やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前作ファンを幸せにする続編、『どきどき魔女神判2(DUO)』紹介

『どきどき魔女神判2(DUO)』
 ニンテンドーDS用/アドベンチャー
 SNKプレイモア
 2008.7.31発売
 公式サイト

 当ブログで書いたファーストインプレッション
 当ブログで書いたクリア後インプレッション(ネタバレあり)
B0016GM49Cどきどき魔女神判!2(Duo)(初回限定版:「魔女チェック(スキミング防止)カード」同梱)

SNKプレイモア 2008-07-31
売り上げランキング : 235

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 多分、きっかけはスーパーファミコンの『ファイアーエムブレム 聖戦の系譜』だったと思います。
 前作である『ファイアーエムブレム 紋章の謎』を好きすぎた僕は、当時ゲームをやっていなかった時期なのに、続編である『聖戦の系譜』の発売を聞きつけワクテカしながら発売日に購入しました。そして、前作から変わりまくったシステムに馴染めず序盤でやめてしまったのです。

 以後、僕は「大好きなゲームの続編は買わない」主義を貫くことになりました。
 まぁ……『スパロボF』→『スパロボF完結編』みたいな例外もあるんですけど(笑)、あれだけ好きだ好きだと言っている『ウイニングイレブン』シリーズも実はワールド版とJリーグ版を1コずつしか買ったことがありませんし、『スマブラ』や『マリオ』の続編が出たとしても恐らく僕は買うことはないでしょう。

 どうしたって大好きだった前作と比較して、変わったことに失望してしまうのだから―――



 なので、正直この『どきどき魔女神判2』も不安の方が大きかったです。前作が大好きだった分、その感動は超えられないだろう……と。
 ですが、実を言うと前作は抽選で当たってタダで頂いたものだったので、仮に今作が失望に値するものであっても、スタッフの方々などなどへの感謝の意を込めて限定版を自分のお金で買わなきゃいけないなと思い予約をしていました。


 そして、遊んでみて驚いたのです―――「何にも変わっていない」と。
 細かい進化は物凄く念入りに行われているのに、受ける印象は「前作のまま」だという安心感。初めて味わった“これは前作ファンのためのゲームなんだ”という感覚。それは時として「新規ユーザーを切り捨てている」とも言えるんですけど、これまで「大好きなゲームの続編はガッカリするから買わない」と思ってきた僕が、初めて「出会えて良かった」と思えた続編でした。


 縁って不思議なものですよ。
 前作は抽選で当たっていなければ僕はプレイしていなかったでしょう。そして、前作が抽選によってタダで頂いたものでなければ、今作を「大好きなゲームの続編はガッカリするし……」と買っていなかったかも知れないのです。


 イブ先生の台詞じゃないですけど、「それが運命」ってことなのかもですね。
 前作を楽しんだ人は迷うことなく、買っておきましょう―――この作品はきっと、アナタのように“前作を好きだった人”のために作られたものだから。


↓ 以下、感想はクリックで。




○ 見えにくいけれど、確実な進化
 新しい舞台、新しいヒロイン、新しいストーリーになったとは言え、システム面の目立った追加は「どきどきチェッカー」くらいです。ホント、第一印象は“中身を新しく詰め替えただけ”というものでした。

 しかし……遊んでいると、徐々に進化に気付いていくものなんですよね。
 ・オプションで探索時のタッチの設定変更が可能に
 ・アドベンチャーモードでは「寄り道」と「ストーリーを進行させるイベント」がMAP上から明確に
 ・逆パンダ以上にレア度が高いうさ丸が登場
 ・魔女バトルでは、天使剣が曲線でも斬れるようになったので“ストレス”が激減
 ※ イメージ的には前作が『ドラゴンクエストソード』で、今作はWiiモーションプラスに対応したカンジ。今作で「サバイバル」18人抜きした僕が、久々に前作の「サバイバル」をやったら4人抜きで終わったくらい(笑)。もちろんルールが変わっているのも大きいんですが。
 ・魔女バトルの魔法エフェクトが派手に
 ・魔女神判モードはアニメーションやらコンボやらギミック(乳揺れなど)がパワーアップ
 ・全体的に画面のレイアウト・フォント・キャラアイコンが見やすくなりました


 特に、魔女バトルは半端なく遊びやすくなりましたねぇ。
 前作でも「魔女バトルが楽しい」と公言していた僕ですけど、今作の魔女バトルを経験すると前作の魔女バトルは「遊びにくっ!」と思ってしまいますもの。天使剣の入力が甘々になったのと、エフェクトが豪華になっただけという気もするんですが……各能力の「リスク」と「リターン」がよく考えられているなぁと感心します。ここら辺は、流石に格闘ゲームのSNKの伝統??

 また、本編でいつでも「練習バトル」が可能になったのもありがたいですね。仲間になったキャラの特性をあらかじめ掴んでおけるので、魔女バトルでのゲームオーバーは確実に減りました。(それでも僕は、ソフィ戦とラスボス戦には1回ずつゲームオーバー喰らいましたけど……)



 アドベンチャーパートはMAP上のアイコンが変わったくらいなんですが……
 「ストーリーを進行させる」「エンディングへのフラグ立て」「逆パンダの収集」という目的に限られていた前作と比べると、今作はサブキャラクターと親交することで「どきどきチェッカー」が出来るようになるというオマケ要素が。これで、いつでもちよちゃんに「ストーカー先輩v」って呼ばれられるぜ!

 でも、マジメな話……ゲームってこういう気配りが大事だと思うんですよ。
 遊んでいる人を「飽きさせない」「少しでも楽しませよう」という熱意は色んなところに反映されるもので、それこそ探索時に出てくる膨大なテキスト量なんかはそれがあったからこそだと思うのです。逆パンダ収集だけじゃなく、よりレア度の高いうさ丸を用意したというのも、逆パンダ探しに緩急を付けて飽きさせないようにしようという心意気でしょうしね。



○ 『どき魔女』は前作ファンを裏切らない!
 僕がこの作品に「続編だけどガッカリしなかった」と感じたのは……上に書いた「前作よりも遊びやすくすることを目指した」進化の部分と、もう一つ「前作を蔑ろにしていない」という郷愁の部分が大きかったです。

 前作キャラがオールスターキャストで登場するだけではなく、アクジを含めた前作キャラはそれぞれ“前作での成長”を引き継いでいるし、今作のストーリーは前作の「魔女探し」のテンプレを上手く活かしていました。
 前作キャラと今作キャラの絡みも非常に面白く―――喩えば、前作メンバーで言えば多少“浮き気味”だったれんげが、今作ヒロインであるころんやかもめと同じレベルではしゃいでいるのには非常に癒されました。前作ヒロインの立ち絵も音声もほぼ同様に収録されているみたいですし、何気に凄いことやっていますよねー。
 ちなみに前述した新機能「どきどきチェッカー」って、“前作で既に魔女かどうか判明してしまっている”前作キャラ達との触れ合いのための機能でもあるんですよね。そういう意味でも、スタッフはファンと同じくらい前作の『どき魔女』が大好きだったんだなぁと嬉しく思います。

 それと……ネタバレになっちゃうから詳しくは書きませんけど、クリア後に出てくるオマケ要素のアレには雄叫びをあげました。「よくぞここまでやってくれた!」とスタッフに賛美の声を届けたいです。マジで1ミリも妥協せず、「前作ファンを楽しませてやるぞ!」といういっぱいの想いで作られたソフトだと思いますよ。


 それは裏返せば、今作から入ったプレイヤーにとっては意味不明ということでもあって、だからこそ僕はこれだけ大好きなこの作品を「みんなにオススメだよ!」とは言えないんですけど―――
 ターゲット層を「前作ファン」に絞って作られるというのは、ファンにとっては本当に嬉しいことなんだと噛みしめています。これまで続編ゲームを遊ぶ時は「新規ユーザーを開拓しなきゃいけないから仕方ないよね」と諦めてきたものでしたが、今作に至っては全く1回たりとも思いませんでした。あぁ、このゲームは自分のような前作ファンのために作られたソフトなんだ……!と感慨深かったです。



 前作の発売から1年ちょっと……
 漫画版の連載開始、続編の発表、漫画版のコミックス発売、WEBラジオ開始、漫画版の完結と『2』の漫画版連載開始、そしていよいよゲーム版『2』の発売……と、全てが計算されていたかのようなタイミングでメディアミックス展開がなされてきました。ファンとしては非常に楽しく、非常に幸せな1年間でした。

 日本のゲーム業界全体で言えば、このゲームは5年後・10年後までも語り継がれるような作品ではなかったかも知れません。2作品目は大成功だったと思いますが、これが3作品目・4作品目と続くとも思いません
 でも、きっとこの幸せな1年間をファンは忘れないと思うのです。ファンもスタッフも、イイ大人達が全力で楽しんで全力で楽しませようとしたこの経験は―――心の片隅の奥の奥の奥の方にでも残るんだと思うのです。この作品を存在させてくれた全ての人に、感謝をしたいです。



○ 総評
 前作ファンなら買っておけ!
 前作が楽しくなかったなら、買わない方が無難。
 前作をプレイしていないのなら、前作を買うかどうかをまず考えよう!(前作の時点で好き嫌いが分かれるゲームでしたしねぇ…)

 僕個人としては、こんなにも大きな声で「大好きだ!」と言えるゲームもないってくらい大好きです。多分、前作よりも更に。
 キャラもシナリオも非常に良かった。クラスも学年もバラバラなそれぞれのキャラが「魔女探し」という一つの目的で集まり、「仲間」として最終決戦に向かう熱さは前作同様で感涙モノでした。シンプルでベタなんだけど、だからこそ力強い……!


 そして、クリア後も黙々と「サバイバル」モードにハマっている僕―――
 今回の「サバイバル」は半端ないです。どうやら「条件が揃うとHP回復になることがある」と「出てくる敵がランダムになることがある」みたいなんですが、これだけで「次は何とかなるはず!」とついついチャレンジしてしまう中毒性があるのです。ホント、細部まで抜かりなく丁寧に作っているゲームだと感心しますよ。


B001AO15B8どきどき魔女神判2 ドラマCD
ドラマ

ティームエンタテインメント 2008-09-17
売り上げランキング : 22061

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム紹介 | 14:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

感謝します。
ここを見なかったら、2購入に踏み切る機会はなかったことでしょう。

| Tickt | 2009/12/09 01:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/756-7cb02d73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT