やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゲームの着せ替え機能と『Miiコンテストチャンネル』はキャラクタービジネスを変えるかも知れない

 Wii.comにて『Miiコンテストチャンネル』のTVCMと、開発者インタビューが掲載されました。


 TVCMは現在募集中の「サンタクロース」の御題で「12月16日まで!」と煽るタイプのCMです。『みんなで投票チャンネル』の時と似ていますね。似ていますが、ドンピシャの季節にドンピシャの御題とCMを用意できる辺りがあざとい。

 出来れば、“実際にプレイしている人”を映した方が効果的だったと思うのですが……最近の任天堂CMはそれで必ずしも成功していませんし、絶対的な正解がない分だけ難しいところですね。何だかんだ、『マリオギャラクシー』も『マリオ&ソニック』も年末の勢いで上昇してきているらしいですが。


 開発者インタビューは、山下さんのMiiが意外に可愛い(笑)。
 宮本さんが「作っている」と仰っていたチャンネルなので情報開発部が作っているのだろうなと思っていましたが、『Wii Sports』の「野球」「ボクシング」を担当した山下さんがディレクターだったんですね。山下さんは1年前の「社長が訊く」でもインタビューに応えています。

 任天堂にとって初めてとなる“サーバーにデータを集める”ソフトだったからか、当初6月を予定していた開始時期が結局11月になってしまったとのこと。しかも、情報開発部とネットワーク開発部の「理想」と「現実」のギャップが酷い(笑)
 恐らく『みんなのニンテンドーチャンネル』も同様の理由で配信が遅れたんでしょうね。もし当初の予定通りに6月に『Miiコンテストチャンネル』が出来て、8月くらいに『みんなのニンテンドーチャンネル』が出ていたのなら―――夏からの任天堂バッシングは、また違った形になっていたんじゃないかと思ったりもします。

 「サービス開始直後に「今日のオススメ」の仕様をサーバー側で変更した」
 「「仲間を呼ぶ」機能は個人情報に気を使ってイニシャルしか送れなくしたことから生まれた」
 「元々は審査の際に「入れ替え」機能はなかったのだが、岩田社長のちゃぶ台返しで直前の仕様変更となった」

などなど……興味深い話が沢山。国旗の話も、初日にフランス人が作ったナルトに感動した僕としては「隠れたファインプレー」だったと思いますよ。
 「やっぱアメリカは普及台数がトップなだけあって、職人も多いなー」とか、「フランス人は日本の漫画とかも詳しいなー」とか、「ブラジル人がどうして日本のアニメを知ってるんだ?」とか(笑)。



 地味だけど、本当に凄い『Miiコンテストチャンネル』。
 最初の「帽子を脱いだマリオ」以降は記念写真が撮れないのが非常に残念でテンションも若干下がりましたが、今後も楽しい御題が出てくれることを期待しています。出来れば、記念写真は毎回撮りたい……



 さて。『Miiコンテストチャンネル』と同様に11月に開始されたWiiチャンネル『みんなのニンテンドーチャンネル』―――
 どうやら毎週木曜日に映像ラインナップ・DSソフト体験版ラインナップが一新されて、“来週発売の商品”を紹介していくみたいですね。商品が多い年末だけのことかも知れませんが、「○曜日に何が起こる」と分かっているのは待つ側としては嬉しいです。

 『カードヒーロー』の体験版がまるまるチュートリアルを収録していて、プレイするだけでルールを覚えられるんだけど、「よし!ルールはバッチリだ!次は対戦だな!」というところで終わってしまうのに失笑。まぁ、容量を考えればコレだけ出来るのもありがたいですけどね。
 後は、『チョコボの不思議のダンジョン』の紹介映像が非常に面白そうでした。ゲーム画面はほとんど映らず、ムービー画面ばかりでしたけど。格好良さげな映像を作らせたら、そりゃスクエニは凄いよなーと改めて思ったり。


 面白そうなゲームが沢山あって困るぜ……
 本日はショッピングチャンネルが更新され、『みんなのニンテンドーチャンネル』から欲しい「バーチャルコンソールタイトル」が簡単に買えるようになりました。地味だけど、衝動買いが増えそうなナイスな機能ですね。



 しかし……個人的に一番気になったのは、先週の「みんなのニンテンドーチャンネルダイジェスト映像」の中にあった『WE LOVE GOLF』の映像でした。キャラが『ストリートファイターII』の春麗のコスプレをしていたんですよ。
 んで、調べてみると公式サイト内には記述は見つけられなかったのですが、ファミ通.comのページや先週のファミ通に詳しく書かれていました。『ストII』の春麗、『バイオハザード3』のジル、『逆転裁判4』の王泥喜法介、『魔界村』のアーサーなどのコスプレが登場するみたいですね。この他のカプコン作品からもコスプレが登場する可能性もあるかも?

B000W01WM8WE LOVE GOLF!(ウィー ラブ ゴルフ!)

カプコン 2007-12-13
売り上げランキング : 112

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 もちろん、このためだけにキャメロットはカプコンと組んだワケではないのでしょうが……カプコンと組まなければ実現しなかったコスチュームなのは間違いないですよね。そして、何気に幅広い時代・世代にヒット作をコンスタントに出しているカプコンならではの強みでもあります。


 同様のことは、元々は韓国発のPCゲーム『パンヤ』が日本のテクモと共同開発して出したWii版にも見られて、Wii版のコスチュームとしてテクモの人気格闘ゲーム『デッドオアアライブ』の衣裳なんかが登場するそう。
 カプコンの商品群ほどの幅広さはありませんし、Wiiのターゲット層を考えるとテクモのソフトのファンがどれだけいるんだよ……とは思いますが。1作目は海外でそれなりに売れたみたいですし、日本国内の情勢とはまた違うのかも知れませんね。

 現在『パンヤ2』をプレイ中の僕ですが、まだそうしたコスチュームは出していません。『パンヤ2』の前にプレイしたテクモ作品というと、ファミコン時代の『キャプテン翼』(しかも初代)にまで遡ってしまう僕なので……テクモ作品自体には愛着はほとんどないのですけど、コスチュームのデザインとしては興味がありますし、こういうところから本家のゲームに興味を抱くこともありますものね。



 「自社タイトルの衣裳を着せ替えられる」ゲームは別にゴルフゲームの特権というワケではありません。
 任天堂の『どうぶつの森』の中にはマリオの帽子やヒゲなどが出てきますし、バンダイナムコの『アイドルマスター』にもナムコ作品のコスチュームが出てくるそう。マリオとドラクエのコラボが話題になった『いたストDS』なんかも、両作品のコスプレが可能だったはず。『ドラクエ9』も装備の変更でビジュアルが変わる仕様なので、過去作品のオマージュ的な装備もありそうですよね。


 ゲーム業界は今、空前のコスプレブームなんでしょうか?
 『パンヤ2』で初めて着せ替え機能があるゲームを体験した僕からすると、一つのキャラでもその日の気分によって衣裳を変えるだけで新鮮な気持ちでプレイ出来る楽しさがあるのだと驚きましたし。そういった着せ替え機能があるのなら、自社作品のコスプレを出すのはサービスにも宣伝にもなるということなんでしょうね。あまりに量が多すぎてどっちがメインか分からなくなってしまうのは問題ですが。


 しかし……『WE LOVE GOLF』の例で言えば、着せ替え機能に加えてMii対応というのに注目。
 ゲームに用意されているキャラと同様にMiiにも着せ替えが自由に出来るのかは不明ですし微妙だと思うのですが、もしソレが可能だとしたら―――『Miiコンテストチャンネル』で春麗のMiiを探してきて春麗のコスプレを着させてプレイできるということですよね(笑)。

 『Miiコンテストチャンネル』で拾ってきた長門有希に春麗のコスプレをさせたり、アナ・コッポラにアーサーの鎧を着せたり。Miiに着せ替え機能を組み合わせるだけで、遊び方は無限に広がります。


 もちろんMiiには顔情報しかないので、公式に出ているキャラとMiiのキャラでは雲泥の差があるのも確かです。
 『Miiコンテストチャンネル』でアリンのMiiを拾ってきて、『WE LOVE GOLF』で使ったからといっても……おっぱいもなければ青い髪でもないし、川澄綾子のボイスも聴こえません。アリンを楽しみたいのなら『パンヤ』を買うのが無難な選択だと言えます。
 しかし、(ボイスはムリだとしても)ソフト側で体型や髪型を自由にカスタマイズ出来る機能を付けてしまえば……そうした問題も解決してしまうんですよね。

 もちろん今までにもキャラクターエディットが出来るゲームというのは数多く登場しましたが……多数のソフトで共通のキャラが使えるMiiという機能と、他人が作ったキャラを気軽に持ち帰れる『Miiコンテストチャンネル』が現れたことにより、再現性の高いMiiは世界中の様々なソフトで使われてしまうのかも知れません。


 これ……よくよく考えれば、キャラクターの版権を持っている企業からしたら由々しき事態ですよね。「せっかくアナ・コッポラの出てくるゴルフゲームを企画していたのに、Mii対応にした『WE LOVE GOLF』でアナ・コッポラが使えてしまうじゃないか!」と文句を言ってくる企業があるかも知れません。
 まぁ、コッポラちゃんは冗談ですが……今もし大人気のゴルフ漫画とかがあったとしたなら、そのキャラのMiiでプレイしたいって人も多いでしょうしね。


 そうなると、これからの時代は「キャラクターの版権ビジネス」に重点が置かれず、「コスチュームの版権ビジネス」が重視される時代になるんじゃないかとかほざいてみたり。
 実際「春麗が登場するゴルフゲーム」よりも、「春麗のコスプレが使えるゴルフゲーム」の方が魅力的ですしねー……というのは、コスプレフェチの僕に限った意見なんでしょうか。




 戯言はこの辺にして……
 『WE LOVE GOLF』でも、他のゲームでも良いですから。Miiを自由に着せ替えられるソフトを作ってくれないかと期待しています。自分に着せたい服を着せるのもイイですし、大好きなあのキャラにあの服を着せるのも楽しい。これを実現して、ようやくMiiの構想というものが完結するんじゃないかと思うのです。

B000VZWMBEスイングゴルフ パンヤ 2ndショット! 特典 オリジナル卓上カレンダー付き

テクモ 2007-11-29
売り上げランキング : 259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 19:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/512-3c658a3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT