やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

原作付きアニメは原作を読んでいることが前提なのか?

 「ネタバレ」という言葉に過剰反応するやまなしがやって来ましたよ。

 ANIMEではオープニングで後の話のネタばれを平気でするのはどうして
 (情報元:ふぇいばりっとでいずさん)


 実を言うと、僕はネタバレが嫌だからオープニングは極力観ないようにしています。
 この記事のコメント欄を見れば僕みたいな人間が少数派なのは一目瞭然ですけれど……オープニングを見てネタバレてしまったら、僕は本編をつまらなく感じてしまうのだから仕方がないじゃないですか。「つまらないように観る」と「楽しめるように観る」ならば、後者を選ぶのが当然の権利じゃないですか!

 喩えば、Aという敵キャラがまだ本編で使っていない必殺技(載っていないロボットとかでも可)をオープニングで使っていたとすると―――その後、本編でAがやられそうになったとしても「ここでは死なないんだな」「あの必殺技を使って切り抜けるんだろうな」と思ってしまうから、例えその僕の予想が外れていたとしても、全然ワクワク出来ないんです。

 「いや、その考えはおかしい」という人が大多数派なのは分かっていますよ。
 「じゃー、W杯のサッカーの試合とかはビデオに録画しておいて、試合が終わってからスコアだけ聞いた後に再生して観ろよ」という僕の反論が的外れなのも承知しています(つーか、そういうサッカーの放送ってホントにあるんですよ。信じられない話ですが)。

 でも、僕はオープニングを観ると本編が楽しめなくなる―――
 ドラマも映画も予告を観ると楽しめないし(以前、ドラマの予告だけ観るという楽しみ方をしたこともあったなぁ……)、興味のある漫画やゲームの感想は絶対に読まないようにしています。それはもう仕方がないことです。僕は自分が楽しむために必死になっているだけなんですから。



 それはまぁ良いです。
 突き詰めていくと、「伏線とネタバレの境界線はどこ?」という問題になってしまいますから……軽はずみに触れていいものではないのでしょう。
 

 今日、僕が取り上げるのはこの一文です。

 「日本ではANIME視聴者は大抵は原作MANGAの方も先に目を通していて、ANIMEの方がこの先どう進んでいくのかは心得ているのが普通です。」


 僕は上述したようにネタバレを過剰なまでに嫌う人間ですし、僕は恐らく「漫画を楽しく読む能力」が人より優れていると思っているので(これが「楽しい漫画を描く能力」と反比例しているのが切ない)、原作を読んだ漫画(小説)のアニメは観ないことにしています。
 いや……本当の理由はそこじゃないですね。アニメをちゃんと全話観るのって膨大な時間がかかりますから、視聴するアニメは数を絞りたい。「原作を読んでいるアニメ」と「原作を読んでいないアニメ」では後者の方が新鮮な気持ちで楽しめるだろうってのが本音です。


 そんな僕からすると、この説には「そういうもんかなー」と思えたんですが……
 そう言えば、同じ時期に気になった話がありました。


 僕が現在視聴している『図書館戦争』というアニメは、女子パート男子パートに分かれてネットラジオをやっていて僕も聴いているのですが―――このどちらのラジオでも「みなさん原作はもう読んでいますよねー」「まだ読んでいないって人は今すぐ買ってきましょう!」と言っているんですよ。
 コレ……「原作を読んだ漫画(小説)のアニメは観ないことにしている」僕からすると、「さっさと原作読んで今後一切アニメは観るな!!」と言われているのと一緒なのです。何故わざわざアニメの宣伝番組でそんなアピールをしているんだ!?


 ……まぁ、この「原作をみなさん読みましょう!」は半分宣伝・半分ネタというところでしょうから、さほど気になることでもないのですが。
 実際問題、パーソナリティの人がナチュラルに「原作では○○だったもんね」とアニメではまだ放送されていない先の展開を話したりすることもあるので………そんな時は、文字にならないような奇声を発して忘れることしか出来ないのです。

 でも、ネットラジオ全般がそういうことでもなくて。今季僕が聴いているもう一つのアニメラジオの『紅』ラジオは逆に「原作?何ソレ?」と言わんばかりだったりします。原作本の存在は告知コーナーくらいでしか出てこないですからね。
 これは監督自身が「原作そのままにするつもりはない」みたいな発言をしたことと繋がっているのかも知れませんが……他のアニメラジオはどうなんでしょうね?



 ラジオ番組の話は置いておいても……アニメの感想サイトなんかを回ると、原作ネタバレは普通にされてしまうのが関の山。そのサイトで「これくらいならネタバレじゃないだろう」と思われていることが、僕にとっては「それ!ネタバレですから!」ということだったりするので仕方がないっちゃー仕方がないんですけどね。
 「このシーンが後々の伏線になるんだよね」とか書かれると、先の展開を書いたのと一緒じゃん!と僕なんかは思ってしまうのです。

 なので、僕はアニメの感想サイトを回らなくなりました。これが一番無難。
 「原作未読」という人が書いている感想でも、「ネットで見たところ、原作ではこの後○○になるらしいんだけど……」とかフツーに書く人もいますしね。そういや、感想サイトのコメント欄に「原作ではこの後○○になりますよ」とか書き込んでいる人も見かけたことがあるな……何あのネタバレテロ。



 まぁ……大半の場合、ネタバレは「親切心」でやっているんでしょうけどね。
 「先の展開を教えてあげればこの人は喜んでくれるだろう!」ってな具合に。本当の問題は「ネタバレをするか/しないか」じゃなくて、「相手が喜ぶこと/怒ることをイメージする訓練が出来ているのか/いないのか」だと思う今日この頃。


 結局のところ、僕は「色んな人間がいるから世界は面白い」と思って生きているので―――原作好きでアニメも観る人も、原作好きだからこそアニメを観ない僕のような人間も、原作観ていないでアニメを観ているから原作ネタバレして欲しくない人も、原作観ていないでアニメを観ているから原作ネタバレして欲しい人も、原作観ていないでアニメを観ている人にネタバレをしてあげたい人も、いて当然なんだよなぁと思うのです。


 そう考えると……原作付きアニメのオープニングで先の展開のネタバレがされるのも、アニメラジオで「原作はみんな読んでますよね」が前提となっているのも、感想サイトでナチュラルに原作ネタバレされるのも、“原作好きでアニメも観る人”や“原作観ていないでアニメを観ているから原作ネタバレして欲しい人”が対象になっているだけなんでしょうね。

 それは、冒頭の記事のコメント欄で、僕のような考えの人間が少数派だったことが裏付けています。
 これでビジネスが成り立っている以上は、これはこれで上手くいく形なのかも知れませんね。そもそも深夜アニメなんかは一度観た話をDVD売って何度も観てもらって成り立つビジネスですし、そういった層をターゲットにしていくのは当然っちゃ当然か。



 でもね。僕のように「原作のネタバレやめてー!」と思っている人間にとっては肩身が狭いですよね。ネタバレしないように怯え続ける日々。
 「そんなこと思っているのはオマエだけだよ」と言われればそうなのかも知れませんし、そうでないかも知れません。明日雨が降るかも知れませんし、降らないかも知れません。切り捨てていったところで、ビジネスとしては何ら問題がないのかも知れません。


 まぁ、色んな人がいるよね。という話。


B0017LZRAY紅 1
沢城みゆき 石毛佐和 新谷良子

ポニーキャニオン 2008-07-16
売り上げランキング : 672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| アニメ雑記 | 18:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
僕もやまなしさんと同じでネタバレが苦手です。
普通、物語は順を追ってみるものですし、作者もそのつもりで作ってるのにそれをすっとばして先だけ見ちゃうのも楽しみが減るような気がしちゃいます。

余談ですが、少し前にやっていたドラマ『SP』のエンディングは次回の映像で構成されているなんとも恐ろしいもので、本編が終わったらすかさずテレビを消さなくてはなりませんでした。
作る側はもう少し考えてくれと思いましたが、やはりネタバレ嫌いは少数派なんでしょうか・・・

| みすけ | 2008/04/29 02:13 | URL |

島本和彦の漫画に、映画の予告編を見たら楽しそうなのに本編を最期まで見たらすごくつまらない現象の話があります。その訳は予告などの断片画像から自分好みのストーリーを脳内構築しているのに、それとは違う結末が用意されているからだそうで。
個人的には脳内構築した物と違うストーリーが提供されたら「あぁそう来たか」と感心するか、製作者との思考の違いを面白がったりするんですが。

オープニングの画像に関してだけ言えば、それを材料にして今後の展開を勝手に構築することは十二分に可能で、本編を見て妄想との違いを楽しむことも可能です。
ついでに言うとその画像をネタバレと認識するのは原作既読組みだけですが、それでも原作とどう違えるかなどの妄想の余地はあります。
OPを何度も作る訳にはいかない為の処置なのは明らかなのですが、現在そうなっている以上は楽しむ方が得な気はします。

| 通りすがりの萌え考察家 | 2008/04/29 03:00 | URL | ≫ EDIT

やまなしさんに知らない作品を説明するのは難儀しそうですね。タイトル以外は全部ネタバレとか言われそうです。ああでも作品によってはタイトルさえネタバレになるかもしれませんね。

私の基準ではOPはネタバレというより顔見せといった感じですし、原作付アニメが原作を読んでいる前提だなんてアニメ化する意義を考えればちゃんちゃらおかしな話なんですけど。

色んな人がいる、人それぞれ、というのは確かに事実ですが、それで完結させちゃ面白くないです。特にクリエイター志望ならば、その一歩先を見据えた考えを持っていてほしいと思います。

| ああああ | 2008/04/29 09:58 | URL |

そりゃまあ原作が売れたって建前の元にアニメ化されてるわけですしね。
原作の存在をまるで無視ってわけにもいかんでしょう。
原作の存在をまるで知らずにアニメ作品を初めて見た人もいるでしょうし。
そういう人に原作の存在を教えることが必ずしも余計なお世話ではないと思います。
あるいは、キャラやエピソードが増えるごとにオープニングを作り変えるような時間と金があればオープニングのネタバレ的演出もなくなるかもしれませんが。
どうでもいいけど最後のくだりとか、自分の意見を押し通したいけど反応が怖いから結局相対化してうやむやにした、みたいで格好悪いですよ。

| VIPPERな名無しさん | 2008/04/29 12:33 | URL | ≫ EDIT

ガンソードのOPは本編で登場するまでシルエットにしてましたね。

| VIPPERな名無しさん | 2008/04/29 15:10 | URL |

>みすけさん
 同感です。
 こちらとしては「過程」を楽しみたいのに、「結論」を先に突きつけられたような気がして「過程」が楽しめなくなっちゃうんですよね。ドラマや映画の予告は大抵クライマックスのシーンを使うので、一番キツイです。

 もう僕はほとんどテレビを観ていませんが、テレビっこだった中学生時代とかは関係ない番組の間にドラマの番宣が入るとテレビの電源消してましたもん。で、家族に怒られる(笑)。

>エンディングは次回の映像で構成されている
 実はノイタミナとかだと、アニメでもコレをやるんですよね……
 『ハチクロ』の初期はそのことを知らず、大事なシーンを先に観ちゃってショックだったことがありました。


>通りすがりの萌え考察家さん
 うーん……どっちかというと、クライマックスのシーンを先に観ていると「そこまでの過程観なくても良くね?」という気になる方が強いですかね。『スーパーマリオ』をやっていて、自分の実力だと4Wくらいが丁度イイのが分かりきっているのに、1Wからワープし忘れて順々にクリアしなきゃならない感覚というか。

>それを材料にして今後の展開を勝手に構築することは十二分に可能
 構築出来ることを「より本編を楽しむ材料に出来るか/出来ないか」の差だと思います。
 ちょっと論点があっちこっち行っちゃうのですが……「伏線とネタバレの差は何か?」という話を片付けないとどうにもならんですね。多分「オープニングだって伏線の一部だろ」と思っている人と、「オープニングはネタバレになる!」と思っている僕の違いというか。

 いや、本当のことを言うと……オープニングの話は「目をつぶっていればイイだけ」だから僕は気にしていないんですよ。予告も観ないし、感想サイトも回らないからソレでイイんです。
 結局のところ、オープニングも予告も感想サイトも「あると楽しい人が活用すればイイ」だけなんですよね。実はこの記事を書いている最中に「アレ?俺、そんなに困ってなくね?」とに気付いて、グダグダな文章になっちゃいました。すみません。もっと精進したいと思います。


>ああああさん
 なので、よく「面倒くせえヤツ」と言われます。

>私の基準ではOPはネタバレというより顔見せといった感じ
 これ、下で『ガンソード』の話を振ってくれた人がいらしたので気付いたんですけど……要は「どういう情報を先に見せておけば視聴者を惹きつけられるんだろう」というマーケティングの話なのかなと思いました。

 「どこまでなら視聴者に期待を煽れるのか」「どこからが視聴者へのネタバレになるのか」の線引きは絶対にあって、それは作品のターゲットの層によって違っていて、そこのせめぎ合いなのかなと思いました。
 「オープニングはネタバレにならない!」と言っている人達だって、喩えば推理アニメで犯人が暴かれるシーンをオープニングに使われたら怒るでしょうし(笑)。をどの作品もそのラインで悩んでいるんでしょうね。

 ちょっと、考えが浅はかなまま記事を書いちゃいました。反省。

>それで完結させちゃ面白くないです
 うーん……見透かされてる(汗)。
 実を言うと最初は「色んなタイプの人間がアニメを観ているんだから、俺らみたいにネタバレ嫌がる人のことも考えてくれ!」という結論にするつもりで書き始めたんですけど……
 書いている間に、元々アニメって「何度も観たい人」のためにDVD売ってナンボの世界ですから、僕みたいに「一度しか楽しめない」人間を相手に作るワケにはいかんよなーと気付いたんです。

 僕自身は「自分がターゲットになっていないこと」を承知で楽しんでいるワケですから、「自分がターゲットになっていないこと」に対して文句も言えんよなーと尻切れトンボの記事になっちゃいました。すみません。


>VIPPERな名無しさんさん
>そういう人に原作の存在を教えることが必ずしも余計なお世話ではない
 原作の存在を教えることと、原作の内容を教えることは同義ではないです。
 告知は結構だし、「原作も買ってくださいねー」と宣伝するのもイイと思います。でも、原作を読んでいることを前提に原作の内容を言っちゃうのは、誰のためにもならないじゃないですか。

 あー、でもそうか。「原作の内容を言う」というのが、ネタバレではなく効果的な宣伝だと思う人が大部分なのか。
 そういう意味では「そもそものネタバレの定義」がズレたままの議論なのでスレ違うのは当然でしたね。もうちょっと段階踏んで慎重に書けば良かったです。反省。

>格好悪いですよ。
 格好悪いことには定評があります。


>VIPPERな名無しさんさん
 あれはあれで「まだ登場していないキャラがこんなにいるんだぜ!」的な意味で、「ネタバレなのか/期待を煽るのか」の一つの答えだったんでしょうね。
 あのアニメでも、「後半出てくるキャラデザを先に見せた方が視聴者の食いつきは良かったのでは?」という議論もあったでしょうし、難しいですね。最適解なんて当然ながらないという。

| やまなし(管理人) | 2008/04/29 20:31 | URL | ≫ EDIT

アニラジでも、放映前はもちろん放映後でもDVD発売まではネタバレしなかったり、ネタバレ会話にはピー音をかぶせたりする放送があるので、一概に語ることはできませんね。
ちなみに私は原作付きアニメで原作を知らないものを見るときは、友人はおろかブログでも一切話題に出さない主義です。それでも万が一ネタバレに遭ったときは、そのときの衝撃を脳内保留して実際に見たときに解き放つ術を使います。会得するのに苦労しましたが(笑)

| ああああ | 2008/04/30 06:43 | URL |

>ああああさん

 ですね。作品の内容を全く語らないアニラジもありますし、その日に放映された内容を踏まえた内容になっているアニラジもありますよね。それをちゃんと言ってくれればイイのに、突如として内容を話したりするからDVD派の人が悲鳴をあげたのを聞いたことがあります。合掌。

>そのときの衝撃を脳内保留して実際に見たときに解き放つ術
 師匠!弟子にして下さい!(笑)
 僕が一番怖いのは電車の中ですねー。ネタバレ喰らって観るのをやめた映画が何本あったか……

| やまなし(管理人) | 2008/04/30 20:35 | URL | ≫ EDIT

めんどくせえ人間だな。

|   | 2008/05/07 03:23 | URL | ≫ EDIT

>  さん

よく言われます。

| やまなし(管理人) | 2008/05/07 20:17 | URL | ≫ EDIT

私は逆に、まったく知らない(前情報なし)作品を見るのが年々少なくなってきています。
お年寄りが水戸黄門みたいなワンパターン番組を好む心境に近くなっているというか、
新規作品に手を付けるのが億劫になってきています。
これじゃいかんなと思いつつも、シリーズ作や続編だけでも世の中いっぱいありますので、特に新しいのを探さなくても満足できるんですよね。
探せばまだまだ面白い作品は、世の中に溢れてるんでしょうけどね。

だからアニメも、原作読んだことがある作品の方がとっつきやすいです。
いやほんと、人それぞれですねぇ……。

そんな私の今期イチオシは「マクロスF」です。

| メルト | 2008/05/14 15:30 | URL |

>メルトさん

 僕の場合は、アニメに限らず漫画やゲームも……「前情報」よりも「作者」や「スタッフ」の名前で手を出すことが多くなって、その結果ハズレ(自分に合わない作品)には当たりにくくなったんですけど……
 ずっと同じ人達の作品ばかり手を出しているのも寂しいな、と最近は思い始めています。特に漫画は10代の頃に好きになった作家さんばかり追いかけていますからね……


 当たり前な話ですが、面白い作品に出会う絶対的な方法なんてないんですよね。
 人によって面白い作品が違うのですから。

>「マクロスF」
 僕は最初の『マクロス』が好きだったので、今期のコレは「観ておくべき」か「期待はずれ」か悩みに悩みぬいて―――最終的に「期待はずれ」に賭けて観ないことにしたんですけど、世間の評判からするとヤッチマッター!な気分です(笑)。

| やまなし(管理人) | 2008/05/14 20:39 | URL | ≫ EDIT

レスありがとうございます。

マクロスFって、前のシリーズのファンを喜ばせるのが上手いんですよね。
Fのヒロインが「ミス・マクロスコンテスト」で「私の彼はパイロット」を歌うなんて
シチュエーションだけで、私は感涙しました。
さらにそのヒロインの兄の車のBGMが「突撃ラブハート」だったりして、やっぱり歌ってのは強力な武器だなぁと再認識しました。

なによりシリーズのファンを喜ばせたのは、作画が良いということでしょうか。
マクロスのTVシリーズって、作画が神がかってるときもあるけど酷い時は酷かったですからね~。
全体的に高レベルの作画を維持しているのも、オールドファンには感無量だったりします。

とまあ、元のお話とどんどんズレていってしまってますが、いつか「シリーズものでオールドファンも満足する作品と批判される作品」みたいな話題で1本書いて欲しいです。

| メルト | 2008/05/15 18:22 | URL |

>メルトさん

 でも、どうなんでしょう。
 今『マクロスF』観ている人達って、元の『マクロス』観ていた人達なんですかねー。観ていなかった世代も再放送から入ったということなんでしょうか?

 『ガンダムSEED』みたいに旧来ファンと新規ファンが対立しちゃうみたいなこともあるので、正直この話題はキッツイですね。僕はどっちも好きだったので、そういうことを書くと多分どっちからも叩かれると思いますし(笑)。
 この辺は特撮に詳しい人の方が書けそうかな。ゲーム話ならば僕でも書けそうですが……

| やまなし(管理人) | 2008/05/15 20:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/651-4ef6552c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT