やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『スマブラX』アドベンチャーモードクリア&感想

 とりあえずクリアしました。プレイ時間は11時間弱。とても楽しい11時間でした。
 アドベンチャーモードは「隠しキャラを出すために急いでクリアした」ので、ここからが本番とも言えるんですけどね。これで気兼ねなくネット巡回が出来るぜー!と思ったらまぁ、ビックリ。


 どうやらアドベンチャーモードをクリアしただけじゃ出てこない隠しキャラがいるそうな……

 ナンテコッタイ。
 まぁ、アドベンチャーモードで出てくる隠しキャラほど「コイツが出てくるのか!」という演出があるワケではないと思うので、「出現条件」さえ分からなければ「誰が隠しキャラとして残っているのか」は分かっても良いかな。ということで、今晩から僕もネット対戦を始めようと思います。

 やまなしとフレンド登録してやんよーという人は、スマブラ関連の記事のコメント欄かメールフォームにてお名前とフレンド番号を送って下さいな。

 やまなしのフレンド番号は「2191-6862-1643」です。


B000FSELOS大乱闘スマッシュブラザーズX

任天堂 2008-01-31
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓ アドベンチャーモードの感想はネタバレになるので「続き」にて。




 ○ 無言劇による面白さ
 『スマブラX』には主人公以外のキャラもいますが……マリオにしろリンクにしろドンキーにしろカービィにしろ、任天堂作品の主人公キャラは基本的には喋りませんよね。『ファイアーエムブレム』とか『メタルギアソリッド』のように会話劇が面白い作品も参戦はしていますが、彼らだけが喋るというワケにもいきません。

 そうした主人公達の共演でドラマを作っていくのにはどうするべきかという問題を、まず無言劇にすることで解決したというのは地味に凄いんじゃないかと思いました。海外で売る際にローカライズも必要ないですしね!


 こういう“お祭り的ストーリー”は『スパロボ』で慣れている僕。独自ストーリーが好きだったのに、原作再現ばかりになってしまってからは『スパロボ』への熱も冷めてしまいましたが……
 『スマブラX』はキャラの個性だけを残してストーリーは完全オリジナル……というか、詰め込むだけ詰め込んだようなストーリーで。本格的なドラマとしてというより、豪華キャラの夢の共演を楽しめるかどうかが好き嫌いの分かれ目ですかね。


 序盤のストーリーはちょっと退屈でしたが、ディディーとフォックスの共闘辺りから個性が見えてきて面白かったです。マリオやリンクみたいな超スターよりも、ピーチ姫とかデデデ大王とかがイイ味出してました。

【個人的に好きだったポイント】
 ・リュカの成長物語が熱すぎる
 ・警報がなることが分かりながらもピカチュウを助けるサムスに萌えた
 ・エインシャント卿の葛藤伏線から、ロボットの造反までの流れが震えまくり
 ・ルイージの扱いの悪さはここでもなのか


 僕は『MOTHER』はほとんどやったことがないのですが……『MOTHER2』のネスが『MOTHER3』のリュカを救い、一度は逃げ出したリュカがネスのために立ち上がる決意をした辺りは感動しました。僕ですらそうなのだから『MOTHER』ファンの反応は如何に。

 『ファイアーエムブレム』ファンとしては、歴代主人公のマルスとアイクの共演が「突っ走るアイクを見て頭を抱えるマルス」という“いかにも”な描写があったのが良かったです。アイクはお姫様相手にもタメ口ですからね(笑)。


 無言劇だからこそ押し付けがましくなく、無言劇だからこそ響く演出がところどころにされていて大満足。ストーリーはあくまでも2Dアクションの添え物なのですが、それでも楽しかったです。


 ○ 最新機で遊べる2Dアクション
 僕ら世代からすると任天堂って「2Dアクション最強」だったんですよ。
 世間一般的に64がPSに敗れた決定打は『FF』『ドラクエ』に逃げられたことと言われていますが、僕が64を買わなかった理由は「『マリオ』が2Dアクションじゃなかったから」ですもの。64の3Dゲームが新しいゲームの世界を開拓してくれたのは間違いないのだけど、結果的に僕は64もGCも買いませんでした。

 なので、僕にとってスーファミ以来となる「2Dアクション」。
 (バーチャルコンソールで『ドンキー』やら『カービィ』を遊んでいますけどね)

 今の据置機で2Dアクションを作るとこうなるのか!と驚きましたよ。


 まず敵が多い。そして、その敵がどこまでも追いかけてくる。雑魚敵でも油断しているとガシガシ削られる……
 昔は1度に出てくる敵の数が決まっていましたし、その敵の行動パターンも限られていましたが。今の技術だとスーファミ時代の常識は通用しないんだなーと思いました。

 それでいて昔ながらの上下左右に進んでいくステージ構成も楽しく、こちらで鍵をとってこちらで使って―――みたいな仕掛けも良かったです。久々に2Dアクションを遊んでいるという懐かしい気にさせてもらいました。



 ちなみに僕は難易度「ふつう」、コントローラは「Wiiリモコン横持ち」でプレイしました。
 最初は「Wiiリモコン+ヌンチャク」でプレイしていたんですが、アナログスティックだと足場をジャンプしていくのが上手く出来なくて……Wiiリモコンをファミコンスタイルのボタンに変えて(Aボタンでジャンプ、Bボタンで攻撃)プレイしたところ、物の見事にハマりました。

 世間の評判では「Wiiリモコン横持ちはないな」ということみたいなので、人によってはアナログスティックでも細かい動きが出来るみたいなんですが……個人的には十字キーで操作できるようにしてくれたことに大感謝でした。



 2Dアクションの難易度としては「コンティニューを繰り返せばクリアできる」というカンジですかね。コンティニューでのペナルティが(多分)集めたシールを失うことくらいだと思うので、根気さえあれば比較的多くの人がラスボスまで行けるんじゃないですかね。

 そのラスボスがすげー強かったけど……
 というか、倒した今でも「真ん中から発してくる衝撃波」の避け方が分かりませんでした。アレやられると必ず1ミス喰らうので、こちらのエース・フォックスが出てきた直後にアレをやられると涙モノでしたよ。


 最終的にはシールの強化や、メンバー編成なんかもジックリ考えて、メタナイト・フォックス・ファルコの前半3人でガリガリ削って後半は攻撃力の高いクッパのようなキャラで一気にトドメ―――とやって何とかクリアしました。
 全然毛色の違うゲームですが、自分が一番難易度が近いと思ったゲームはファミコン版『カービィ』でした。多分、桜井さんの想定しているラインは同じようなところだったんじゃないかと。



 終盤まで、ステージごとに使えるキャラが決まっているというのも個人的には○でした。
 これだけ人数いると馴染みのないキャラもいますし、そうしたキャラに興味を持つキッカケとしては良かったんじゃないかと思います。「この面はこのキャラで進まなきゃダメなんだ」と言われた方が、開き直ってプレイ出来るでしょうしね。



 1週間オンラインに繋げられないという枷を背負いましたが、自分としては「隠しキャラを知らないままプレイした」からこそ感動出来たのも確かです。Mr.ゲーム&ウォッチに爆笑したり、ロボットの造反に感動したり出来たのも、ネタバレしなかったからですしね。

 さて、ここからが本番。
 ここからはネットにも繋げてガシガシ対戦していきたいと思いますぜー。


 『スマブラX』の初週販売数は80万本で、2週目にもミリオン達成の可能性は高いとか。
 「ミリオン行かないんじゃないか」とか言っていた過去が恥ずかしいですが(笑)、こうなればシリーズ新記録のダブルミリオン達成も期待したいですね。世界規模ではどれだけ売れるんだろう……

| ゲームプレイ日記 | 18:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

昨日は対戦どうもでした。何か変な戦いになってすみません
アピールコメントが4個しかセット出来ないのは少ない!

亜空はムービーは凄く綺麗でドラグーンの所とか迫力も有り
笑い所も有りで凄く好きなんですが、
まずは隠しキャラを出す為にプレイするモードという捉え方をしていたので
出来ればネタバレに遭遇する前に隠しキャラを出したい思いも相まって
クリアまでが非常に長く感じてしまいちょっと辛かったです。
使うキャラによって微妙に変わる分岐とか必要無かったと思うし
何回もやる気になれない。
つまらなくは無いけどもっと気楽にやりたかった。

これがDXに入ってたとしたら(容量足りませんけど)良いとは思うんですが
一人でもWi-Fi対戦が楽しめる様になったXに噛み合ったモードなんだろうかと。
亜空が無かったとしたら、基本の部分をどれ位ボリュームアップ出来たのかなあとか
ちょっと思いました。
一人用の殆どのモードにある全キャラクリアチェッカーにウンザリ気味です

| MYST | 2008/02/08 21:47 | URL | ≫ EDIT

>MYSTさん

 どうもでしたー。
 二人して隠しキャラが被ったのに爆笑しました。よりによって、ソイツで被るのかよと(笑)。

 アピールコメントは「文字数」も短いですよねー。『スマブラ拳』の過去ログ見ると二行に渡って入力出来ていたんですが、途中で仕様変更になったんでしょうか。やり方に気付いていないだけ?

>クリアまでが非常に長く感じてしまいちょっと辛かったです
 特に最終面の長さは想定外でした(汗)。
 ただまぁ、亜空が楽しくて亜空だけ達成率100%まで遊んだという人もいますし、その辺は人それぞれなんでしょうね。ネット環境がない人もいるでしょうし、特にこのソフトの開発が始まった頃はWiiのネット接続率なんて分からなかったでしょうし。

 極端な話、僕は「ネット対戦なんか要らないからキャラを一人追加して欲しかった」という気持ちがどこかにありましたし……結局のところ、Wiiの最重要タイトルとしてはどちらの客も惹きつけなきゃならないと、「ネット対戦」と「一人用のストーリーモード」のどちらも実装しなければならなかったということなんでしょうね。
 なので、桜井さんも「全てをやり尽くす必要はないから、好きなとこだけ遊んでください」と言っていたのかなと。


 そんな僕は現在「ステージ作り」にハマり中です。
 超戦いにくいステージだったからか、COMが勝手に自滅していく(笑)。これで優勝数が稼げるぜ!

| やまなし(管理人) | 2008/02/09 19:29 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/02/11 12:12 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/570-2916663b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT