やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

続・「ゲームらしいゲーム」のゲームらしさを考える

 前回書き残したこと&その後に思いついたことを今日は書こうと思うのですが……
 その前に、世間で話題になっているこの記事の紹介から。


 「PS3時代宣言」から「PS3反撃開始」へ
 ※ その後、「PS3反撃開始」は「PS3本格始動」というコピーに変更になったそうです

 『忍之閻魔帳』さんの記事にて、6月発売の『メタルギアソリッド4』とPS3に関するコピーが「クリアしやすいゲームだと、クリアする喜びも小さい」のような比較広告であったことが話題になっていました。

 多くの人が「メタルギアソリッドこそクリアしやすいゲームじゃねえか」のようなツッコミをしていて、それに関しては初代『メタルギアソリッド』で超序盤の基地侵入すら出来ずに積んだ僕が言えることなど何もないのですが……
 それ以前にちょっと疑問が。この比較広告の対象ってWiiやDSのような任天堂陣営だろうと思うんですけど、よくよく考えてみるとおかしな話ですよね。


 「クリアしやすいゲーム」も何も、『脳トレ』も『Wii Sports』も『Wii Fit』もクリア(エンディング)の概念がないゲームなんですよ。

 どんなゲームよりもクリアが不可能なゲームを「クリアしやすいゲーム」と称するとは……?

 この比較広告は“Touch!Generations”以外のソフトを攻撃しているのかなぁとも思ったんですが、『スマブラX』や『マリオカートWii』だとすると「一部の極悪仕様で爽快感がない!」と批判されていてそんな雰囲気じゃないですよね。そもそもスネークは『スマブラX』に出てたし。
 『マリオギャラクシー』は確かにクリアだけならそんなに難しくないのでしょうが、(日本では)商業的に成功しなかったゲームへの比較広告は理解出来ませんし。『Newマリオ』は確かにクリアしやすいことが話題になっていましたが、2年以上前のソフトに対する比較広告というのも妙な気がしますし。うーん。

 一体、どこに向かって攻撃をしかけた比較広告だったのか……
 ひょっとして、このコピーを考えた人って“Touch!Generations”のソフトを1本もプレイしたことがなくて、何となく「誰でもクリアできるゲームなんだろうな」という雰囲気だけで書いたのでしょうか。
 色んな方向性があるのだから『メタルギアソリッド』を始めとするPS陣営のソフトに『脳トレ』のような道を進んで欲しくはないのですが、「『脳トレ』は「クリアしやすいゲーム」だから売れたんだ」みたいな認識だとPS陣営はまだまだ厳しいのかなと思ったりしました。物事の表層すら見れていないのかよ、と。


 単純にコピーのセンスがないだけなら良いのですが………


B0009RQKUIメタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)

コナミデジタルエンタテインメント 2008-06-12
売り上げランキング : 2

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さてさて。
 でもまー確かに、2001年発売の『どうぶつの森』までは「ゲームとはクリアがあるもの」という認識が強かったと思います。その『どうぶつの森』ですら借金返済という一応の目的はありますしね。『脳トレ』や『Wii Fit』のように、自分で目標を立てなきゃならないソフトを「ゲームではない!」と思う人もいるのかなとは思います。



 要は、「ゲームらしさ」の定義が人によって違うという話。

 ちなみに、前回の記事で僕が挙げた「ゲームらしさの定義」はこんなカンジでした。

1.「ゲームオーバーor敗北」の要素がある
2.「次も遊ぼう」と思える長期的な目標がゲーム内にある
3.爽快感・達成感がある
4.何の役にも立たない

 詳しくは前回の記事を読んでもらいたいのですが……これらの条件全てが当てはまるものが「ゲームらしいゲーム」というワケではなく、どっちかというと“自分にとって納得がいく条件の”一つでも当てはまると「ゲームらしいゲーム」になるのかなと思っています。


 今日は、その記事を書いてから思いついた定義を挙げようかなと思います。



5.「非日常」への欲求を満たしてくれる
 これは前回のコメント欄にて頂いた意見です。
 単独記事にしてみようかと思ったんですが、あまりにスキがない意見すぎて面白くないなと見送っていました(笑)。

 冒険系、箱庭系なんかも分かりやすいですが、『グランツーリスモ』のようなレースゲームも「実際には乗れない車でレースがしたい!」的な欲求ですよね。「日常」では実現出来ない欲を満たすのがゲームなんだろうと。ギャルゲー・エロゲーについては言ってくれるな。

 しかし、逆に言えば……僕のように車に全く興味がない人間からしてみると、『グランツーリスモ』は魅力的に映らないのです。
 そういや『モンハン』について、「モンスターを狩るための武器・防具の材料を集めるためにモンスターを狩るゲーム」「なら、最初から狩りに行かなきゃイイんじゃね?」みたいな哲学を語っている人がいましたが―――僕にとって『グランツーリスモ』はまさにソレ。興味がない車に乗ってレースをして、興味がない車を手に入れてまたレースをするゲーム(笑)。


 この定義で言うと、「何に欲求を感じるのか」「何を日常としているのか」が人によって違うというのがミソですね。
 料理を日常的にやっている人&料理なんてしなくてイイと思っている人からは『お料理ナビ』は「ゲームらしくない」と感じられるのでしょうし、リアル犬猫を飼っている人&犬猫が嫌いな人からしてみれば『nintendogs』や『夢ねこDS』は「ゲームらしくない」のでしょう。

 同じように、日常的にゾンビを殴っている人からすれば『デッドライジング』は「ゲームらしくない」のでしょうし、アブライモビッチのようなサッカークラブのオーナーからすれば『サカつく』は「ゲームらしくない」……か?
 ゲームの「ウソ」の部分が「ゲームらしさ」なのかも知れませんね。『ゼルダ』にて、爆弾で穴が開く壁と開かない壁があることとか。そう考えると、「リアリティ(日常)」と「ゲームらしさ(非日常)」は相反するもの??


【当てはまらない例】
 ・パズルゲーム
 ・プレイヤーの日常に近いゲーム
 ・実用ソフトやWiiチャンネルは人それぞれ

 『ぷよぷよ』や『テトリス』も非日常ですが、欲求という面では「同じ色のスライムを4つ揃えて消し去りたい!」と思っている人はいないでしょうし微妙ですかね。


6.自分のプレイをコンピューターが評価(判定)してくれる
 これは何気に、今回の記事のド本命。
 僕が『脳トレ』『Wii Fit』を「ゲームらしいゲーム」だと思うのに、『DS文学全集』や『お料理ナビ』はそうは思わないのはこの違いです。評価をコンピューターに委ねるからこそ、「次こそは!」と継続出来るという。

 『スーパーマリオ』だって、マリオがクリボーに当たったかどうかを判断するのはコンピューターですからね。僕が「当たってない!当たってないって!」と主張しても、マリオは1機失ってしまうのです。TRPGのゲームマスターがコンピューターに切り替わったということを考えると、分かりやすいでしょうか。分かりにくいですよね。
 草野球で審判をコンピューターがやってくれる、みたいな。


 さて……そう考えると、「ユーザーの意見が勝敗に影響する」ものはどうでしょうか?
 『みんなで投票チャンネル』や『Miiコンテストチャンネル』は、「膨大な量のユーザーの意見を集計して発表する」行為をどう見るか次第ですかね。個人的にはこれは「コンピューターの判断」とは違うと思うので、「ゲームらしくない」かなぁ。

 でも、喩えばフィギュアスケートみたいな採点式のゲームがオンライン専用で発売されて、プレイも評価もユーザーに委ねられるようになったとして、自分がフィギュアスケートの審査員になった場合……それは「ゲームらしくない」のかというと微妙かなぁ。ユーザー参加型ゲームはこの定義だと難しそうです。


【当てはまらない例】
 ・『お料理ナビ』『DS文学全集』、Wiiチャンネルなど
 ・ユーザー参加型ゲームはグレーゾーン
 ・TRPGはどっち?


7.プレイヤーによって得られる体験が違う
 「プレイヤーによって」というよりは「プレイするたびに」の方がイイかな。

 「何を言うんだ!ほとんどのゲームは一本道じゃないか!」と思う人もいるかも知れませんが、喩えば『スーパーマリオ』であっても無事ピーチ姫を助けられた人と最初のクリボーで死んでしまった人では違う体験をしているのですよ。
 同じ一本道RPGの思い出を語っても、「あの○○ってボス強かったなー」「え?俺は別に…」ということがあるじゃないですか。

 「マルチエンディングのゲーム」という言葉がありますが、観念的な話をすればゲームとは全てマルチエンディングのメディアなんだと思うのです。まぁ……「マルチエンディング」とは、ゲームオーバーではなくゲームクリアの到達点が幾つもあるよということなんでしょうけど。

 これは6の「自分のプレイをコンピューターが評価(判定)してくれる」があってこその話で、評価・判定をコンピューターに委ねていなければそれぞれの進む道は変わりませんよね。「俺、今回クリボーにやられる~!」みたいな人はいませんし。


 逆に言えば、「どのプレイヤーでも大差がない体験になる」ものは「ゲームらしくない」と思われても仕方がないかもしれませんね。
 喩えば……『DS文学全集』は読む本こそ自分で選びますが、読み手が作品内の登場人物の行動を「俺は羅生門に登りたくない!」と選ぶことは出来ません。そこから何を受け取るかは人それぞれですが、結末は誰が読んでも一緒なんですよね。
 僕が最近ハマっているディスクシステム時代の「コマンド総当り性のアドベンチャーゲーム」なんかも、プレイヤーごとによる体験差が小さくて「ゲームらしくない」印象です(死亡フラグのないゲームは特に)。ムービーゲームと揶揄された10年前のRPGも似たようなものですかね。キャラクター育成に自由度を残していたとは思いますが。


【当てはまらない例】
 ・『お料理ナビ』『DS文学全集』、Wiiチャンネルなど
 ・一本道アドベンチャーゲーム、ムービーゲームなど

 そういや「『Wii Fit』なんかゲームじゃない!」と言っている人達は、『nintendogs』はどっちだと思っているんですかね?この「プレイヤーによって得られる体験が違う」という定義で言えば、育成ゲームなんかはまさに「ゲームらしいゲーム」ですし―――
 それを言うと、育成ゲームのような感覚で、「自分の脳を若返らせたり」「自分の体重を落としていったり」するのも大差ないとは思うんですが……


 「ゲームらしさ」の定義の問題で言えば―――
 どうやら「目的」を「ゲームらしさ(ゲームらしくなさ)」と捉えている人と、「自由度」を「ゲームらしさ(ゲームらしくなさ)」と捉えている人に分けられるんじゃないかなぁというのが僕のとりあえずの結論です。

 『脳トレ』や『Wii Fit』は「目的」はゲームらしくないけど、「自由度」は育成ゲームのそれっぽい―――だからこそ、人によって「ゲームらしくない!」「ゲームらしいじゃん!」と意見が分かれるというか。

B0012R7KGW夢ねこDS

セガ 2008-04-24
売り上げランキング : 292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 僕は別に「ゲームらしくない」が貶し言葉になるとは思いませんし、「ゲームらしいゲーム」が誉め言葉になるとは思いません。でも、それが実際に貶し言葉・誉め言葉に使われているということを考えると、ソフトの本質を語るのではなく、そこに貼られた分かりやすいラベルだけを見てイイ・ワルイを語っているように思えて―――

 ちょっと、哀しい気持ちになります。



 その辺を意識してなのか、最近岩田社長は「ユーザー拡大型ソフト」という言葉を使っていますよね。
 これはつまり―――ソフトの本質は別の次元に置いといて、“今までゲームに熱中してこなかった人達”&“ゲームに飽きてきている人達”を狙った商品ということで、ターゲットによって商品をカテゴライズしているということでしょう。

 以前の記事のコメント欄に寄せられたのですが、こうした「ユーザー拡大型ソフト」と「従来型ゲームソフト」の売り場を分けるべきだという意見があります。実際、ゲームをターゲットごとのカテゴリに分けるということはそういうことですしね。
 ですが、僕はそれには反対です。消費者が求めているものを見つけやすい売り場にはするべきですが、単純に二つに分類できるというものでもないと思いますし。そもそもこうしたソフトの目的は、「ユーザー拡大型ソフト」を買った人が徐々に「従来型ゲームソフト」も買うようにしていくことだったじゃないですか。
 それを「従来型ゲームソフト」を愛好する人達から「こっちには入ってくんな」と門戸を閉じてしまうのは勿体ないですし、そういう人達が「日本では従来型ゲームが売れない」とか嘆くのはおかしな話だろうよと。



 うぅ……今回も長くなってしまいました。
 二度に渡ってこの話を書いてきましたけど、カテゴリに分けてラベルを貼る行為にさほど意味はないのかなーと最終的には思いました。興味があるかないかと、面白いと思うかどうかの方がよっぽど重要で……「ゲームらしい」「ゲームらしくない」なんて、本当はどうでもイイことなんでしょうね。

 「ゲームらしいから買おう!」「ゲームらしくないから買おう!」という人なんていないワケで、「遊び応えがありそうだ!」「自分にも楽しめそうなゲームだ!」ということの方が重要なんですよ。定義論で市場は動きませんから。


 むしろ、本当の問題は「ゲーム人口拡大は本当にみんなを幸せにするのか?」ということなのかなと思うのですが、流石に長くなったのでまたの機会にします。ではでは。

| ゲーム雑記 | 18:53 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめて書き込みさせていただきますm(_ _)m

個人的には、『脳トレ』や『Wii Fit』が「ゲームらしくない」という理由で叩かれることがある理由は、育成するものが「現実の自分自身」だからなのではないかと思います。
現実の自分をどうこうするのが目的なソフトは、それをゲーム機でしなければならない必然性がない、とも言えます。
勉強やダイエットでも、同様の結果は得られるからです。
一方、ゲームの中だけですべてが完結しているソフトは、ゲーム機でしなければならない必然性があります。(というかゲーム機でないと“できない”)
「ゲームらしさ」と「ゲームらしくなさ」を分ける一つのカギは、「ゲームの中だけですべてが完結しているかどうか」だと思うのですがいかがでしょうか?
あと、頭に“テレビ”を付けると個人的にはしっくり来る表現になりますね。
例:『脳トレ』は、自分が解いた問題の成否や所要時間の判定が「ゲーム」感覚で楽しめるが、「テレビゲームらしさ」には欠ける(人間2人で代替可能ですし)

長文失礼しました。

| ああああ | 2008/05/11 04:13 | URL | ≫ EDIT

ゲームらしくないゲーム=どうぶつの森、ソニーの変なゲーム、自己育成系のゲームが好きな人には誉め言葉
ゲームらしいゲーム=メタルギアソリッド、FF、FPS等が好きな人には誉め言葉

誉め言葉になるか、貶し言葉になるかはそのゲームを望むユーザー次第でしょう。
難しく考える必要は何もありませんよ。

| rr | 2008/05/11 06:32 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/11 06:59 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/05/11 09:54 | |

>ああああさん
 うーん……面白い切り口だとは思うんですが、そもそも従来から「ゲームらしさ」がゲーム内に完結していたかは疑問です。

 『ポケモン』や『モンハン』のようなコミュニケーションソフトや、対戦ゲームなんかは“ゲームの外にあるもの”を大事にしていますし(『スマブラX』なんか人数に合わせて勝ち抜きシステムとか用意されていますし)。

 極端な話をすると……『脳トレ』は脳を鍛えるから「ゲームらしくない」けど、『DS文学全集』とか『DS電撃文庫』はソフト内でお話が完結しているから「ゲームらしい」というのはしっくりきません。
 面白い考えだとは思うのですが、そこ(=ゲーム内で完結しているかどうか)で区切ってしまった方が反発は大きいような気がします。


 「他で代替可能」は割かしよくある議論だとは思うのですが……それ言うとTRPGで代用が利きそうなダンジョンRPGとか、クイズゲームとか、麻雀ゲームとかも微妙になっちゃって。サウンドノベルもビジュアルノベルもムービーゲームも「映画でイイじゃん」という話になりそうで……僕としてはしっくりきません。
 この記事内にもチラッと書きましたが(5の「非日常」辺り)、「DSでしか脳を鍛えられない」「DSで英語を勉強できない」「DSでしか犬を育てられない」「Wiiでしか運動をできない」という人が多かったから売れたんだと思いますしねー。この辺はコンプレックスの差でもあるんでしょうが。


>rrさん
 「ソニーの変なゲーム」って何のことだろう(笑)。
 『パラッパラッパー』とかあの辺りのゲームのことですかね?

 誉め言葉というか宣伝文句として使うのはイイと思うんですけど、誹謗中傷に使う人がいるというのがちょっとマズい風潮かなーと思います。「ゲームらしくないゲーム」を貶し言葉で使っていると、その内「ゲームらしいゲーム」が貶し言葉になりそうで怖いです。
 そこを対立軸にするんじゃなくて、「広い意味で言えば、僕達は同じゲーム好きなんだから仲良くしようぜ」くらいになって欲しいです。願望だとしても。

| やまなし(管理人) | 2008/05/11 20:14 | URL | ≫ EDIT

>管理人さま
言葉が足りませんでしたが、「ゲームをやることの最終目的がゲームの中にあるか」ということが言いたかったのです。
モンハンやポケモンの目的は飛竜を倒すことだったり、強いポケモンをゲットすることだったり、という意味でゲーム内で完結していると思います。
ゲームの外にあるものを大事にしているといっても、それはゲームの目的ではないですし。
ポケモンもモンハンも、とてもゲームらしいゲームだと思います。
「人とコミュニケーションを取ること」や、「現実でのコミュニティを作る」ことこそが目的のゲームが出たらまた違いますが。
(そういうゲームが本当に出たら、俺の中ではそれはコミュニケーション“ツール”になります)
あと個人的には、『DS文学全集』は正にゲームじゃないと思ってます(笑)。
原作を読めば「似たような体験」ではなく、「そっくりそのまま同じ体験」ができますから。
とても興味深い内容でしたので、つい長々と……失礼しました。
けして粘着とかはしませんのでご容赦ください><

| ああああ | 2008/05/11 23:17 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん

 あー、なるほど。
 「ゲームをやることの最終目的がゲームの中にあるか」と「そっくりそのまま同じ体験が(ゲーム以外で)出来ない」の二つを備えているということなら分かりやすいですね。

 いやまぁ、『ウイイレ』とか『スマブラ』を「友達に勝つため」に練習している人は山ほどいるとは思うのですが(笑)、それはとりあえず置いといて……(「ゲームで友達に勝つ」がゲーム内かゲーム外かは微妙ですしね)。


 喩えば、DSの『どうぶつの森』を「友達みんながやっているから」欲しがった女のコは沢山いたと思うんですけど、その目的は“ゲーム”というより“コミュニケーションツール”みたいなカンジですよね。携帯電話のソレに近い感じ。
 ですが、『どうぶつの森』を一人用のゲームとして楽しんでいる人は沢山いて、そういう人達からすると「『どうぶつの森』ってコミュニケーションツールだよね」と言われるのは腑に落ちないんでしょう。

 同じようなことはどんなゲームにも言えて、スコアアタック付きのミニゲーム集として『脳トレ』や『Wii Fit』を楽しんでいる人とか、ムービーゲームと呼ばれるRPGも「ストーリー」より「戦闘」が好きで遊んでいる人とかいますし。

 それこそ“人それぞれ”だと思うのです。
 なので、結論としては違うところに着地しているんですけど、僕もその切り口には大賛成です。僕は『脳トレ』のスコアアタックに大熱中して兄貴なんかと「何秒いった?何秒!?」と熱くなりましたし、『FF』は戦闘が楽しくて好きでした(PS2壊れたので10までしかやってませんけど)。

 まぁ、その場合今度は「ミニゲーム集はゲームらしいのか」みたいな議論が始まりそうですけど(笑)。

| やまなし(管理人) | 2008/05/12 19:54 | URL | ≫ EDIT

久々に来たら、、、すべて読むため時間が、かかってしまった(^^;

ほとんど、発言やレスされた方々と同じ意見ですが、簡単に言えば
「やりたいけど、やれない。じゃあゲームでw」で
野球、サッカー、レーシング、はたまた、人数が足りない麻雀・トランプの代理。
RPGや歴史シミュレーション、犬を飼ったり、町を作ったり、、、

その中で特に、TVゲームでしか体験できないのを、
「(TV)ゲームらしい(TV)ゲーム」と言うんじゃないか、と。

>興味があるかないかと、面白いと思うかどうかの方がよっぽど重要で……「ゲームらしい」「ゲームらしくない」なんて、本当はどうでもイイことなんでしょうね。

そうですね。
だから、あの発言で、「絶対、買わない」とか、思ってほしくないんです。
あの発言で、「買おう」と思った人が、買わなくなった人が居たのか、分かりませんが。

>「ユーザー拡大型ソフト」と「従来型ゲームソフト」の売り場を分けるべきだという意見があります。

コレ、どれくらい分類するかって事が。重要で
現在の18禁ソフトと、実用ソフトぐらい分けちゃうと、やりすぎで、
ゲームショップの同じ棚でも、ちょっと間を空けたくらいで十分と思います。

ゲームショップによりますが、あの数を素人が探すのは、一苦労かと。
それに、背表紙しか見れない状況じゃ、手にも取ってもらえない。
あの数を見たら、見る気も起きないんじゃないか?と思います。
まぁ、店によってコアな客と、ライト層が多い店では、不必要の場合もありますが。


>「従来型ゲームソフト」を愛好する人達から「こっちには入ってくんな」と門戸を閉じてしまうのは勿体ないですし

違います。来るものは、拒まず、
こっからは、世界が違う!来るなら、覚悟しとけ。人生が変わるぞっ!!
みたいなラインかなw
門戸は、閉じてないと思います。

>4.何の役にも立たない

だから、無理に勧めたくないのも、ありますね(^^;
でも、ラインを超えちゃった人には、「お勧めソフトありますよっ!」
と言えるんですが。

やっぱり、自分が今までやったゲームの時間を考えると、、、、、
気軽に、呼べませんね~。
友人を、こっちの世界に引き込んだ経験があるし(^^;

| かめのこ | 2008/05/12 21:47 | URL | ≫ EDIT

>かめのこさん

>あの発言で、「買おう」と思った人が、買わなくなった人が居たのか、分かりませんが。
 あの発言とは『戦場のヴァルキュリア』のアレで良いんでしょうか。
 まぁ……何でしょうね。結局、賛否はともかくネット上では物凄く有名にはなりましたよね。みんな寄ってたかって宣伝しまくったということで……


>ゲームショップの同じ棚でも、ちょっと間を空けたくらいで十分と思います。
 なるほど、それならば納得。
 棚の置き方やPOPの使い方なんかは、まさに店のセンスが出てくるところですよね。この辺、店ごとにゲーム専門店なのか複合店なのかとかで随分と差がありそうです。こういう差を眺めるのも面白いかも。

 「あの数を探す」という意味では『みんなのニンテンドーチャンネル』に期待をしていたのですが、どっちかというと新作のプロモーションチャンネルになっちゃっているのは残念です。
 新作もイイんですけど、ゲーム屋さんでどこに置いてあるか分からないような知る人ぞ知る旧作にスポットを当てるような工夫をして欲しかったです。


>こっからは、世界が違う!来るなら、覚悟しとけ。人生が変わるぞっ!!
 どうですかね~。
 言わんとすることは分かるんですけど、僕としては“まず手に取ってもらうこと”の方が大切だと思います。「ゲームらしいゲーム」という言葉とか、「あれはゲームじゃない」とかもそうなんですけど、「ゲームって身構えてやるものなんだ」と思われるのは良くない傾向だと思うんですよ。

 「気を張らなくてもイイんだ」「特別でなくてもイイんだ」と思ってもらいたいというか。

 まぁ、『メタルギアソリッド』の広告コピーのように「覚悟しとけ!」的な売り方も一つの方法でしょうけど、個人的にはますます「俺にはムリだな……」と思ってしまいました。

| やまなし(管理人) | 2008/05/13 20:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/666-63ec59f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT