やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

極端な話、日本ではFPSがこのまま流行らなければイイナと思う

 この記事を書き上げるのに数日もかけてしまった結果、その間に現実世界ではイヤ~な事件が起こってしまいました。
 なので、今日のこの記事はその事件とは完全に無関係な話ですし、ゲームの規制うんぬんとかを語るつもりはありません。記事タイトルを読んでそっち(=ゲームの規制うんぬんの話)を期待した方がいらしたら、申し訳ないです。



 さて、ここからが本文。
 記事タイトルの「思う」というのは、「僕の意見では」という話。
 「色んな考えを持った人間がいるから世界は面白い」が心情の僕としては、自分の譲れない意見を持ちつつも、自分とは違う意見も「へぇ~、そういう考えもあるんだなぁ」と学ぶところがあると思っています。


 一つしかない正解を導き出すのではなく、一人一人の解答こそが大事。
 それを前提にした話を今日はしたいと思います。


 先週、『メタルギアソリッド4』のCMに関する記事を書きましたが……そのコメント欄にて、“僕の意見とは違うけれど”“興味深い意見”を頂きました。

 勝手に要約させてもらうと、こういうカンジ。
 「海外では人気のFPSのようなゲームが日本ではほとんど売れず、日本の市場は世界の中でも独自な道を進んでいる。開発費の高騰で世界市場を相手にしなければ日本のゲーム会社に未来がないのに、日本市場が世界の中でも浮いた存在なのはマズいのでは」

 意味がズレてしまっていたらゴメンなさい。

 FPSがなんのこっちゃ分からない人に説明すると……
 ファースト・パーソン・シューティングゲームの略で、3Dで一人称視点のシューティングゲームってことです。主人公が画面に映っていないのがFPSで、主人公が画面に映っているのがTPS(サード・パーソン・シューティングゲーム)だと思います。多分。
 『バーチャコップ』のようなガンシューティングに移動の概念を加えたもの、と説明すれば分かりやすいでしょうか。

 移動と照準の両方を操作しなければならないこと。
 元々PCゲームから発達したジャンルであること。
 日本ではアナログスティックを苦手とする層が大勢いること―――日本で流行らない理由は山ほど出てきますね。むしろこれで流行る方がおかしい。RPGにおける『ドラゴンクエスト』とか、アクションゲームにおける『スーパーマリオブラザーズ』のような草分け的なソフトが日本にはなかったことも一因かも知れません。

 もちろん海外では人気のジャンルなので、『Halo』や『Gears of War』などを抱えているXbox360の人気が高いのも納得(日本でXbox360が売れないのも納得)。
 サードメーカーのFPSはPS3とのマルチタイトルのものも多いそうですが、マイクロソフトが抱えているXbox360独占ソフトの分、日本でもFPS好きはXbox360を買う人が多いみたい(ハイスペックPC一択という人もいますが)。



 実を言うと……この手の「日本市場でFPSが売れないのはマズいのでは?」という意見は各所で見かけたことがありますし、確かにそれなりの説得力があるとは思います。

1.日本のゲーム市場には限界があるが、海外の市場はこれからも伸びていく
2.日本の市場と海外の市場では売れるものが異なってしまっている(一番分かりやすい例はFPS)
3.ゲームの開発費が高騰しているため、海外市場で売れなければ日本のゲーム会社も厳しい
4.なのに、FPSのような“海外で売れるゲーム”を「日本では売れないから」と日本の会社は作ってこなかった(カプコンの『ロストプラネット』のような例外はある)
5.このままじゃ海外のゲーム会社に勝てない!


 多分、「日本市場でFPSが売れないのはマズいのでは?」派の意見はこんなカンジだと思うのです。

 でも、僕は全く別のことを思うんですよ。
 なら、尚更日本のゲーム会社はFPSを作っちゃいけないな、と。


B0015WJATOロスト プラネット コロニーズ

カプコン 2008-05-29
売り上げランキング : 141

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「世界で売れているのはFPSだから」なんて理由で、今までFPSを作ってこなかった会社がFPSを作ってみたところで―――『脳トレ』が売れているからって理由で作られた各会社の類似商品が碌なもんじゃなかったのと変わらないと思うんですよ。

 各国の各ゲーム会社で得意分野は違うワケですからね。
 ムリして「今はアレが売れているから……」とFPSを作ったところで、今さら海外製のFPSに太刀打ちが出来るとは思えません。カプコンは『ロストプラネット』を成功させましたけど、「カプコンが出来るなら他の会社でも出来るんじゃね?」と思うならまず『モンスターハンター』の次に繋がるPSPソフトを国内で出してくれ。
 

 じゃあ、日本人の感性で「日本人に向けたFPS」を作ればイイんじゃないかと思うかも知れませんし、堀井さんが『ドラゴンクエスト』を成功させてRPGを一大人気ジャンルにしたようなことがFPSでも起こり得るのかも知れませんが……

 ぶっちゃけ、日本のゲーム会社からすると、“日本人がFPSを遊ぶようになると”海外製のFPSを遊ぶ人が増えてしまって、日本製のゲームの売上げが落ちる危険性を抱えているんですよね。日本のゲーム会社にとっては、デメリットの方が大きいワケです。
 この辺……実は、任天堂が日本でのザッパー展開に消極的だった理由なんじゃないかと思ったりもするんですけど。まぁ、今のはただの推測です。


 んで、こんな風に「日本のゲーム会社はFPSを作るべきじゃない」と僕が主張すると、今現在FPSを楽しんでいる日本のファンが怒るかと言うと―――
 そうしたFPSファンこそが一番「日本のゲーム会社がFPSを作っても海外には適わない」と分かっているんじゃないですかねぇ。だって既に海外製のFPSを楽しんでいる人達ですもの。



 もちろん、日本人のゲームクリエイターの中にも「俺はFPSを作りたいんだ!」と燃えている人はいるかも知れませんし、そんな人に向かって「作るな」とは言いませんけど―――少なくとも、「世界で売れているから」という理由だけで作ったところで、大したソフトにはならないと思いますよ。


B0014YQF4Qリンクのボウガントレーニング+Wiiザッパー

任天堂 2008-05-01
売り上げランキング : 95

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そもそも……
 ゲームに限らず、僕は「日本人はもっと日本人の感性を信じるべきだ」と思うんですよ。

 国によって文化が違うのは当然のことですし、文化によって売れるものが違うのは当然のことです。
 アメリカ・ヨーロッパ・日本の三つで日本が特殊例になるのは、歴史的に見ても地理的に見ても当然のことですし。同じヨーロッパの中でもフランスとドイツで売れるものが違ったりするワケですからね。
 海外で売れるものが日本では売れなかったり、日本で売れるものが海外では売れなかったりすることは普通のことです。「日本でも海外でも売れないと開発費の元が取れない」というのなら、片方の市場だけでビジネスになるレベルの開発費に抑えればイイじゃないですか。それが“商品を作る”ということですよ。

 ついでに書いておきますけど。
 最初から「海外市場を狙って作った」商品が日本で売れなかったからって「ゲームらしいゲームが日本では売れない!」と嘆くなんてチャンチャラおかしいね、と思いますよ。そっちこそ日本のユーザーをガン無視してゲーム作っておいて何言ってんの?と言いたい。



 「日本市場は海外市場と違う」ことは、恥でもなんでもなく最強の武器ですよ。
 日本人の感性で生み出された日本発祥の商品は沢山ありますし、ゲーム業界でも日本発進で世界に飛び立ったヒット商品は沢山あります。海外で売れているゲームはFPSだけじゃありません。むしろ、海外にも「FPS、あんま好きじゃないんだよなぁ……」と思っているゲーマーは確実にいるでしょう(日本にも『ドラクエ』や『ポケモン』や『モンハン』が好きじゃない人がいるように)。

 日本市場の特徴として「洋ゲーが売れない」というものがあるのなら、それは「洋ゲーの侵略を気にせずにゲームを作れる」というメリットになります。
 海外のメーカーは大変だと思いますよ。自分の国に巨大なゲーム会社があって、海外からもゲームがやってきてて、日本からはバシバシ凄いゲームソフトがやってくるんだけど自分達のゲームは日本では売れないワケですから。そりゃ文句も言いたくなりますよね。
 Xbox360陣営の偉い人が「日本市場どころじゃねえ。こっちは自国で手一杯だっての」と思っていたとしても、仕方ありません。だからと言って、児ポ禁法から日本のヲタク文化を根絶やしにしようとするのはどうかと思いますけど。




 確かに日本のゲーム市場は、今後は加速度的に人口が減っていくだろうことからも楽観視は出来ません。海外市場でもブランド力を高めていかなければならない危機感は、どこのゲーム会社も持っていることでしょう。

 スクウェア・エニックスが『ドラクエ9』を1000万本売りたいと公言したのは、これまで海外ではあまり売れてこなかった『ドラクエ』シリーズを世界に通じるブランドにする目標があるからでしょう。日本市場だけならば歴代1位の『スーパーマリオブラザーズ』だって600万本クラスですからね。
 カプコンが『モンスターハンター』をWiiで出すことにしたのも、“『モンスターハンター』の名前も知らない”海外市場に売り込む意図があるんだと思います。まぁ……新型PSPがあそこまで爆発するとは予想していなかったのもあるんでしょうが(公には、開発チームから「Wiiリモコンを使った新しい遊びを」と提案があったからだそうですけど)。


 なので、「海外市場を考えるな」と言いたいのではなく、「日本市場の独自性を活かした上で海外市場と付き合っていけ」と僕は言いたいのです。
 『メタルギアソリッド4』なんかは世界に轟く人気シリーズですが、「海外で売れること」と同じくらい「日本では競合する作品がないこと」も重要なことです。数字だけ見たら日本の売上げは物足りないかも知れませんが、この手のジャンルの中では日本では敵なしでしょうからね(これは『バイオハザード』とかもそうなのかな)。

 もし、洋ゲーFPSが日本でもバシバシ売れるようになったら、日本のゲーム会社は大変なことになってしまうと思いますよ。現状、日本のゲーム会社が抱えている大きなアドバンテージを活かさなくてどうすると言うのでしょうか。



 まぁ……確かに、今日の僕の文章は「日本のゲーム会社、頑張れ!」「海外のゲーム会社なんてどうなろうが知ったこっちゃない」と言っているのも同然なんですが(笑)。
 ゲームとはどうあるべきかとか、何が流行るべきかとかではなくて―――面白そうと思ったものを一人一人が手に取った結果、日本ではFPSが手に取られなかった現状というのを、別に嘆くことじゃないとは思うのです。今後もし、日本人が「面白い!」「面白そう!」と思うFPSが出たのならそれでイイとは思います。

 遊びたいゲームを遊べばイイじゃないですか。
 今日の結論はコレ↑。身も蓋もねえ。


B0009RQKUIメタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット(スペシャルエディション)

コナミデジタルエンタテインメント 2008-06-12
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:07 | comments:36 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/06/11 01:21 | |

こんにちは。
この記事のきっかけになるコメントをしましたが、実は私はFPSって一度もプレイしたことありません。いやぁ、すぐ3D酔いしちゃうんですよね。
日本人(というかアジアの人全般)は、どうやら3D酔いしやすいようで、それがFPSが普及しない最大の要因かな、なんて思います。

FPSはとにかく、海外市場向けゲームと日本国内向けのゲームの問題ですね。
やっぱり私は、国内ゲームメーカーには海外市場でも戦って欲しいです。
それは主に技術を磨き続ける為です。感性は、それこそ国内向けでもいいです。
特に国内メーカーと海外メーカーで一番技術的に差ができつつあるのは、グラフィックだと思います。

グラフィックは、リアルに作ろうとすると金が一番かかるところですよね。
それでいて、「ゲームはグラフィックが全てじゃないよ」と言われることもあります。
それは確かにそうなのですが、上の言葉を免罪符としてグラフィック技術を磨かないのもダメだと思うんです。

日本は将来的に、全てのテレビがデジタルハイビジョンになる予定です。
Wiiだって次世代になったらデジタルハイビジョン対応になるでしょう。
グラフィック技術を磨いていかないと、次世代では日本のゲーム機なのにソフトはほとんど海外製なんて状況になりかねません。
まあ、据え置きゲーム機はあきらめて、全部携帯ゲーム機にという道もありますけどね。
でもそれもちょっと悲しいですね。

| メルト | 2008/06/11 13:36 | URL |

>メルトさん

 こんにちは。
 まずは、そちらのコメントを勝手に拝借して記事の題材にさせてもらってありがとうございます。おかげ様で、僕としてもずっと胸に抱えていてモヤモヤを文章にすることが出来ました。

 答えは一つではないと思うんで、どっちが正しいかではなく「こういう考えもあるんだ」くたいに捉えて頂けると幸いです。


>どうやら3D酔いしやすいようで、それがFPSが普及しない最大の要因かな、なんて思います。
 うーん……どうですかね。
 この意見もよく見かけますし、現に「3D酔いするからFPSはやらない」って人もいるとは思うんですけど。最大多数の人達は「自分が3D酔いするかどうか」も知らずに、1度もFPSに手を出したことがないんじゃないかと思いますよ。

 イメージで言うと……100人ゲーマーがいて、FPSをやったことのある人が10人で、その内6人が「3D酔いする」という理由でFPSを続けなかっただけで、残り90人は試してもいない、みたいなカンジ。
 少なくとも、僕の周りにはFPSをやってみようとした人すら一人もいません。


>上の言葉を免罪符としてグラフィック技術を磨かないのもダメだと思うんです。
 それは確かにそうですね。
 DSやWiiのヒットで「ゲームはグラフィックじゃない」と思い込んだ人も多いですが、DSの中でも売れたソフトは『Newマリオ』や『どうぶつの森』のようにグラフィックがキレイなモノだったりします。

 グラフィックを頑張らなくても良いジャンルのゲームは沢山ありますが、頑張らなければいけないジャンルのゲームも「DSやWiiでは頑張らなくてもイイんだろ」と手を抜いて玉砕しているのをよく見かけます。どこのメーカーとは言いませんけど……


 ただ、個人的にはグラフィックは「手段」であって「目的」ではないと思うんですよ。
 面白いゲームをキレイに見せる(臨場感を増す)ための手段であって、グラフィックが良ければイイというものでもないです。
 喩えば、グラフィックを頑張った結果、読み込みに物凄く時間がかかってメニュー開くのに毎回5秒もかかる―――なんてゲームじゃ意味がないと思います。まぁ、Wiiの『零』のことなんですけどね。それって「手段」が「目的」に変わってしまって本末転倒だろうよと。

 今の日本のユーザーは「遊びやすさ」を求めています。
 DSやPSPのヒットソフトは象徴的ですが、ここ数年売れているゲームはほんの数十分の合間に遊べるソフトが多いです。逆に1プレイに1時間もかかるゲームはなかなか売れません。プレイ時間だけでなく、インターフェースの使い方とか、ストレスを感じさせないシステムとかも重要ですね。
 裏を返せば、“日本のユーザーは遊びにくいゲームに対して世界一厳しい目を持っている”と言えるので……日本市場で売れるゲームを作るということは、決してムダではないと思います。

 この独自性は恥じることでも何でもなく、世界に誇ってイイ部分だと僕は思っています。


>次世代では日本のゲーム機なのにソフトはほとんど海外製なんて状況になりかねません。
 どうですかね。それこそ海外製FPSがちっとも売れていない現状からすると、そんな未来は想像出来ないような……
 日本人がFPSを遊ぶようになったらそうなる可能性も出てくるかも知れませんし、海外の会社が「日本人受け」を目指したデザインにすれば変わるのかも知れませんが―――少なくとも、現状では「グラフィックがキレイだから」という理由で日本人が洋ゲーを遊びまくることはないと思うんですけどね。

 ぶっちゃけた話……Wiiをハイビジョンテレビで遊んでいて、映像に何の不満も持っていない家庭も多いでしょうし(我が家も含む)。


 逆に僕は、「任天堂ハードはサードメーカーのソフトが売れない!」という意見のように「日本市場は海外メーカーのソフトが売れない!けしからん!」という問題が出てくるんじゃないかと心配なくらいです。

| やまなし(管理人) | 2008/06/11 20:48 | URL | ≫ EDIT

毎度どうもです。
FPSそのものはやったことがなくても、自分が3D酔いしやすいかどうかは大抵の人は分かってるんじゃないでしょうかね?
PS初期には物珍しさからか、3D酔いのことなんか考慮しない3Dものゲームが色々発売されました。
自分も、「クライムクラッカーズ」というPS初期の3D・RPGを遊んで、ああダメだ酔う……と、自分の体質を初めて知りました。
「キングスフィールド」も酔いましたね。酔うから走れない(笑)。そろそろと歩いて広大なマップを移動するのは苦痛でした。そういえば、このゲームはFPSそのものか。
でも、自分の操作キャラが画面に出てくるTPSになると、なぜだか酔いにくい。
これは不思議なものです。ぜひ誰かに解明して欲しいです。

さて、遊びやすさですが、これは確かに日本産ゲームの方が上に思います……と書こうとしましたが、最近の海外製ゲームってこの辺の考慮も良くされています。
例えば「ヘブンリーソード」というアクションゲームの場合、操作方法を一つずつ覚えながら先に進めるようになっていました。いわゆるチュートリアルってやつですね。
海外製ゲームだと、その辺が不親切だとか高難易度だとかのイメージがあると思いますが、最近は全然そんなことないです。
最近はむしろ海外製の方が、その辺のサービスとか難易度とかに気を遣っているようにも思えます。それは、「厳しい目をもつ日本のゲーマー」に売る為にですね。
日本の市場が特殊だと理解して、それでいて日本でも売れる作品を作ろうと努力しているのを感じるのです。
(「ヘブンリーソード」はまだまだダメな部分も目に付きましたが)

だからこそ、私なんかは結構危機感を持っているワケでして……。
あとはそれこそキャラデザを日本人好みにさえすれば、海外メーカーに日本メーカーは対抗できなくなるんじゃないか?なんてね。
将来的には、ハリウッド映画と邦画みたいな力関係になるやもしれません。
まあ最近のハリウッド映画は、日本のマンガやゲームを原作にしたりしてますが(笑)。

| メルト | 2008/06/12 14:06 | URL |

大変興味深い内容かつ理解しやすい文章でなるほどなといくつも感心させられました。
個人的に昨年レインボーシックスベガスというゲームでFPSの面白さに目覚め、バカみたいにいくつも海外産FPSを購入しては、対戦プレイや協力プレイに興じてるモノです。

ウィザードリーやウルティマなどでRPGの基礎ができた後、ドラクエやFFを始めとする数々の日本産RPGが生まれました。
なので、FPSいちファンとしては、日本だからこそ生まれたFPSを遊んでみたい、なんて妄想しちゃったりします。
まぁその為にはRPGを人気ジャンルに押し上げたドラクエのようなシンボリックなタイトルが必要なのかもしれないし、それはとても難しい事なのだと思いますけど…。今更海外産FPSに太刀打ちできないから作らないほうが良いってのは少し悲しいかなとも思いました。

| SS | 2008/06/12 16:38 | URL |

>メルトさん
 ナルホド。
 3D酔いについては「PSを買うのが遅かった」&「PS2が早くにぶっ壊れた」僕だからこその考えだったのかも知れませんね。僕がPS陣営のハードを起動していたのは2000年~2002年の3年間だけですし、サターンユーザーだった頃は2Dゲームも沢山ありましたし。

 でも、ずっとPS陣営のハードを持っていたって人も『ドラクエ』と『FF』と『ウイイレ』しかやっていないって人は沢山いると思いますし、そうした人々はやっぱり3D酔いするかどうかも知らないんじゃないでしょうか。

 個人的には、FPSやTPSに限らず「3Dアクションというだけでムリ」という人が大多数だと思うんですけど……この辺は『モンハン』世代がどう動くのか次第で今後は変わるかなぁ。


>操作方法を一つずつ覚えながら先に進めるようになっていました。
 うーん……海外ゲームのチュートリアルが充実しているのは確かでしょうし、普及させたいのならどうしてその辺をもっと押し出さないんだろうと思いますし、こうしたことは声を大にして言い続けるべきだと思うんですけど。

 「遊びやすい」と「チュートリアルが充実している」は全く別の話です。


>SSさん
>今更海外産FPSに太刀打ちできないから作らないほうが良いってのは
 確かにコレは暴論だったと思います(笑)。
 カプコンのように技術力で対抗できる会社もありますし、技術ではなくアイディアで対抗できる会社も沢山あるだろうとは思います。個人的にも、『脳トレ』チームとかにFPSを作らせたらどんなものが出来るのかって興味はあります。

 ただ、やはりどんなものにも向き・不向きがありますからね。
 クリエイターが作りたいものならともかく、「売れているから」という理由で後追いの商品を作るのはどんなジャンルの作品であっても不幸なことだと思いますし。開発費がバカ高いジャンルなら尚更です。

| やまなし(管理人) | 2008/06/12 20:46 | URL | ≫ EDIT

パソコン市場におて日本でFPSが立ち上がらなかった最大の理由はNECにあるとおもいます
最大のシェアを誇った98が浮動小数点演算ユニットをバカ高いプレミアを付けて販売したため3Dを動かす余地が無かった為です

| mmas | 2008/06/13 05:36 | URL |

まあ、オブビリオンみたいに半FPSくらいから初めていけばいいと思いますな。

| ああああ | 2008/06/13 07:31 | URL |

要約すると「アイマスマンセー!」ということですね、分かります。

・・・半分冗談ですけど半分本気です(笑

| ああああ | 2008/06/13 10:42 | URL |

横レスで申し訳ありません。
自分はFPS、好きですよ。DOOMとか、あの頃から。
でもやっぱり、PCでしかやりません。その原因は、家庭用はマウス操作できないからです。
3D酔いはしません。ただ、するしないはあまり関係無いような気もします。
好きだったら慣れると思いますし、「嫌いじゃないけどやらない理由」みたいですね。

主に北米などでFPSがあそこまで発展する理由は「ヒーロー願望」「銃社会」を
考えることもできそうです。
子供の頃からアメコミヒーローを見て育ち、大統領ですらヒーロー扱いするお国柄ですし、
普段規制されている、でも身近にある「銃」で、悪いモンスターを撃ちまくる。これほど爽快な
ゲームも他にないんじゃないでしょうか。もっとも、最近では戦争ものなど、対人のものが増えてますけど。

「自分視点でなにかをする」ことにバーチャルを感じる欧米人と、
「キャラクターに自分を重ねて感情移入する」ことの多い日本人、という考え方もありそうですが… いずれにしろ、数多くの要因が重なっていることは事実のようで…。

とりとめのない文章で失礼しました。

| ああああ | 2008/06/13 11:06 | URL |

私は洋物FPS大好きで主にPC使ってゲームしている人です。
今回のエントリ大変面白く読ませていただきました。カプコンのロスプラもさわりだけやってみたのですが正直洋モノの方が面白いです。
さて、そんな私ですが今不満に思っている点が一つあります。それは海外FPSの入手しにくさです。日本に代理店を持つメーカーさんは正式にな日本版を出してくれたりもしますが数ヶ月というタイムラグがあったり、日本での販売権を握ったまま結局日本版を出さないなんてのもざらです。
そうすると海外輸入版を専門ショップで購入するしか手がありません。
これの救世主と思えたのがSTEAM等のDL販売かと思われたのですが、これも販売権の関係か日本から買えないソフトが多数という現状。
日本のメーカーさんには自前でFPS作らなくていいから、海外げーを日本語字幕だけ付けて売ってくれーという切実なお願いです。字幕付けるだけでもやっぱり赤字なんですかね日本だと。

| 通りすがりのFPSげーまー | 2008/06/13 12:37 | URL |

海外で日本の文化がどれほど評価されているか知れば知るほど、
日本の独自性は武器になると断ぜざるを得ません。
海外で生活してもう3年目に突入しますが、浜崎や宇多田どころでなく、
ジャニーズやらモー娘。やら、 80年代J-POPを歌いこなす外国人とも会いました。
スパロボにハマってJAM全曲をコンプリートしているような重度のヲタもいます。
ドラえもんの着メロはそこらで聞きますし、DVD売り場ではディズニーの隣に
ポケモンが並んでいるんですよ。
日本は、世界地図の中で探すのが難しい、辺境の島国ですよ?
それでいてこの病原菌並みの伝播力を持つコンテンツの山。
他に、どこにこんな国があるというんです?

| 在外人 | 2008/06/13 21:00 | URL |

 な、何故いきなりこんなにコメントが……

>mmasさん
 なんと、時代はその頃までに遡るのですか。
 でも確かに64が出たばかりの(『ゴールデンアイ』が出た頃)の96~97年辺りの雑誌に、「日本じゃこういう俺視点のゲームって流行らないんだよなぁ」と書かれていたので。Windows95以前の文化の差なのは言われてみれば納得ですね。


>ああああさん
 何気に、白眉な意見ですよね。
 ユーザーからすると「FPSはちょっとなぁ」と思っている理由に、「視点」の問題と「銃を撃つ」の2つが合わせ技一本というところがあるので。片方だけのゲームから入って問題を少なくしていくのはイイ解決策ですよね。

 日本のゲーム会社からしても、FPSに大切な「AI」については海外には適わないと割り切って、「AI」が必要じゃないゲームから作っていくというのも手ですよね。敵をモンスターとかゾンビとかにするとか(オブビリオンはNPCのAIが凄かったゲームですが)。


>ああああさん
 冗談ではなく、「海外では(ロリ規制で)売れないから、日本市場だけでどうやって採算取るのか」を考えたビジネスモデルとしては『アイマス』はもっと評価されてもイイと思います。問題は『アイマス』以外のゲームがマネしても同様の成功は難しいだろうってことですが……

 やってもいない僕が論じるのは違うので語っていませんが、「どうしてアイドルマスターは成功したのか」って重要なポイントだと思うんですけどねー。テレビにおけるアイドル文化の衰退と、そこから流れた声優業界のアイドル文化を上手く活かしたとか……研究してみるのも面白そうです。


>ああああさん
 僕はどっちもやっていないんで「何となく」の推論でしかないんですが……
 『モンハン』が日本で流行る理由と、FPSが海外で大人気な理由って表裏一体なんじゃないかと思っています。誰か詳しい人は替わりに語って下さい(笑)。

 武器は何なのか、相手は何なのか、主人公は誰なのか。
 『モンハン』が流行る前ならば「日本では3Dアクションは流行らない」という理由で片付けられたと思うんですが、今日本で一番売れているゲームは『モンハン』ですからね。その違いを考えるだけで面白そうなことが分かりそうです。

 3Dアクションが苦手な僕にはどっちもプレイ出来なさそうですけど。


>通りすがりのFPSげーまーさん
 PCゲームの場合は、日本では更に分母が小さくなりそうですからね……

 Xbox360用のソフトなんかも、コアなファンは海外輸入版を購入しているので、数ヵ月後にローカライズ版を発売しても売れないなんて話題になったことがありました。
 コアなファンが多いとソフトが沢山売れるんですが、反面、思わぬリスクも抱えているんだなと思ったものです。ライトユーザーが入ってくる土壌がないと市場としてはどこかで行き詰ってしまう。

 と考えると……洋モノFPSが好きな人からすると、ライトユーザーが“入り口”に出来るFPSの存在がありがたく。そうしたものを(日本人の感性を把握している)日本のゲーム会社に期待するということもあるなぁと思いました。

 現在は、PC/PS3&Xbox360/Wiiと3種類の操作形態がありますが……次世代もこの形態のままなのか、それとも変わるのかがポイントなのかと思いました。
 ぶっちゃけ次世代Xbox360の標準コントローラをマウスにするってのはナシなんですかね?モーションセンサー付けるよりは、自分達の長所を伸ばせると思うんですが。

| やまなし(管理人) | 2008/06/13 21:08 | URL | ≫ EDIT

>在外人さん

 超同感です。
 だからこそ、海外から日本のヲタク文化を規制しろという圧力がかかって、3年後に向けて漫画・アニメを規制していく流れが出来てしまったんですが……(もうホント、この国の議員って何なんだろう……)

 今では笑い話ですが、『ポケモン』を海外展開する際に「こういうデザインはアメリカでは受けないからリアル調に変えるべきか」という議論になったと言います。結果として「売れなかったら売れなかったじゃね?」とそのまんま出して大ブレイクしたのですが、日本人が思っている以上に海外は日本文化を認めてくれているんだなと思ったエピソードでした。

| やまなし(管理人) | 2008/06/13 21:16 | URL | ≫ EDIT

堀井雄二の例えに触発されて、私も一言。
当時はPCの世界ではWIZ・ウィルテマを筆頭に国産RPGが多数発売され、ゲームの主流がADVからRPGに移っていました。
またファルコムやT&EによってアクションRPGという日本独自のジャンルまで生まれて大層賑わっていました。
その一方で家庭用ハードではアクションゲームが主流であり、ADVは傍流。
そこへ誰にでも楽しめるドラゴンクエストを作った堀井雄二の功績確かに大きいでしょう。
けれど彼一人だけでなく、ロードス島戦記に代表されるヒロイックファンタジーの魅力を日本人の嗜好に合うようにアレンジしてきたTPRG界の努力もあると思います。
それまで日本に存在しなかった文化を普及させるにはローカライズの過程が必要です。
日本で普及している外国料理は大抵日本人の味覚に合うようにアレンジされていますよね。
アレンジされた異文化に親しみ、慣れたところで初めて本格的なものを味わえる下地が整う訳です。
今のFPSを取り巻く状況は、明治期の日本人にインドで食されているカリーを食わせるようなものです。無理ですって。
しかしRPGの成功に習うならば、FPSの普及の為にはまず銃で闘うラノベ・漫画・アニメの普及が前提であり、
そうした作品の世界観を持ち込んだFPSの登場を待たねばならないでしょうね。
そこまで考えて、しかし、だとするとサムライと西部劇(フロンティアスピリッツ)の民族メンタリティ差は埋めがたい巨大な溝だなあ、と。
結局のところ”日本でFPSは無理”という結論です。

| ossan | 2008/06/14 22:08 | URL |

>ossanさん

 面白い切り口ですねー。
 僕なんかは物心ついた頃には『ドラゴンクエスト』があった世代なのでピンとこないのですが、よく「『ドラクエ』以前のファンタジー作品」という言葉が使われるように、『ドラゴンクエスト』以前に“剣と魔法のファンタジー”を題材にした作品があったんですよね。後はまぁ、お姫様とか王様とかはおとぎ話なんかもメジャーな題材ですし。

 そうした背景があったからこそ、『ドラゴンクエスト』のようなRPGがヒットしたというのは大きな要因っぽいですね(当時の鳥山明の人気ももちろん大きいでしょうが)。

 カリーの喩えも面白いですね。『ドラクエ』が国民的RPGになったのは「すき焼き」みたいなもので、日本人の味付けにアレンジした人がいたからこそか。これ、きっちり文化論として考えていくと論文が書けそうですね。


 しかし……そう考えると、ますます日本でのFPSは厳しいような(笑)。
 一つの突破口としては『ガンダム』ものがあるのかなと思うのですが、Wiiの『ガンダム0079』もライフルよりサーベルが強かったり(これは原作が接近戦重視だから仕方ないんですが)、初代の『ガンダム』は日本以外ではさっぱり人気がなかったり。

 そもそもFPSにあるような「沢山の敵に囲まれた」状況って漫画やアニメだと描くのが超大変なんですよね……

| やまなし(管理人) | 2008/06/15 20:50 | URL | ≫ EDIT

ぶっちゃけた話しちゃうと
FPSみたいなのは狩猟民族に任せればいいんですよ
農耕民族はRPG、とくに作業ゲーを任せてもらえばいいんですよ

| ああああ | 2008/06/16 12:55 | URL |

 ゲームの嗜好的な視点からすると、洋ゲーはゲームを現実に近付ける方向に。和ゲーはファンタジーなお話を活かす方向に進化するのを好むようです。
 だから同じRPGでも、洋ゲーは装備部位が実際の人間に近づくよう多くなったり、実際の人間の活動に近付くようリアルタイムで消費するゲージを複数管理しないといけなくなったり、ついには実際切ったはったを操作するようになります。
 日本は世界観を表現するシステムを実装したり、なんかエロい格好させるためにオマケ装備品を増やしたり、演出を優先させる方向でムービーが増えたりしました。
 要するにゲームの望む終着点が洋ゲーが現実なのに対し、日本は小説であるということですね。
 もぅゲーム観として世界と相容れない生き物なんだと思います。日本人

| 通りすがりの萌え考察家 | 2008/06/16 19:16 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん
 『モンスターハンター』のようにモロに狩猟民族っぽいゲームも日本ではヒットしていますが、「作業的かどうか」の切り口は結構面白いなと思いました。同じ作業を繰り返すことによる楽しみが日本では求められているというか……

 ただ、『ポケモン』や『脳トレ』みたいに日本発で欧米でもヒットしている作業的なソフトもあって、「海外→日本」以上に「日本→海外」で成功するかどうかは複雑なのかもと思いました。ユーザー数が多いから色んな人がいるという見方も出来ますが。


>通りすがりの萌え考察家さん
 「好む」というよりは「作るのに向いている」というカンジですかね。
 海外でヒットしている日本製の商品は(ゲームに限らず漫画やアニメも)「ファンタジーなお話を活かす方向に進化する」印象がありますし、それをアメリカ人がハリウッドリメイクとかすると途端に「現実に近付ける方向」になっちゃう印象ですし。

 しかし、そう考えると『Wii Sports』をアメリカ人が「これこそが本当のリアルだ!」と大絶賛したというあの話(2006年のE3)も納得がいきますね。日本人的なリアル表現にアメリカ人が驚いたのだけど、あくまで日本人は娯楽としてそれを作っていてリアルかどうかは考えていない……と言うべきか。

 うーん……この文化の違いも突き詰めていくと面白そうですね。

| やまなし(管理人) | 2008/06/16 21:21 | URL | ≫ EDIT

どうでもいいけど

横槍入れるとロストプラネットはTPSな
カプコンで言うなら連邦VSジオンやガチャフォースに代表されるそれらは
いうなれば和製FPSであると昔から言われている
3Dと2Dは西洋人の得意とする空間把握能力と日本人のそれの違いから派生している
やつらは見たままを描く方向に進んで日本人は抽象化して描く能力に長けていった

| Toorisugariii | 2008/06/16 23:21 | URL |

>Toorisugariiiさん

 あぁ、そうなんですか。
 画像検索してみたら確かに主人公っぽい人が映っていました。知ったかぶっちゃって申し訳ないです。ということは、日本製のFPSはますます存在しないということですね(『メタルギアソリッド4』はFPSじゃないでしょうしねぇ)。

>連邦VSジオンやガチャフォースに代表されるそれらは
 『ロストプラネット』ってこの系統なんですか。
 これを聞いただけで「ちょっとやってみようかな」と思う連ジファンは多いと思うんですけど……「ガンヲタ向けか」「子ども向けか」とイメージを落とす部分もあるから、あまり言われていないんですかね。

| やまなし(管理人) | 2008/06/17 20:06 | URL | ≫ EDIT

こんにちは
FPSに関する考察、大変興味深いです
過去に遡ってみると、3D視点のシューティングの大半は疑似的なFPSと呼べるような物で占められていました
当時はハードの限界の為に、自分を表示し尚且つ敵を表示させる事自体困難であった為であったようです
それが、ハード側のスペックが上がった現状では、国産ゲーは自キャラを表示させて演技をさせる事に特化していき、洋ゲーでは周囲の状況へのこだわりに特化していったと言えるかもしれません、つまり日本ではFPSは生き残れなかったとも言えます
奇妙な事に、洋ゲーでは乗り物に乗る場合ほぼ三人称視点になります、あの人気FPSである「Halo」であっても乗り物では三人称、カーレースゲームに至ってはデフォルト視点が三人称視点になる事は当たり前になっています
このことからも、海外では自分の視点である事を重要視しているのではなく、自分が銃を撃つという事を重要視しているとも考えられます(乗り物はあくまでも操る物で風景の一部という感じでしょうか?)
銃が身近にある訳でもなく、時代劇が根付き、子供のヒーローは基本的に接近戦、銃で遠くから撃つという行為自体が感覚としてなじめない多くの日本人には、FPS自体が異様な物として映っているのかもしれません
その点、銃が身近にあり、ウェスタンや戦争物を見ながらスターウォーズやニンジャで育った、もはや何でもありの国ではFPSでもTPSでも違和感を感じないのでしょう

ところで、「ギアースオブウォー」はTPSです、その為か酔いにくいですしストーリーは途中で終わりますがしっかりとしていて、お勧めのゲームです

「メタルギアソリッド4」は未プレイですがFPSモードもあるとか、小島氏とのインタビュー記事が本当ならば海外ファンのたっての希望で取り入れたとか
アーケードゲームなら「ガンダム戦場の絆」もFPSと言えるのかも、和製FPSも少しづつ出てきているのかもしれませんね

| Gene | 2008/06/17 22:54 | URL |

うーん 遊びたいゲームで遊ぶ・・・やまなしさんはモンハン遊ばないんですよね

私も遊ぶのは実力的にムリですけど、あれって結構見ててもおもしろい
タマゴを盗んでくるクエスト!とかあって、出来るならあのタマゴ育てたいですね~(そんなクエストないですけど)

でも、リオレウス(でっかい飛竜)とか産まれるんですよ!?そしたら
手乗りリオレウス(重くて死にますね)
肩乗りレウス(飛んできたのを受け止めたら、首ぐらいまで埋まりそうだ)
でも、レウスに乗って空を飛ぶ!(いい感じじゃないですか?)
色は青がいいかと、勝手に想像してみる(ムリだけど)


日本市場の独自性を活かした上で海外市場と付きあう
そうですよね やはり、私も日本には日本人らしいゲームがあってもいいと思うんですよ
なにも、意味もなく殺しあうゲーム作らなくてもいいんじゃないかなと、もっと幸せな気持ちになるような楽しいゲーム作ってもらいたいなって思います

なんか、コメントいっぱいでお返事大変ですね~私はいいですよ~無理しないでください

| りこ | 2008/06/18 00:55 | URL |

>Geneさん

>当時はハードの限界の為に、自分を表示し尚且つ敵を表示させる事自体困難であった為
 なるほど、これは面白いですね。
 ハードの能力が上がった結果、その能力を何に使ったのかを見ていくと各国の文化の違いが見えてきそうです。僕にはそれだけの海外ゲームの知識がないのでムリですけど。誰かやってくれる人募集!(笑)

 日本で「自キャラを表示させて、演技させる」ことに進んだのは凄く納得。
 極端な話になりますけど……一人称視点の漫画って存在しませんからね。現実的には出来ないことはないし、1話ごと・短編とかならやった人もいるんでしょうが。そこに漫画の未来を見出した人はいない。主人公の感情表現が如何に大切だったかというか。


>「ギアースオブウォー」はTPSです
 マジすか。
 つーか、こうなると「世界で大人気のFPS」って言うほどFPSばかりが売れてはいないと思うんですけど(笑)。


>りこさん
 僕はPSP持っていませんし、PSPと『モンハン』を持っている友達もいませんし、そもそも友達がいないので協力プレイが出来ませんからね。『モンハン』好きな人も「一人でやっても面白くない」と言っているくらいなので、多分やらないと思います。

 Wii版はネット機能次第で可能性ありますけど……時間くいそうなので多分やらないかなぁ。

 僕も殺し合うゲームがあまり好きじゃないので、水鉄砲で女のコのTシャツを透かしていくようなFPSが出てこないかと期待をしています。

| やまなし(管理人) | 2008/06/18 20:37 | URL | ≫ EDIT

私は、FPSは、あまり好きになれません。
理由はいっぱいありますが、普通の(特に日本に多いライト層)ユーザーのことを考える姿勢が欠けているゲームが多い気がします。
まず、主観視点であることをジャンル名で、宣言してしまったからか、絶対に客観視点への切り替えができないことです。
この時点で、客観視点でプレイしたい人を無視していて理不尽です。
これにはいつも苛つかせられます。
レースゲームはちゃんと切り替えができるのに、ジャンル名との一致にこだわってか、柔軟に対応した作りになっていません。
まるでどこかの国の役所みたいで、お客の視点から作られていません。
欧米では、主観視点だけでも理解してくれるヘビーゲーマーが多いので十分利益がとれるのかもしれませんが、はじめからライト層切り捨てには好感が持てません。
技術的には、プレイヤーキャラ表示することによって、その分メモリーを割かなければならなかったり、プログラム処理に負担がかかるという事情があるかもしれません。
しかし、それは作り手の事情でしかありません。
客観視点と切り替えができるだけで、様々な欠点が解消されるはずなのに、それをしないのは怠慢でしょう。

| 富月 | 2008/06/20 23:03 | URL |

>富月さん

 僕は3Dのアクションゲーム自体が苦手でFPSもTPSもやったことがないので(そのクセにこんな記事を書いてしまったのですが)、そういうところを見る人もいるんだなーと驚きました。『メタルギアソリッド4』で通常視点と主観視点を切り替えられるようにしたのって凄いことで、日本人にしか出てこない発想だったのかも知れませんね。

>客観視点と切り替えができるだけで、様々な欠点が解消されるはずなのに
 これは怠慢というよりは、「欠点だとすら思っていない」んじゃないかなぁと思います。

 さっきも書いたように僕は3Dアクション自体をあまりやらないので、主観視点のゲームの欠点というのがどういうことを指しているのかが分からないのですが……
 主観視点のみのゲームでも(欧米では)ビジネスになっている以上、そこに危機意識もないでしょうし、「こんな面白いゲームが日本で売れないなんて、日本人はホント訳分かんねえな!」くらいにしか思っていないんじゃないでしょうか。

 その切り口からすると……日本でもこうしたゲームが普及するには、欧米のFPS市場に陰りが見えてきて、問題点を改良しようという動きが出てくる必要があるのかも知れませんね。
 そうした改良を日本のゲーム会社が先に行ってしまうというのも手か。うーん……でも、それでも日本でこうしたゲームが売れるようになるとは思えないですね。『メタルギアソリッド』のオンライン版が状況を変えるのかも知れませんが……

| やまなし(管理人) | 2008/06/21 20:19 | URL | ≫ EDIT

主観視点は、リアルで迫力があり、狙撃するような場合は、むしろ客観視点より良いでしょう。
しかし、常に主観視点限定すると、以下の欠点があります。

1:主観視点はリアルなくせに、視界が狭いこと
周辺や足元の様子が即座に把握できず、リアルな分だけ現実世界とのギャップがかえって目立ちストレスを感じます。
・訳も分からない内に、視界外からダメージを受けてしまう
・自分の当たり判定を把握しにくい
・障害物にいつの間に引っかかって動けなり、そこを敵にやられる

と、しばしば理不尽な事態が起きます。

2:プレイヤーや観戦者が客観視点より非常に3D酔いをしやすいこと
慣れや個人差、各ゲームごとの差もあるでしょうが、それに耐えてまでプレイ・観戦を続ける人はどれだけいるでしょうか?

つまり、主観視点に限定させることに伴うこの"理不尽"な欠点も、ゲーム性の内と受け入れ、かつ3D酔いをしない、もしくは耐えてまでプレイし続ける意欲があること…、
こうしたことをプレイヤー側に強いて、間口を狭めてしまうことが、主観視点に固執することの問題点だと思います。
もっとも、これだけ改めれば解決するという問題ではないことも確かですが。

| 富月 | 2008/06/22 20:26 | URL |

客観視点切り替えだけでは、解決しない例として、GTA3があると思います。
今までの海外製ゲームと比較して、異例な程売れましたが、主観視点をメインにしなかったことも、成功の一因でしょう。
しかし、GTA3の成績は、日本では異例のヒットという評価でしたが、海外からはあのGTA3すら売れないという、日本市場の困難性を示す数字として、しばしば引用されています。
やはり、怪物ソフトGTAの数字としては低すぎるというのが実際の評価なのです。
確かに、同じ海外製ゲームながら、SCE時代のクラッシュ・バンディクーの、日本でミリオンヒットには、遠く及びませんでした。
また、ゲームが売れないと言われる時期ながら、FF12は200万本以上売れていますし、モンハンシリーズは、DSに敗れたPSPにも関わらず、ミリオンヒットを出しています。
それだけ潜在的に売れる市場なのに、GTA3が米欧並に売れていないという現実は大きいです。
私は、日本のユーザー達が、FPSやGTAなどのクライムアクションの世界観や雰囲気に馴染めないのが原因だと思います。
リアルだけど、どことなく殺伐した見た目や雰囲気を、敬遠してしまうのでしょう。

| 富月 | 2008/06/22 21:34 | URL |

>富月さん

 なるほど、貴重な御意見ありがとうございます。
 マジメな話……「FPSはどうして日本じゃ売れないんだ!」とか言っている会社は、こういう意見にもっと耳を傾けるべきだと思うんですけどね。売れないならその理由を調査すべきなのに、「日本人ってのは閉鎖的だから」で終わらせてしまうからいつまで経っても売れないというか……


 今回の意見を読んで「日本人にはプレイしにくい」のと「日本人には受け入れにくい」というのは全く別のことなんだなぁと思いました。前者は視点の問題で、後者は世界観とか題材の問題で。


 『GTA』なんかは正直、日本で売れないのは当然のことだと僕は思っています。
 これは「ゲームに何を求めているのか」の違いでもあるんですけど、殺伐としたものをゲームに求めているゲーマーって日本では少数派だと思うんですよ。
 勧善懲悪なものだとか、安心感だとか、ヒーローのカッコよさとか、未知なる土地への冒険心だとか―――ゲームに限らず、漫画でもアニメでも映画でもドラマでも日本で多くの人に支持されているものはそういう作品が多いです。(禄にやったことがない僕が言うのもアレですが)『メタルギアソリッド』が日本で支持されているのは、そうした部分が大きいと思うんですけど……

 海外で売れているゲームが日本で売れないことを嘆いている人達って、そういうところを分析しないというか……「海外で売れる要素を詰め込んだ」結果、「日本では売れない要素ばかりになっている」ことから目を背けているというか。
 『ノーモアヒーローズ』みたいに、日本人が海外向けに作った作品が(海外では売れているのに)日本では売れていないことを考えれば、分かりやすいと思うんですけどね……

| やまなし(管理人) | 2008/06/23 21:09 | URL | ≫ EDIT

もう日本終わってるだろう

売れるとか売れないとか言う以前に日本のタイトル糞杉w

洋ゲー凄過ぎw

| 360ゆーざー | 2008/09/17 18:35 | URL | ≫ EDIT

>360ゆーざーさん

 まぁ、色んな価値観がありますからね。

| やまなし(管理人) | 2008/09/17 19:34 | URL | ≫ EDIT

メタギアシリーズもGTAシリーズもロストプラネットもFPSではありません。TPSです。
TPSとFPSはまったく別物です。RPGとSTGくらいの差があります。

>>んで、こんな風に「日本のゲーム会社はFPSを作るべきじゃない」と僕が主張すると、今
>>現在FPSを楽しんでいる日本のファンが怒るかと言うと―――
>>そうしたFPSファンこそが一番「日本のゲーム会社がFPSを作っても海外には適わない」
>>と分かっているんじゃないですかねぇ。だって既に海外製のFPSを楽しんでいる人達で
>>すもの。
それは違うと思います。
FPSerから言わせてもらうと、海外の会社と競争になるとか、ならないとか、
そんなことはどうでもいいから日本製のFPSがやってみたいです。

なぜ自分達は海外のFPSをやるのか、それは日本の会社がちゃんとしたFPSを出さないからです。日本人ですから、日本の会社には期待していますし、FPSも作ってほしい。
海外のFPSに適う、適わない、は関係ない。面白いかどうかが大事です。
確かに海外のFPSは画質などがすごいが、海外と日本は文化が違うんです。
そこらへんのヲタクに超高画質のガチムチなおっさんを見せてもなんとも思わないでしょう?
しかし、それがアニメや漫画に出てるようなキャラクターでしたら・・・?
そういう日本の文化を取り入れれば、日本でもFPSは売れると思います。

確かに日本はFFやドラクエ、ポケモンみたいなRPGをやる人が多いです。
しかし、"ゲーム"とは同じ作業を繰り返して自己満足するものではなく、知り合いや世界中の人とを対戦したり、協力プレイをしたりするものだと思っている人もたくさんいます。
日本でFPSが流行らないのは困りますね。


そもそも、日本でFPSがあまり流行らないのは「求めるもの違い」ではなく「CMが流れたかどうか」、というのが一番大きな理由だと思います。

FPSは敵を倒して自己満足をするものでありながら、敵に倒されて安心感を得るものでもあります。
それゆえ日本人はFPSゲームをプレイするのに適しているといわれています。
3D酔いなんてのは一週間もやれば慣れます。
それで慣れないものは、ゲームが悪かったり、パソコンの性能やモニターの残像がひどかったりするからです。
それなのにFPSが流行らないというのは、どう考えてもテレビのせいでしょう。

テレビCMってやつの効果はすごいです。
海外では小学一年生の子供から60歳位の年寄りまでが知っていて、大量の賞金をかけた大会や1vs1チャンピオンでギネス記録にも載る「カウンターストライク1.6」も日本では一部のPCユーザーしか知らなかったし、

ネクソンが運営する「カウンターストライクオンライン(CSO)」とレッドバナナが運営する「サドンアタック(SA)」を比べると、サービス開始一カ月後で、テレビCMが時々流れたCSOは4000人程度、テレビCMが流れなかったSAは400人程度と10倍の違いがありました。

ポケモンや国民的(笑)RPGのドラクエ、FFのテレビCMは毎日見かけるけど、FPSゲームのCMなんて一回も見たことありません。

テレビの次に大きな理由はNECやSonyなどの大手PCメーカーにあります。
日本のPCメーカーは「ゴミみたい」としか言いようのないパーツを使ったPCを高価で販売していました。いや、いまも販売しているでしょう。しかも、高性能なパーツが入ったPCは店頭には並べません。よって自作やBTOなどを利用しない人はゴミPCしか買えません。
FPSはwiiやPS3などのゲーム機でやるよりもパソコンで、キーボードとマウスでやるのが適しています。

PCメーカーが低質がPCしか売らないから、日本でちゃんとFPSができる環境を持っている人も少ない。海外でアンリアルトーナメント(1999)、カウンターストライク(2000)などの3DFPSが出て、流行っているとき、日本ではNECが漢字の処理速度の速いPCを売りつけてます。そんなPCでは3Dゲームができない。と、みんなが思っているときに任天堂がコンシューマ機ポケモンなどのRPGを出したから、たくさんのゲーマーがそちらにいきました。

コンシューマ機ではFPSなどできないので、当然RPGしか出ません。その結果、RPGが流行って今の日本に至ります。

外国のFPSがすごいからとか、求めるものが違うからとかではなく、"ゲームといえばRPG"、という印象が日本のアマチュアゲーマー達の頭の中にあるのが日本でFPSが流行らない理由であると思います。

いろいろと関係ない話になっちゃいました。すみません。

| aiueo | 2009/11/04 19:41 | URL | ≫ EDIT

過去記事ですみませんが

昔とは違う意味で洋ゲーが嫌いな人もいるんじゃないでしょうか。
海外産FPSをべた褒めして日本産のゲームを貶す、洋ゲー厨とでもいいましょうか、そういう人が増えている気がします。
もしFPSに興味を持って調べてみても、こんな感想ばかりだったらゲンナリするのが当たり前だと思います。
最近は日本のクリエイターが公の場でこれに近い事を言ったりするので、CODやらGOWやらの洋ゲーを取り巻く状況(ゲーム自体ではなく)が嫌いっていう人は結構いると思いますね。

| 初めまして | 2009/12/16 01:21 | URL |

まずTPSとFPSの違いがわかっていないように、厳しい意見ですがあなたは洋ゲーを詳しく理解していないですね

| タナカ | 2013/03/31 01:17 | URL |

継・何故FTPSが日本で流行らないのか

初めまして、ボクシングvs柔道的な、J-STG研究者でございます。
FTPSプレイヤーの意見に疑問を感じ、議論に参加させて頂く事にしました、
何卒宜しくお願い致します。さて……

>>aiueo
ゲームといえばRPG、ってのはモンハン等の他ジャンルの国産ゲームも
売れてるし、寧ろ「欧米と生魚」的な嗜好の問題じゃないのか?
それと敵に倒される安心感、というのは技術ありきな戦場で
簡単に死ぬのを嫌う日本人としては理解出来ないが、
まあ闘争心と緊張感に満ちたリアルな戦場で切磋琢磨をして
敵を倒し勝利する、というFPSの信条は理解出来なくも無い。
現実の重厚感に残酷表現がもたらすバイオハザードの恐怖心やDOOM、
SchoolDaysの捕食者固有の残虐性における美学を理解している俺ならな。

だが、「生身を使う日本料理に野蛮と批評したアメリカ人も食べるようになったから」って考えでは物事はまかり通らん。
確かにCMで盛んに宣伝すればどんなゲームも、それこそFPSだって売れる事が出来るだろう。
だがCMだってタダではなく、依頼するにもそれ以上の売り上げが無ければならない。
そしてFPS自体も「人を殺して戦場を楽しむのは嫌」と日本人に批評されて、
自然生物を狩るのを嫌うアメリカともっさりなモンハンの関係と同様、
日本料理以上の積極的な変革を日本市場に齎さない限り、
ゲームが売れない宣伝が出来ないの繰り返しから脱する事は不可能だろう。
日本料理とモンハン・FPS・TPSを同じ様に見てはならない。

…尤も、aiueo等のFTPS好き日本人やGaijinHunter(?)等のモンハン好きアメリカ人を見れば分かる通り、
そうしたジャンルを一般常識と捉える事自体がそもそも間違っているが。

長文失礼しました、ではこれで。

| J-STG研究者 | 2016/01/13 14:51 | URL |

>日本のゲーム市場には限界があるが、海外の市場はこれからも伸びていく

初めまして。元トヨタ自動車の営業部に居た者です。自分もそれは
感じていました。今でも日本車が世界一ですが、トヨタの自動車は
レクサスのようにブランド化してヨーロッパの富裕層が憧れの外車に
乗りたいと思わせるのが大事だと思っております。ただし一般大衆の
外国人は日本車よりも中国や韓国の車を選ぶ人が多いです。それは
アジアの車は欧米より質が悪くて安いという観念があるからです。
実際、今の日本はシンガポールを目指しているのか分かりませんが
英語と日本語、中国語なんかも使える国際的な国になろうとしてます。
それは根本的に「日本語という市場では限界があるから外へ行こう」と
大企業と投資家、官僚の方々が危機感を抱いているからです。
日本は1億人が消費税を払い、ある程度の人がモノを買ってくれれば
国として格差もあまりありませんでした。現在、日本車だけではなく
アニメを含む日本製品が海外でも売れ始めており、これは日本独自の
商品を欲しがる人々が増えたおかげだと思います。ただし長い目で
日本製品を守る為に日本市場や日本語に拘っても良いのかという不安は
おそらく企業側が強いと思います。特に英語圏やスペイン語圏で日本の
文化や価値観が違うもの、日本車と違って本やおもちゃ屋で売られる
マンガやゲームソフトは若い世代しか売れません。
そしてその若い世代がお金を持たず、違法ダウンロードで
手に入れる事に慣れた場合、日本製品は売れにくくなります。
日本車は購入者に満足できる内容がアニメとゲームと違って
かなり楽だと思います。快適に操作できればいい訳ですから。
ところがアニメやゲームは映画と同じで作家性やシナリオを求める。
日本人が苦手とする異国の万人に面白いと思わせる事が必要です。

最後にまとめると日本ではFPSを作る必要性はないと考えるよりも
ある程度海外と迎合して日本の生き残る道を探すのが良いと思います。
それこそFPSのシステムを持ったJRPGとかはどうでしょうかね。
既に萌えるキャラデザをした日本独自のFPSを売っておりますが
最初は抵抗が強いと思います。しかし徐々に支持を広げていくしかないでしょう。

| ああああ | 2016/10/29 10:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/696-1ff80e23

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT