やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「リアルなグラフィックのゲーム」の未来に思う不安要素

 「(日本では)ゲームらしいゲームが売れない」という空気は、『モンハン』や『スマブラ』が売れまくっていることでかき消されつつあって……(そもそも僕は『脳トレ』や『Wii Fit』を「ゲームらしいゲーム」だと思っているのですが、それを語るのは別の機会にします)

 個人的には「一人用」か「複数人用」かの議論の方が面白いと思っているのですが、それは6月の『メタルギアソリッド4』の結果を見届けてからでも遅くなさそうですし―――むしろ現状ではコッチを語っておくべきかなと思いました。


 「(日本では)リアルなグラフィックのゲームが売れない」のでは?

 きっかけはこちらの記事を読んだから―――

 次世代ゲーム機の映像にリアルさを感じられない(情報元:WY2K帳さん)


 この記事のコメント欄で指摘されている「映像はリアルなのにゲーム部分はウソがある」という論はよく聞く話で、宿屋のディティールが物凄く緻密に描かれているのに主人公達は鎧を着たままベッドに寝るというような話をメールで頂いたことがあります。
 「ゲームなんだからこういうウソがあるのも楽しいでしょ?」という感覚が、作り手と遊び手の間でズレているという……

 ただ、僕自身は「売れるかどうか」の基準で言うと、この部分を解消してもイミがないかなと思っています。宿屋で鎧を脱ぐようになったからと言って、「おぉ!何てリアルなゲームなんだ!」と喜ぶ人は少ないだろうよと。



 なので、この記事の本文で指摘されている「昔のゲームにはリアルさが欠乏していたから、みんながリアルさを求めていた」(=今はリアルさが目新しくない)という説の方が僕はしっくり来るかなぁ……


 「(日本では)リアルなグラフィックのゲームが売れない」と先ほど書きましたけど、正確には「(日本では)リアルなグラフィックをウリにしたゲームは売れない」と言った方がイイでしょう。
 極論してしまえば、『ウイイレ』や『モンハン』だってリアルなグラフィックの方向ですしね。でも、それらが売れたのは「リアルなグラフィックだから」という理由ではなく、そのゲーム独自の魅力を持っていたから(シリーズのブランド力を構築できたから)だと僕は思うのです。


 「ゲームはグラフィックかゲーム性か」なんて議論以前の話です。
 「グラフィックは良いに越したことがない」というのは、多くのプレイヤーが思っています。

 本当の問題は、そのグラフィックは何を目指しているのか?ということなのです。
 リアルなもの、現実に近いもの、現実そのものを全てのゲームが目指してしまえば、自然とどのゲームも似たようなグラフィックになってしまいます。特に3Dのゲームはカメラアングルが固定じゃないですし、画面だけじゃ区別が付かなくなっちゃうんですよね。


 漫画ならば分かりやすい話で、漫画描きそれぞれにとって「デフォルメ」と「リアル」の配分が違うので絵柄は(似せようと思わなければ)似てきません。
 現在レベル2~3の僕が、レベル999まで上がったとしても荒木飛呂彦先生の絵にはならないんですよ。どっちが優れているという話ではなく、目指しているものが違うのですから。武闘家がレベル99になってもイオナズンは覚えない、みたいな。



 まとめると―――
 『ドラゴンボール』と『ジョジョ』の絵は誰もが見分けることが出来る(そして、どちらの絵も超上手い)。
 だけど、『HALO3』と『ロストプラネット』の絵を見分けることが出来るのは、限られた人だけでしょうよと(そして、どちらのグラフィックも超スゴい)。


 「それくらいフツーに区別つくよバーカ!」と思う人達からすると、「どうしてこんなに面白いゲームが日本じゃ売れないんだよ」と言いたくなるのでしょうが―――

 画面写真・CMに触れる機会がない以前に、見かけることがあったとしても、僕らはそれらのソフトを個別認識出来ないのです。ぶっちゃけ、さっきの『HALO3』と『ロストプラネット』の喩えもテキトーで、僕はリアルなグラフィックのゲームの画面写真を「どれがどのゲーム?」と問題にされても当てられません。
 「あー、何かさぁ。凄いグラフィックの映像がゲーム屋さんで流れてたけど、アレは何?」と言われてどのソフトか即答出来ないくらいならば、“凄いグラフィック”はセールスポイントにならないんですよ。


 PS3にしても、Xbox360にしても、グラフィックでキラーソフトを作りたいのなら―――
 他のゲームの映像は全部カスだけど、このソフトだけはグラフィックが化け物だから一見の価値あり!とくらい言わなきゃダメですよ。
 そこまで露骨には言いませんでしたけど、初代プレステ時代の『FF』シリーズなんかはそういう認識だったじゃないですか。スゴい映像が観たければ『FF』買っておけば間違いはない、みたいな(本当にスゴかったかは置いといて)。



 まぁ……僕は別に「リアルなグラフィックのゲームは売れない!」「リアルなグラフィックで勝負してはならない!」と言いたいワケじゃないのです。それならばそれでプロモーションの方法があるだろうと言いたいのです。
 主人公のデザインに特徴を付けて、「あのキャラが出ているということはこのゲームだな」と思わせるCMをするとかね。任天堂がやっている手法はコレですし(『ゼルダ』の主人公はいつも同じ格好)、リアルではありませんでしたが“どのゲームも同じカメラアングル”だった格ゲーブームの頃は普通にやっていたことです。白い拳法着に赤いハチマキなヤツが出ているということは『ストリートファイター』だな、とか。


 結局は、如何に他のゲームと差別化を図るかというコト。
 「何故、こんなに面白いゲームが売れないの?」って、面白いかどうか以前に「区別が付かないから」だってことをどうして誰も指摘しないのか……あぁ、そうか。それをゲームマスコミが指摘してしまうと自らの無能っぷrゴニョゴニョ。


B000KN4UBCStreet Fighter - Action Figure Best Of Series: Ryu

ソタ 2007-03-30
売り上げランキング : 22844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「区別が付かない」ついでに書いておくと、似たような名前のソフト&名前からではどんなゲームか分からないソフトが多いのも売れない理由の一つだと思います。洋ゲーだって昔の映画みたいに邦題にすればイイと思うんですが、海外にはそういう発想がないんですかね?

 任天堂陣営に偏ってはいるとは言え、これだけゲーム情報にアンテナを伸ばしている僕でも区別が付かないんですから……一体、日本人ゲーマーの何人が区別出来ると言うんでしょうか。「売れなくても名作」ならばそれでもイイと思うんですが、それで「どうして売れないんだ!」とか言ってんじゃねえよと。


 あと、もう半端ないのは略語ですね。
 日参している個人ブログのプレイ日記を読んでいても、「このゲームは何というゲームなんだ?」と思うことがしばしば。皆さんは幾つ当てられるかな??

・DOA=
・PGR=
・N3=
・CoD=
・PSU=
・NFS=
・NFSC=
・NFSPS=
・TDU=
・GoW=
・GRAW2=
・MOH=
・KUF:COD=
・FFoW=
・DMC=

 洋ゲー・和ゲーごちゃ混ぜにWikipediaで調べたXbox360ソフトの略称(一部Wikipediaに載っていないものもあります)。PS系も混ぜようかと思ったんですが、Xbox360に限定した方が面白いなと思ってこういうカタチにしました。

 試験前か、コレは……
 でも、冗談ではなく、プレイ日記にこういった略称しか書かない人はフツーにいるんですよね。で、そういう人達が「こんなに面白いゲームなのに日本では売れないんだよなぁ」とか言うの。応援したいんなら、せめて読んでいる人に何てゲームか分かるようにしてくれよ。



【正解発表】
・DOA=デッドオアアライブ
・PGR=プロジェクトゴッサムレーシング
・N3=ナインティ ナイン ナイツ
・CoD=コール オブ デューティ
・PSU=ファンタシースターユニバース
・NFS=ニード・フォー・スピード
・NFSC=ニード・フォー・スピード カーボン
・NFSPS=ニード・フォー・スピード プロストリート
・TDU=テストドライブ アンリミテッド
・GoW=ギアーズ・オブ・ウォー
・GRAW2=ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2
・MOH=メダル・オブ・オナー
・KUF:COD=キングダムアンダーファイア : サークルオブドゥーム
・FFoW=フロントライン フュエル・オブ・ウォー
・DMC=デビルメイクライ

 『GoW』って『ゴッドオブウォー』のことかと思っていたんですが(こっちはPS系のソフト)、検索してみたら「ゴッドオブウォーのことをGoWって略すんじゃねえよ!ギアーズと被るじゃねえか!」と怒っている人が出てきました。
 これに加えて、2ちゃん発祥の略語とかもあったりして混乱はますます深まるばかり。『レインボーシックス ベガス 2』を『虹6V2』と略している人とかもいて、6なんだか2なんだか。



 「タイトルが区別つかない」「プレイ日記を読んですら何というゲームか分からない」し、「画面写真や映像を見ても区別がつかない」上に、「やったことがないジャンルだから難しそう」と思っている人が大半の状況で、「どうしてこんなに面白いゲームが日本では売れないんだ!」って言っている人がいるのが凄いです。
 だから、その「こんなに面白いゲーム」というのはどれのことなんだ。


 いやね……「面白いゲームを作れば自然とみんなが買うはず!」なんてことを思っている人は少ないと思いますし、上で挙げたような洋ゲーであっても日本のゲーム以上にチュートリアルや難易度選択がしっかりしていて初心者でも楽しめるように工夫されているという話をよく聞きます。

 ゲーム本編がそんなにユーザーのことを考えているのに、どうしてプロモーションはユーザー無視のまま進むんでしょうね。
 むしろ、「こんなに面白いゲームなのに日本じゃ全然売れない」ことをプロモーションは恥だと思うくらいじゃないとダメだと思うんですけどね。そこで「日本のユーザーが悪いんだ!俺達は悪くない!」という発想になるから、そういうプロモーションになるんでしょうか……


B000UL11V6ゴッド・オブ・ウォーII 終焉への序曲

カプコン 2007-10-25
売り上げランキング : 1030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちはー。
キャラの区別がつかない>うーん、次世代機のリアル系キャラの区別が付かないか。上に挙がったいくつかのゲームの主人公の特徴をあげてみると

ロストプラネットのウェインは「厚着をしたイ・ビョンホンが銃を持ってる」
ギアーズ・オブ・ウォーのマーカスさんは「バンダナ巻いた顔中傷だらけのアサルトライフルとチェーンソーが合体した武器を持ってる筋肉質のオッサン」
ゴッド・オブ・ウォーのクレイトスさんは「上半身裸でスキンヘッドの肌が白いオッサン」

みたいな結構わかりやすい特徴がある気もするけど…ゲームに興味ない人には同じように見えるかもですね。リアル系を追求しても同じような絵・キャラにしかならないと仰ってますが、海外では、デフォルメされたキャラやアニメっぽいキャラクターはこちらよりさらに厳しい児ポ表現規制でひっかかりそうですしね、難しいところです。

FPSなんかは「見た目にわかりやすいキャラ付けされた主人公」が出てくる作品は少ないかと。ごく普通の一般兵が主人公になっている作品が多い気がします。これは海外では「変にキャラ付けすると感情移入できなくなる・リアルさが損なわれる・只の一般兵が戦況をひっくり返せたりするから面白い・見た目に特徴があったら俺の頭はここだ!打ち抜いてくれ!って戦場で言ってるようなものだから(実際オンライン対戦した日にはバシバシやられそうだわ・笑)」って理由なんでしょうね(キャラ立て出来てそうなHALOの主人公、マスターチーフだって量産型超兵ですしね)

この手のゲームはCEROレーティングが高いからCM打ちづらいって理由以外に、上で書いた「ヒーローではない地味な一般兵として戦場を駆ける事」を魅力的にプロモーションするのが難しいからあまりCM打たないんじゃないかな?

国内メーカーが日本人ウケするキャラを使った簡単にドンパチできるFPSを作ったらもっとFPSってジャンルも流行るかもしれないけどどうだろう?そういや昔FF7のヴィンセントを主人公にしたFPS/TPSありましたよね、ゲームの評判はあまり良くなかったみたいですが。これがもうちょっとゲーム部分に力を入れていればもうちょっとだけFPSの現状も変わったりしてたのかな。


プロモーション問題>例えば、日本で一番やる気が感じられないファースト(笑)MSの360は本体をネットに繋いだら割とソフトのプロモーション・広告をメニュー画面で表示してる(そこから体験版やデモムービーを落とせたりします)から「すでに本体を持ってる人に対するソフトのプロモーションはシッカリやってるように見える」のですが「360に興味が無い人・ネガティブイメージしか持ってない人・そもそも知らない人に対するアピール」は絶無ですしねぇ。たまに何かやっても的外れな事しかしないし・言わないし…これで本体・ソフトが売れない売れないって言われてもねぇって感じです。最近は任天堂陣営以外ではモンハンのCMをよく見かけましたね、その結果?売れてますし。どの会社も開発費だけじゃなくもっと広告にも力を入れてほしいですね。

| りつ | 2008/05/11 16:02 | URL | ≫ EDIT

>りつさん

 極論を言ってしまえば……りつさんのように「ちゃんとした説明を書く人」がこうしたゲームの応援サイトをやればイイと思うんですけどね(笑)。
 実際に『ゴッド・オブ・ウォー』で検索して、「主人公が上半身裸のスキンヘッド」と辿りつくまでにどれだけ時間がかかるかという話です……僕はパッケージは今までに何度も見たことあるんですけど、今回教えてもらって初めて「あ、この人が主人公なんだ」と気付いたくらいですもの。

 その分かりやすい特徴を、CMでもファンサイトでもプレイ日記書いているブログでも良いから「上半身裸のスキンヘッドを操るゲーム」と伝えればイイんですけど……現状はそれは「言わなくても分かるでしょ」と言及されないことが多いと言うか。


>デフォルメされたキャラやアニメっぽいキャラクターは
 まぁ、残虐描写のあるゲームの場合はキツイでしょうね。世界観にも合いませんし。
 僕は別に「デフォルメ最高!」「リアルは駄目だ!」と言いたいワケじゃなくて、どっちにしても消費者が個別認識出来るような努力をしてくれと思うんですよ。「消費者が個別認識できない」ものを望んで作っているのなら、そのハンデをちゃんと理解した上での売れる努力をしてくれよと思うんですよ。


>「ヒーローではない地味な一般兵として戦場を駆ける事」を魅力的にプロモーションする
 これでCM作れと言われたら何百本だって書けますよ。
 喩えば、TOKIOの城島「長瀬はヒーローだし、国分はアイドルだし、それに比べて俺は……」「いや!城島さん!アナタにしか出来ない冒険がありますよ!」→ヒーローになれなかった僕らが戦場を駆け抜ける、『HALO3』―――

 『HALO』ファンというよりは、城島ファンに怒られそうだ(笑)。


 まぁ、要は「『HALO』というブランドで買ってくれる人」を狙うか「『HALO』ブランドが通用しない人」を狙うかの差なんでしょうけど―――Xbox360という名を付けて「どうして日本では売れないか理解できない」と言っているくらいなんですから、ブランド力がないということを分かっていないだけなんでしょうね。
 その意味で言えば……本気で任天堂を潰しにかかった10年前のSCEや、挫折を味わった今の任天堂とは危機感が違うだけなんだろうとは思います。


>国内メーカーが日本人ウケするキャラを使った簡単にドンパチできるFPSを作ったら
 そういや、こないだ読んだ『リンクのボウガントレーニング』の際の宮本・岩田対談でそんな話をしていました。64の『007ゴールデンアイ』以降を繋げることが出来なかった後悔とか、既存の任天堂キャラ(『マリオ』とか『どうぶつの森』)をFPS・TPSに使うことは出来ない云々。

 あれ、でもスーファミ時代には『ヨッシーのロードハンティング』があったような……

 Wiiであっても、この分野はサードに期待ですかね。
 個人的には、それこそ水鉄砲を撃ってオネーチャンのTシャツを透かすような激しいFPSが遊びたいんですけどそれはムリなんでしょうか(笑)。FPSならば、自キャラよりも敵キャラの方を「撃ちたくなる」ものにすることが重要だと思うんだけどなぁ……別の規制がかかるしなぁ。

| やまなし(管理人) | 2008/05/11 20:48 | URL | ≫ EDIT

考え方1つでしょうね。
やまなしさんがコメントで仰った通り、必ずしもシンボルになるヒーローがいなくてもいくらでも周知する手段はあります。
XBOXは、いろんな可能性を秘めた謎の箱みないなニュアンスで付けた名前なんでしょうけど、
初めからこんな名前でゲーム機だとわかって貰うのは無理な話なんです。
DSやWiiもそれだけ聞くとわけわからんのですが、任天堂だって最初はファミリーコンピュータだったわけで、それがNINTENDO=TVゲームっていう土台を作ったからこそ、わかって貰えるんですよね。
PlayStationも然りです。名前がシンプルで解りやすい。
メガドライブ、サターン、ドリームキャストはそれだけ聞いても解りませんもんね。
この辺のセンスがソフトのプロモーションのセンスに直結してるんではないでしょうか。
ただ、こういう事って当事者には理解し辛いんでしょうね。
私も問題の略語が9割方わかってしまう人間なので、やまなしさんの話を聞くまで「何で売れないんだろう?」の1人でした。
それこそセガハード信者だった頃からず~っと思ってたことです。(笑)

ちなみに私が最近解らなかった2ch発祥の略語は「ロスルE」です。
テストドライブ アンリミテッドの事なんですが、

http://www.xbox.com/ja-JP/games/t/testdriveunlimited/

タイトル文字をじ~っと眺めると解ります。(笑)

| どんちゃん | 2008/05/13 13:14 | URL |

>どんちゃんさん

>私も問題の略語が9割方わかってしまう人間なので、
 分かることは全然恥じることじゃないですし、むしろ誇るべきことなんですけど……「分かって当然」みたいな意識だと勿体ないと僕は思います。

 先日、Xbox360関連のブログ記事を読んでいて、最初何を言っているのか分からなかったんですが……どうやらボイスチャットのことをVCと書いていたみたいなんですよ。でも、僕はVCと書かれているのを「バーチャルコンソール」だと思って読んでいたので、文章がサッパリ分からなかったという(笑)。
 主張自体は面白いものだったのに、意識一つでそれが伝わらないのが残念。

 要は、「自分とは違う文化の人間を意識しているか」で―――

 略語を「説明しなくても分かるだろ?」というノリで進めてしまうこととか、Xboxがちっとも売れなかった日本でXbox360という名称を付ける意味を考えないこととか……そりゃ日本じゃ売れないだろうと思ってしまいます。
 極論を言ってしまうと、Wiiが全く同じ性能で「スーパーゲームキューブ」という名称だったらどうだったろうなと。

>ロスルE
 これは確かに『ロスルE』にしか見えない(笑)。
 『すばらしきこのせかい』=『きのこ』とかもそうなんですが、2ちゃん発祥の略語自体はセンスがあって好きなことが多いです。でも、略語を「みんな知ってるだろ?」と使われても困るというか(まぁ、2ちゃんはそういう文化ではあるんですけど)。

 ひらがな・カタカナの場合は検索すればイイんですけど……アルファベットの場合は検索しても分からないことがほとんどですからねえ。『GoW』で検索すると、最初に『ギアーズオブウォー』、2番目に『ゴッドオブウォー』が出てきました。結局どっちなんだよと(笑)

| やまなし(管理人) | 2008/05/13 21:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/664-e9601e63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT