択肢の方が現実的じゃないかとは思うのですが。携帯ゲームは携帯ゲーム機でやらないと意味がないという思想もありますし、『夢をみる島』なんかも「アレはTV画面でやるべきではないんだよ」と僕も思ったので―――噂が本当であって欲しい気持ちもあります。

 ……でも、別にやりたいソフトとかはあまりないんですけど(笑)
 一番やりたかった『夢をみる島』は、去年もうクリアしちゃったしなぁ。


 こちらは噂ではなく確定情報でいいのかな?

 Wiiリモコンでやっぱりアミーゴ復活 『サンバDEアミーゴ』 海外のセガが正式発表

 日本では未定とのことですが、日本で出さない理由を考える方が難しい!
 このゲームは友達がドリキャス版を持っていて、まだ10代の自分が抱いていた「体感ゲームなんて恥ずかしいよ」という考えを見事にぶち壊してくれた作品でした。もうクリアとか勝ち負けとか関係なく、ただマラカスを振っているだけで楽しかった……Wiiで甦るのなら、それだけで涙モノ。

 『太鼓の達人』よりはWiiリモコン向きだと思いますしねー。

 同じセガの『ゴースト・スカッド』でザッパーが話題中ですが、Wiiリモコンの強みってまさにそこだと思うんですよ。ザッパーがあると臨場感が増すのは確かだけど、ないならないでも楽しめるので、二人プレイにも柔軟に対応が出来る。
 ドリキャス版『サンバDEアミーゴ』はマラカスコントローラがない場合、普通のコントローラでボタン操作になっちゃうんですけど……1セットしかマラカスコントローラを持っていなかった僕らは、マラカスvsボタン操作ということでテンションに恐ろしいほどの差が出来てしまって(笑)。

 そういう意味で、Wiiリモコンとヌンチャクさえあれば「遜色なく楽しめる」というのは大きすぎる。是非、日本でも発売して欲しいです……ただ、こういう時に限って『Wii Music』と発売日がぶつかっちゃうとかがセガなんですよね。『ゴーストスカッド』も『マリオギャラクシー』の1週前じゃなきゃ買ったのに……

| ゲーム雑記 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/468-e237cc9e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT