やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(3月3日~3月9日分)

 昨日の伊集院ラジオで伊集院さんが「「頑張って下さい!」と言われると、俺はこんなに頑張っているのにまだ頑張らなきゃいけないのかと憂鬱になる」と仰っていて……
 僕もここ数年は「頑張って下さい」は相手にプレッシャーになると思い、どんな相手にも「頑張り過ぎないように頑張って下さい」と言うようにしてきたのですが―――よくよく考えてみると「頑張って下さい」には、それまでの相手を全肯定して「これまでのペースのまま頑張って下さい」という意味も含まれているよなーと思ったりもするんです。

 難しいんですが……プレッシャーをかけられてでも頑張らなきゃならない事態だってありますし、応援されないよりは「もっと頑張って下さい」と言われた方が頑張れるような気がしますし、一概に「頑張れ」禁止という流れも違うような気がしてきました。


B000NWAU64燃えろ!熱血リズム魂 押忍! 闘え! 応援団2

任天堂 2007-05-17
売り上げランキング : 806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ちのしあ』7話のペン入れはまだ半分くらいなんですが……既にインク瓶の底が見えてきました。
 7話のペン入れ開始後に開けた記憶があるので、このままだと1話ごとに2本弱インク瓶を消耗するということ?結構バカに出来ない出費です。デカい詰め替え用のを買うべきか、でもインクは「日数経過」の劣化が怖いんですよね……。出費のことを言い出せば、もっと頭が痛い問題もありますし。うーん……

 今描いているコマさえ越えれば、後はもう難しい背景はない……はず…多分。
 いい加減ゴールが見えてきて欲しい……
 

B000UF756Mパイロットインク 証券用30ml NK30−DO

PILOT
売り上げランキング : 47438

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ようやく……ですが、『ショートソング』の2巻を読みました。

 1巻が好きすぎて何度も読み返した程だったので、1巻時点の人間関係が崩れていってしまう過程は読むのが辛かったです。何年か経った後ならまた違う感想を抱くんでしょうが、やはり僕の場合「好きになりすぎる」ことが「熱しやすく冷めやすい」最大の理由なのかなーと思ったりも。

 作中で語られる伊賀さんの創作観はかなり頷けるものが多く、「おーなるほど。そうだよなー」と勉強になった一方、その伊賀さんが没落していく様はさっき勉強になった自分も否定されたみたいで苦しくなってしまったりで。“師匠”兼“ライバル”というポジションが如何に難しいかを身を持って知らされました。

 どうでも良いけど国友君、イタリア育ちで「克夫(カツオ)」という名前なら現地でイジメられたんじゃなかろうか。


 まぁ、ともかく全2巻で密度の濃い作品なので小手川先生の作品の入り口としてはオススメ。
 小手川先生のお仕事チェックを久々にしてみたら、『ARCANA』が映画化するんですってね。主演は堀北真希。小手川作品の中でも大好きな漫画なので、怖いものみたさなところはあります。


4088596897ショートソング 2 (2) (ジャンプコミックスデラックス)
枡野 浩一 小手川 ゆあ

集英社 2008-02-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
4087826686アルカナ (file上) (ヤングジャンプ・コミックス)
小手川 ゆあ

集英社 2001-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓




>3月6日18時36分
 流れ着いてブログ読ませてもらいました 面白いですねーお気に入り入れたんで頑張ってください


 ありがとうございます。嬉しいです。
 こういう言葉って滅多に言われることがないものなので、とても励みになります。毎日毎日とりとめのない雑多な話題を書いているので、興味が出たものだけでも読んでもらえると光栄です。ちなみに明日はおっぱいの話です。


>3月9日21時31分
 裏の裏でやまなしさんが最高につまらないマンガというのはどういうのかを具体的に考えてみると言うのはどうでしょうか 批判されそうな要素を全部つめこめば逆に麻痺するかも


 これはとても面白そうなアイディアですね。
 商業誌に投稿とかしても評価されないでしょうが、WEB媒体で発表する分には「面白い人だけ面白い」ことで十分ですからね。自分としても、どんな形になるか見てみたいです。なので、ちょっと考えてみました。

1.夢オチ
2.展開に全く脈略がない(死んだように描かれてたキャラが普通に生きている、など)
3.話に緩急がなく淡々と進む
4.カタルシスがない
5.キャラの顔が一定じゃない
6.背景を見てもどこだかわからない
7.パロディばかり
8.内輪ネタ・楽屋ネタばかり
9.登場人物の名前が覚えにくい上に長くてみんな似ている
10.話に一貫性がない
11.ところどころに「つまんない漫画でゴメンなさい」と書いてある
12.絵で説明しきれない部分はコマの外で分かりやすく解説してあって、ほとんど小説
13.話の途中でページ数が尽きて唐突に終わる

 ………
 …ネームの時点で脳が腐ってしまう気がします(笑)。



 アニメの話。
 4月開始アニメは、『紅』公式サイト)と『図書館戦争』公式サイト)を視聴予定です。

 『紅』は『RED GARDEN』に続くプレスコ形式のアニメということで、スタッフ&キャストに前作と共通した名前も多く、前作の失敗点を改善した作品になってくれるだろうと期待して―――
 『図書館戦争』は題材が面白そうだなーと思って―――


 『コードギアス』の2期目はどうしましょうかね。まだ1年前の1期目のビデオすら観ていませんし、この「何故観るのを辞めてしまったのか」を説明するのも大変ですし、いっそのことスルーしてしまった方が楽だよなぁというのが正直な気持ちです。


 『紅』はネットラジオもあるそうですし、『どき魔女』のネットラジオも始まりますし、作画のお供に重宝しそうです。面白かったら、このブログかmixiででも取り上げるかも知れませんし取り上げないかも知れません。

| WEB拍手返信 | 19:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/604-b80868a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT