やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2月のバーチャルコンソールラインナップ、他

 任天堂の第3四半期の業績発表を受けて、各サイトでデータがまとめられています。
 『マルガの湖畔』さんの1/25日記には、Wii&DSの各地域・期間ごとの本体売上げが。『N-Wii.net』さんでは、各地域のハード・ソフトの売上げがまとめられています。

 目に見えて分かるのは、昨年の夏以降は日本市場の比率が落ちていることですかね。Wiiはスタートダッシュが素晴らしかったこと、DSは限界普及台数に近づいたことなど、日本の数値が落ちても仕方ない理由はあるんですが……他の市場に比べると、ソフト売上げ/ハード普及数が低いのが気になります。
 というか、……北米とアメリカ大陸との数値の差はあるのですが。ニつのサイトさんの数値を並べると「米大陸でのWii普及台数は885万台」「北米での昨年4-12月のWiiソフト売上げは4641万本」と、とんでもないソフト装着率なことが分かってビビる。こりゃ、日本のゲーム会社も北米向けのソフトに傾いて当然ですよね。


 日本の数値が落ちている一方……北米が絶好調なのは言うまでもなく、欧州での(特にDSの)暴れっぷりは凄まじいものがあります。現在最もDS所持者が多いのは、日本でも北米でもなく欧州だという……
 『iNSIDE』さんには欧州での任天堂主要タイトルの売上げの情報がありましたが……『脳トレ』の500万本すらかすむ、『nintendogs』の800万本という数字は目眩すら覚えます。Wikipediaには2006年末時点で440万本だったらしいので、1年間で更に360万本売れたということ?


B0007XQ4A0nintendogs 柴&フレンズ

任天堂 2005-04-21
売り上げランキング : 1143

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『スマブラX』発売1週間前を切り、Wii.comの桜井・岩田対談がムチャクチャ面白いんですけど……今日の更新では面白いという一言では表せない衝撃の事実が。


 アドベンチャーモードのシナリオプロットを作ったのは、『FF』シリーズで有名な野島一成さん。

 ま……マジかいっ。想像以上のビッグネームが出てきちゃったよ。
 しかも、最初出されたプロットを没にしているという(笑)。


 『スマブラX』には登場するキャラクターの原作となる作品のバーチャルコンソール体験版がついてくるらしい。

 ば、バカなんじゃないのか!この人は?
 嬉しいですよ、そりゃ「こんな機能があったら嬉しいな」と思う機能ですよ。でも、この機能を実現するためには色んな人が色んな人に頭を下げなきゃなりませんし、小学生が「ぼくがかんがえたさいこうのげーむです」レベルの実現不可能な機能だと思うじゃないですか。

 ホント、スゴいな……
 ディスク版『ゼルダ』、『スーパーメトロイド』、『スターフォックス64』なんかはガチに「次にDLして遊ぼうか悩んでいたソフト」なので体験版が付いてくるのは凄くありがたい。地味に僕は『アイスクライマー』もやったことないんですよ。

 『MOTHER2』はまだバーチャルコンソールで配信されていない作品ですが、権利関係とかが理由かと思いきや……体験版が出せるということは、その内に正式に出てくる可能性もあるってこと?
 『ファイアーエムブレム(紋章の謎)』『MOTHER2』は現在までにキャラ参戦が発表されていません。それぞれ続編ソフトである『ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡』『MOTHER3』からアイクとリュカが参戦していますが……マルスとネスは前作『スマブラDX』に当然出ているので、隠しキャラで出てくるんじゃないかという説もあるのですが。果たして。

 『スーパードンキーコング』がないのは、レア社との関係のせいなのかな。



 それと、対談内容の細かい話にも唸らされますね。
 「対戦のたのしさはすでにあるし、そこだけに力を注いで開発しても「今度の『スマブラ』は何が強い」とか、そんな話にしかならない。」

 これは『スマブラX』にストーリー付きのアドベンチャーモードを入れた理由を、岩田社長が補足した言葉なんですけど……こういう言葉がすんなり出てくるのは凄いなあと思いました。
 『ウイイレ』とか『パワプロ』とか、初期の段階で完成されてしまった人気シリーズは特に顕著だと思うのですが……「今度のロナウジーニョのテクニックは○○だから、今回の『ウイイレ』はイイな」と言っているファンを否定したいワケじゃないんですけど、やっぱりそれは“新作ゲームに対するワクワク”ではないと僕は引いてしまうのです。


 別に全部のゲームが『スマブラX』のようになる必要はないと思うのですが、僕みたいに人気シリーズのマンネリ感に胃もたれ起こしちゃう人間にとって、こういうことを考えている人が現在のゲーム業界に少なくとも二人存在するというのが分かっただけでも嬉しいです。


 しかし、さっきAmazonから「在庫確保できなかった場合はキャンセルになります」というメールが来ました……まさか…難民の予感……大丈夫だよね?僕が予約してからも、予約再開とかしていたくらいですしさ。

 ※ 1月26日追記:さっきメールチェックしていたら「さきほどのメールは誤りです」的なメールが来ていて、とりあえずは一安心です。予定した発売日過ぎても発送予定日が確定しないことで自動送信されちゃったということなんでしょうね。焦ったー。

B000FSELOS大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂 2008-01-31
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【2月のバーチャルコンソールラインナップ】
<ファミリーコンピュータ>
 ・『スーパー魂斗羅』(コナミ)500ポイント…『ゲームケイ』さんのレビュー
 ・『探偵神宮寺三郎 新宿中央公園殺人事件』(アークシステムワークス)500ポイント…Wikipediaのシリーズ解説ページ
 ・『レッキングクルー』(任天堂)500ポイント…ファミコンミニのページ

 『スーパー魂斗羅』は既に配信されているスーファミ版『魂斗羅スピリッツ』の前作。
 『神宮寺三郎』はディスクシステムから続く人気推理アドベンチャーシリーズですけど、携帯アプリなどの移植・リメイクが頻繁に行われている作品でもあります。
 『レッキングクルー』はステージエディットが半端なく面白かったソフトですが、当時はセーブ機能も(外付けをしないと)出来なかった悔しい思い出があります。『スマブラX』のようにエディットしたステージを送れる機能があれば面白いんですけど、流石にそれは要求しすぎですかね。

 ネームバリューとしては申し分ない3本なのですが、続編が配信済みだったりリメイクや移植が既にされている作品だったりで、コレ!と言ったパンチ力がないというのも確かか。


<スーパーファミコン>
 ・『コズモギャング ザ パズル』(バンダイナムコゲームス)800ポイント…携帯アプリ版の記事
 ・『ドレミファンタジー ~ミロンのドキドキ大冒険~』(ハドソン)800ポイント…ハドソンのページ

 どっちのソフトも今回初めて名前を聞いたのですが……
 『ドレミファンタジー』は、ファミコンの名作『迷宮組曲 ミロンの大冒険』の正統続編だそうです。スーファミ末期ということもあって画面はなかなかキレイなんですが、検索してもあまり情報が出てきませんね。


<NINTENDO64>
 ・『カスタムロボ V2』(任天堂)1000ポイント…公式サイト

 2006年にDS版も発売された『カスタムロボ』シリーズの2作目。
 ロボットアクション版『ポケモン』とも言われていて、未プレイの僕としても「いつか配信されないかな」と思っていたシリーズなんですが……よりによって『スマブラX』の直後に配信しなくたってイイじゃないですかね。


<メガドライブ>
 ・『グレイランサー』(日本コンピュータシステム)600ポイント…『メガドラ部』さんのレビュー
 ・『レッスルボール』(バンダイナムコゲームス)600ポイント…『メガドラ部』さんのレビュー

 そろそろセガのメガドライブソフトも打ち止めなのか、2月は配信なし。
 その代わりサードメーカーのソフトが配信され、『グレイランサー』なんか“美少女シューティング”だそうで一周回って今の時代に合った作品っぽいですね。


<PCエンジン>
 ・『アトラス』(アートディング)800ポイント…『まったりれげぶろ』さんのレビュー
 ・『ダンジョンエクスプローラII』(ハドソン)800ポイント…前作のページ
 ・『パワーイレブン』(ハドソン)600ポイント…ハドソンのページ

 『アトラス』は初めて聞く名前だと思ったんですが『ネオアトラス』の元となった作品で、Wikipediaを読む限りは「冒険家に指示を出して持ち帰ってきた情報を元に地図を作る」という脳がキリキリしそうなゲームで興味深いですね。
 『ダンジョンエクスプローラ』はごっちゃになっていたんですが、どうやら最近DSやPSPで発売したソフトの元がこのPCエンジン版みたいですね。そのDS・PSP版ですらマニアックな上に、前作の紹介ページがどんなゲームかさっぱり分からない仕様というのが…
 『パワーイレブン』は『パワーリーグ』のサッカー版みたいですけど……『パワーリーグ』同様に、“実名選手のパロディ”かどうかは検索しても分からなかったです。それ次第では購入もありえるんですけど。



<マスターシステム>
 ・『北斗の拳』(セガ)600ポイント

 ・『ファンタジーゾーン』(セガ)500ポイント ※ 3月以降配信予定


 2月から、セガが「マスターシステム」「セガマークIII」「ゲームギア」を“マスターシステム”と総称して配信開始していくそうです。
 しかし、それ以上に僕としてはバーチャルコンソール初の版権ソフト『北斗の拳』が出てきたことに衝撃。これまで「版権モノは金がかかるから配信できない」という説が有力だったとおもうのですが、『北斗の拳』と『ファンタジーゾーン』の価格差は100円ですよね。100円が版権分というワケじゃないんでしょうが……

 『北斗の拳』は権利が移ったりしているはずですから、そうした作品は出せるということなんですかね?



 話題性・ネームバリューともにそこそこのラインナップだったのかなーと思いつつ、実際に自分が購入したいソフトはというと……うーん、来月も見送りですかね。『スマブラX』がなければ『カスタムロボ』を購入したでしょうし、時間があれば『アトラス』には興味があるのですが……
 にしても、バーチャルコンソール初期から「5ハードの中で一番地味」という印象だったPCエンジンがここのところ魅力的なラインナップな気がします。弾が限られているスーファミ・64や、打ち止め感が強いメガドライブを押しのけて躍進する可能性があるのかも??


B000KFA8R0Wii ポイント プリペイドカード 1000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 675

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 19:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

できるます、かいたりそうしんしたり。どせいさんです。

しかし、これで【PCエンジンにPCから移植されてたソフト】が
もちっとだけ加わったら・・・。

それで購買意欲出ちゃいそうな気もします ゚。(≧∇≦)ゞ
オレにはいらない、とか散々ヘリクツこねてたのにアレですけど。

| Steve | 2008/01/26 13:19 | URL | ≫ EDIT

>Steveさん

>できるます、かいたりそうしんしたり。どせいさんです。
 ??
 「どせいさんです」ということは『MOTHER』のネタですかね?
 (実はほとんど『MOTHER』やったことがない僕)

 PCエンジンCD-ROMのソフトは(Wiiの内蔵メモリでは)容量が足らなくなるんじゃないか、それほど積極的に配信されないんじゃないかと言われていましたが……蓋を開けてみると、結構出てくるものですね。
 配信をきっかけに調べてみると、「あ、このシリーズってこの頃のコレがルーツなんだ」みたいなことが分かって面白いです。今回の『アトラス』なんて正に。

 再来月からはWiiウェア(ネット経由でDL販売させる新作ソフト)が開始するので、バーチャルコンソールのペースがどうなるのかを見た方が良いかもですね。もう各社ネタギレ感ありますし。


 確かに、Steveさんがゲームに求めているものとはズレているのは僕でも思いますよ(笑)。要は「売れるためにはどうしたら」とか「業界が広がるためにはどうしたら」を突き詰めた結果のハードですし、それがイヤな人もいるのは当然ですよね。
 しかし、バーチャルコンソールは「売れるためには」を無視したラインナップな気もします(笑)。「みんなが喜ばなくても、数人が歓喜してくれりゃそれで十分!」というソフトを出してくれるサードメーカーにはただただ平伏です。

| やまなし(管理人) | 2008/01/26 18:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/558-867830c5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT