やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

似天堂?

 【サブカルさーふぃん】ゲーム 「Wii Fit」遊びながら健康管理

 当たり障りのない記事なんですが、最後に書かれていた著者名にズッコけて。
 その後、画像の権利表記が「(C)2007 Nitendo」となっていることにもズッコけました。

 そういや、この人もWiiでソフトを作っているんじゃないかとか噂がありましたよね。
 サターンユーザーだったくせに彼の作品を一つもやったことがない僕。当時、買うか迷った『風のリグレット』も後学とネタのためにも買っておけば良かったと今なら思います。ああいう逆転の発想は、今のゲーム業界では一周回って受けるんじゃないかと思ったり。


B000NWDXLSWiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)

任天堂 2007-12-01
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 昨日の伊集院ラジオ「秘密キッチの穴」というコーナーで、「友達と親戚の家にあった謎のライオンの盾」が実は任天堂製光線銃の的だったという話は興奮しました。伊集院さんも途中で「あー!あー!」と叫び出し、横井軍平氏についても「もう亡くなっちゃった方ですが、海外のゲームイベントでこの人の名前が出るだけでスタンディングオベーションになるんですよ」と熱く語っていたのが印象的でした。

 日本だとゲームクリエイターの地位ってそこまでじゃないというのが、ちょっと寂しい……
 これは国民性の違いなのか、他の分野にも言えることなんですけどね。


 マルガの湖畔さんの、12月23日の日記による2007年売上げ分析が非常に面白いです。

 化け物ソフトが暴れまくった2006年に比べて今年は大人しかったかなーという印象でしたが、100万本以上のソフトが去年と同じ9本だったというのが驚きです。その内の5本が去年以前に発売したソフトだったから、印象が薄かったんでしょうね。
 75万~100万本クラスは倍化。任天堂はもちろんのこと、こう見ると強さを感じるスクエニ勢、そこに迫る『レイトン教授』のレベルファイブ………と、流石にこのクラスを売り上げるメーカーは限られているんだなぁと思ったりも(もちろんカプコンも『モンハン』で100万本超えています)。

 DSとWiiの流れを考えると……スクエニはハードが500万台を超えてから本腰を入れるという法則があるようなので、現在400万台のWiiには本腰を入れられていないというのは予想の範囲内か。
 Wiiの不安要素としては「サードのソフトが売れない」ことよりも、DSにおける『Newマリオ』『どうぶつの森』『マリオカート』の役割を担ったソフトが出て来ていないということかも知れませんね。その一歩目として出された『マリオギャラクシー』が再点火中、GCで最高の実績を残した『スマブラ』が1月に待っている……など、弾はしっかりと発射されているので、後は『どうぶつの森』か。

B000FSELOS大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂 2008-01-24
売り上げランキング : 610

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/526-ac3d3669

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT