やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DS→Wiiへと移行されるヒット作はどれだ?

 全国のWiiユーザーが『スマブラX』に期待を馳せ、1週間の発売延期に涙している頃……全く情報が出ていない状況から突如3月6日の発売日まで発表された『みんなの常識力テレビ』
 ちっとも話題になっていませんが、Wikipediaによると153万本売り上げたらしいDSソフト『大人の常識力トレーニングDS』のWii版ということで、何気に目玉ソフトになりそうな予感がします。


 DS版は僕も購入してプレイしていました(当時の感想はこちら)。色々と不満はありつつも、数ヶ月間は毎日楽しくトレーニングをしていました。
 が、覚えた常識が1000を超えた辺りから「一度出た問題の繰り返し」が気になるようになり、『脳トレ』のようにスコア合戦に燃えられる要素も少なく、対戦モードは1台のDSを回して一人一文字ずつ書いていくという謎仕様で。継続する気力が萎えてしまいました。


 「トレーニングソフトは“飽きて辞める”人ばかりだから、次のソフトを買おうとする人は少ない」なんて説もありますが、『常識力トレーニングDS』のように問題点がハッキリしているソフトの場合はそこを潰せばイイとも言えます。

 こちらのサイトにスクリーンショット付きの紹介ページがありますが、画面からして随分とDS版とは違う印象ですよね。
 クイズ番組形式というのはWiiのユーザー層にピタリとハマるでしょうし、Wi-Fi経由で問題をダウンロード出来るので「一度出た問題の繰り返し」になりにくいでしょう(容量の問題をどうするのかが気になりますが)。詳細は不明ですが、“家族で継続させること”を意識した作りのようですし、ソフトウェアキーボードや『お天気チャンネル』のような地球儀画面などのWiiならではの遊び心がいっぱいのソフトみたいです。


 これはなかなか面白そう。

B0012NKFMMみんなの常識力テレビ

任天堂 2008-03-06
売り上げランキング : 1708

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 任天堂が、DSでのヒット作をWii向けにアレンジして発売するのは『やわらかあたま塾』に続いて2作品目。『Wii Fit』を『脳トレ』のWii版と考えることや、『マリオギャラクシー』を『Newマリオ』のWii版と捉えることも出来ますが……それらを入れても4作品目と、意外に少ない数値ですよね(『メイドインワリオ』は……GBAのヒット作だけど入れた方がイイのでしょうか)。

 Wiiの発売前……「本当にこんなゲーム機が売れるのか?」とWii購入予定者でも不安だった時期には、DSのヒット作達をWiiに移植させてそうしたファンをガッツリ掴んでくるんじゃないかと予想していた人も多かったでしょう。『脳トレ』『もっと脳トレ』がアレだけ売れているんだから、Wii版『脳トレ』を出すだろうと考えていた人もいました。


 ですが……岩田社長は早い段階から「DSが好調だからと言って、Wiiリモコンをペンに見立てて計算問題をさせるようなことはしない」と仰っていました。「『脳トレ』『もっと脳トレ』が売れているからと言って『脳トレ3』は出さない」とも仰ってましたね。
 DSをコントローラ代わりにしてWiiで遊ぶ『脳トレ』も面白そうかなとは思うのですが、少なくとも単純にWiiリモコンをタッチペンに見立てたWii版『脳トレ』を出すことはないでしょうね。何故なら、そうしても面白くなりそうにないから。


 『やわらかあたま塾』と『常識力』に共通するのは、タッチペンを主に「選択」に使っているということで……Wiiリモコンでも簡単に代用できるソフトであること。それと、一人ではなく複数人で遊ぶことで新たな面白さ(=DSでは味わえないWiiならではの面白さ)が出てくるということ。


 こうしたソフトのWii版を発売することも「Wiiならでは」なんじゃないかと思いますね。
 Wiiリモコンを使いこなすことも、次世代機ならではのグラフィックも、全てのソフトに必要だとは僕は思いません。


 ということで……今日は数あるDSのヒットソフトの中から、「これはWiiで出したら面白そうだ!」「これはWiiには向いていないよなぁ…」と(勝手に)判別していきたいと思います。僕の「期待」と「実際に出るかどうかの予想」を星5つを満点に記載しています。全て独断と偏見なので悪しからず。


B000IU8WCKWiiでやわらかあたま塾

任天堂 2007-04-26
売り上げランキング : 327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 1.『しゃべる!DSお料理ナビ』
 2006年7月発売。現在も水面下でチョコチョコと売れ続け……販売本数は80万本を突破したとか。『脳トレ』や『Wii Fit』以上に「ゲームらしくないゲーム」で、DSの“Touch!Generations”の象徴とも言えるソフトですよね。10年後、2006~08年頃のゲーム業界を振り返る特集をしたのなら、是非入れて欲しい一本です。

 ですが、Wii版を出すには最も向いていないソフトでもあります。
 このソフトの最大の魅力は「どこでも持ち運びが出来る(=キッチンでプレイできる)」、「マイク入力が出来るので手を洗わずにプレイできる」というDSの特徴を活かしたこと。リビングに置かれていることが多い上に、マイク入力のないWiiでは全く良さを引き出せませんよね。
 Wiiリモコンのスピーカー機能を使うとしても、Wiiとキッチンが離れているという家庭もあるでしょうし……最終的には「DSで良くね?」となりますからね。


 しかし、『Wii Fit』に関しての宮本さんのインタビューを読む限り、この次も“健康”をテーマにしたソフトを出していくならカロリー計算が肝になりそうな印象を受けるんですよね。食事を必ず写真に収める手塚さんの話もありますし……『お料理ナビ』とは違った形で、料理を題材にしたソフトは出るのかも知れません。


 期待度:★
 実際に作られそう度:★★

B000ESH6DWしゃべる!DSお料理ナビ

任天堂 2006-07-20
売り上げランキング : 173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 2.『nintendogs』
 2005年4月発売。ご存知、世界の宮本茂がDSのタッチペン・マイク・すれ違い通信などの機能を存分に活かして作った“Touch!Generations”の代表作。日本での売上げは『脳トレ』や『どうぶつの森』などよりかは遥かに低いですが、欧州を中心に大ブレークして世界中での販売本数は現在1700万本だそうです。PS陣営が強いと言われていた欧州を任天堂色に染めた立役者でしょう。

 しかしながら、このソフトもDSの初期に発売されただけあってWi-Fi機能は搭載しておりません。今フツーに続編を作るのなら、ネット経由で友達の犬と遊ばせられるポストペット的な使い方をするでしょうし、WiiConnect24を活用するでしょうね。それだけでも楽しそう。
 岩田社長がWii発売前に「『nintendogs』の犬をWiiを介してTV画面に映せたら……」と仰っていましたし、シンプルにWii版『nintendogs』を出すというのもなくはないのかなと。

 持ち運びできていつでも遊べるDSだからこその魅力は確かにありましたが、ペットは大抵家にいるもので、家族の誰もが可愛がれるというのも面白いんじゃないでしょうか。リビングの中にだけペットがいるというのは、発想としては自然だと思うのです。


 でも、僕は犬より猫派。


 期待度:★★
 実際に作られそう度:★★★

B0007XQ49Qnintendogs チワワ&フレンズ

任天堂 2005-04-21
売り上げランキング : 2042

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 3.『英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け』
 2006年1月発売。元々はPCのヒットソフトをDSで手軽に遊べるようにしたことで、200万本クラスまで売り上げた学習ソフト。続編の『もっとえいご漬け』も「売れない売れない」と言われつつハーフミリオンを超えている辺り、需要は確かにあったソフトなんですよね。このペースだと次出しても更に数字落とす計算ですが(笑)。

 DS版だけを見れば「タッチペン」「マイク」なしのWiiじゃ楽しめないとも思えるんですが、元々のPCソフトはタイピングゲームですからね。それをDSならではの切り口で料理したからのヒットだったのですから、Wiiも独自の切り口で面白く出来るんじゃないかと思うのです。

 当たり前ですが、WiiディスクはDSカードよりも容量が大きいですよね。
 ちょっと『えいご漬け』とは違うスタンスになりますが……その容量を活かして過去の外国映画の台詞を映像付きで流すとか、“外国語文化に触れる”ソフトとして使えば面白いんじゃないかと思います。
 映画は版権料が高いのなら、開き直って過去の任天堂ゲームの海外版の映像を使うとか。同じ『Wii Fit』でも、海外ではこういう台詞になっているんだとか。別に音声じゃなくても、海外版『MOTHER』の台詞回しを見て楽しむとか、英語を使った遊びはまだまだ残されているように思えるのです。

 ただ、「英語で遊ぶ」だと「英語を学ぶ」のように需要がそれほどないのも確かか。
 面白そうだとは思うんですけどねー。


 期待度:★★
 実際に作られそう度:★

B000NNNQ8C英語が苦手な大人のDSトレーニング もっとえいご漬け

任天堂 2007-03-29
売り上げランキング : 101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 4.『Newスーパーマリオブラザーズ』
 大本命。2006年5月発売。
 10数年ぶりの2Dマリオ(海外ではスーファミの『ヨッシーアイランド』もマリオシリーズに含まれるために説明がややこしいのだけど…)として、単独のDSソフトとしては初めて500万本を売り上げたウルトラキラーソフトです。
 ファミコン時代の初代『スーパーマリオ』よりはやれることが多い分とっつきにくいかなと思っていたのですが、回帰層を中心にかムチャクチャ売れまくりましたね。こないだの年末商戦でも売れているという化け物っぷり。世界統計でも『nintendogs』『ポケモンダイアモンド・パール』『脳トレ』とともに、出荷数1000万本カルテットとして猛威をふるっています。

 逆に言うと……日本でのフィーバーっぷりに比べると、海外の比率はそんなに高くないんですね。『マリオギャラクシー』が海外で絶好調・日本ではミリオン未達成なのとは対照的です。

 そういう意味でも、2Dマリオを据置機で遊びたいという需要は大きいはず。
 『ペーパーマリオ』が出た際には「Bダッシュが出来ないんだ…ショボーン」という声が聞こえ、『マリオギャラクシー』の時は「3Dはちょっとなぁ…」という声が聞こえました。裏を返せば、DSの『Newマリオ』のような2Dアクションを求めているWiiユーザーも少なくないということでしょう。

 『Newマリオ』発売の際には確か「十字キーと2つのボタンだけで楽しめる!」というコピーが使われていました。
 プレステの8つのボタン+十字キーを自在にこなせるような人には想像出来ないかも知れませんが、「同時に幾つボタンを押さなきゃならないか」はゲームに自信がない人にとっては最も重要なことだったりします。
 ならば、そこを逆手にとって、Wiiリモコン横持ちで「十字キーと1ボタン・2ボタンだけで楽しめる!」を押し出していくのも面白いんじゃないかと思います。キーコンフィグ付きでクラコン対応にしてくれたなら、尚良し。


 どこで読んだか忘れたのでソースが微妙、「そういう説もあるのか」くらいに読み流して欲しいのですが……『Newマリオ』の続編は既に開発中という噂がありました。普通に考えたらDSでの続編になるのでしょうが、続編はWiiで出すというのも面白いんじゃないかと思ったり。出ないかなー、望んでいる人は多いと思うんだけどなー。


 期待度:★★★★★
 実際に作られそう度:★★

B0002FQD7Cニュー・スーパーマリオブラザーズ

任天堂 2006-05-25
売り上げランキング : 128

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 5.『いただきストリートDS』
 2007年6月発売。今日のラインナップの中では流石に販売本数は多くなく、どうやら30~40万本くらいみたいですね。『マリオパーティ』を除けば、ボードゲームの売上げとしてはこんなものかも知れませんが。
 ドラクエキャラとマリオキャラの初共演ということで、堀井さんと宮本さんの対談があったりしましたね。

 実は僕も最近友達に借りて一人プレイをチョコチョコやってみたんですが、意外に一人でやっても面白いものです。
 最終的に運がモノを言うのは確かで、「目標金額貯まったから後は銀行まで行くだけだ!」と残り5マスなのに4回連続1が出て、その間にコンピューターに銀行に着かれて。資産は1位なのに、いつも順位は2位……というのを繰り返してもうやっていないんですが(笑)。偶発的な要素の中に、勝ち方と最適解を見つけるという意味ではパズルゲームみたいなカンジなんですよね。

 そのストイックさゆえに携帯ゲーム機の手軽さは魅力ですし、DSのニ画面は情報把握に物凄く向いていると思うのですが……やっぱりボードゲームはみんなで一つのもの(TV画面)を見てワイワイした方が楽しいんじゃないかとも思ったりもするのです。人数分DSがないやーってことも多いでしょうしね。

 「Wiiにはパーティゲームしかない」と言われるくせに、定番のボードゲームはないのが現状。『マリオパーティ8』は売れまくったけど逆転要素に乏しく評判がイマイチで、『桃鉄』はブランド力低下が叫ばれ……ここはやはり『いたスト』に頑張ってもらいたいんですけど、どうでしょう?


 期待度:★★
 実際に作られそう度:★★★★

B000JFSFGCいただきストリートDS

スクウェア・エニックス 2007-06-21
売り上げランキング : 857

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 6.『どきどき魔女神判!』
 2007年7月発売。学園内にいる魔女を追い回し追い詰め、実力行使で弱らせた後に、体中を触りまくって調べるゲーム……という割には、爽やか熱血少年漫画みたいな作品で、最終決戦はクソ熱かった“隠れていない”名作でした。
 売上げ的には10万本にも達していないと思うのですが、話題性・メディアミックス・関連グッズなんかも含めての商品でしょうから……続編の発売も早々に決定。超楽しみです。

 続編はDSでの発売だそうですが……1作目発売前から公式ブログで「次はWii版でフルボイスですね!」と(冗談で)語られていて、Wiiリモコンの振動機能を活かして体を触りまくれるんだと日本中のファンが期待をしました。
 反面、こういうエロゲー寄り(というほどエロくはないんですけど)ヲタク向けゲームがWiiに向いているのかという議論はあるでしょうね。リビングに置かれていることが多い上に、プレイ履歴が残っちゃいますから……Wii版を出しても売上げは残せないだろうなーというのが僕の見解。むしろDS振動カートリッジに対応した方が現実的?


 ただ、個人的にはこのゲームのバトルシステムが好きなので、Wiiリモコンを使って更に強化してもらえないかなーと思ったりするのです。べ、別にエロが目的ではないのですよ!


 期待度:★★★★★
 実際に作られそう度:★

B000W7QWASどきどき魔女神判!2(2008年発売予定)

SNKプレイモア 2011-01-01
売り上げランキング : 928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 うーん……オチに困ったら『どき魔女』か『アガレスト戦記』に頼るクセを何とかしたい。


 この他……当然ながら『マリオカート』や『どうぶつの森』もWii版が開発中ですよね。
 『Wii Music』はWii版『バンドブラザーズ』と呼ぶことも出来ますし、サードメーカーから『もじぴったん』のWii版もWiiウェアに登場します。

 今回はDSからWiiに移行されるソフトを考えましたが、実を言うとDS・Wiiより前のソフトをWii用に調整して発売するというケースの方が多そうですよね。
 カプコンの『バイオ4』、セガの『ゴーストスカッド』などがコンスタントに結果を残していますし、(確か未だ日本では未発表だと思いますが)『サンバDEアミーゴ』のWii版も出るという話です。昨年秋の時点で海外では2008年春発売という話でしたが、一体どうなっているんでしょう……


 もちろん全部が全部こういうソフトになって欲しいとは思いませんが、『スマブラ』とか『モンハン』のように開発に数年単位がかかって当然のソフトを多数発売することは出来ませんので。既にあるソフトのアイディアを活用して、毎月1本くらいのペースで発売していくことは悪いことではないと思うのです。
 自分自身がそのソフトを買いたいかはともかくですが……シリーズもの、続編もの、移植ものが「安心して買える」のは間違いないでしょうしね。

| ゲーム雑記 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/554-3801620e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT