やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ゲームの楽しみ方」は誰のものなのか?という議論

 ちょっと前の記事かも知れませんが……この度、fc2ブログに移転(というかまだミラーサイト中?)なさった西園寺さんが興味深い記事を書いていたのでご紹介。

 レイトン教授を攻略サイトなしで攻略に挑戦してみたサイオンジ探偵社

 西園寺さんの凄いところは、こういうタイトルの記事なのに「攻略サイトの是非」とかにはほとんど触れず、自然とアナ・コッポラちゃんの話にシフトさせてしまう辺りだと思います。これはもはや天性の才能です。


 まぁ……そんなことはさておき(笑)。
 ゲームにさほど興味がない西園寺さんでもご存知だったほど、このニュースは有名だったんですね。

 レイトン教授シリーズ、ナゾ解答の掲載について

 この文章だと「ご遠慮お願いします」とかなりマイルドな言い回しになっていますが、確か当初は「即刻削除をお願いします」的な言葉だったはず。だからこそユーザーの反発を受けて、文章も訂正せざるを得なかったという流れでした。

 コレが「攻略本利権との兼ね合い」という背景での文章ならば分かりやすいのですが、どうやら『レイトン教授』シリーズは攻略本を出していないみたいなので、純粋にユーザーに楽しんでもらうために書かれた文章だったということが話をややこしくさせています。ユーザーのためを思った行動がユーザーの怒りを買ってしまったという意味で、僕はメーカー(レベルファイブ)の気持ちも分からなくないんですよ。自分もよくやりますもの、こういうこと。



 「説明書や紹介映像もネタバレになるから見ない」という僕ですから、攻略サイトありきでゲームをプレイすることに抵抗がありますし、そういう意味ではレベルファイブの言い分も僕はよく分かります。自力でクリアしたゲームというのは、やっぱり特別な思い出が残りますからね。
 ですが、一方で自力でクリアできない局面というのも確実にあって、子どもの頃なら友達なんかのコミュニティを使って「あそこどうした?」「代わりにソコだけやってくれない?」と突破できたんですが、友達がいない現在は一人の力で何とかしなくてはなりません。そういう時に攻略サイトはありがたい存在なんですよね。実際に攻略サイトに頼るかはともかく、「本当にどうしようもなくなったら攻略サイトに頼ればイイや」と思うことで自力クリアできたゲームも多いです。

 もちろんアクションゲームで「倒し方が分からない!」と攻略サイトに頼ることと、答えが一つしかないパズルゲームで答えを見ちゃうことは根本が違うんですけどね……『ピクロス』で完成した絵を見ながらマス埋めてっても楽しくなさそうですし、そういう意味で『レイトン教授』の解答掲載に反対する意見も分からなくはないのですが。


 「色んな人がいるから世界は面白い」という僕の理念からすると……あくまで自力のクリアを目指す人、攻略サイトも込みで楽しむ人、攻略サイトを作ることの方が楽しい人、クリア後に攻略サイトを眺めるのが好きな人(=僕)、やったこともないゲームの攻略サイトを眺めてやった気になる人(=僕)―――そのどれもが正しい楽しみ方だと思いますし、要は自分に合った使い方を出来るかということであって(これは改造ツールとかもそうか)。

 メーカーからするとサイトの削除の方ではなく、「まず自力で解いてみて下さい」とユーザーに呼びかける(そうした文をサイトの方に掲載してもらう)ことの方が重要だったんじゃないかと思うのです。




 ―――というのが、教科書的な攻略サイトに関する議論。
 ここからはちょっとイジワルなツッコミをしてみます。

 『レイトン教授』シリーズのキャッチコピーって「ナゾトキ×ストーリー」「ナゾトキ×映画級」だったじゃないですか。ナゾトキの部分を全て攻略サイトに頼って解いたとしても、「ストーリー」や「映画級」の部分は楽しめるはず。なのに、こんな文章を掲載しちゃうなんて、あたかも自分達で「このゲームのストーリーには魅力がありません」と公言しちゃっているようなものなんじゃないの?

 イジワルな言い分だとは自分でも思いますが。
 「ゲームの楽しみ方は人それぞれ」という僕の考え方からすると、“『レイトン教授』のナゾトキには興味ないけどストーリーが大好き”という人もいるはずで、そうした人を切り捨てたかのような公式文章なのはどうだったのかなーと。



 繰り返しになりますが、僕はレベルファイブの考え方には賛成寄りなんですよ。
 「まず攻略サイトありきでなくて、自力でプレイした結果として攻略サイトに頼るくらいが一番楽しい」と思いますし、言い方を変えただけで本質的にはレベルファイブの意見とほとんど一緒です。


 ただ、このニュースの本当の問題はそこではなく。
 「ゲームの楽しみ方」をメーカー側が決め付けてしまうことに対してユーザーから反発が起きた、ということの方が貴重な意味を持つんじゃないかと思ったのです。


B000NIQN14レイトン教授と悪魔の箱 特典 マスコットフィギュア付き(※2種類のうち、いずれか1つがランダムで付きます)

レベルファイブ 2007-11-29
売り上げランキング : 63

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ゲームとネットの関係を考えると、パズルゲームと攻略サイト以上に深刻な問題もあります。

 ここ数年の動画共有サイトの急激な普及によって、ストーリーメインのゲームが売れなくなってしまうんじゃないかという危惧です。「ニコニコ動画でストーリーだけ観るから買わなくていいや」ってな人が増えてもおかしくないですよね。


 もちろん動画の違法コピーと『レイトン教授』の解答掲載は法的なレベルでは全く別次元の話ではありますし、僕自身は立場上違法コピーを認めるワケにもいきませんし利用したこともないので地に足がついていない話で申し訳ないのですが―――



 実際問題、ムービーゲームという前評判だった『ロストオデッセイ』も好調に売れているみたいですし、ストーリーメインのゲームであっても今はまだ需要があるのは間違いないと思います。

 ですけれども、もし今後ストーリーメインの大作ゲームがズッコけた時に「ニコニコ動画のせいで売れませんでした」という言い訳が通用してしまうかも知れません。そうすると恐らくユーザーは「面白いゲームを作ればニコ動あっても売れるのに、責任転嫁してるだけじゃん」とメーカーを叩くと思うんですけど………
 ユーザーの思惑とは関係ないところで、“動画だけ見て満足するようなストーリーメインのゲーム”の企画は通りにくくなってしまうことが予想されます。開発費がかかる大作ゲームであればあるほど、企画は慎重になるでしょうしね。



 その一方で、動画を共有することで売上げを伸ばしたソフトもあるワケで―――
 正直なところ、それらが国内市場の多数派になることはまだまだ当分先のことだと思うんですけど。『アイマス』の成功を受けて、“共有したくなる動画を作れるゲーム”“ヘビーユーザー一人辺りからの課金を強めるビジネスモデル”なんかの企画が通りやすくなったとも想像できるのです。

 『スマブラX』だってネット対戦の動画を共有させることを目指しているみたいですし(勝者を予想するシステムは、コピーでは楽しめない要素を取り込んだとも思えますしね)、『Halo3』とかでも既に行われているそうですし。そう言えば、野安さんも『レイトン教授』の話から動画共有の話についての記事を書かれていました。


 ゲームの著作権

 凄腕ゲーマーの話で言うと、僕は『Miiコンテストチャンネル』のMii職人ランキングを思い出しました。
 あの要素……「優れたMiiは優秀な職人の元から生まれる」という前提がないと生まれなかったシステムだと思うので、根源的には「凄腕ゲーマーの神業プレイをみんなで共有しよう」という考え方と似ているんじゃないでしょうか。

 『Miiコンテストチャンネル』と『Halo3』が目指しているものは一緒だ―――なんて書くと、「オマエはどうかしてるんじゃないか?」と言われそうですけどね(笑)。



 ゲーム機がネット対応を標準装備にしたことにより、出来ることは大幅に広がりました。そのことで恩恵を受けるソフトも増え、ユーザーの楽しみも広がるとは思います。その未来を否定する気はさらさらありません。
 ですが、その一方でストーリーメインのゲームは今後2~3年がターニングポイントかなとも思います。『ドラクエ9』はオンラインゲーム(友達との共有体験)の方向に進みましたが、果たして『FF13』は……

 何だろうね。
 僕自身も何十時間もかかるようなストーリーメインのRPGをプレイ出来ない身になってしまいましたから文句も言えませんが、この先にあるゲーム業界の末路というものがちょっと不安に思えたりするのです。


B000QHRDZCファイナルファンタジーIV

スクウェア・エニックス 2007-12-20
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 20:42 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです。
ウチのブログを紹介していただいてありがとうございます。

私のやるゲームはメタルギアソリッドとか、GTAとかのバイオレンスものばっかなんで、攻略サイトを見る必要はあまりないんですけど、ある種のゲームをやるときだけは攻略サイト見まくりですね。

エロゲです。

自分のなかでは、エロゲはゲームではなく(インタラクティブ性がないっていう意味で)CGつきの読み物という位置づけなんで、アレを自分で攻略する必要性ってのが見出せないです。
だから、エロゲの選択肢はいつも攻略サイトまかせです。

友人に100本以上のエロゲを所有してる、いわばエロゲ達人がいるんですけど、彼は攻略サイトを見ない派らしくて、Airを何十時間かけてクリアしたらしいです。
なんでも、観鈴を攻略するには、他のキャラを攻略したあとでないとできないらしくて、それに気づくのに散々時間がかかったんだとか。
エロゲを攻略する意味を見出せない自分としては、よく理解できない行為です。

あ、やまなしさんはエロゲやらないんでしたっけ。
すいません、興味のない話をしちゃって。

自分のブログは移転してるんだか、してないんだか中途半端な状態ですけど、今後ともよろしくお願いします。


| 西園寺 | 2007/12/18 21:35 | URL |

楽しみ方の一つにコミュニティを作るってのもありますね。
あいつ倒したよーとかここ解けた!とか。
そういったものを作って欲しいとレベルファイブは思ってたりしたんじゃないでしょうか。と好意的に解釈。

動画共有に関しては、ストーリーがメインでそれを共有として上げてしまうプレイヤーのモラルは考え物ですが
こういった現状があるというのも含めてこれからどういったゲームを作っていくかという姿勢の変化がメーカーには必要になってきますね。
しかし、ストーリーメインといってもイベントまでの町の人の会話や移動時の雰囲気などはやっていないと分からない部分もあります。
MGSが良い例で、ストーリーは1本道ながらその間のフィールドでの隠し要素やキャラの細かいリアクションなどは実際にプレイしてみないと分かりません。
こういった楽しみ方があるんだと分かると動画が流されても、見てるだけじゃなくやってみたいと思えるのではないでしょうか。

| VIPPERな名無しさん | 2007/12/19 11:47 | URL |

全く同感ですねぇ。
楽しみ方は人それぞれなわけで、自分で解くことを純粋に楽しむ人もいれば、答えを見てでも終わらせたい人もいるでしょう。
けど、答えを見るのも見ないのも自由なわけですよね。
中には見たくない人に見えるようにわざわざ嫌がらせする人もいますが、攻略サイトは違いますし。
今回のレベルファイブの対応は余計なお世話ですね。

ストーリーメインで動画サイトにアップされると意味が無くなっちゃうようなゲームは、既にゲームではないですね。ストーリーメインとは言えそのゲーム性を無視しても楽しめちゃうようでは、最初からただのムービーで充分です。

| どんちゃん | 2007/12/19 17:51 | URL |

>西園寺さん
 こちらこそ話題のきっかけにさせてもらって、どうもです。

 エロゲと攻略サイトという視点は凄く面白そうな話ですね!これだけでまた、1本記事が書けそうな気が……(笑)。
 実を言うと、僕にも昔チョコっとエロゲをやっていた時期があったのですが……僕はその御友人と同じく「攻略情報を観ない主義」だったので、バッドエンドとか孤独エンドばかりになってしまい「なんでゲームの中でまでモテなさを味合わなきゃならんのだよ……」とやらなくなってしまったのです。

 しかし、そうした背景も「攻略」という観点から考え直すと面白いことが見えてきそうです。興味深い御意見をありがとうございます。まさかレベルファイブも、自分達の発言からエロゲの攻略法の話になっているとは思わないでしょうが(笑)


>VIPPERな名無しさんさん
 なるほど。
 言われてみれば、「直接の解答でなければ構いません」という記述がありましたね。それって裏を返せば「ヒントくらいなら構わないよ」ということなので、解答に導くまでのコミュニケーションを大事にして欲しかったのかも知れません。

 これは確か1作目発売の頃の日野さんの発言だったと思うんですが、「自分では分からない問題も、家族に尋ねることでパッと解けることがありますからね」という言葉を読んだ記憶があります。単純に解答を調べるよりも、分からないことから生まれる“プラスアルファ”を期待していたのかも。

>こういった楽しみ方があるんだと分かると動画が流されても、見てるだけじゃなくやってみたいと思えるのではないでしょうか。
 もちろんそうした側面もあると思うんですけど、「動画共有で売上げが上がる」ことと「動画共有で売上げが下がる」ことのプラスマイナスを調べることが出来ない以上……会社からすると企画を通しにくくならないかな、と思うのです。

 僕自身は公式の紹介ムービーもネタバレになるから観たくない人間なので、「動画共有で売上げが上がる」という直接の実感はあまりないんですけど。
 『Miiコンテストチャンネル』に流れる職人のMiiを見て、「よーし!俺も作るぞ!」と思ったりもしたので……そうした意見にも納得させられる部分もあります。


>どんちゃんさん
 ただ、僕自身としては「攻略サイトを見る/見ないを決める」ことも、ゲームを楽しむための技術の一つだと思うので……ゲームに不慣れな人にファンが多いであろう『レイトン教授』に関しては、ある程度の自粛を呼びかけたくなる気持ちも分からなくはないです。

 もちろんそれでも「まずは自力で頑張って解いて下さい」くらいにしておくべきだったとは思いますが……

>ストーリーメインで動画サイトにアップされると意味が無くなっちゃうようなゲームは、既にゲームではないですね。
 ??
 「楽しみ方は人それぞれ」という御言葉に沿うのならば、どんなゲームだってストーリーだけを楽しむ人もいると考えるべきじゃないですかねー。喩えば『ドラクエ』だって、ストーリーだけを目的にプレイする人は少なくないですし。そう言った人全員が「ニコ動で観りゃいいや」となってしまったら、売上げはガコンと落ち込んでしまいますよね。

 時期的にそうした背景を感じ取ったとは思えないのですが、『ドラクエ9』が共有体験の方にシフトしたのは象徴的な出来事のような気がします。

| やまなし(管理人) | 2007/12/19 21:40 | URL | ≫ EDIT

「ナゾトキ×ストーリー」「ナゾトキ×映画級」で
ナゾトキ=0だったら答えもゼロになるんじゃね

| VIPPERな名無しさんX | 2007/12/20 00:37 | URL | ≫ EDIT

>VIPPERな名無しさんXさん

 その「×」は、「攻め×受け」という意味なんじゃね?

| やまなし(管理人) | 2007/12/21 02:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/518-d926f6ed

TRACKBACK

「ゲームを楽しむ」という言葉の範囲を限定すべき。その他

やまなしなひび-Diary SIDE- 「ゲームの楽しみ方」は誰のものなのか?という議論を読んで。 うーん、論点がはっきり見えないが… 1. ゲームってのは自分の力で進めるのが大前提。 ...

| waveriderの日記 | 2007/12/18 01:13 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT