やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メインヒロインの条件

B000UPK2JYCLANNAD クラナド 古河 渚 reproduction (ノンスケールPVC塗装済み完成品)

壽屋 2007-10-24
売り上げランキング : 9249

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 『CLANNAD』で一番好きなキャラは渚たんです。こんにちは、やまなしです。
 捻くれもの&天邪鬼&趣味がマニアックな僕としては、メインヒロインが一番好きだというのは珍しいことなんですが………僕が好きだというコトは、ひょっとしたら世間では渚って人気がないんじゃないかと不安になったりもします。


 もちろん『ドラクエ5』ではフローラを選びましたけど、何か?
 ということで、今日の話題はこの記事から。

 「マクロスのヒロインはリン・ミンメイ」について一言言っておくか『カイ士伝』さん

 僕が『マクロス』を観たのは数年前にケーブルテレビで放送されていたのを飛び飛びでくらいだし、劇場版とテレビ版ではキャラの立ち位置が違うし、ところどころの記憶が間違っていたら申し訳ないのですが……

 『マクロス』を観たことがない人に説明するならば……ミンメイは華があって作中でも人気があるアイドルヒロインで、未沙は地味で主人公と衝突する上司だけど考えを共有していく内に惹かれあっていく等身大ヒロイン、ってなカンジだったと思います。
 『ターンエーガンダム』で言うディアナ様とソシエに似ている?……という喩えですら既に10年近く前だということに、軽い衝撃を受けたりします(笑)。



 要は、どちらにも(対極的な)役割が与えられていたということです。

 アニメ史においてリン・ミンメイというキャラは「歌を唄うヒロイン」の先駆者ですし、ロボットアニメに美少女要素を融合させる流れを作った張本人ですし、「萌え」の源流はミンメイにあるという説まであるほどのキャラですから。
 当時はともかく、ミンメイと未沙のどちらに人気があるのかを今調べたら、恐らくミンメイになるんじゃないかなーと思うのです。


 ただまぁ……カイさんが仰る通り、『マクロス』作中では“等身大ヒロイン”の未沙の方がメインヒロインとして描かれていたように記憶していますし。ミンメイは不遇のヒロインとして作中では幸せになれなかった上に、アイドルキャラの枠を飛び越えて作品内外で神格化までされてしまったという。

 流石にキャラ配置の時点でココまで計算していたとは思えないのですが、二人のスタート地点から考えるとこの結末は凄いものがあったなーと今更ながらに震え上がります。



 『マクロス』についてコレ以上語るのは化けの皮が剥がれそうなので、この辺で。
 僕が思ったのは、当然のことだけど「人気があるキャラ」と「メインヒロインである」ということは別なことだし、「メインヒロインになれる条件」は時代によって違うんじゃないかなーということでした。

 多分、今『マクロス』を深夜アニメで作るとしたら「ヒロインは等身大の未沙」なんて企画は通らないと思うんですよね。ミンメイの方が今の時代の(アニメ界の)ヒロイン像に近いので、カイさんが愚痴っていた「ヒロインはミンメイ」と誤解している人がいるのも僕は分かるのです。


B000VPOV3G超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか HDリマスター版
長谷有洋.飯島真理.土井美加.神谷明.速水 奨 石黒 昇.河森正治

バンダイビジュアル 2007-12-21
売り上げランキング : 775

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 喩えば、『ガンダムZZ』で一番人気の女性キャラと言えばエルピー・プルで間違いないと思います。
 でも、プルがメインヒロインかと言われると微妙ですよね。

 キャラ配置からすると、相棒のルー・ルカか、幼なじみのエル・ビアンノがメインヒロインの位置にいるっぽくて……キャスト表とか、『スパロボ』の登場人物一覧でもプルは後の方に書かれていたように記憶しています(これは出番の問題もありますが)。


 「人気があってもメインヒロインになれるワケではない」
 翻って、「メインヒロインになれる条件は人気以外のところにある」―――そして、20年前の『マクロス』の例から見ても、どうやらこの条件は時代・流行によって微妙に変化していっているんじゃないかと思うのです。その辺を今日は考えていこうかなと。


条件1.主人公の恋愛対象になれること
 上の『ガンダムZZ』の例もそうですし、最近の作品で言えば『ひぐらし』の梨花&沙都子なんかもそうかな。年齢に差があったり、血縁関係があったりすると“メインヒロイン”とは別のカテゴリーに入れらられると思います。

 これはあくまで「その条件を満たす」可能性があればイイだけで、喩えば『ドラゴンボール』のブルマのように何もないまま終わるケースでも“メインヒロイン”になれますよね。
 もちろん、この年齢差というのは時代によって変化していると思われます。主人公とメインヒロインの年齢差のデータを集めて、作られた年代ごとに統計を出してみるだけで面白い記事が書けそうですよね。誰かやってくれ。

 この「血縁関係があると“メインヒロイン”になれない」という常識を逆手にとって、敢えて実妹をヒロインに置く作品とかもあるのですが……あらゆるセオリーは「そのセオリーを敢えて無視してみる」というチャレンジがなされるということなんだろうと思います。


条件2.出番がそれなりにはないと困る
 これは……少年漫画とかだと無視されるケースが多いか(笑)。
 上のエルピー・プルの例で言えば、初登場がそもそも遅いというのがありますね。作品の中盤まで登場しないキャラというのは、やはりメインヒロインとは呼びにくいんじゃないかと推測が立ちます。

 『エヴァ』のアスカでギリギリくらい?(アスカがメインヒロインかはさておき)
 ハーレムアニメの場合は第1話で登場していないと絶望的な気もします。

 登場が早くても途中で出番を失うというケースもありますが………出番を“溜め”ているケースも多いので、一概に何話中何話出ていればイイという話でもなさそうです。


条件3.特徴がないのが特徴
 これは卵か先か、鶏が先か分かりませんが―――

 キャラ配置の際に、メインヒロインを基準値として他の女性キャラを置くという方法があります。分かりやすい例で言えば……「<巨乳>みくる-ハルヒ-長門<貧乳>」みたいなカンジで(笑)。おっぱいはともかく、背丈とかではよく使われるんじゃないかと思います。

 もちろん、そうなると「普通の乳のハルヒよりも貧乳の長門の方がコアな人気が出てくる」ということもあり、メインヒロインよりもサブヒロインに人気が集まるケースもありますし。そこから、他の作品のキャラ配置では「最近は貧乳キャラが人気だから、貧乳のコをメインヒロインにしよう!」となることもあるでしょうね。

 多分、昔のヒロインに比べて、今のヒロインは色んなところを特徴が付けられていると思います。今はヒロインの人気が作品の人気に直結しますし、「どこにでもいそう」よりも「どこにもいなさそう(=この作品にしか登場しない)」の方が目を引きますからね。この辺が、『マクロス』の例で「今の時代ならミンメイの方がメインヒロインっぽいよね」と書いた理由でもあります。


条件4.特別な存在
 主人公とメインヒロインが出会うところから物語が始まるとか、主人公にとってメインヒロインが特別な存在であるとか(士郎とセイバーみたいな例)、シンプルに幼なじみ特権を持っているとか、過去を共有しているとか……まぁ、色々。

 そうした設定面だけでなく……クレジットで主人公の次に名前が出てくるとか、表紙やジャケットに真っ先に描かれるとか、主題歌を歌っているとか、待遇面の方が分かりやすいかも知れませんね。ハルヒの例で言えば、タイトルに『涼宮ハルヒの~』と書いてあるのだからハルヒがメインヒロインだろうとか。


B0014BBSR8Figma 涼宮ハルヒの憂鬱 涼宮ハルヒ 制服Ver.

Max Factory 2008-04-25
売り上げランキング : 3

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『CLANNAD』では渚が一番好きだと言った僕ですが、『ガンダムOO』ではクリスティナが一番好きだし、『どき魔女』ではれんげ、『よつばと!』だと恵那派だし、『Fate』だと桜が好きです。普通に考えればマイナー思考ですよね。

 でも、実際、僕のように「メインヒロインよりも二番手・三番手のコの方が好き」と言う人も少なくないと思います。作っている側も、それを見越して女のコを沢山配置しているのでしょうから―――
 単にマイナー思考というだけでなく、「メインヒロインは主人公とくっ付く」可能性から考えれば、独り身で幕を閉じる他の女性キャラに傾倒したくなる気持ちは非常に論理的ですよ。ミンメイが神格化された理由もそうですし、その他にも報われなかったからこそ人気が出た二番手ヒロインというのは沢山います(ネタバレになるので具体名は出しませんが)。


 しかし……「そもそも誰がメインヒロインだ?」という作品もありますよね。
 上で挙げた「恋愛対象」「出番」「基準値」「待遇」という視点から、それらを考えていくのは面白いかも……と考えてみました。



○ 『エヴァンゲリオン』
 何か……この議論は荒れそうな気がするので、軽めに。
 シンジとミサトさんが出会うところから物語が始まるのでミサトさんがヒロインという見方も出来るのですが、この二人は年齢が離れすぎていますし、どちらかと言うとシンジとミサトさんの二主人公制という方が僕にはシックリ来ます。

 そうすると綾波かアスカか、なんですが……
 綾波もシンジの恋愛対象としては考えづらいという気もするので、消去法でアスカ?でも、アスカは一人登場が遅いですし、メインヒロインかと言われると微妙な気も。ゲンドウがヒロインと考えると全ての納得がいくんですけど……ダメ?


○ 『WORKING!!』
 1巻の表紙は種島、背表紙も種島、1話から登場するのも種島、ドラマCD等のキャストでも真っ先に書かれていたのは種島、ドラマCDでの出番も種島―――でも、全くメインヒロインという感じがしないのが種島(笑)。

 種島よりも伊波の方が主人公と恋愛描写がされているのが大きいんでしょうが、やっぱりキャラ配置の「基準値」として背が低いキャラというのはメインヒロインの風格を持てないのかなぁと思ったりもします。
 あー、でもそれを言ったら伊波も胸が……(以下略)


○ 『どきどき魔女神判!』
 ルルを隠しヒロインだとすると、メインヒロインはまほで間違いないんですが……(ジャケットもまほだし)
 よくよく考えてみると、まほの正体ってアクジの恋愛対象としては微妙ですよね。僕はぶっちゃけ孤独エンドにしかなったことがないので分からないのですが、ヒロインごとのエンディングはどう決着つけているんでしょう。

 あと、同級生のマリアやあやめを出し抜いて、後輩のまほがメインヒロインというのも……スタッフは分かっていますね!(笑) 作中でもルルに「後輩萌えなのですか?」とからかわれるシーンがありますし、多分狙っているんでしょうね。


○ 『ガンダムOO』
 群像劇の場合は難しい……
 刹那を主人公と考えれば、アザディスタンのお姫様がヒロインで間違いないんですが(まだ名前覚えていないのか)。サジを主人公として見るとルイスがヒロインになるし、“視聴者の感情移入先”という視点ならサジを主人公として解釈する手も余裕でありだと思いますしねー。

 キャスト表の順番だと、ガンダムマイスター4人の次に来るのはスメラギさんなんですが……スメラギさんがヒロインというのはミサトさんがヒロインというくらいシックリ来ない気も。そもそもあのキャスト表って、所属組織順に出てくるような……

 「ロックオンが主人公で、ヒロインが刹那」ならスゲー分かりやすいのになぁ。


B0011NHO5O機動戦士ガンダムOO 特典 ガンプラ FG「ガンダムエクシア ロールアウトカラー」付き

バンダイ 2008-03-27
売り上げランキング : 37

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そろそろタイムリミットなので、この辺で。
 これまでもヒロインのキャラ配置について色々語ってきた僕ですが、「メインヒロイン」ということに限定して時代ごとに「メインヒロイン」に求められている役割を考えていくだけで楽しいんじゃないかなーと思って、この記事を書きました。結論がグダグダなのは、いつものこと。

 「(ロボットアニメを除けば)アニヲタ歴が短い」というのは自分にとっては“新鮮な目で見れる”という意味で誇るべきところだったのですが、時代時代の流れを分析する際にはネックになってしまうものですね。こればっかしは仕方ない……誰か、詳しい人が書いて下さいな。


 もっと範囲を狭めて。「ギャルゲーのメインヒロインの変遷」とか「RPGのメインヒロインの変遷」とかでも面白いかも知れませんね。
 『FF』のメインヒロイン論とかも面白そう。考えてみると……「レナとファリス」「ティナとセリス」「ティファとエアリス」と、『5』『6』『7』が連続でWヒロイン制にしているのはそういう時代だったんでしょうか(対照的に『8』~『10』はメインヒロインが明確)。あと、何か名前が似てる(笑)。

| アニメ雑記 | 19:09 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

すっかり忘れられているマリナ皇女カワイソス

ギャルゲー要素を含むゲームのメインヒロインの定義は「攻略できるか否か」なので、ある意味どき魔女は全員がメインヒロインと言えなくも無いです、ハイ。
個別ENDのいちゃべたっぷりは完全にギャルゲーです(とくにマリアとノエル

| ななし | 2008/03/07 08:56 | URL |

やっぱ主人公の恋愛対象になるか、物語の中心的キーになるか、物語の女主人公的位置になるか。の3種あたりかねえ
特別な存在って言うとたとえば「空鍋」(ヤンデレ)なんてどうでしょう
あまりにも演出演技作画ストーリーが気合入ってて主人公と一応くっついたヒロインよりよっぽどメインヒロインっぽかった

| VIPPERな名無しさん  | 2008/03/07 10:15 | URL |

>ななしさん
 そうかー、マリナか!
 実を言うと「マリ何とか」までは覚えていたんですよ。でも、マリナなのかマリアなのかマリーなのかイマイチ自信がなかったので濁して書いておきました。アザディスタンもアダジスタンかも知れないと思ったけど、これは別に間違ってもどうでもイイやと押しきりました。

>メインヒロインの定義は「攻略できるか否か」なので
 僕はギャルゲー・エロゲーの分野に疎いんで(嫌いなのではなく不得手だからあまりプレイしない)、よく分からなかったんですが……「メインヒロイン」という言葉の定義がギャルゲーの世界だと違うということなんですかね。

 確かに、(僕はアニメ版しか知らないけど)『CLANNAD』はメインヒロイン5人と言われているような気もするけど……でもやはり、風子をメインヒロイン(の一人)と呼ぶのは抵抗があるような。
 それを言ったら、『どき魔女』のゆーまなんて……


>VIPPERな名無しさんさん
 そのアニメは観ていなかったので検索してみたんですが―――ヤンデレブームの先駆者みたいなことなんですかね?
 だとしたら、メインヒロインというよりも「マクロスで言うリン・ミンメイ」とか「ZZで言うエルピー・プル」のように、メインヒロインよりも存在感がある女性キャラというイメージかなぁ。

 返信しながら思ったことなんですが、実はメインヒロイン(主人公とくっ付くヒロイン)以外の方が後世の作品に影響を与えるキャラになりやすいような気がしてきました。
 この辺も分析していくと面白そうなんですが……如何せん僕は知っている事例が少なすぎるので、詳しい人に書いてもらいたいです。

| やまなし(管理人) | 2008/03/07 20:59 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/600-a12d420d

TRACKBACK

3月7日のニュース

戦国武将が萌えキャラに……豪華声優さん起用のパチスロ『CR戦国乙女』 相変わらずカオスな業界だな…… 4/12の「ネギま部(仮)ダブルイベ...

| ごった煮 | 2008/03/07 14:21 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT