やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(7月22日~7月28日分)

 久々にフリゲ紹介を書きました。

 フリーゲーム紹介『アグニの神』
 色々なフリーゲームを遊んできた僕ですけど、この作品ほど「こんなゲームありなの!?」と驚いたものはありません。ギャグのセンスはどうしたって好き嫌いあるでしょうが、アイディアだけでも一見の価値ありです。




 次は商業ゲームの話。

 『AFRIKA(アフリカ)』の開発を主導してきたふたりのキーパーソンにインタビュー
 (情報元:WY2K帳さん)
 カメラのくだりはカメラに全く興味がない自分にとっては「頑張るとこ、そこかよ」と思ってしまったのですが、ゲーム自体は普通に面白そうですね。“一部の動物の視点を眺めることが出来る”モードは魅力的すぎる。動物が大好きだった幼少時代の気持ちに戻れそうです。
 (HDテレビを持っていないので)当分計画はしないと思いますが、PS3を買ったら一番遊びたいソフトかも。

 にしても、今回のインタビューで一番興味深かったのは「このソフトを作ったキッカケ」でした。
<以下、引用>
 きっかけは、2004年5月のE3ですね、そのとき出展されていたタイトルは、FPSやアクションなど、ジャンルがほぼ固定されていて、その中で競争していた感じでした。そのとき、もうちょっとゲームが多様化してもいいのではないかと思ったのですが……。もう少し平和的というか、勝ち負けのない、プレイステーション3のスペックを十分発揮できるようなタイトルができるのではないかと考えたのがきっかけです。
</ここまで>

 「ゲームの多様化」「勝ち負けのないゲーム」―――
 皮肉なことに、この半年後にライバル会社が出すニンテンドーDSと同じ路線なんですよね。
 ハード屋のSCEは高スペックなPS3がまず最初にあって、それを活かせるそうした新ジャンルのソフトを考えていって。ソフト屋の任天堂は、そうした新ジャンルのソフトを作れそうなニンテンドーDSやWiiを作った―――という順番の違いだけで。

 とにかく、3Dアクションが苦手な自分としてはこういうソフトに頑張ってもらいたいです。
 このソフトも動物に襲われるとダメというペナルティはあるみたいなんで、自分が得意なゲームだとも思えませんけど(笑)。


B000FS7V36AFRIKA

ソニー・コンピュータエンタテインメント 2008-08-28
売り上げランキング : 51

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓




>7月27日18時37分
 内容が無いみたいな挑発に易々と翻弄されそうなやまなしさん萌えってスイマセン


 確かに落ち込むこともありますけど……
 そういう時は「ジャンプ感想やってた頃に比べたらマシだ」と思い返して元気を出すことにしています。あの頃の袋叩きっぷりに比べりゃーまだまだ愛がありますもの。あまり萌えられなくてゴメンなさい。



 結局、今季のアニメは『セキレイ』だけ観ています。
 序盤は「どうなんだろうコレ…」と思いながら観ていたのですが、キャラが増えていくごとにどんどん面白くなってきました。先週は、お兄ちゃんと同じようなシチュエーションに巻き込まれながら、お兄ちゃんと全く違って大活躍でセキレイを助けちゃったユカリ(cv.阿澄佳奈)に笑いました。妹の方が主人公っぽいよ!(笑)
 1パターンな展開を逆手にとって対比に使ったのは、地味だけど上手い手法ですね。

 にしても、ユカリの「美少年は国の宝なんだぞ!」は名言すぎる……!



 そのままセキレイラジオを視聴。
 他の人のスケジュールを合わせられなかったのか、早見さん一人という荒行に……パーソナリティ初挑戦の17歳に5回目にして早くも一人喋り1時間をやらせるとは、スタッフはラジオを舐めているのではないかと思いました。その割には卒なくこなしていて驚きましたけど。

 その一人喋りにて「親に連れられて長嶋監督の引退試合を観に行った」と発言していたので「え?17歳だろ!?」と思ったのですが、選手の引退(1974年)ではなくて巨人の監督を辞めた(2001年)試合のことか。長嶋“監督”って仰っていましたしね。
 僕なんか、長嶋さんが巨人の監督を辞めたのなんて一昨日くらいの感覚だったのですが……17歳にとっては10歳の頃の話ですもんねぇ。どんどん老いていくわー。

B001CI90A0セキレイ 壱 【完全生産限定版】
早見沙織, 井上麻里奈, 草川啓造

アニプレックス 2008-10-22
売り上げランキング : 171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| WEB拍手返信 | 18:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/739-3c23d00e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT