やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

森崎君の守備はいつからザルになったのか?

 連日『どき魔女2』の話。

 森崎
 「今のゲートキーパーは守護天使のモリサキですもの。
 あの男の守りはザルそのもの。「なんども通られてたまるか」と口ばかり達者ですの。」



 シリアスなシーンだったのに、いきなり森崎君の話題とな!
 まぁ、パロネタ満載の『どき魔女』なので分からんでもないですけど、どマイナーなパロネタが多いこの作品においては有名作品の話題が出たなぁと驚きました……ちなみに“ゲートキーパー”とは闇撫の樹のことでも企業戦士のことでもなく、人間界と天使界を繋ぐ門がどうのこうのという話だったと思われ(本編にほとんど関係ない話しだし、あんまり覚えていない……)。


 “森崎君”を知らない人のために解説しますと……
 80年代を代表する少年ジャンプのサッカー漫画『キャプテン翼』に登場するゴールキーパーで、作中最強クラスのゴールキーパー若林君の控え(代理?)的なポジションにいるキャラクターです。
 僕の子ども時代に遊びでサッカーをやっていた場合、キーパーの上手な子は「まるで若林みたいだ」と言われ、キーパーの下手な子は「森崎じゃないんだから」と言われるくらい知名度がありました。ダメなゴールキーパーの代表格、みたいなカンジでしたね。「森崎をキーパーにするなら柱の方がマシだ」みたいな。酷ぇ。


 とは言え、僕は当時『キャプテン翼』を読んだことがなかったのですよ。
 この話をすると長くなるのですが……『キャプテン翼』のコミックスは兄貴が集めていたので、兄のものには弟は触れてならないという家庭内ルールがあった僕は『キャプテン翼』をしっかり読んだのは20歳を過ぎてからでした(続編はジャンプ本誌でチラホラ読んでましたけど)。

 つまり―――作品を読んだことがなかった人でも知っているくらいの有名キャラだったんですよね。
 というか、当時はまだJリーグ前ですから、実在のサッカー選手なんかほとんど知らなかったというのも大きいんですけど。




 で―――ここからが本題。
 僕は20歳過ぎてから『キャプテン翼』の無印バージョンを初めて全巻一気読みしたんですけど、別に森崎君ってヘボキーパーじゃないじゃんと驚きました。
 もちろん若林君には遠く及びませんが……一応、森崎君メインの回とかもあったりで、報われないけど一生懸命でそれなりに格好良いヤツだったのでした。『スラムダンク』で言えば、小暮さん……というのは流石に言いすぎか。

 こういう風に(原作を読んだことのない)子ども達の間でネタにされることで、必要以上に歪められることってあるんだなぁと思いました。これは石崎君の自殺点とかもそうか。今見ると、そんなに責められるプレイじゃないんですよね。


 なので、『どき魔女2』で森崎君が「ザルそのもの」とまで言われているのに違和感を覚え……Wikipedia先生に尋ねてみました。

 キャプテン翼の登場人物(Wikipedia)

 やはり……というか、何というか。
 「なんども通られてたまるか」の元ネタとなっているであろう「そうなんどもぬかれてたまるか~!」は原作には登場せず、ファミコン版のゲームにしかない台詞なんですってね。
 ゲームとしての性質上、森崎君は若林君、若島津君に次ぐゴールキーパーとして最低の能力しか与えられず、結果として子ども達は「最弱ゴールキーパー=森崎」という酷い印象を持ったのでしょう。

 『キャプテン翼』はファミコン版が有名すぎて、サイクロンは原作に出てこないことを知らない人が多いんじゃないか―――とは、以前にチラッと書いたことがありますけど。森崎君のヘボキーパー設定も、ソレに近いものがあるのかも知れませんね。

(参考:「“ドラえもんに出てくるセワシ君”って誰ですか?」の意味



 実を言うと……こういうのってファミコン時代に限った話じゃなく。
 初代プレステ時代の『ウイニングイレブン』とかでも、やたら「スピード」能力値が高かったババンギダという選手が実際のプレイは観たことがない『ウイイレ』ファンの間でも有名になったとか。
 ティジャニ・ババンギダ(Wikipedia)

 『スーパーロボット大戦』とか『Gジェネレーション』でのみガンダムを知っている人は、原作には出てこない設定上だけのメカとかキャラとかが普通に出てくると思っていたりとか……(『Zガンダム』にZII出ないの!?と驚かれたことがあります)



 原作よりも記憶に残るゲーム版の設定っていっぱいあるんですよね。
 それはまぁ……好意的に解釈すれば、「森崎君が有名キャラになったのはファミコン版のおかげ」とも言えて。メディアミックスの幸せなカタチなのかもとも思うのです。
 いやまぁ……『どき魔女2』でもネタになっていたように、「そんな設定は原作にないのですよ!」とゲーム版とアニメ版のファン同士がケンカする原因になったりもするのですが(笑)、それもまた「色んな人がいて面白いね!」と楽しむくらいの余裕を持ちたいですね。


B000068HBYキャプテン翼

テクモ 1988-04-28
売り上げランキング : 10074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| 漫画読み雑記 | 18:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ファンロード1986年8月号の「シュミ特」で確認しました。
 *ざるから茶こしに昇格
 *人気があるのは、ゴールを決めさせてくれるから
 *ボールが怖くては止めようがないか(アミバネタ)
・・・などと、みんなわかっているようです。

| k | 2008/08/13 07:52 | URL |

ぜんぜん違います。

原作、ゲームにふれて、アニメに触れない時点でどうかと。
森崎くんのへぼさはアニメが一番です。
子供たちがもっとも触れるメディアは原作でも、ゲームでもありません。
アニメです。

あの当時は漫画の理解はそんなにすすんでいないし
その親の世代は手塚世代になってしまうので
大人になって漫画を買う世代ではありません。
小学生はお金もないですし、ジャンプコミックをそんなに買えるわけじゃない。
ただ、TVアニメは無料です。

そのアニメで、森崎くんのヘボさがクローズアップされていたため
知名度が高いのです。

| さあ | 2008/08/13 13:10 | URL |

>kさん
 あらら……1986年の時点でそういう認識ということは、88年のゲーム版発売以前からネタにされていたみたいですね。僕の「ゲーム版からそういう認識が広まったのでは」という仮説は、思いっきし間違っていたことにorz

 というか、この頃から「ネタキャラとしての人気」が確立されていたということで、やおい的な意味とかでもそうなんですけど、『キャプ翼』が後々の漫画文化に与えた影響は物凄かったんだなーと今更ながらに思いました。


>さあさん
>原作、ゲームにふれて、アニメに触れない時点でどうかと。
 記事内にも書いた通り、僕はオンタイムでは経験していないので(世代としてももうちょっと下)……当時の状況をこうやって伝えて下さるのはありがたいです。情報どうもです。

>あの当時は漫画の理解はそんなにすすんでいないし
 これは家庭によるんじゃないですかね。ウチの兄貴は全巻持ってましたし(77年生まれ)。
 『キャプ翼』ストライクゾーン世代は団塊ジュニア世代だと思うので……当時の子ども達がジャンプ黄金期を支えたのは間違いないんじゃないかと思います。ただ、今と環境が大きく違うのも確かで、「コンビニでの立ち読み」が出来なかった分ジャンプ本誌を読めずにアニメのみを視聴していた人というのも多かったでしょうけどね。

| やまなし(管理人) | 2008/08/13 19:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/753-3b8a3960

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT