やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「エロに繋がる萌え」と「エロに繋がらない萌え」

 こないだの「ぶっちゃけ全裸ってそんなにエロくないよね」という記事に頂いたコメントへの返信を考えながら思ったんですが、「萌え」の中には「萌えが進化してエロになるもの」「萌えはどこまでいっても萌えのままでエロにはならないもの」の2種類があるんじゃないでしょうか。

 この辺は“言葉の定義”論ですし、言っていることは西園寺さんの「エロ同人誌を読みたい萌えキャラと読みたくない萌えキャラがいる」説のなぞりでしかないんですが……
 「萌え」という言葉の範囲が広がりすぎて、「癒されるわぁ」「和むわぁ」というキャラにも、「小一時間おっぱいを揉みしだきたい」というキャラにも使われていることが問題なのかも知れませんね。



 一般化する気など更々ないので、自分の一例を出すと―――
 僕は母娘がイチャイチャしている様子が好きで、それを見るだけで「今日はイイことがあったなー」と温かい気持ちになれるんですが。じゃあ母×娘のエロ同人誌が読みたいかと言われれば、それは流石にキッツイわーと思うのです(あくまでエロ同人誌基準)。

 まぁ……動物的なもの(猫とか)への萌えの方が分かりやすいのかも知れませんが……
 自分的にはロリキャラはこのカテゴリーかなぁ。見ていて和むし、幸せな気分にはなるのだけれど、エロイ目に合わせたいかとか裸が見たいかというと話が別。やっぱりエロい対象として見れるのは中学生からだよね!(あれ?)


 喩えば……『CLANNAD』で言えば、杏やことみはギリギリでエロ対象として見れるかも知れないけど、風子や早苗さんはエロ対象として見れないというか。(人妻をエロ対象として見れない理由は長くなるので割愛します)
 自分の中の良心というか、「ここのカテゴリー(ロリ・人妻)はエロ対象として見ちゃダメだ」みたいなブレーキがあるのかなぁと思うのです。もちろんブレーキをどこでかけるかは人それぞれの価値観次第なので、早苗さんでも全然エロ同人描けるぜ!という人も大勢いるでしょうけどね。



 さっき、敢えて「問題なのかも」という言葉を使いましたが……普通に生きている分には、「世の中には色んな人がいるんだにゃー」くらいのことですよね。別に困ることもないでしょう。
 ですが、創作活動をする上では、これは無視できない大きな問題なのかも知れません。

 僕みたいにWEBの隅っこで漫画を描いている人間でも、極たまに「○○が可愛いですね!」とか「◇◇が萌えます」みたいにキャラを誉めてもらえる御言葉を頂戴するのですが……じゃあ、おじさんがサービスしてそうしたキャラでちょっとエロイ絵を描いちゃうぞ!と気を遣っても、「そういうのは求めていなかった」と思われる可能性が高いということなんですよね。

 “画力”というNGワードもありますが、それ以前に根本的に「萌え」の延長線上に必ずしも「エロ」が来るワケではないことは肝に銘じておかないといけないのかなと。


 漫画でもアニメでもゲームでも、公式・非公式なカタチで「キャラ人気投票」が行われることがありますが……「エロ同人誌を読みたいキャラ投票」みたいな限定条件で投票を募るのも面白いんじゃないかと思いました。

B000WQ6IYOCLANNAD 5 (初回限定版)
能登麻美子 中村悠一 中原麻衣

ポニーキャニオン 2008-04-16
売り上げランキング : 24

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画作成 | 19:13 | comments:3 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

すでに冒頭で書かれてるんですが、なんでも「萌え」で語ろうとするから複雑化してるんでしょう。
今回の内容は単純化すると「エロスを感じるか感じないか」という話で、「萌え」がどうとかいう話は関係ないんじゃないかと思うわけです。
オタク共通言語ツールになってる「萌え」。理解が中途半端なまま異常な広がり方をしたので、定義が追いついていないんだと思います。

| 通りすがりの萌え考察家 | 2008/03/23 01:41 | URL | ≫ EDIT

長文にて失礼します
萌えの定義をもっと狭く考えたらいいのではないでしょうか
古いオタクの考えで申し訳ないのですが、自分的には「萌え=恋」だと考えています
で、恋をした対象に何をしたいか?
ナニしたい、というところで初めて「萌え→エロ」になるのではないかと
そしてその一方で対象を崇拝したい、いつまでも眺めていたい、という感情もあって、それがやまなしさんの言うところの「エロにつながらない萌え」になるのではないでしょうか(CCさくらの知世からさくらへの感情にエロはなかったと思ってます)
古い話になりますが、80年代あたりまでは「エロと崇拝の狭間で揺れ動く感情」そのものが萌えと呼ばれていたような気がします(で、自分で自分の体を抱きしめて身もだえるわけですね)
宮崎事件の影響によるエロと萌えの分化と、オタクがライト化していったことによる「萌え=恋(LOVE)」から「萌え=好き(FAVORITE or LIKE)」への変化が、現在の萌え論議を複雑化させているのではないかと自分ではそう認識しています

| お晴 | 2008/03/23 15:44 | URL |

>通りすがりの萌え考察家さん
>「エロスを感じるか感じないか」という話で、「萌え」がどうとかいう話は関係ないんじゃないかと
 これが核心という気がしますねー。
 当たり前ですが、「萌え」という言葉が生まれる前から「エロ」は存在していたワケで……元々「このキャラってエロイよね」と表現していたのを、(ヲタク間でのみ通用する)隠語のように、「このキャラって萌えるよね」という言葉にすり替えていった結果。「萌え」という言葉の範囲が広がってしまったのかなぁと思いました。

 しかし、これはどちらかと言うと「萌え=和む、癒される」の方に使っている自分ならではの発想で、「萌え=エロ」の方が比重が大きいという人は逆と思うかも知れませんね。というか、それだったら「萌え」という言葉を封印して、「エロ」「和む」を使えばイイだけなんでは(笑)


>お晴さん
 なるほど……確かにコレは世代間の差が大きいような気がしますね。
 僕も含めて、「萌え=好き(FAVORITE or LIKE)」の方で認識している人は(現在では)多いんじゃないかと思います。動物に対して使ったり、小動物系のヒロインに対して使ったりしますし。
 ちょっと言葉は悪いかも知れませんが、「恋」「崇拝」というほど重く考えずに、軽はずみに使うようになった結果かも知れません。

 それこそ、最近では「○○は俺の嫁!」とか軽はずみに言いますもんね(笑)。

 言葉というのは「正しい使い方だから出てくる」ものではなく、身に染み付いて「自然と出てくる」ものですから―――これを統一するのなんてムリそうですし、統一しちゃったら勿体ない気がしますね(色んなものをひっくるめているからこその面白さもありますし)。

 ……理屈抜きで「萌え」って言葉は便利なんですよね。深く考えなくてイイし、後から「その表現はおかしい」とツッコまれることもないですし。その曖昧さこそが、みんなに使われて流行った要因かも知れません。

| やまなし(管理人) | 2008/03/23 20:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/617-8d0ec505

TRACKBACK

【NEWS】あの人気ゲーム「オプーナ」がタダになりました!etc...

TOPニュースオプーナ+Wiiセット - オプーナはオマケ?それともWiiがオマケ?オプーナメインだよな!そうだよな! ●一般ニュースいまの日本は信用できない物だらけ。信用出来るのは「新聞・家族・天気予報」天気予報も信用できない( ´・ω・) 75億光年先の恒星が大...

| がるどふぃっしゅ | 2008/03/23 16:20 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT