やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一人用ゲームの復権へ、『メタルギアソリッド4』の戦いが始まる

 PS3の庭造りゲーム『四季庭』公式サイト)がステキ過ぎる。
 詳細はちょっとよく分からないんですけど、PS3のグラフィックで「庭を造る」ことを目指す切り口というだけで拍手を送りたいです。アイディア勝負のソフトは、間違いなくPS陣営に勢いがありますよねー。最近『まいにちいっしょ』に実装されたというYouTubeへの動画アップロード機能なんかと組み合わせると面白そうです。


 ただ、詳細を調べようと公式サイトにアクセスしてみたら……重すぎてPCが止まりかけました。
 こないだ記事に書いたスクエニの『シグマ ハーモニクス』もそうですし、どこのゲーム会社にもあることなんですけど、「オマエんとこのへぼっちぃPCと回線なんか相手にしてねえんだよ!タコ!」みたいな公式サイトが多いのはどうなんだろうと思います。
 公式サイトにアクセスするのは「情報」が欲しいワケで、その「情報」によって買うかどうかを考えたいのに……格好良いサイトデザインだかなんだかのせいで、その「情報」を得ることが出来ないという。売れる/売れない以前の話と言うかさぁ……


 まぁ、我が家のようなへぼっちぃPCと回線なんか商売相手じゃないだけなんでしょうけど。
 PS3、まだ持っていないし。


B00140RT54リボルテックヤマグチ No.29 井上トロ

海洋堂 2008-04-16
売り上げランキング : 297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 前置きとは全く関係のない話。
 僕はほとんどテレビを観ない人間なんですが、こないだたまたまスポーツニュースを観たくてテレビのチャンネルを回していたら『メタルギアソリッド4』のTVCMを見かけました。

 僕自身はこの手のジャンルのゲームに興味はありませんし、このCMを観て「欲しくなった」なんてことはないのですけど……CMの切り口としては非常に面白いなと思いました。ちょうど最近、自分が考えていたこととシンクロしたというか。


 僕が観たバージョンは、2つのCMが連続で流れるものでした。
 1本目は集落っぽいとこ(ベースキャンプ?)を銃声を横目に進んでいるところに、建物をドカドカと壊しながら何かスゲー巨大メカが現れるというゲームの映像でした。ゲーム部分の映像なのか、ムービー部分の映像なのかは僕には分かりません。シリーズやっていないとどんなジャンルのゲームかも分からないかも知れませんね。
 で、そのCMと繋がった2本目のCMは……(多分)1本目のCMの場面をゲームでプレイしている画面をPS3の光沢部分が反射して映している横で、携帯電話が延々と鳴っていて(バイブ)。それに気付いた恋人らしき女性が「(携帯)鳴っているよ」と指摘するんだけど、プレイヤーの男性はゲームに夢中なので無視しているというものでした。


 まぁ、正直これで「買う気になる人が増える」かどうかは知りませんよ。
 でも、切り口としては非常に面白かったです。『Wii Sports』のTVCMと比べてみれば、メッセージ性の正反対っぷりに驚くことでしょう。「家族や友達と一緒に楽しもう!」と謳ったWiiに対して、「友達や恋人を無視してでも夢中になるゲーム」というか。




 「日本ではゲームらしいゲームが売れない」なんて指摘は、『モンハン』『スマブラ』『マリオカート』が現在までの2008年トップ3な事実からもてんで的外れだったことは分かると思います。(そもそも僕は『Wii Sports』や『Wii Fit』を「ゲームらしいゲーム」と思っているのですが、その話は置いておきます)

 しかし……逆に言うと、この3本がトップ3ということは「多人数プレイ推奨のゲームがトップ3になっている」ということでもあります。
 ちなみにマルガの湖畔さんによると、2007年の年間トップ3は『Wii Sports』『モンハン』『はじめてのWii』―――こちらも多人数プレイ推奨のゲームが3つです。

 これ、長らく日本のゲーム業界を見てきた人間からすると意外じゃないですかね。
 もちろん『ドラクエ』『FF』『ポケモン』の本編があるかないかというのは大きいですし、多人数プレイ推奨ゲームに強い任天堂ハードが売れているという証明なだけかも知れませんが。


 現在の日本のゲーム業界って、「一人用のゲームが売れない」んじゃないか?

 という仮説を立てることが出来ませんかね。


 『脳トレ』も『Wii Fit』も、プレイ自体は一人用ですが家族間のコミュニケーションを大事にするゲームですしね。『どうぶつの森』は、それに加えて“友達の村に遊びに行く”お出かけ機能があったからこそ大ヒットしたのでしょうし。PS2&PS3でヒットした『ウイイレ』シリーズも、対戦モードがなければ間違いなく売上げが落ちますよね(メインは一人用のマスターリーグだとは言え)。
 『ポケモン』は……流石にあれを「一人用ではない」と言うのは違うか。

 これらのゲームを「一人用のモードでしか遊んでいない」という人も沢山いるとは思いますが(僕も『スマブラX』は一人で遊んでいました)、「一人用のモードで遊んでいる人」「多人数プレイ用のモードで遊んでいる人」の両方がいるからこそ売れているのだろうと思うのです。



 つーと……一人用のゲームで100万本突破が出来るのは、現在は『(2D)マリオ』『ポケモン』『ドラクエ』『FF』くらいでしょうか。
 もちろんどこからをヒット作と呼ぶのかにもよりますし、売上げよりも利益率やブランド力の強化の方が大事だったりはするのですが。喩えば、現時点でPS3で最も売れたゲームは『みんなのゴルフ』なんですよ(40万本くらい?)。PS陣営でも、1番売れたソフトは多人数プレイが出来るゲームなのです。

 もちろん、PS3も『FF』が出てきたら状況は変わるのでしょうが……
 もう1本の“国民的RPG”だった『ドラクエ』は『9』で多人数プレイ用のゲームになるようですし、今後「一人で遊ぶゲーム」が日本のゲーム業界の花形になることはないのだろうかと僕は漠然と思っていました。それで良いのかなぁ……と。


 オンライン機能はとりあえず保留。サンプル数が少なすぎるので。
 『スマブラ』も『マリオカート』もオンライン機能はありましたが、じゃあオフラインでの対戦がなくても売れたかと言うと売れなかったと思いますし(仮にオンライン対戦にボイスチャットがあったとしても)。

 少なくとも、現状の材料で言うと……オフラインでの対人コミュニケーションを重視したゲームでないと売れないという仮設は立つと思うのです。



 で、『メタルギアソリッド4』のCM。
 オンライン機能はとりあえず置いておくとして……「オフラインでの対人コミュニケーションを重視したゲームでないと売れない」現状の日本市場において、敢えてオフラインでの対人コミュニケーションを無視するようなCMで売り込んだのは凄いなと。

 「対人コミュニケーションなんかクソ喰らえだ!」
 「俺には友達がいないんだ!」
 「ゲームは一人で遊ぶもんだろ!」

 皮肉でも煽りでもなく、そう考えているゲーマーは日本中に沢山いることでしょう。
 僕もそうです。友達がいないことに関しては、誰にも負ける気がしません。

 そうした人々に、「さぁ!オマエらが待ち望んだ一人用ゲームが来るぞ!」と力強く叫ぶメッセージに強く共感しました。アート色弱めてもうちょっと直球なCMでも良かったと思いますが、それだとあざとすぎると判断したのでしょうしね……

 「一人用」か「多人数プレイ推奨」かのどちらが正しいという話ではなく、どちらもあるべきだろうと僕は思っています。両方あるからこそバランスが取れてきたのがゲーム業界だったのでしょうし。
 そのためにも、ここらで『メタルギアソリッド4』に一人用ゲームの復権を果たして欲しいですね。40万本なんてみみっちぃことは言わないんで、是非100万本突破を目指して下さい。そうすれば「一人用ゲームでもイケるんだ」という風潮になってくれるでしょうし。



 冒頭にも書いた通り、僕はこの手のジャンルのゲームに興味がないので買いませんけどね。自分は興味がないけれど、「自分が興味のないものにも頑張って欲しい」ので応援しております。この技術を応用して女子校に潜入してハァハァするゲームとか出るかも知れないし。


B0009RQKUIメタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)

コナミデジタルエンタテインメント 2008-06-12
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:49 | comments:5 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

確かに、現在はオンライン要素――というか、ネットを介しての拡張機能、及び他人とのコミュニケーション要素が欠けているゲームは売れにくい風潮にあるような気がします。

個人的には、世間のゲームに対する偏った偏見(ゲームをやり過ぎると根暗になるとか、社交性に問題が発生するとか)を少しでも払拭しようとしているメーカーが〝敢えて〟コミュニケーション重視のゲームばかりを作っているのではないかと思うのですが……考えすぎかな(苦笑)


>メタルギア4
ゲームショウで体験してきた限りでは、かなり面白そうな感じはするのですが、コレだけのためにPS3を購入するというのはちょっと難しい……かも(汗)
とは言え、このソフトの存在が6月以降のPS3の売上げを左右するのは間違いなさそうですね。

| じぇふ茶 | 2008/06/03 21:40 | URL |

このCMは、ゲーム業界の中にある危機感の表れかなぁ、なんて思います。
確かにWiiやDSは全世界的に売れてますが、一方でFPSみたいなジャンルも海外では
売れていますよね。
もう既に、日本のゲーム市場って世界の中でも独特になりつつあります。
全世界同時発売のMGS4のCMで、こんな啓蒙みたいなのをしてるのって多分日本だけ
じゃないでしょうかね?

今は国内だけではなく全世界とも競争しないといけないのに、日本市場が独特だと
日本メーカーとしては何かと困りますよね。
日本市場向けに重きを置くか、海外市場に重きを置くか迷ったり。
だから、こういうゲームが売れる市場が日本でもまだあるんだということを、今回
MGS4で示したいのではないでしょうか。

| メルト@MGS4予約済 | 2008/06/04 12:49 | URL |

>じぇふ茶さん
>世間のゲームに対する偏った偏見を少しでも払拭しようとしているメーカーが
 これは絶対にあるでしょうね。
 特に任天堂は公式の場で「かつてゲームは暗い部屋で一人モニターに向かって遊ぶものだった(が、それをDSとWiiが変えた)」というようなニュアンスの発言をしていますし、多くのソフトのプレイイメージ映像は“明るい部屋で遊んでいる”様子を描いています。

 『トワプリ』とか『メトロイドプライム3』のCMのように、暗い部屋で一人で遊んでいるものもあるんで……任天堂も「多人数用ゲームばかりに偏ってはいけない」と認識しているのは間違いないでしょうけどね(そうしたソフトが日本では売れていない問題はありますが)。

 そうして任天堂が否定してきた「暗い部屋で一人モニターに向かって遊ぶもの」というイメージを、ガチで『メタルギアソリッド4』のCMで使ってきたのは凄いなぁと思いました。しかも、電話や彼女を無視するという徹底っぷり。
 これが売上げに影響するとは正直思わないんですけど(笑)、強いメッセージは感じました。


>コレだけのためにPS3を購入するというのはちょっと難しい
 これが一番のネックでしょうね。
 DSやWiiやPSPは1本のソフトのために購入した人がたくさんいましたけど、普通のゲーマーからすると1本のソフトのためだけに購入するのって厳しいですよね。最低限(発売予定のものも含めて)3本くらいはないとキツイかなぁ……


>メルトさん
>もう既に、日本のゲーム市場って世界の中でも独特になりつつあります。
 うーん……でも、日本が独特なのって昔からだと思いますよ。
 海外ではちっとも売れない『ドラクエ』が、『ウルティマ』とか『ウィザードリィ』を差し置いて社会現象になったみたいなこともありますし。FPSに限らず、日本では受け入れられなかったジャンルってたくさんあったんじゃないですかねぇ(逆もまた然り)。

 確かに昔は堀井さんが『ドラクエ』作ったり、中村光一さんが『不思議のダンジョン』作ったり、日本では認知されていなかったジャンルを日本人向けに仕立て上げることで大ヒットとなった例があって。FPSにはそうした人が現れないんですけど……
 文化が違うことは独自性でもあるので、FPSが受けないことも日本市場の良い特徴だと捉えた方がイイと思うんですけどねー。

 逆に『スーパーマリオ』の時代から、日本でヒットした作品が海外でも大ブレイクすることだってありますし。
 海外市場の“旨み”が欲しいのは分かるのですけど、最初から海外向け仕様のソフトを作って「日本ではゲームらしいゲームが売れない!」と嘆くのはどうなんだろうなーと僕なんかは考えます。


 ……あれ?何か、『メタルギアソリッド』に否定的な意見っぽいですね(笑)。
 まぁ要するに、開発費をガンガン上げていって「世界で売れないと元が取れない!」という路線だけじゃなく、海外にも向けた作品・まず国内に向けた作品の両方を大事にして欲しいなぁと思います。

| やまなし(管理人) | 2008/06/04 20:33 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

なるほどな~ なんて、せっかくきちんと読んでいたのに~!
なんですか!最後の一行は、だいなしですよ!!
前のネタといい、私はやはり切り捨てですね!コメ欄からも消されてしまうかもしれない・・・

せっかく、ふっかつの呪文を自分にかけて戻ってきたのに~!
メタルギアなんて難しくてやったことないし
仲間はずれだ!かなしーです

| りこ | 2008/06/04 21:15 | URL |

>りこさん

 むしろ僕は女性に「だいなしだー!」と落胆させたいがために、こんなブログをやっているんだと思います。どMなのかどSなのか、判別が難しいぱよ。

>メタルギアなんて難しくてやったことないし
 実を言うと、僕もほとんどやったことないですよ(笑)。
 PSの初代『メタルギアソリッド』を楽しみに買って、敵の基地の中までも入れなかったという逸話を持っています。『スーパーマリオブラザーズ』で言えば、最初のクリボーはジャンプして避けれたけど、その先のパックンフラワーで死んだ―――みたいな。

 コンピューターで動かされているとは言え、「人」を殺したり、見つからないようにしたりするゲームが苦手なんですよ。クリボーみたいにパターン化された単純な動きしかしてこないなら楽勝なんですが(そんなの『メタルギア』じゃないけど)。

| やまなし(管理人) | 2008/06/05 20:09 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/692-873b6274

TRACKBACK

「遊び」と「コミュニケーション」

怒濤の広告展開で話題のMGS4。 各所で色々騒がれていますが、ちょっと深い分析...

| ReAGE web. | 2008/06/04 18:00 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT