やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ドラクエ』の主人公に自分の名前を付けられますか?

 ちょっと前に「ヒロインは誰のもの?」という記事を書いて、『CLANNAD』の主人公は自分じゃないよねという自分の意見を述べたんですが……

 コメント欄には結構自分と違う意見が頂けて、「なるほど。こういう考えもあるのか」と面白かったです。貴重なコメントを下さった皆様に感謝です。



 主人公“だけ”に感情移入して物語を楽しめるのか―――という切り口は、かなり広がりそうな議論ですよね。
 喩えば、群像劇なんかは「主人公“だけ”が活躍する」ワケではないのでそうした見方をすると爽快感に欠けますし、逆に僕みたいな群像劇好きからすると「主人公“だけ”がイイ思いをする」話というのは好きになれなかったりします。浮気とか二股とかをしている主人公が出てくると、まず「浮気をされている人」の気持ちになっちゃうんですよ。だから、『DEATH NOTE』の月が嫌いなのです。

 ただまぁ……この切り口は最終的には「人それぞれ」になっちゃうでしょうし、どこまでも広がって終着点が見えそうにないので。今日は敢えてゲームの話に限定して、“ゲームの主人公に感情移入するのか”に注目をしたいと思います。




 『マリオ』は誰がプレイしても主人公が「マリオ」だけど(あ、ルイージの場合もある)、『ゼルダ』はプレイした人の数だけ主人公の名前がある。


 「主人公に名前が付けられるのか」というのは、分かりやすい基準ですよね。
 もちろん……『ゼルダ』の場合は「リンク」という名前でプレイしている人が多いと思いますが、最初に主人公の名前を決められる(変更できる)かどうかという基準だとブレないかなと。



 映画的・演劇的と言われる『ファイナルファンタジー』シリーズですら、僕がプレイしたことがある『10』までは全て主人公の名前を決められる(変更できる)ようになっていたと思います。若干、記憶違い&リメイクによる変更とかはあるかも知れませんが……
 『4』はネミングウェイ出てくるまで変えられないっけ?うーん、記憶が曖昧。

 ちょっと面白いなと思ったのが『10』。
 確か、その頃の『FF』シリーズは“仲間になるキャラは全員名前を変更できる”システムが多かったと思うんですが、『10』は台詞に音声が付くことで仲間の名前の変更が出来なかったんですよ。「ユウナ」を「ふさえ」とかにしたくても、収録されている音声は直せませんからね。
 でも、主人公の名前だけは変更できるんです。そのため、せっかく付けた名前なんですが仲間達は自分の名前を呼んでくれず、「キミ」とか「オマエ」とかで呼ばれるんですよ。


 だったら、最初から主人公の名前を変更できなくすれば良くね?
 「今回からは音声が付いたんで、全部のキャラの名前を変更できません」としても、大部分の人は納得したと思うんですよ。でも、それをせず、主人公の名前を変更できるシステムを守ったワケです。これは正直意外でした。
 あれだけ映画的で「プレイヤーは観ているだけ」と言われている『FF』が、「主人公に自分の名前を付けて遊べる」仕様を貫き通すとは……


 僕は『FF12』はプレイしていないんですけど(PS2が速攻で壊れたからね)、『12』はどうだったんですかね?これで主人公に名前を付けられなくなっていたら、『10』の「キミ」が不評だったということでしょうか。
 つーか、もし『FF13』でも主人公に名前を付けられるとしたら「ライトニング」さんの立場はどうなるんですか!?光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士「カツどんたべたろう」とかにしたら全然別のゲームっぽいじゃないか!(何の心配だ)


B000A41FNCアルティメット ヒッツ ファイナルファンタジーX

スクウェア・エニックス 2005-09-08
売り上げランキング : 900

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『FF』シリーズとは対極的に、「主人公=自分だと思える」と言われている『ドラゴンクエスト』ですが……実は僕は『ドラクエ』の主人公を自分だと思えたことがないんです。これは『ゼルダ』もそう。主人公に台詞がないのは単に無口なヤツという気しかしません。


 これは……世代的な問題なんでしょうが。
 81年生まれの僕にとっては、88年発売『ドラゴンクエスト3』の存在が大きいんです。実際には自分がプレイしていたというよりは、兄貴のソフトだったんで兄貴がプレイしているのを観ていたことの方が多かったんですが……

 あのゲームは(最初から酒場にいるキャラを除けば)仲間全員分の名前を自由に決められる上に、デフォルトの名前が存在しません。これがまずハードル高いですよね。勇者に自分の名前を入れることは出来ても、仲間3人分の名前を付けようとしても、俺、友達3人もいねーやとなるのです。

 まぁ、僕に友達がいなさ過ぎるのはともかく……「仲間の中に一人くらい女のコを入れたいなぁ」と思っても、主人公に自分の名前を付けて、仲間に好きな女のコの名前を付けるなんて出来るワケないじゃないですか。家族にも見られるし、ひょっとしたら明日友達が出来てその友達が家に遊びに来て「ドラクエ3あるんだ?ちょっとデータ見せてよ」となるかも知れないじゃないですか!


 ということで……我が家では、好きな漫画・アニメなんかからキャラの名前を拝借して「ドラゴンボールチーム」とか「ガンダムチーム」とかで編成していました。なので、僕にとって『ドラクエ3』の主人公は「自分自身」じゃなくて「ごくう」とか「あむろ」だったんですよ。

 『ドラクエ』シリーズ自体は『4』以降、主人公の名前しか決められず“個性的な仲間と自分自身の冒険”というスタンスになっていくんですが……当時の『ドラクエ3』が他のゲームに与えた影響は凄まじく、多くのRPGは仲間のキャラ全員の名前を決められる仕様を取っていたように記憶しています。
 『FF2』は確か公式の名前が存在していたはずですが、『FF3』は公式の名前が付いていなかったので、DSでリメイクされた際に名前が付いたことで驚きの声が上がりましたもんね。



 『ドラクエ』シリーズ自体も『5』では「結婚イベント」があるために、主人公の性別が選べなくなりました。これは仕方ないことだと思うのですが、女性プレイヤーにとっては「主人公=自分自身」という遊び方は出来なくなってしまったんですよね。女主人公と花嫁の百合エンドというのも素晴らしいと思うんですが、それは流石にマニアック過ぎるのか、男主人公しか使えませんでしたね。
 逆に、男プレイヤーからしてみると、「花嫁選び」や「子どもの名前を付ける」などといった人生の節目節目の選択が出来ることで没入度は増したのかも知れません。よくよく考えれば、『ドラクエ3』の酒場にいる仲間キャラの名前を主人公が決められるというのも妙な話ですし(笑)。


 でも……正直、僕の場合は『ドラクエ5』で主人公に何て名前を付けたのか覚えていないんですよ。ビアンカやフローラは覚えているのだけど、主人公や子ども達にどんな名前を付けたのやら。
 その頃になると「好きな漫画のキャラの名前を付ける」ことにも照れがあったので、スーファミ以降の『FF』のように公式の名前があるRPGの方が「名前を考えなくてイイなんて楽だ」と思った記憶があります。公式の名前があって、全部の仲間キャラの名前が変更できる『FF6』みたいなカタチが理想じゃないかと思っていました。


 それ以降のゲームは大概、公式の名前を主人公に付けていましたしね……
 あと、僕の場合……高校生くらい頃から主人公の性別を選べる際には、必ず女性主人公にしていました。だって男キャラなんて使ってても楽しくないじゃん。
 『スパロボ』でも女性主人公を使っていたので、『スーパーロボット大戦アルファ』で使った主人公キャラがクスハで、クスハの声はまだまだ名の知れていない頃の高橋美佳子だったという運命!今や毎週ネットラジオ聴いてまっせ!まぁ……男主人公は杉田智和だったんですけどね(笑)。
 ※ 確か、8人いる主人公の中にクスハ(cv.高橋美佳子)とブリット(cv.杉田智和)がいたんだったような……

 この話をすると大抵「なんでオマエは男なのに女主人公使うんだ?」と言われるんですけど、僕にとっては主人公は自分自身ではないので、男だろうが女だろうが主人公は主人公という感覚なんですよ。


 1.主人公の名前を決められるか(変更できるか)
 2.その名前にデフォルトの名前があるのか
 3.主人公の性別を決められるのか
 4.主人公は台詞を喋るのか

 個人的には「主人公が台詞を喋らない」からと言って、「主人公=自分」とは思えないんですよ。これは特に『トワプリ』やっていた時に思ったんですけど、グラフィックがリアルになっていけばなっていくほど、画面の主人公と現実の自分の違いを感じてしまいますからね。俺、こんなに鼻高くねーや、と。

 なので……

 5.主人公の容姿を自由に変更できるのか

 この5つの要素によって「主人公=自分」と思える人の比率が決まっていくのかなーと思いました。『ドラクエ9』なんかはまさにこの方向性だそうですし、非ストーリー型のRPGはほぼこっちの方向に進んでいますよね。
 でも、多分……みんな「自分の容姿に似せよう」なんて思わないんでしょうけど(笑)。僕はMMOやったことないですけど、いつものゲームの感覚で女主人公使ってもイイものなのか。喩えば、僕のような男がアナ・コッポラちゃんみたいな容姿のキャラを作って使ってもイイものなのか。



 そう考えていくと……Wiiの『似顔絵チャンネル』は、落としどころが上手かったですよね。
 パーツが限られていて、デフォルメされた顔しか作れないから、どんな人の顔を作ってもそれなりに愛嬌が出てくるという。リアル路線のPS3『Home』はどうなるんでしょうね。

 でも、『Wii Fit』はともかく、『Wii Sports』ですら僕は「自分自身」じゃないMiiを使って遊んだりしています。あー、なんか僕の場合は「自分のことが嫌いすぎる」というだけな気がしてきました(笑)。もう、『ドラクエ』がどーのって話じゃないな、コレ。



 まー、当たり前っちゃ当たり前のことなんですが。
 「主人公=自分自身」だと思って遊んでいる人も、そうでない人も、同じように遊べる懐の深さがあるところが『ドラクエ』が売れ続ける理由なのかなーと思いました。どっちが多いんだという調べようがないことを考えるよりも、どっちでも遊べるのが一番ですからね。

 そういう意味では、『FF10』で主人公だけ名前が変更できるということも理には適っていたのか。
 納得。

B0014QFE14スーパーロボット大戦OG スパロボの湯 第1弾 クスハ・ミズハ (1/8スケール塗装済み完成品)

トイズワークス 2008-06-25
売り上げランキング : 2301

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:38 | comments:8 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

FF12は名前変更できない仕様でしたけどその点でファミ通の伊集院さんのコラムでボロックソに叩かれたという経緯が….
「オレはRPGの主人公の名前には『くそだま』ってつけないと感情移入できないんだよ!」
という内容だったかな?

ちなみにGCの「ゼルダの伝説4つの剣+」に収録されているゲームの一つには
プレイヤ(色違いリンク)の名前を2文字でつける

(2文字だけだけど)プレイヤの名前をきちんとボイスで呼ぶ
という機能があって当時感動しました.
初音ミクが流行った現代社会ではもう少しスゴいことができそうな….

…うん,ごめんなさい.

| kyu-zero | 2008/04/14 21:42 | URL |

>kyu-zeroさん

 いえいえ、いつでも気軽に書き込んで下さいな(笑)。

>FF12は名前変更できない仕様
 なんと……そうですか。
 ということは、『FF13』の主人公に「カツどんたべたろう」という名前を付けて遊ぶことは出来なさそうですね。そういうアホなプレイリポート書くためにPS3買おうかなと半分くらい思っていたんですが、別の理由を考えようと思います。

 伊集院さんの件は、どうなんでしょうね。
 喩えば『FF8』のスコールの名前を「くそだま」ってしたからって感情移入できるの?と思いますし、もちろん“色んな遊び方が出来る”に越したことはないんですが、名前を変更出来なくした判断の方が僕は納得出来るかなー。
 それこそ、こういうのって発売前に「主人公の名前を変更できるのか」の情報が出てくるのかの問題であって、(ファミ通含む)マスコミがどういう情報を教えてくれるのかって話じゃないかと思うんですが………うーん、僕はスクエニを擁護し過ぎかなぁ。


>(2文字だけだけど)プレイヤの名前をきちんとボイスで呼ぶ
 なるほど。この技術が『お料理ナビ』とか『みんなの常識力テレビ』の音声読み上げに繋がっているっぽいですね。
 任天堂以外でも、最近の『パワプロ』だとウグイス嬢にオリジナル選手の名前を呼ばせることが出来ました。イントネーションを4種類から選べるんですよ。この話が出てくるまですっかり忘れてましたけど(笑)。記事を書く時に思い出したかった!

| やまなし(管理人) | 2008/04/15 20:03 | URL | ≫ EDIT

 そういやモンハンは『顔』『髪型』『紙の色』『肌の色』『声』と徹底してエディットできたなぁと思いましたが、あれはRPGじゃないので別問題ですね。失礼。

 RPGの主人公、自分の名前はつけませんが、デフォルトの名前は変更して遊んでます。
 昔は自分の名前をつけて遊んでいたのですが、映像技術の向上によってキャラの顔立ちとかがはっきりしてきて、イメージイラストではなくゲームプレイ時にもう『これに私の名を付けるのは不自然だな』と思えるようになってからはやめました。その後は『もし自分がこの世界の人物だったらどんな名前を名乗るだろうか?』というお題で自分のそのゲーム専用の名前を考えてつけていたりします。
 最近のゲームって西洋的な顔立ちのキャラ多いですよねー。
 くわえて自分の名前を付けられなくなったことから、RPGは『自分の分身が仲間と一緒に冒険する』というよりも『かつて世界を救った英雄達の伝説を紐解く』という演劇的なノリで遊んでます。

 ・ゲーム開始時に名前の選択ができない(テイルズとか)
 ・ボイスで主人公を呼ぶ時、二人称に変更するのではなく名前の部分だけ不自然にボイスが途切れる
 ・デフォの名前だと二人称ではなくちゃんと名前で呼んでくれる
 基本主人公=自分で遊んでますが、上記三点の場合はデフォの名前で遊ぶって感じですかね。


 あと余談ですが、PSPのファイナルファンタジータクティクスで主人公の名前を変更して遊んでいたら、挿入ムービーの字幕でディリータに『なぁラムザ』と呼びかけられて怒り狂った覚えが。
 変更できるなら変更できるで、その辺煮詰めて欲しかったです。

| asd | 2008/04/15 22:54 | URL | ≫ EDIT

>asdさん

 いやいや、別にRPGに限定した話じゃなかったですし(アドベンチャーゲームでも当てはまる議論だと思います)、『モンハン』こそがRPGだという意見もありますし、貴重な情報だと思いますよ。『ドラクエ9』自体、当初は『モンハン』を目指しているのではとか言われていましたしね。

 しかし……僕は『モンハン』やったことがないので、プレイヤーの見た目を徹底してエディット出来るという話は驚きとともに「なるほど」と思いました。自分のキャラと友達のキャラが協力して戦うというゲームの場合、(自分に似せるかはともかく)自分なりのキャラエディットは重要でしょうしね。
 どうして『モンハン』が人気があるのか、何となく分かってきた気がしました。しかし、こうした情報ってゲームをやったことがない人にはなかなか知られないんですよね……情報ありがとうございます。


>『もし自分がこの世界の人物だったらどんな名前を名乗るだろうか?』
 僕自身は「自分自身の名前を付ける」「デフォルトの名前を使う」の二択で、デフォルトの名前がない場合は「好きな漫画などから名前を拝借」くらいしか思いつかなかったんですが……
 asdさんの御意見もそうですし、トラックバックを下さった西園寺さんもそうですし、“自分自身ではないオリジナルの名前を付ける”という人は結構いるみたいですね。僕は考えつきもしませんでした。

 どっちかと言うと……「あらかじめ用意された物語をなぞる」行為に、「自分自身で主人公の名前を付けることで介入する」みたいなカンジですかね。
 これは漫画を描いている僕の経験なんですけど、キャラに“名前を付ける”ことって大きな意味があるんですよね。自分で名前を付けたキャラはどんなキャラでも愛着が湧くし、その物語が紛れもなく自分のものであるという感覚を受けます。

 「主人公に名前を付ける」行為って、「主人公=自分自身と思える」というだけじゃなく、作品の最後の1ピースをプレイヤー自身の手で形成できるという意味があるんだなぁと思いました。


>『なぁラムザ』と呼びかけられて怒り狂った覚えが
 これは普通にバグのレベルなのでは……(笑)。
 この例はアレなんですけど、僕も次遊ぶRPGは自分でオリジナルの名前を付けて遊んでみようかなーと思いました。

| やまなし(管理人) | 2008/04/16 20:05 | URL | ≫ EDIT

はじめまして

とても楽しい内容で、いっぱい笑わせてもらいました
でも、勝手なことを言うと内容を3つぐらいにして、別々にコメント出来ると嬉しいな、なんて思ってしまいました
余計なお世話ですね、ゴメンナサイ

私のドラクエ5(PS2版)の主人公の名前は、パパが88ス(パパス)だったので子供は99だろうと、ククリにしてあとでかなり後悔した思い出があります
(よく考えると、怖い名前ですよね)

子供の名前は、女の子がマヒルちゃん、男の子がシンヤくんでした
(ラナルータ?の呪文にやられていたもようです)
それとやはり、私も主人公に自分の名前はつけられませんね

また、笑える内容楽しみにしています
楽しかったです

| りこ | 2008/04/16 21:20 | URL |

>りこさん

 初めましてー。
 お褒めの言葉、ありがとうございます。これを励みに頑張りたいと思います。

>内容を3つぐらいにして、
 書いている僕としても、「こことここは別の記事にした方がイイのかもなー」と思う時があるのですが……その場で書かないと次の日には忘れちゃう人間なので、ちょっと難しいです(笑)。文章をなるべくコンパクトにしようとは心がけているのですけど、なかなか上手くいかないものですね。

>ドラクエ5
 僕も一応スーファミ版をクリアはしているはずなんですけど、主人公も子ども達も何て付けたか覚えていないんですよね……当時の自分としては「子どもの名前を付ける」なんて相当プレッシャーだったろうと思うのですが。

 しかし……オリジナルの名前を付けるという人は本当に多いですね。まぁ、『ドラクエ5』は性別が限定されているので仕方がないのですが、にしてもこうした皆さんの意見は予想外でした。固定概念って怖いですね。記事を書いてみるもんです。

 ではでは、ウチは本当に下らないブログですが、これからも応援して下さるとありがたいです。

| やまなし(管理人) | 2008/04/17 20:39 | URL | ≫ EDIT

遡って読んでるので、古い記事にコメントして済みません。

この記事読んで、真っ先に「ときめきメモリアル2」が頭に浮かびました。
これ、自由に主人公の名前が変えられる上に、ヒロインが一応ちゃんと音声で
その通りに呼んでくれるのが一つのウリでした。
なんとかヴォイスエンジンを搭載とかで、イントネーションが肉声っぽくなる
場合も多かったように思います。

ただまあそのためには、メモリーカード1枚まるまる音声データを入れないと
いけなかったり、それでも一人の女の子しか音声が出ない状態で、別の女の子
に喋ってもらうためには再ダウンロードしなくちゃいけなかったり、さらには
メイン以外の女の子の音声データは別売りだったりしましたが、そのまま廃れ
させるには惜しい技術だと思います。
PS1時代だったので、早すぎたんでしょうかね…。

それより比較的に簡単な方法では、ユーザから登録して欲しい名前を募集して、
それに選ばれた名前から選択すると肉声で呼んでくれるなんてのもありました。
まあこれは声優さんの負担が凄いんで、やっぱり後続は出なかったと思います。

余談ですが、私も性別選べるゲームでは女を選びます。
男キャラが飛んだり跳ねたりするのを見るよりも楽しいですよねぇ。

| メルト | 2008/05/14 16:54 | URL |

>メルトさん

>古い記事にコメントして済みません。
 いえいえ、古い記事に反応があるのは嬉しいですよ。
 僕自身は考え方がコロコロ変わる性質なんで、「こんなこと書いたっけ?」「俺、何ワケわかんないこと書いてんだ」と思うことが多いですけど(笑)。

>「ときめきメモリアル2」
 なるほど。同じコナミの『パワプロ』『ウイイレ』も“オリジナル選手の名前を呼ぶ”機能に力入れているなと思ったことがあったんですが、そのルーツは『ときメモ2』だったのかも知れませんね。
 仰るとおり、初音ミクがある現代ならまた違うものが作れるんでしょう。嬉しいけど、ちょっと寂しいような……

>ユーザから登録して欲しい名前を募集
 コレは僕も聞いたことがあります。
 僕は本名が変わった名前なんで登録されていないだろうし、自ら登録してもらってもどっかの誰かから「アイツ、こんなゲームやってるのか!」とバレるなと思った記憶があります(笑)。

>私も性別選べるゲームでは女を選びます。
 ついこないだ某サイトでMMOで性別を変えるかどうかのアンケートを取っていたのですが、男女ともに半数(以上だったかも)が異性でプレイしているという結果になっていました。自分以外になりきりたい、娘を育てている感覚、女性プレイヤーの場合は男に声かけられるのがウザイ、などなど色んな理由がありましたが……

 今まで「俺、男キャラ使いたくないんだよなー」と敬遠していたMMOも、普通に女性キャラ使って良いんだと驚きました。まぁ、現実的にはPCの問題で手を出せないんですが……自分だけじゃないことがわかって安心しました。

| やまなし(管理人) | 2008/05/14 20:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/640-f82f1d0c

TRACKBACK

ゲームの主人公に変な名前をつけてしまうのは自分の責任じゃない

『ドラクエ』の主人公に自分の名前を付けられますか?|やまなしなひび ああ、この感覚はとてもよくわかります。 私もゲームの主人公...

| サイオンジ探偵社 | 2008/04/15 22:28 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT