やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マリオシリーズから姿を消してしまった7匹のコクッパ

 最初に違和感を覚えたのは、ニンテンドーDSの『Newスーパーマリオブラザーズ』をプレイした時でした。
 僕はこのソフトを持っていないのですが、友達宅で1Wだけプレイしたことがあります。コクッパによって誘拐されたピーチ姫(と僕は思っていたのです)を、マリオが追いかけるというスタートだったのですが……このコクッパを倒しても、また再び同じコクッパが逃げ出していくんですよね。

 あれ?1匹のコクッパをこんなに引っ張るのか?と当時は思っていました。
 ただ、思ってはいたのですが……友達宅でチョロッと遊んだだけだったのでその後はプレイしていませんし、そのことはすっかり忘れていました。



 次にこのことを思い出したのは、Wiiで『スーパーマリオギャラクシー』をプレイした時です。
 このゲームでマリオに立ちふさがる敵キャラとして頻繁に登場したのが、クッパ、カメック、コクッパ(と僕は思っていたのです)でした。しかし、ここでもコクッパは1匹のみ。

 僕ら世代の常識では、『スーパーマリオ3』でも『スーパーマリオワールド』でもワールドごとの中ボスとしてコクッパは登場するものでした。よって、ワールド数に合わせてコクッパも7匹。こんなことは“パックンフラワーは踏めない”とか“水の中でもファイアーボールは出せる”ことのように、マリオシリーズの変わらないルールなんだと思っていました。

 ただまぁ、『スーパーマリオギャラクシー』にはワールドの概念がありませんし。ステージの構成上、どうしても7匹もコクッパを登場させる余地がなかったのかなーと解釈し、このこともすっかり忘れていました。



 しかし……どんなにニブチンな僕でも無視できない状況に遭遇したのです。
 それは『スマブラX』で手に入るフィギュアの説明文を読んでいた時のこと……

 クッパJr.?


 注目すべきは右下。
 この作品名は上が初登場タイトルで、下が最近のタイトルという順番になっているようなのですが……

 初登場タイトルが『スーパーマリオサンシャイン』?
 『スーパーマリオサンシャイン』はゲームキューブで発売された3Dマリオで発売は2002年。
 当然のように、僕が子どもの頃にプレイした『スーパーマリオ3』(88年)『スーパーマリオワールド』(90年)よりは後の作品ですよね。

 それどころか、僕がコクッパだと思っていたキャラはクッパJr.だったのです。



 ということで、何が何だか分からなくなった僕はインターネットという超便利な文明を活用することにしました。全く便利な時代になったもんだぜ!

 クッパファミリー-Wikipedia

 やはり……僕が知っていた7匹のコクッパと、『Newマリオ』『マリオギャラクシー』に出ていたクッパJr.は別人だった模様。
 一部の例外はあるものの、基本的には7匹のコクッパはスーパーファミコン時代までで、ゲームキューブ以降はクッパJr.が準レギュラーとしての地位を確立したみたいです。言われてみれば……7匹のコクッパは『スマブラX』のシールでも見かけないので、黒歴史として抹消されたということかも知れませんね(単に僕が入手していない可能性もありますが)。


 先ほど“例外”と書いたように、Wikipediaの情報だと7匹のコクッパは『マリオ&ルイージRPG』(2003年)と『スーパーマリオアドバンス4』(2003年、マリオ3のGBAリメイク版)に登場したようなのですが、『スーパーマリオアドバンス4』の説明書には“クッパの部下”として書かれているそうです。


 うーん……任天堂の公式設定としては「クッパの息子はクッパJr.」で「コクッパはなかったことにしたい」んですかね。
 僕はスーファミ中期で一旦ゲームを辞めていて、(サターンとプレステ・プレステ2を経て)DS&Wiiで任天堂機に戻ってきたので、64やゲームキューブ時代の設定変更を知らずに混乱した―――ということなんでしょう。



 これだけ長く続いているシリーズですし、作っているスタッフも変わっているのですから、設定が変更されること事態に不満は全くありません。それを言ってしまえば、ピーチ姫は最初は茶髪でしたしね。
 ですが、僕と同じようにスーファミの次に(64やGCを飛び越えて)DS&Wiiで任天堂機に戻ってきた人も多いでしょうし、GBAでリメイクされた『スーパーマリオワールド』や『スーパーマリオ3』からマリオシリーズにハマった若者も少なくないと思います。そういう人達にとっての「クッパJr.って誰?コクッパはどこ行ったの?」という疑問を、誰が解決してくれるのでしょうか。



 ……と、ここで再び「あれ?」。
 去年の12月に配信されたバーチャルコンソール版『スーパーマリオ3』のVC公式サイトに、コクッパがクッパを「オヤジ」と呼んでいるページがありました。

 そうか、よくよく考えてみれば……クッパには8匹の子どもがいて、7匹のコクッパの下の末っ子としてクッパJr.がいて、7匹のコクッパはクッパの手伝いから離れて自立(引退)したという解釈もできますよね。
 一人、また一人と離れていくコクッパ達を尻目に、生涯現役を貫いてマリオと闘おうとする親父クッパと、それを支える末っ子クッパJr.―――という設定なら、むしろ熱い家族物語じゃないですか。


B000IUCWFIスーパーマリオギャラクシー

任天堂 2007-11-01
売り上げランキング : 195

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 世代によって、こちらも「あれ?」と違和感を覚えるのがドンキーコングシリーズ。

 何週間か前に、Wiiの『みんなのニンテンドーチャンネル』にて“『スマブラX』に登場するファイターが初登場だった作品”の映像紹介として、ファミコン版『ドンキーコング』の映像が流れていました。
 しかし、(元々アーケードじゃないかなんてツッコミは置いておくとして)マリオはともかくドンキーコングは、当時のドンキーコングと『スマブラX』に登場するドンキーコングは別のキャラのはずですよね。

 Wikipediaしかソースがなくて恐縮なのですが……
 ファミコン(アーケード)の『ドンキーコング』(VC公式サイト)でマリオと戦った初代ドンキーコングは孫にドンキーコングの名を譲り、その2代目ドンキーコングが主役を張った『スーパードンキーコング』(VC公式サイト)以降はクランキーコングという名で2代目ドンキーコング達に助言を送る役となったそうです。


 まぁ……要は80年代前半に任天堂が作った『ドンキーコング』シリーズと、94年以降レア社が作った『スーパードンキーコング』以降では世代交代が行われて別キャラになったということなんでしょう。



 さて、世代によってはここで「あれ?」と思った人も多いことでしょう。
 「ドンキーコングって息子がいたよね?」と。

 マリオを操って悪役ドンキーコングと戦うゲームが『ドンキーコング』でしたが、そのヒットを受けて、マリオに捕まったドンキーコングをドンキーコングJr.が助けに行く『ドンキーコングJr.』というゲームもありました。マリオが唯一悪役として登場するゲームで有名ですよね(もちろんバーチャルコンソールでも配信中)。

 この頃は今のように“作品の垣根を越えたキャラクター同士の共演”は盛んではありませんでしたが、そんな中でもスーパーファミコンで大ヒットした『スーパーマリオカート』にこのドンキーコングJr.が登場します。
 このゲームが発売された92年は、まだ2代目ドンキーコングが出てくる前ですから、ドンキーコングと言えばJr.だったんでしょう(『ドンキーコングJr.』から『スーパーマリオカート』の間にも10年近い月日が経っていたので、当時は「誰?」と思った人も多かったでしょうが)。

 むしろスーファミ中期がピンポイントな世代の僕にとっては、ドンキーコングと言われれば『スーパーマリオカート』のドンキーコングJr.のことだったりしますもの。


 2代目ドンキーコングの目印がネクタイならば、ドンキーコングJr.の目印はランニングシャツ。
 この二匹のドンキーコングは一度だけ『マリオテニス64』で共演したことがあるらしく、その様子から「どうやらこの二匹が親子であることはないっぽい」みたいですね。空条承太郎と東方仗助のように、甥と叔父な関係という説が有力だとか……
 まぁ、宮本さんですらこの辺の設定はよく分かっていないというのが真実かなと僕は思います。


 ちなみに、このドンキーコングJr.のシールは『スマブラX』でも確認済みです。
 コクッパと違って黒歴史にはなっていないんですね(コクッパも別に黒歴史と決まったワケじゃないですが)。

 ドンキーJr.




 コクッパにしろドンキーコングJr.にしろ、初登場は20年前とかの話です。
 逆に言ってしまえば、20年以上続いているシリーズということで……漫画やアニメですら20年以上続いている作品なんて数えるほどだったりします。

 毎回新しい試みを入れなければ売れないゲーム業界で、しかも黎明期はさほど凝った設定を作っていたワケでもないでしょうし、スタッフの世代交代どころかゲームの複雑化によって外部の開発会社がシリーズを引き継ぐケースも多いですよね。
 設定を一貫させることなんて不可能ですし、色んなスタッフが一つのシリーズを作ることでシリーズ全体の設定を理解している人が誰もいなくなってしまうのもムリが無いと思います。そう考えると、堀井さんが今でも『ドラクエ』を作り続けているのは凄いですよね……


 色んな人が作った「ガンダム」シリーズを、全部ひっくるめて「アレは超昔に起こった黒歴史ですよ」とまとめてしまった富野監督の『ターンエーガンダム』の例のように。
 フィギュアの世界という設定の『スマブラX』ならば、コクッパやドンキーコングJr.が登場しても違和感はないと思うんですが……原作のイメージを崩しかねないということで有耶無耶にされたままというところでしょうか。


 でも、個人的にはこういう“設定があやふやなところ”を勝手に脳内補完してしまう作業が好きなので、これはこれで楽しかったりもします。「クッパJr.は最後まで父親を支え続けた8人兄弟の末っ子」という設定の方が、「クッパJr.はクッパの一人息子」という設定よりも断然燃えるじゃないですか。


B000BPAIT2マリオパーティ ぬいぐるみ ドンキー S

三英貿易 2004-11-18
売り上げランキング : 24877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:13 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

子供のころから、ドンキーコング系に関してはつながりがよくわからないところがありました。同じ名前であっちこっちの作品に登場するようになって余計に。

まあ、いつも結論は「細かいことは気にするな」でしたが(笑)

コクッパ、懐かしいですね。ヨッシーアイランドでベビークッパが登場して以来、そのベビーマリオを時系列的矛盾を解消した形の類似キャラであるクッパジュニアとカメックが幹部の位置づけになってしまっていますが、それぞれ個性があったコクッパたちが全くいなくなってしまったのは残念です。リメイク除けば結局2作ですか、まともに登場したのは。

>7匹のコクッパの下の末っ子としてクッパJr.

ということは、当時末っ子(以外に個性的設定がなかったような)だったラリーが、弟ができて末っ子でなくなったということなりますね。なんか妙な感慨が(笑)

| cross fire | 2008/03/03 07:21 | URL |

懐かしいですねクランキーコング
確かにスーパードンキーコングで話を聞くと「昔ヒゲのおやじと戦った」なんて言ってましたね
こんなちょっとした設定でも不一致が生まれてしまうほど長く親しまれている作品ということを実感します

| k | 2008/03/03 13:45 | URL |

>cross fireさん
 マリオもドンキーも、正統続編以外の派生作品が多いのが混乱の原因なんでしょうね。その意味では、出る作品が限られている『ゼルダ』とか『メトロイド』とは違うんでしょう(『ドラクエ』もモンスターズ入れると設定がワケ分からなくなると言われていますし)。

 仰られている『ヨッシーアイランド』が設定をグチャグチャにしてしまった転機なのかも知れませんね。僕はその頃ゲームをやっていなかったので知らなかったのですが、海外では『マリオワールド2』という正統続編だったそうですし。

>リメイク除けば結局2作ですか、まともに登場したのは。
 一応、スーファミの『ヨッシーのロードハンティング』には登場しているみたいです。
 いずれにせよ、数作品しか登場していないのにこんなにも記憶に残っているというのは、『マリオ3』と『マリオワールド』の偉大さと、漫画版なんかのメディアミックスの影響も大きいんでしょうね。

 漫画版をほとんど知らない僕はコクッパを(ウェンディ以外)個体識別できませんもの(笑)。
 だからこそ、クッパJr.をコクッパと勘違いしたのですが。


>kさん
 そうなんですか!
 『スーパードンキーコング』は1年前にクリアしたのに、当時はこういう設定を知らなかったのでメッセージを禄に読んでいませんでした。

 『メトロイドプライム』を作ったレトロスタジオの『メトロイド』愛もそうなんですが、当時『スーパードンキーコング』を作ったレア社も旧ドンキーシリーズを愛していたんでしょうね。じゃなければ、テキトーに初代ドンキーやドンキーJr.を主人公にしていたでしょう。一から主人公を作り直すというのはギャンブルだったのでしょうが、結果的には大人気シリーズになりましたからね。

 まぁ……現在のレア社は任天堂機から離散していますが(汗)

| やまなし(管理人) | 2008/03/03 21:15 | URL | ≫ EDIT

スーパーマリオブラザーズWii ではクッパとクッパJr.の手下としてですが、各ステージのボスとして登場します。
ステージ中間点で一度倒すと撤退し、ステージ最後でカメックによる強化を受けてリベンジを挑んできます。しかも二回目は曲が違う、つまりコクッパのテーマが二曲あります。扱いが非常に大きいです。あと、エンディングでもマリオに負けたクッパをJr.と一緒に助け起こしていて非常に仲が良く描かれています。
子供という設定はなくなってしまったようですが、旧作ファンでも楽しめる描写でしたよ。

| じぇにー | 2012/06/17 00:23 | URL | ≫ EDIT

>じぇにーさん

>スーパーマリオブラザーズWii ではクッパとクッパJr.の手下としてですが、各ステージのボスとして登場します。

 らしいですね。
 この記事を書いた2008年には姿を消していたコクッパが2009年には復活しましたし、2011年の『マリオ3Dランド』ではブンブンが復活して、今年には4匹のサイ(名前忘れた)も復活するそうですし。旧作品のボスを意図的に復活させていっているようですね。

| やまなしレイ(管理人) | 2012/06/17 05:08 | URL | ≫ EDIT

無粋な事を言うようですが兄弟設定は不明ですが、クッパの子供設定は公式で完全に無かった事になってます。
これの理由として、まずクッパの年齢設定が26~31になっている事が原因の一つにあります。
クッパ七人衆(旧名称コクッパ七兄弟)は十代中盤から後半程、今のクッパの年齢設定と合わないから子分設定になったのでしょう。
最新作でも「クッパ様」と「坊っちゃん」の様に他人行儀に接しています。
ですが、これによってクッパと七人があまり似てない理由にも説明がつきます。
私はむしろ子分設定になってから個々のキャラ付けがしっかりして来たように感じるので、現状には寧ろ満足してます。
兄弟と一括りにされるよりもクッパ軍団のエリート幹部として個々に出せる分、単体デビューももしかしたら有るかもしれないですし、彼らの今後に期待出来ます。

| ああああ | 2016/05/11 13:34 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/596-627b2f55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT