やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「一度観ただけでは理解できない」はアニメDVDの販売促進に繋がるのか?

 先週、アニメ『電脳コイル』が最終回を迎えました。

 アニメの中盤辺りは「専門用語の多さ」と「その専門用語が「誰も本当の意味は知らない」と謎のまま進むこと」により、相当テンションが下がってしまい視聴が億劫になったところもあったのですが……
 ところどころの演出はそりゃ目を見張るものがありましたし、ヤサコとイサコの友情物語として見ると最後はキレイにまとまっていて楽しかったです。群像劇フェチの僕の正直な気持ちとしては、「あのキャラもあのキャラも、イイトコなしで終わっちゃったな……」と言いたいことはありますけどね。



 『電脳コイル』は、今週土曜から同じ時間で第1話から再放送だそうです。
 専門用語が多くて「1回観ただけじゃ理解できない!」という意見も多そうですし、嬉しい人も多いんじゃないですかね?終盤明らかになった用語の意味を踏まえた上で、第1話から観返すのも面白そうですしね。


 そう言えば、『電脳コイル』でちょっと思い出したことがありました……
 最初の数話には登場しない“オバチャン”というキャラが、実は第1話の時点でチラッと映っていることをコメント欄にて指摘してもらったことがありまして。
 人によっては「そんな誰も気付かないところに伏線を仕込むなんて芸が細かい!」と思うのかも知れませんが、僕みたいに根性が捻くれすぎて折れてしまっている人間は「2周観ないと分からないようなシーンを入れるなんて、DVDを売りたいんだろうな」と思ってしまいました。人間の器の大きさが垣間見えますね。


 別にこれは『電脳コイル』に限った話ではなくて、多くのアニメで行われていることだったりします。(僕は2周目を観たアニメが少ないので思いつく事例も少ないのですが……)
 『舞-乙HiME』のアニメ版の2周目を観た際に、序盤のプールの回にて既に「アリカとニナの出生の秘密」がキッチリと描かれていたのを知った時にも同じようなことを思いました。「コレ、1周目じゃ絶対イミ分からないシーンだよなぁ」と。実際、1周目をオンタイムで観ていた時には、1週間後にはすっかり忘れていましたしね。

 こっちは真っ当に「今後の伏線だな」と受け取った人もいましたが、『コードギアス』の「研究所をナリタに移せ」も1周目観た時はチンプンカンプンでした。
 ただでさえアニメの序盤は覚えなきゃいけないこと(キャラの顔と名前、関係、専門用語……などなど)が多いので、序盤数話の伏線なんて頭に入らないんですよ。1話を繰り返し何回も観るような人はまた違うのかも知れませんが……



 で、こういう「一度観ただけでは理解できない」描写を何故入れてくるのか?
 僕はそれを「DVDの販売促進のためだろうな」と思っていました。だって、「一度で十分、二度は観るな」(by『スナッチ』)という作品だったら、テレビで観て満足しちゃってDVDを買おうなんて思わないじゃないですか。

 でも、ちょっと自分の身に置き換えてみると……疑問が出てきました。
 「一度観ただけでは理解できない」アニメと、「一度観ただけで凄く面白くて大満足!」のアニメ―――どっちのDVDを買うかと問われたら、果たして理解できなかった方を選ぶのかと。


B000WP2EA2電脳コイル 第4巻 限定版
折笠富美子.桑島法子.矢島晶子.朴ろ美.小島幸子.斉藤梨絵.鈴木れい子.野田順子.小林由美子.梅田貴公美 磯光雄

バンダイビジュアル 2007-12-21
売り上げランキング : 247

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 既に終了してしまったアニメを、もう1周見返したい場合―――

・再放送を観る
・放送時に録画しておいたものを観る
・バンダイチャンネル等のネット配信サービスを使う
・ビデオ・DVDのレンタル
・ビデオ・DVDを買う

 動画共有サイト等の違法コピーに関しては、僕は立場上認めるワケにはいきませんし、観たこともなければどういうものかも知らないので省きます。ここに対してツッコミを受けても、返答しかねますので御了承下さいな。


 パッと思いつくのは、上記の5つ。
 「再放送」は、よほど人気の作品でもない限りしてもらえないですよね。CSやGyaoなどで放送してもらうのを待つにしても、タイミングや人気や、恐らくは権利関係なんかで、都合よく自分が観たい作品が放送されるとは限りません。

 「録画しておいたものを観る」は環境次第で、“どの程度の番組を録画するのか”が分かれそう。僕みたいに未だにVHSしか録画機器がない人間は、アナログがどうこう以前に場所を取るのでほとんど録画しませんね。HDDレコーダーとか買えばまた違うのでしょうが……先立つものがなくてねぇ。

 「ネット配信サービス」は…あんまり詳しくないのですが、権利関係次第?
 個人的には『舞-HiME』のアニメ版はコレで全話視聴したのでありがたいサービスですし、全話パックなんかがある作品はかなりリーズナブルな値段で視聴できると思うのですが。PCの環境なんかもありますし、快適に観れるか心配で使ったことがない人も多そう。ちなみに僕が『舞-HiME』観た時は、相当カクカクしてました(汗)。

 「レンタル」は、近所のラインナップ次第ですね。
 ウチの近所のレンタル屋には『舞-HiME』はなかったけど『かみちゅ!』は全巻揃ってました。その線引きが分からん。『ガンダム』系は多くのレンタル屋に揃っているので、後から追いかける立場としてはありがたいですね。(CSでの再放送も多いけど)

 最近、「アニメのDVDはセルよりレンタルの方が収入源になっている」というのをどっかでチラッと読んだ気がするのですが……レンタルはモロに違法コピーの被害を受ける業種なので、恐ろしいペースで潰れまくっているという話も聞きます。それが本当なら、「DVDを売ってナンボ」というアニメのビジネスモデルもいつまで続けられるのかという気がしますね。


 で、最後に「DVD購入」
 一番確実ですし、一番手っ取り早い。ですが、かかるお金も一番高い。

 上の4つの手段を取れるか取れないかは人それぞれケースバイケースだと思いますが、いずれにせよそうした網を越えて“DVDを買おう”と思える作品ってよほどの愛着がないとムリじゃないですかね?

 僕もアニメのDVDは何本も持っていますけど、それはやはりその時その時に自分にとって大きな影響を与えた作品だったり、励ましてくれた作品だったりに限定されています。
 だってさー、そのアニメDVDが最終巻まで出る前に、また新しいアニメが山ほど始まるんですよ?それでも放送が終わったアニメにお金を払い続けられるのって、やっぱりよほどの愛着がないとムリだと思うんですよ。

 何を基準にして“愛着が湧くのか”はそれこそ人それぞれでしょうが……「何だかよく分からない」に愛着を持てる人ってそれほど多くないと思いますし、そこにお金を払える人がどれだけいるんでしょう。



 もちろん……
 『舞-乙HiME』だって『コードギアス』だって、「一周観ただけで面白い」からこそDVDが売れたんだと思います。『電脳コイル』だって決して「一周観ただけじゃ面白くない」作品ではなかったと思います。

 重要なのは比率なんでしょう。
 喩えば『舞-乙HiME』の面白さを「一度観ただけで分かる楽しさ:二度観ないと分からない楽しさ」に10分割するとしたら、せいぜい「8:2」くらいだと思います。

 これがもし、「3:7」とか「2:8」とかだったらDVDを売るのが難しいんじゃないかというのが僕の考え。そもそも、そういう状況で最後まで観てくれる視聴者自体が貴重でしょうしね。

 逆に言ってしまうと、DVD販売に頼ったビジネスモデルをしている限り、これくらいの比率のアニメは大赤字になっちゃうんじゃないでしょうか。赤字になるからそうした作品はその内に減ってしまい。分かりやすい面白さ+2周目を観るとちょっと発見がある……みたいな作品ばかりになる。
 という未来予測をしてみたけど、推測に推測を重ねて飛躍させただけなのであんまり真に受けないで下さいな。


 正確なデータがあるワケじゃないのですが、「電脳コイル 売上げ」でググってみたところ『電脳コイル』のDVD売上げはイマイチらしいです。
 もちろん売れない理由はこれだけじゃないでしょうし、僕は業界の人間ではないのでどういうお金の動きがなされているかは知りませんし興味もありませんが……『電脳コイル』の一周目を観た人の内の何割が、今週土曜からの再放送で二周目を観るのかは気になります。


 話は更に脱線&飛躍しますが……NHKが民放化されて視聴率最優先になったなら、『電脳コイル』はまた違った形で放送されていたかも知れませんね。再放送なんてもってのほか。
 それがイイことか悪いことなのか、僕には分かりませんが……


B000X1IAIK電脳コイル デンスケ(M)

ハートランド 2007-11-25
売り上げランキング : 104

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 20:51 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

歳とると…

面白いってレベルも変わってきます。
電脳コイルは相方に付き合って見ましたが、もう何がなんだか分かりませんでした(笑)
個人的な感想としては、脚本も×で破綻したな…、と言うものです。

そもそも制作側が視聴者に理解してもらおうとして作っていないように思えました。
このアニメのターゲットって、小学生でしょ?
きっちりかみ砕いて話しを作るというのは制作側の責任でもあると思います。
今はお話しをきっちり作ることも出来ないのだな…と言うのが率直な感想です。

それから、登場人物の顔がみんな同じなのも話しをわかりにくくさせています。
最近はキャラクターのかき分け出来ない人が増えたようで、キャラクター名を覚えるのすら
難しくなった感があります(笑)

| そろそろ脱アニオタの30代 | 2007/12/07 06:40 | URL | ≫ EDIT

>そろそろ脱アニオタの30代さん

 正直なところ、「面白い←→面白くない」ということではなく「面白いと思えるところまで付いていく体力がなくなったな」と思うのは仕方がないことだと思うんですよ。
 僕の場合、少年ジャンプを読まなくなったのは「つまらなくなった」のではなく「読み終える前に次の号が出てしまう」からでしたし。Wiiの『ゼルダ』を挫折したのは、1回のプレイで次のセーブ(再開)ポイントまで辿り着けなかったからでした。

 アニメに関しても、特に深夜アニメなんかは「公式サイトを隈なく読んで用語の意味を理解しておくこと」が義務付けられている作品もありますし、そうしたことを怠って感想を書いたりすると「公式サイトくらい読んでから感想を書いて下さい」と言われることも多いです。
 凄いレベルになると、何とかというアニメ誌に載っていた監督のインタビューを読んで理解してから感想を書け、と言われたこともあります(笑)。

 要は、コアなファンのニーズに応えるような作品ばかりになってしまうと、僕みたいに「軽く楽しもう」という人が入り込めなくなってしまうということで。そういったことが「そろそろ脱アニメかな」ということに繋がるのかな、と思うのです。


>登場人物の顔がみんな同じなのも話しをわかりにくくさせています。
 コレを言われると……「『電脳コイル』レベルでも同じに見えるの?じゃあ、一体どうすれば」と途方に暮れてしまいます。

 具体的にどのキャラとどのキャラがごっちゃになるのかにも依りますが、じゃあ髪の色をピンクや青にすれば良かったのかという問題もありますし。
 以前、僕が書いた「美少女作品が美少女ばかりな理由(http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-360.html)」という記事のコメント欄でも話題になりましたけど、ファンが好きな“画一的な美少女(美人)”以外のキャラを出すと「絵が下手だ」と言われてしまう風潮がありますからね。一概に作り手側だけに責任転嫁をさせられない要素もあるとは思います。

 まぁ、僕は『電脳コイル』のキャラを「みんな可愛い」とは思いませんし、ちゃんと顔で区別付きますけどね(笑)

| やまなし(管理人) | 2007/12/07 21:05 | URL | ≫ EDIT

通りすがりで失礼します。
登場人物の顔がみんな同じに見えるのは確かに思いました。途中見るのをヤメた原因だったりします。髪の色をピンクや青とかではなく、そもそも骨格が描き分けられていないのが問題ではないかと。ガンダムSEEDみたいなのは言わずもがなですが、ヤサコ、ハラケン、アキラ、オバチャン…場合によってはイサコ、フミエまでも同じに見えてしまいます。京子のような幼児、メガばあのような老年のキャラに関しては問題ないですが、しかし老年同士では造形がほぼ同じというやっぱり描き分けがなされていないかと。

「『電脳コイル』レベルでも同じに見えるの?」というのがうまい作画の人が集まっている、という意味でしたら、作画の上手い下手ではなく単純にキャラクターデザインの問題かと思います。同じNHKの番組である「ふたつのスピカ」「無人惑星サヴァイブ」ではこういう事態にはなりません。とまぁ、話しをわかりにくくさせている原因のひとつであるキャラクターデザインですが、デンスケは素晴らしいです。最初は「なにこれ」と思いましたが、後半はもうかわいくていじらしくて…。

長文失礼しました。

| 20代後半 | 2007/12/08 10:19 | URL |

私も通りすがりで失礼します。
私は、電脳コイルの場合は、一度見ただけじゃ理解できないというよりも、IT関係の専門用語に対する説明がほとんどなかった事の方が大きいと思います。
難しい用語を知っている人ならニヤっとする点かもしれませんが、ドメインだとか言われても、普通の人はさっぱり分からないと思いますし、管轄とかそういう事に関してはクドイくらい説明しても良かったと思います。
あと、再放送が決定している事も要因になっていると思います。

| ああああ | 2007/12/08 11:35 | URL |

キャラが見分けられないのって、要はキャラ萌え出来ないからじゃないですかね。
電脳コイルは登場人物はそんなに多く無いし、年代も色々です。

個人的には、美男子美女ばかりになったガンダムの方はよほど見分けるの辛いですが
キャラに萌えられる人なら、そういうのは恐らく余裕でしょう。

興味のない物はみんな同じに見えるって奴です

| . | 2007/12/08 21:44 | URL | ≫ EDIT

どうも、初めまして。
管理人さん、矛盾してないっすか?
エントリーにある
>でも、ちょっと自分の身に置き換えてみると……疑問が出てきました。
 「一度観ただけでは理解できない」アニメと、「一度観ただけで凄く面白くて大満足!」のアニメ―――どっちのDVDを買うかと問われたら、果たして理解できなかった方を選ぶのかと。

と、コメントにある
>要は、コアなファンのニーズに応えるような作品ばかりになってしまうと、僕みたいに「軽く楽しもう」という人が入り込めなくなってしまうということで。そういったことが「そろそろ脱アニメかな」ということに繋がるのかな、と思うのです。
気楽に見るライトなオタクはハナからDVDなんか買わんでしょうし、ワザワザレンタルするのもダルいんじゃないんですかね?

様は初見で理解出来ない事に対しての理由付けの為にやれ、専門用語がどうとか、キャラがどうとかって、いい訳しているだけに感じますけども…

| U    | 2007/12/08 22:04 | URL | ≫ EDIT

>20代後半さん
 なるほど、骨格(というか輪郭?)ですか。
 これは僕も(アマチュアだけど)漫画描きの端くれとしては耳が痛いですね。キャラクターデザインにおいて、目鼻などのパーツや表情、髪型・服装・体型なんかは割と容易に区別を付けられるのですが、輪郭はそもそもが描くのが難しい上にバリエーションを作るのも大変ですから。

  『電脳コイル』レベルと書いたのは、僕の意見として「『電脳コイル』は萌えを犠牲にしてまで区別が付くように工夫されている」と思っていたからです。一例を挙げると、イサコのダサい服とか(笑)。
 ただ、指摘を受けて考え直してみると、なるほどメインどころ(出番が多いキャラ)に同型の輪郭が多いのは確かにありますね。ハラケンとオバチャンが似ているのは親類だからという演出なんでしょうけど、一番出番が多いヤサコと似通ってしまっているのは勿体ないです。

 ということで、ハラケンとナメッチのキャラデザを入れ替えておけば(もちろんオバチャンもナメッチ似)全てが解決したのだと思います。


>貴様に名乗るHNなど~さん
 確かに、「この程度の言葉は知っているだろ?」的に使われている用語も多かった気がしますね。この手の言葉は分からないまま無視して進んで問題がないというのは、各種ロボットアニメで僕は慣れているのですが……

 そこに「この作品独自の専門用語」もあって、こちらはイミを把握しないと楽しめないようになっていたのが混乱の一因になっていたようにも思えます。
 総集編を何度かやったりと、作品外でわかりやすいように工夫されていたとも思うんですけどね。終盤まで僕はメガマスとメタタグの区別が付いていませんでした。


> .さん
 「萌え」に限定することもないと思いますけど、確かに愛着やら思い入れがあるからこそキャラが区別できるというのはあるでしょうね。
 僕は実写の外国映画の方が誰が誰だか分からなくなりますが、アニメの場合は声だけでキャラを区別できます(笑)。この辺はきっと「映画を観る能力」「アニメを観る能力」の問題なのかなと思います。


>Uさん
 僕は元来自分の意見が首尾一貫してるとも思えないし、2秒後には今と違うことを言ってるようなチャランポランな人間だと思っていますけど。指摘されたこの部分に関しては、別に矛盾はしていないと思います。

・アニメは「軽く楽しみたい」
→ なので、(繰り返して何度も観たり、公式サイトや雑誌で事前に情報を仕入れたりしなくても)「一度観て大満足!」な作品の方が好き
→ DVDを買うならば、そうした作品の方を選ぶと思う


>気楽に見るライトなオタクはハナからDVDなんか買わんでしょうし、
 で、コレなんですけど。
 確かに「何度も繰り返しDVDを観るようなヘビーユーザー」と「気楽に観ているライトユーザー」ならば、前者の方が沢山お金を落としてくれるでしょうし、そちらのユーザーを優先した作品にしていくのは分かるんですけど。

 卵か先か鶏が先か。
 気楽にアニメを観ているライトユーザーが「このアニメ、面白いなー。DVD買おうかな」と思えられない現状だとしたら、遅かれ早かれユーザーは先細っていくだけだと思いますよ。この国はまず間違いなく少子化・小人口化するのですから、如何に新しいユーザーを取り込めるのかを考えていない業界は縮小していくしかありません。


 まー、この辺は人それぞれ思想が違うでしょうし、喩えばゲーム業界の話で言えば「違いが分かる人だけを商売相手にしてはダメなんだ」という任天堂と「違いの分かる人だけが楽しめるハイエンドな商品です」というSCEの両極端がありますよね。

 なので、「気楽に観ているライトユーザーを相手にしても儲からない」というのも一理はあると思いますし、PS3の向こうにあるものを見てみたい気持ちは僕も理解できます。
 それでも僕は「気楽に観ている人」も「初見で理解できない人」も、“同じ一人のユーザー”だと考えていますけど。

| やまなし(管理人) | 2007/12/09 22:32 | URL | ≫ EDIT

「こんな所に伏線が」は「二度観ないと分からない楽しさ」では無く「気づいた人だけ楽しめればいい」という「おまけ」だと思います。
「なんだよ、言われなきゃわかんねーよ!」それで良いと思いますよ。
制作側もそれを販促にしようとは思ってないでしょうし。

| すがきや | 2007/12/10 15:23 | URL | ≫ EDIT

>すがきやさん

 そうですね。
 僕もその通りだと思いますし、今観ているアニメも「1回しか観ない」「外からの情報を入れない」という楽しみ方をしていて、それで十分に楽しいです。

 ただ、やっぱり「おまけ」の部分が多くなりすぎると、理解できない部分の方が多くなってしまいますから気をつけないといけないとですね。数年前までのゲーム業界が「やりこみ要素満載!」という方向に進みすぎて、「結局中身って何よ?」という問題に直面したように……
 アニメにとっての“中身”を忘れないことが大切なんだと思います。

| やまなし(管理人) | 2007/12/10 20:27 | URL | ≫ EDIT

どうも。
よそのブログですけども私の意見とニュアンス的には同じなので引用させてもらいます。

>まとめると、OTAKUではないけれどANIMEに興味をもってくれそうな一定の大衆層に大規模な宣伝をかけないのは、業者側の手抜かりではなく、むしろ投資に見合う見返りがあるかどうかを分析した結果、あえて今のようにしているだと思います。印刷媒体やTVのCMや映画館での予告篇といった形でさらに宣伝をかけても、ヒットにつながる可能性はあまりなさそうです。仮にANIMEを買ってみようという気になってくれる消費者が多少現われて、実際に手を伸ばしてくれるとしても、売上への貢献度はごくわずかに留まるはずです。ANIME産業はOTAKU層をこそ主軸に置いて活動を続けるだろうと思います。多くのANIMEは、視聴者の多くもまた出自はOTAKU層というのが現実だからです。
ここまで引用。
 出典 Ask Johnふぁんくらぶ 
MOEを捨ててもっと売れ筋のANIMEに絞り、OTAKU以外に宣伝攻勢をかけたらANIME人気はもっと広ま
るんじゃないでしょうか
http://ask-john.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/moeanimeotakuan_79ca.html#more

あくまでもニュアンス的にですが…

| U    | 2007/12/11 01:59 | URL | ≫ EDIT

>Uさん

 他所様のブログ(しかも大手)の意見に対して、本人あずかり知らないところで僕が反論を吹っかけるのなんて失礼極まりないことだと思うのですけど……あくまで「Uさんの意見」として読んだ上でコメントをさせてもらうのなら……

>仮にANIMEを買ってみようという気になってくれる消費者が多少現われて、実際に手を伸ばしてくれるとしても、売上への貢献度はごくわずかに留まるはずです。
 全く同じことは、3~4年くらい前までのゲーム業界でも言われていたことなんですけどね。もちろん色々な主義主張がありますから“Touch!Generations”のようなゲームを嫌いな人がいて当然なんですけど、少なくともそこにビジネスチャンスがあることを見出したのは間違いないと思います。

 で、じゃーコレがそのまんまアニメ業界にも当てはまるのかというと……
 実を言うと僕もUさん達の意見と同じことも思っていて、ヲタク向けに作った作品を「コレは面白いから誰でも楽しめるはず!」と宣伝しても効果はないと思います。ゲーム業界の話で言えば、『モンスターハンター』が超面白いからと言っておじいちゃん・おばあちゃん世代にアピールしても届かない、みたいなね。

 『脳トレ』や『Wii Sports』ほどでなくても、せめて『ドラクエ』くらいの間口の広さがないと……
 「何周も観ないと楽しめない」「公式サイトで情報をきっちり仕入れてないと楽しめない」「アニメ雑誌で監督のインタビューを熟読してからじゃないと楽しめない」作品ばかりだと、それこそ3~4年前までのゲーム業界のように縮小し続けるだけなんじゃないかと不安になるのです。

 まぁ、基本的には思っていることは一緒だけど、「人々に期待をしないから地球にアクシズを落とそうとした」シャアと「人々の可能性を信じて何もしなかった」アムロの違いみたいに、行動が違っているだけだと思いますよ。

| やまなし(管理人) | 2007/12/11 19:39 | URL | ≫ EDIT

この時のアムロとシャアを引き合いに出したと言う事は、一生解りあえないと言うのが管理人さんの意見なのですね。

残念です。
そしてコメント取り合えず有難う御座いました…

| U    | 2007/12/11 22:29 | URL |

>Uさん

 「解りあえない」というよりも、「色んな考えの人間がいるから世界は面白い」と思っています。んでもって、そうした色々な思想を持った人々が力を合わせた時に起こせる奇跡を描いたのが『逆シャア』のラストシーンだと思っています。

| やまなし(管理人) | 2007/12/12 03:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/510-6b85b4e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT