やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

漫画はお金がなくても作れるエンターテイメント

 僕は少年サンデーの「漫画家を目指すためのコツ」的なメールマガジン(公式サイト)を何年間も読んでいるのですけど、今回ものすごくイイ言葉が書かれていたのでご紹介。
 そのまんま載せちゃうと問題が生じそうなので、噛み砕いて説明すると……「紙とペンさえあれば描けてしまう漫画が、何十億円もかけて作られた大作映画にも負けない面白さになることがある」とのこと。これは、漫画を描いている全ての人を勇気付ける素晴らしい言葉ですね。



 まぁ……実際に大作映画以上に漫画を楽しむのには「面白く漫画を読む能力」が必要だと思いますし。漫画を描くのって想像以上に消耗品を使うものなので、「意外にお金かかるんだなぁ」と思ってしまうのですが……

 喩えば、「このコマは描くの面倒臭そうだな」とか「こんなの俺の画力じゃムリだよ」と思うところも。じゃーそれを映画で撮るのだとしたら、撮影許可やら役者やらエキストラやら機材やらと超大変なんですよね。
 そう考えると……「面倒なことを根気よく頑張る」とか「上手くなる努力をする」とかで賄えてしまう漫画って、努力のしがいのある表現なのかも知れませんね。青臭いことを言ってしまえば、この努力には何十億円分の価値があるんだ!と思えるというか。


B0002YNFDS気分は億万長者!

ビバリー 2004-09-01
売り上げランキング : 64007

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 この話……実は、漫画を描く側に限らず、漫画を読む側にとっても重要な話なんですよね。
 「1500円で作れるエンターテイメント」と「何十億円もかけて作られるエンターテイメント」では、当然ながら採算分岐点が違います。
 極端な話、前者は「面白い漫画を描いたから2000円で買ってくれない?」と友達に売りつけられたら黒字になるワケですからね(笑)。もちろん現実的には漫画家自身の労働賃金も計算しなきゃならないのですけど……分かりやすく言うと、そういうことです。


 つまり……大多数の人間に支持をされなくても、一部からの支持だけで利益が出る構造ならば。それだけ「売れなければならない」「たくさんの収益を生まなければならない」というしがらみを受けることなく、自由な作品を作ることが出来ます。
 皮肉な話ですけど、そういう「売れなくても構わない」という作品がとてつもない大ヒット作品になることって結構ある話なんですよね。

 まぁ、それを言い出すと小説ほど最強のメディアはないと思うんですが(笑)。
 少ないお金で作れる小説や漫画が、巨額の制作費を必要とするアニメやドラマ・映画へとメディアミックスされていくというのは当然の流れだとも言えます。




 敢えて、前段で僕は「少ないお金」と書きましたけど……
 実際には同じ“漫画”だって動いている資本は千差万別ですよね。現場の話に限定しても、週刊連載なんかはアシスタントを多く入れて分業制にしないと成り立ちませんし、逆に月刊・隔月で連載を持っている漫画家さんの中にはアシスタントを使わず一人で描いているという人もチラホラいます。

 僕は、この「資本の幅」こそが業界にとって一番重要なことだと思っています。
 “低予算で作られる実験的な作品”から“巨額の資本から作られる大ヒット前提の作品”まであることが重要であって、どっちが優れているかという話ではないんですよね。



 冒頭で引き合いに出した映画業界だって、少ない予算で作られるインディーズ作品から、何億ドルもかけて作られるハリウッドの作品まであることが大切なんです。
 ゲームもそう。『脳トレ』から『ファイナルファンタジー13』まであるのが重要なんです。どっちが偉いという話ではありません。いや……まぁ、ゲーム業界が今直面している問題は「売れなくても構わない」はずだった低予算の『脳トレ』がトップセールスになってしまったことなんですけど、それはまた別のゲーム話の日に置いておきます。

(参考:ゲームをやらない人が遊ぶゲームがベストセラー
(参考:考察:「普段萌えない属性の人を萌えさせられるのがメジャーキャラ」説



 漫画業界の話で言うと……
 漫画雑誌の売上げが落ちているとは、もう何年も前から言われていることです。ただ、それは漫画が読まれなくなっているというよりも、生活スタイルの変化や新古書店・ネット書店の影響でコミックス(単行本)だけを買っている人が増えたという見方が出来ますし。特に“一部の売れるコミックス”は物凄い売上げを記録していますよね。
 コミックスを売るための作品になってしまったから連載されている雑誌が売れなくなった……という意味合いも絶対あると僕は思っているのですが、まぁそれは置いといて。

 漫画業界を盛り上げるためには、やはりこの“売れまくっているもの”“売れていないけど一部でコアな人気があるもの”の両輪が大切なのかなーと最近は思うようになりました。


 まぁ……更に複雑なのは、だからと言ってそれらが“自分にとって面白いのか”は全く別の問題だということなんですけどね。自分に合った漫画を見つけるのってスゲー大変なことですもの。

| 漫画読み雑記 | 18:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/648-4d887b47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT