やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ダブルアーツ』に“少年漫画らしさ”を思い出す

 ジャンプを読まなくなって数年。
 当然、最近ジャンプで連載が始まったこの作品も読んだことがなかったのですが……あいばたん往乃さんがプッシュしているのを見かけたり、WEB拍手で直々に「オススメですよ!」と言われたりしたので、全く情報を仕入れないままポチッとAmazonで購入してみました。


4088745590ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)
古味 直志

集英社 2008-08-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 漫画読み歴の長い僕ですが、絵柄もストーリーも世界観もジャンルも作者も知らずに「週刊少年ジャンプで連載されている」「オススメされた」という二つの情報だけでコミックスを買ったのは初めてかも。Amazonからの袋を開けて初めて「あー、こういう絵なんだ」と思ったくらい(笑)。

 実際、自分に合わなかったら2巻以降を買わなきゃイイだけだと割り切っていました。
 ゲームの場合は何千円もするのでバクチ色が強いですけど、漫画は400~500円で済みますから“とりあえず1巻”を買いやすくて助かりますね。


 で、そんな不安と期待を綯い交ぜにしながら読み始めたワケですが―――
 最初の1ページで、「あ、コレはハマる」と直感しました。

 直感というよりは、経験に基づく論理的予測を“何となく”感じたというか(??)。
 言ってしまえば、『東京大学物語』の「手錠の旅」。主人公とヒロインを物理的に離れられなくすることによって、24時間(読者が)監視してしまうエロスと、離れられなくなっているからこそ二人の内面を描けるという題材ですよね。
 中野純子の『B-SHOCK!』とか、青年漫画ではさほど珍しくはないシチュエーションとは思います。


 でも、「それを少年ジャンプでやるのか!」というのは驚き。
 期待通り、エロ方面の展開というよりは、バトル描写における“限定条件”に使われていて、上手いこと少年漫画のニーズに合わせているなぁと感心しました。お風呂やトイレのシーンもあるんですけどネチネチしたエロスは微塵もなく、健康的で爽やかな少年少女の成長物語に落とし込んでいるところが好印象です。


 もう、この時点で自分としては大満足。漫画描きとしては「この手があったかぁ」と悔しかったです。
 ですが、アイディア勝負だけじゃない終わりません。


 なんたって、ヒロインの胸が控えめな辺りが素晴らしい
 設定自体は少年漫画としては突飛ですし、伝染病の件はかなりヘビーな話ではあるんですけど……少年漫画の王道であり伝家の宝刀である「ピンチor絶望→ひっくり返して→大逆転でカタルシス」を、丁寧に描いているのがイイですね。

 第1話も、第2話も、収録されている読みきり『island』も、この「絶望」の心理描写をしつこいくらいに描いておいて、後にひっくり返して無化してしまうというのが物凄く心地よかったです。
 もう僕は数年間も少年漫画を読んでいなかったので、こういう“少年漫画らしさ”が懐かしかったのとともに、題材自体はちっとも“少年漫画らしくない”ので抵抗なくスンナリ読めました。この“少年漫画らしさ”と“少年漫画らしくなさ”のバランスが自分にはしっくり来ていて非常に面白かったです。



 まぁ……僕はコミックスでしか読んでいないのでこの後の展開が僕の望んでいる方向とは違う道を進むことだってあるでしょうし、だからといってコミックス未収録分の先の展開をネタバレなんかしないで欲しいんですけど(そのために他の人の感想を読まないようにしているくらいなので)。
 久々に少年漫画の新刊をワクテカしながら待ち続ける日々が始まりそうです。ジャンプの漫画は2~3ヶ月で次の巻が出るから嬉しいですよね。




 にしても、この主人公のルックス……サキ・アマミヤを連想してしまうのは僕だけ?

| 漫画読み雑記 | 18:03 | comments:9 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

大半の人はFF7のクラウドを連想するんじゃないでしょうか。髪型だけですけど。
そういえばエルーはFF5の白魔道士レナっぽいかも。アビリティは「かくとう」でw

| ああああ | 2008/08/09 02:49 | URL |

>ああああさん

 クラウドはあんまりピンと来ないかなー。
 これは漫画描きとしての職業病みたいなところなんですけど、サキは白と黒の比率がキリに非常に近いんですよ。あとはハーフパンツ。クラウドは服がトーンになるだろうからあまり近いカンジをしないんですけど……まぁ、有名だというのが大きいんでしょうけど。

 あれ?でも、言われてみればサキってクラウドに近い気がします(性格とか、エヴァっぽいとことか)。そう考えていくと、遠回りにでも何らかの影響で繋がっているような気も……

| やまなし(管理人) | 2008/08/09 20:18 | URL | ≫ EDIT

最近ジャンプで連載されているのでは、「ぬらりひょんの孫」もオススメだったりします。
最近第一巻が発売されましたが、かなり売れているらしく、品切れになっているところも多いようです。

ぬらりひょん、鬼太郎でラスボス的に描かれているあの妖怪です。
その妖怪の血が1/4だけ流れている孫が主人公です。
出てくる妖怪が、変なオリジナルではなく、由緒正しい妖怪なのが良いです。
妖怪好きならオススメです。

いや~、私は妖怪って好きでして。
「萌え萌え妖怪辞典」なんてのも買っちゃうくらいでw
妖怪こそは日本人が古来より持つ、厨二病的設定の見本市だと思ってます。

あ、「萌え萌え妖怪辞典」は、タイトルがアレですが、意外とマジメな妖怪本でした。

| メルト | 2008/08/11 11:59 | URL |

>メルトさん

 妖怪に興味あるそぶりなど微塵も見せたことがないのに、何故だか妖怪モノを猛プッシュされてる……!?

 ということで、僕は妖怪にはあんまり興味ないですねー。『もっけ』は読んでいるけど、アレは姉妹の成長物語として読んでいるので。ぶっちゃけ“ぬらりひょん”が何かも分かりませんし、『鬼太郎』もほとんど観たことないです……

| やまなし(管理人) | 2008/08/11 20:41 | URL | ≫ EDIT

すみません、ちょっと個人的趣味に走りすぎました。
ただこれだけは言っておきます。
「ぬらりひょんの孫」に出てくる女の子はカワイイと!w

まあでもなんだかんだでジャンプはまだまだ面白いですね。
「デスノート」コンビの新作も始まりましたし、私はジャンプ卒業はできそうにありません。

| メルト | 2008/08/12 10:24 | URL |

>メルトさん

 ジャンプに限らず、漫画雑誌を卒業するというのは「面白くなくなった」というよりは「読む側の環境の変化」の方が大きいんじゃないかなーと思います。僕も、前の号を読み終わる前に次の号が出てしまうようになって卒業した雑誌がありますし(一週読み逃すとついていけないというのも大きいですね)。

 コミックス派の人が増えるというのも、時代の流れとして仕方がないのかなと。

| やまなし(管理人) | 2008/08/12 20:04 | URL | ≫ EDIT

僕はこの漫画は好きになれなかったですねー。
設定にオリジナリティが無い上に矛盾が多すぎるし、キャラの行動原則も強引だし。
接触感染を恐れていたエルーが露出の多い服装になったり、無謀な行動に出たキリが一言も責められることなく感謝してしまうシーンが例として挙げられます。
作者は設定を作り込むのが下手なんでしょうね。読み切りなら使い捨ての設定でいいわけですし。
単行本では細々とした矛盾はいくつか修正されているようですが、編集部もあれだけプッシュしたんなら設定のフォローぐらいして欲しかったです。

| レト | 2008/11/15 13:17 | URL | ≫ EDIT

>レトさん

 記事を読んでもらえれば分かると思いますが、僕はジャンプ本誌は読んでいないのでコミックス未収録分のネタバレは控えて欲しかったです。それに対して僕が感想を言うことも不可能です。

>無謀な行動に出たキリが一言も責められることなく感謝してしまうシーン
 コレは確かに「気にする人は気にするんだろうなぁ」と思いました。
 この漫画は“どん底のシチュエーション(感情)からひっくり返す”ことを最優先にしているため、ひっくり返しすぎておざなりになっているところもあるのは確かですね。僕なんかはそういう「小っちゃいこと気にすんな!」なところも含めて好きなんですけど、ディティールにこだわる人からは評判悪いのかもなとは2巻を読んで思いました。

| やまなし(管理人) | 2008/11/15 23:37 | URL | ≫ EDIT

>コミックス未収録分のネタバレは控えて欲しかったです。
これは大変失礼しました。
私は逆にコミックスは実際に読んだことは無いんですが、それを差し引いても配慮の欠けた軽率なコメントをしてしまいました。
今後、気をつけたいと思います。

| レト | 2008/11/16 10:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/749-906d47d4

TRACKBACK

繋いだ手と手が紡ぐ物語。 - ダブルアーツ -

ダブルアーツ 1 (1) (ジャンプコミックス)(2008/08/04)古味 直志商品詳細を見る今回レビューするのは「ダブルアーツ」。既刊1巻。 WJで連載中の...

| マダオの戯言 | 2008/08/13 15:33 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT