やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:私服は口ほどにモノを言う

 僕はエロゲーをほとんどやらない人間なんですが、それでも面白かった記事。

 エロゲキャラの私服(情報元:ふぇいばりっとでいずさん)

 たくさんある意見の中で特に多いのはこの二つ。
 「いつも同じ私服だな」と、「私服がダサい」―――

 「ダサい」かどうかは作品によって違うと思いますし、私服がダサくないエロゲーだって世の中にはあるんじゃないかと思うのですが……「いつも同じ私服」というのはよくよく考えてみると面白い現象だなと思いました。


 エロゲー(ギャルゲー)が「いつも同じ私服」なのは、私服を複数パターン用意するとその分だけ立ち絵を用意しなきゃならないからですよね?それが出来ないのは容量制限のためだったり、絵師の仕事量の限界であったりするということで……
 逆に、家庭用ゲームやPCゲームでヒロインを着せ替えられる(非エロ)ゲームが増えているのは、容量が増えたことや、3DCG技術が向上したことで絵師への負担がなくなったことが言えるんだろうなぁと思います(立ち絵ではないエロゲーならばまた違った話になる)。




 まぁ、エロゲーに詳しくない僕がエロゲーのことを語ってもアレなんで……他分野だとどうなんだろうという話を考えてみます。
 アニメに関しては―――上の記事でも触れられていますが、設定画を元に複数の人間が作画に関わるので私服のパターンが限られてしまうのは致し方ないのかなーと思います。私服の数だけ設定画が必要になってしまうワケですからね。
 原作漫画では毎度違う服を着ていた(そして、ディティールが凄まじかった)『苺ましまろ』ですら、アニメだとパターン化されていてガッカリしたような印象があります。


 では、漫画は?
 上述の『苺ましまろ』の例があるように、一人で描く漫画の場合は作者のサジ加減次第で何とかなってしまうんですよね。そりゃデザインの手間だとか、カタログ見て「こんなカンジにしようっと」と選ぶ時間はかかるかも知れませんけど、アニメやエロゲーで私服パターンを増やす労力に比べれば微々たるものではないかと思います。

 もちろん……週刊連載なんて超人技を繰り広げている人々からすれば、その「微々たる労力」すら惜しまなきゃならないんでしょうけど。僕みたいなアマチュアな人間は、色んな服を描いた方が勉強にも刺激にもなるし、キャラの私服は出来る限り替えるように心がけてきたのですが……

 そんな中、上述の記事に気になる意見が―――

・逆に私服が毎回違う漫画とかはイラッとくる。

 そ、そうなのか!
 当然ながらこれが全ての人の意見ではないとは言え、これまで僕が良かれと思ってやっていたことが「イラッとくる」人もいるんだと改めて痛感しました。いやでもしかし、作る側の“労力”とか“時間”といった都合ではなく、読者の側も「キャラの私服はいつも一緒がイイ」と思ってしまう根拠とは一体何なのか……非常に気になる意見でした。


B000H4W1GA苺ましまろ オリジナルビデオアニメーション 1〈初回限定版〉
坂井久太 ばらスィー

ジェネオン エンタテインメント 2007-02-23
売り上げランキング : 6722

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

予想1:誰が誰だか分からなくなるから
 ここからは僕の予想。

 「漫画家の画力では、髪型と服装でしかキャラを描き分けられない」みたいな揶揄がありますけど(自分は+輪郭+体型があると思うのですけど)、それって卵が先か鶏が先かという話であって、漫画という媒体では髪型と服装でキャラを描き分けなきゃならない鉄則があるんだと僕は思っています。

 そりゃ、漫画が顔アップだけ描いていればイイ媒体だったら、目鼻口&表情の特徴でキャラを描き分ける文化が生まれていたと思うんですけど……
 実際にはカメラはグルグル動いて、「遠くから描かれている構図」や「上からの構図」「下からの構図」「背中からの構図」などが必要になるので、顔が映らない構図であってもキャラを見分けられるような特徴が求められていったんですよね。


 なので……漫画のキャラを個体認識するためには、目鼻口&表情よりも、髪型や服装の特徴を覚えることが重要になり。キャラの服装をコロコロ替えることは、「せっかくキャラの特徴を覚えたのに変えるんじゃねえよ!」と思われかねないのかもと思いました。

 その作品の熱心なファンとか、単行本で一気に読んでいる人とかならば変化もまた楽しめる要素なんでしょうが……パラパラと漫画雑誌をめくってたまーに読む程度の人からすると、「あれ?このキャラってこないだのあのキャラ?」と誰が誰だか分からなくなるのかも知れませんね。
 喩えば、僕なんかも作品の中で「黒髪ショートカットはこのコ一人」みたいなバランスを考えてキャラ配置していますけど……もし仮に雑誌の中の一つの作品だった場合、全作品に黒髪ショートカットのコが一人ずついたら、結果として読者はごっちゃになってしまうのかも……。



予想2.個性がなくなる
 これは良い面・悪い面の両方があることだとは思いますが……
 服装というのは「キャラを表している大事な要素」です。学生服はもちろん“その学校の生徒である”という属性表示ですし、私服もパンツルックなのかスカートなのか、スカート丈はどのくらいなのか、ソックスは、靴は、うんたらかんたら。


 服装って最も印象に残る部分ですもんね。
 “現実に近い”かどうかは、この際関係なくて……そりゃ実際にはお嬢様だってジャージを着るだろうし、おならもするんだろうけど、漫画の作中でジャージを着たりおならをしたりするとこまで描いてしまうと読者には「お嬢様だ」とは思ってもらえないんですよね。

 読者に「白いワンピースの女のコ」と覚えてもらったのなら、最後までそのイメージを貫き通すべきという意見も分からなくもないです。


 もちろん、そのイメージの枠組みの中でどうやりくりをするのかとか、そうしたイメージを崩すことでギャップを生み出すというのも非常に楽しいことなんですけど―――作者が楽しむ前に、まず読者にイメージを植え付けることが重要だというのは確かに忘れがちだったなぁと思いました。



 パッと思いついたのは、この二つ。
 確かに「キャラの私服を毎日替える」ことは最適解ではなくて、失うものもあるんだなーと思いました。最終的にはどこに優先順位を持ってくるかという話になるんでしょうけど。単純に「いつも同じ私服なんて手抜きだ!」とは言い切れないことが分かりました。


 とは言え、上で「服をコロコロ替えると個性がなくなる」と書いておいてアレなんですけど、「ずっと同じ私服を着ている」以上に「色んな私服に着替えるのだけど、一貫した“らしさ”がある」方が個性が出るとは思います。
 もちろん、それをやるには“ある程度の尺”が必要で、その尺を読ませる覚悟とか、そもそも(自分の好みとは違う)キャラごとの服のセンスというものを表現しきれなきゃならないワケで―――リスクも非常に大きいんですけど。

 裏返すと、「私服はいつも一緒」もまた最適解ではないことが言えるんじゃないかと思ったのです。


(参考記事:『よつばと!』風香のファッションチェック~


4048671510よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
あずま きよひこ

アスキー・メディアワークス 2008-08-27
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 19:37 | comments:18 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

キャラの見分け方とか個性がどうとか以前に、

「ほーら、オレはこんなにキャラの私服に気を使ってるんだよぅ」
「私服をないがしろにしてる作家って多いけどさぁ、オレってオシャレだからさ」
「だっせえ私服じゃなくて、ちゃんと今風の装いだろ?ほれほれ」

みたいな作者の「漫画描いてるけどオシャレに気を使ってるオレ」アピールが
透けて見えることがままあるので、それが鼻についてイラっとくることがある。

ただこれにも
*大してセンスもないのに自信満々なその様子にイラッ
*ほんとにセンスがいいからイラッ
の二種類があると思う。

前者はよくあるタイプのイライラで、作家のひとりオナニーが透けて見える上に
それがお世辞にもウマイと言えず、読者が引いてしまうというパターン。
少年誌にありがちで、ヒロインが毎回着替えてるんだけど
どれもこれもエロゲーの制服みたいなのダッサイオタク妄想衣装のオンパレード。
そのくせ一丁前に「ヒロインの服には気を使ってます」発言をして叩かれるというケース。

後者は、現代の若者ファッションをリアルに描けるが故に
ファッションにうといオタクの劣等感を刺激してしまい前者と同じように叩かれるパターン。

| ああああ | 2008/08/29 07:30 | URL |

氷川へきるの「ぱにぽに」は、あまり強力な描き分けをしているわけではない割に
主人公のベッキーは服も髪型もほぼ毎回違う、という希有なパターンですね。

それをするためかはわかりませんが、ベッキーは作中では希少な
「ちび+金髪」という設定で、かつ他のキャラが大体いつも同じ格好(制服とか)なので
いつも違う格好なのに、読者は容易に彼女を認識できる、という仕組みになっています。

うまい方法だなぁ、と感心することしきりでした。
計算してやっているのだとしたら侮れませんねえ。

| 通りすがり魔 | 2008/08/29 12:18 | URL | ≫ EDIT

私服だとおっしゃるようなマイナス面がありますが、これが「コスプレをしている」という設定になると、ほとんどなくなりますね。
だから最近、コスプレが趣味っていうヒロインが増えてきているように思います。
先駆けは、CCさくらでしょうか。まああれは無理矢理着せられてましたが。

ひょっとすると水着回とか夏祭り回ってのも、全員コスプレをしているって感じなのかもしれませんね。

| メルト | 2008/08/29 12:39 | URL |

ぱにぽにはアニメでも毎回ベッキーのふくが変わってましたね

| ああああ | 2008/08/29 14:11 | URL |

とりあえずばらスィーは極論だろう。

| ああああ | 2008/08/29 15:13 | URL |

のび太は黄色、ジャイアンはオレンジ、スネ夫は青緑、しずかはピンク。
映画版だと違ってたりして違和感ある。

| ああああ | 2008/08/29 16:00 | URL |

あれ、ジャイアンは緑?
……と思ってたらパーヤンだった事は良くある。

| ああああ | 2008/08/29 16:38 | URL | ≫ EDIT

>ああああさん
 うーん……
 個人的には二次元と三次元は別物だと思っているので、「漫画描いてるけどオシャレに気を使ってるオレ」アピールというのがあまりピンと来ませんね。そんな人、ホントにいるのかなーというか。

 極論な例だと言われていますが(笑)、喩えば『苺ましまろ』を読んでも「この作者はホントに女児が好きなんだな!(いい意味で)」と思うだけで、「この作者はファッションセンスが素晴らしい!」とは思いません。
 男作者が女のコの服を描くのは、オシャレというよりもフェティシズムに近いんじゃないでしょうかね。

 まぁ……「そのフェティシズムが気持ち悪い」と言われたらソレまでなんですけど。


>通りすがり魔さん
 その作品は読んだことがないのですけど、主人公だけを特異なデザインにさせることで目立たせること自体は漫画のセオリーではあります。『よつばと』で言えば、よつばの髪の色とか。

 ただ、そこから一歩踏み込んで、だからこそ髪型や服装をいじくりまわせるというのは面白いですね。服装はともかく、髪型いじるのは勇気が要りますからねー。多分、意図してそういうキャラデザインにしたんじゃないでしょうか。


>メルトさん
 僕はそんなに「コスプレをしている」作品を知りませんけど(笑)。
 水着回とか浴衣回とかだと、誰が誰だか分からなくならないようにまずしっかりと顔と服装(体)がセットで描かれているんじゃないかなーと思います。水着回なんかは特にそうなんですけど、ファンサービスをするからには「誰が誰だか分からない」ようだったら意味がありませんから。


>ああああさん
 なるほど。
 その「毎回服が変わる」というのは、作品にとって(作業効率を落としてでも)優先しなければならない要素だったのかも知れませんね。だんだんこの作品に興味が湧いてきました……


>ああああさん
 ですね(笑)
 「じゃ、『苺ましまろ』を週刊連載で」となったら話は変わってしまうのでしょうし、あまり一般的な例えではなかったですね。


>ああああさん
 確かに。
 アニメの場合は特に「色」がパッと目に入りやすいですし、仮に服が変わっていたとしても「色」は変えづらいんでしょうね。特に『ドラえもん』は「毎週欠かさず観る」というよりは、パッとつけて「あ、やってるやってる」というものですし。


>ああああさん
 水色だったらブタゴリラ。
 一つの作品内だけじゃなく、他の作品との区別に気を使わなきゃならないのも大変ですね。

| やまなし(管理人) | 2008/08/29 21:39 | URL | ≫ EDIT

上の意見はちょっとコンプレックス強すぎると思うけど
作者にセンスあろうがなかろうが
毎回服変えるのは、確かに「服に気を遣ってます」感が過剰に透けて見えて鼻につく。
それと、ちょっと落ち着きがなくてうるさいかも。
例えて言うなら、アニメのOPテーマが毎週変わる感じ。

| VIPPERな名無しさん | 2008/08/29 22:03 | URL | ≫ EDIT

最適解は「ない」んじゃないですかね。
漫画の内容、読み手によって好みは変わるモノですから。

ただ、言えるのは「マンガは全ては描写しない」ということで、
逆に言うと描写するものには意味がある、あれかし、ということ。
アクションにせよディティールにせよ、マンガはその全てを描写する能力を持たないし、
正確に描写するものでもない。その必要もない。
むしろストーリーのためにそれらを抽象化するのがマンガだと思うわけです。
骨格が正確な必要はないし、顔に鼻がある必要もない。それがマンガです。

キャラの服装に変化があれば、基本的にはそれには意味があるはずで
それは作者が意図するせざるに関わらず。ある種の絵解きになるわけです。
こういう絵解きは読み手の楽しみでもありますが、他方ストレスにもなります。
…まあ、結局最適解は作品、読者によって変わるってのが結論になってしまいますがねw

多くの作品で衣装が変わらないのは、それが無意味だからってのもあると思いますよ。


| 一見 | 2008/08/30 01:34 | URL |

いつも同じ服を着ているのはおかしい、
だからといって毎回服が違うのではキャラとして覚え辛いというのであれば、
「毎回微妙に違う同じような服」こそ最適なのでは…!

例えば『聖☆おにいさん』という漫画では、主人公はいつもTシャツ姿ですが、
趣味がTシャツ作りなのでTシャツに書かれている文字がいつも変化しています。
つまり、同じ服を着ているように見えて毎回違う服を着ているのです。
これならば全く問題ないんじゃないかなと思います。

ただ、残念なことに萌えは全くありません。

| ますたー | 2008/08/30 15:20 | URL |

ちょっと論旨がずれるのですが、気になったので書かせていただきます。

女の子の服が今のホントの女の子の流行と違っててダサイという意見ですが、これには理由があります。
そのときそのときの流行にあわせた服をデザインすると、間違いなく何年かあとに凄まじく流行遅れでダサいものになってしまうのです。

かつてシティーハンターなど、80年代の漫画やアニメでヒロインの服装をリアルに流行に合わせて描いていたら、あとから見ると古臭くてつらいという意見がありました。その失敗から、現実に合わせずデザインするのが主流になったのです。
また、服装のセンスに関しては男性と女性でウケる方向性が違うので特にギャルゲヒロインの服はああいったものになるのではないでしょうか。(女性誌の表紙のような化粧と格好をしたギャルゲヒロインを想像してもらえればわかるかと思います)

長文失礼しました。

| imite | 2008/08/30 16:52 | URL |

>VIPPERな名無しさんさん
 「落ち着きがない」というのは、物凄く的を射た言葉ですね。
 僕の長ったらしい文章もこの一文で全部説明がついてしまったくらい(笑)。

 「服に気を遣ってます」感はどうでしょうねー。
 下の方のコメントにも通じるんですが、作者の意図として「服を毎日変えることで表現できるもの」というのがあるんでしょうから(日数経過や季節感を出すとか、生活感を出すとか、おめかしイベントとか私服のセンスでキャラ立ちとか……などなど)、鼻につくとまで言われるのは可哀想な気もします。


>一見さん
 僕もその意見に同意です。
 作者が何を優先して描いて、何を描かずに省くのか―――と、読者が何を優先して描いて欲しくて、何を省いて欲しいのかが一致するかどうかの話であって。

 「私服を毎日替えること」でしか描けないものも、それを求めている読者もいるんですよね。
 もちろん、逆に「ずっと同じ私服」でしか描けないものも、それを求めている読者もいる―――と。

 当たり前なような結論なんですけど、作者と読者が狙っている(欲している)ものの不一致だとこういう「イラッとする」ということに繋がるのかも知れませんね。犯人が誰という話ではなく、たまたま合わなかっただけというか。


>ますたーさん
 ふむ。
 確かにそれが最も現実的に使われている手段な気もしますね。『聖☆おにいさん』の例や、『よつばと』風香が常にTシャツだとかは極端な例としても……このキャラの服はこの路線、このキャラの服はこの路線、みたいな棲み分けを少女漫画とかだとやられているような印象があります。

 それでもキャラが増えすぎるとパンクしてしまうのでしょうが……


 関係ない話ですが、『聖☆おにいさん』という漫画はついこないだ会った友達にも勧められたので今度(Amazonで頼む商品が送料無料の1500円に達しなかった時にでも)買ってみようと思います。


>imiteさん
 あー、なるほど。
 確かに80年代の作品って「80年代の服着ているなー」と思うことがあるんですけど、90年代以降の作品は「90年代の服着ているなー」とは滅多に思いませんでした。「センスが古い」と感じることはあれども(笑)。

 現実に流行っているものをそのまま取り入れたところで、喩えば単行本化するまでに廃れていたりしますもんね。うーん、難しい。そう考えるとブログってタイムラグがなくて楽な媒体なのかもですね。

>男性と女性でウケる方向性が違うので
 でも、「エロゲーの服のセンスが悪い!」と言っているのは男性なんですよ(笑)。
 んで、描いている人のセンスが悪いのかというと、制服のデザインは素晴らしく可愛かったりするケースもあって謎……まぁ、制服は常に女性を3割増しで見せるということなのかも知れませんが!

| やまなし(管理人) | 2008/08/30 20:41 | URL | ≫ EDIT

コメント失礼いたします。

タイトルで既にピンときてしまったので書かせていただきます。
「漢式青春ばくはつ劇場」という漫画(作者は美川べるの)の一巻で
まさにエロゲキャラ(ギャルゲキャラ)の服装について書かれていたのでセリフを抜粋させていただきます。

「内気な男子はあまりにも気合の入ったハヤリモンを着てくると…ヒく!
『自分が地味なコンプレックス』……。
『着飾る女は自分の美しさに自信のあるいけ好かない奴』の先入観…!
『ちょいダサ』はそんな540度(いっかいてんはん)ほどヒネくれた男が優位を感じつつ女子を愛でられる……正に究極の戦闘服(ドレス)なのよ!!」

内気な男子=主人公=プレイヤーだと思います。
字だけで書くと失礼なこと極まりないセリフですね(笑)
そういう漫画なのでネタとして受け止めてくださると幸いです。
はじめて読んだ時はすごく納得してしまったのですが(笑

| 荒海 | 2008/08/30 23:30 | URL | ≫ EDIT

まあ毎日を連続して描いている漫画ならばともかく、そうでなければ服装はそう毎回変えたりする必要はないんじゃないだろうか。

| ああああ | 2008/08/31 10:44 | URL |

>荒海さん
 あー、まー、三次元の話で言えば分からなくもないですね。
 「ヒく」というよりは「ムリめ」な雰囲気を感じるというか……

 でも、エロゲーの話で言うと「親しみやすいヒロイン」も「ムリめなヒロイン」もいてイイはずだと思うので、それを意図してやっているとは思えませんねー。この辺の“私服のセンスによってキャラ立ち”が表現できるまでいくと凄いとは思うのだけど、流石にそこまでは難しそうです……


>ああああさん
 今回、想像以上に「私服は一緒で構わない」派の意見が多くて驚きました。
 (もちろんどっちが多数とかはコメント数だけでは分からないものですが)

 自分としては「手間をかけた分だけ喜ばれる」という思い込みがありましたからねー。今回の記事を通して、色んなことを考えさせてもらいました、

| やまなし(管理人) | 2008/08/31 20:51 | URL | ≫ EDIT

上の「男女の好みの差」の人の意見を補足させて貰いますが
これは、オタクと一般人ファッション界隈との好みの差とも言い換えられるのではないでしょうか?
ファッションに限らず、男女には好みの差があります。これには生来の嗜好の差ももちろんあるでしょうが
特に異性の事になると、お互い自分達の理想の異性像と言う側面が過剰にでます。
それが、同姓にとっては「媚び」に感じられて不快感を覚えるのではないでしょうか?
ですが、ここ最近の日本では、その物事の価値の「標準」の位置が大きく女性側に傾いているように思えてなりません。
例えばそれが顕著なアイドル業界。
女性側の欲望に忠実なジャニーズのような男性アイドルは未だ健在ですが、反対に男性の欲望を体現したような女性アイドルはほとんど絶滅していましました。
今では若手女性タレントは、「同姓にも支持される」というのが前提条件になっている感があり、男に媚び媚びの女性アイドルは「ダサい」と一蹴されてしいます。
ところで、昨今のオタク業界はそんな風潮に閉め出された男性側の感性を許容する逃避場所になっている嫌いがあると思います。
漫画・アニメの世界は、ふりふりのスカートを履き、縞パンだの白パンだのが横行し、ブルマだの旧スクだのとっくに絶滅した着物が当然のように幅を利かせる特異な世界です。
声優アイドルなんて、まるで80年代アイドルのように(同姓には嫌われがちな)フェミニン臭を全開にさせています。
さて、その中でもエロゲは究極の野郎側の一方的な欲望充足妄想ツールです。
確かにエロゲヒロイン達の私服は、野暮ったくてお世辞にも洗練されているとは言いがたいと思います。
ですが、「現代の実際の若者の流行」の追う現在のファッション的に言うところの「洗練」とは、女性が見てもカッコイイような
「男に露骨に媚びるようなダサいセンス」を削り落とす事と同義になりかねません。
現に、リボンだの何だのと往々に「ファッション派」に批判される部分は、現代の規準からすればフェミニン過ぎる部分だったりします。
例えばスカートは止めてパンツルックが多数派になり、肌を出すのを嫌って流行のチュニックにレギンススタイル、パンチラなんて望むべくもなくなったり。
いいトシして少女趣味なパーツは取り去られ、クールでオトナっぽい雰囲気とやらが主流になったり。
どこか「処女性」を求める世界なのに、主張が強く装飾過剰なギャル服だのネイルアートだのリアルで媚びない髪型だのされたら興ざめなわけで。
妄想劇場を期待する男達からすると、大きなお世話としか言いようがないわけです。
「エロゲはセンスが悪い」と言ってるのは男性との事ですが、もちろん単純にその野暮ったさを指摘している場合もありますが
往々にして「自称ファッション派」な男は、ファッション界隈の前述のような傾向(ひいては世間の一般的傾向)に、よく言えば「理解のある」人が多いような気がします。

| VIPPERな名無しさん | 2008/09/01 16:02 | URL | ≫ EDIT

>VIPPERな名無しさんさん

 「テレビから女性アイドルが消え」、「声優文化がその補完をしている」というのはよく言われていることだと思いますし。アイドルヲタから声優になったモモーイなんかはその実証だと思うんですけど……

 その延長線上にギャルゲー・エロゲーヒロイン(アニメのヒロインとかもそうか)がいるというのは言われてみればその通りですね。アイドル性と役者性とキャラの三つの要素が支えあって成り立っているとでもいうべきか。
 そう考えると……「私服が残念なヒロイン」というのは、「スポットライトを浴びている時は輝いているけど私生活は地味」というアイドルのギャップに近いものがあるのかも知れないなーと(ご意見とは若干違う結論ですが)僕は思いました。


>妄想劇場を期待する男達からすると、大きなお世話としか言いようがないわけです。
 ただまぁ「男性に媚びている」はずの衣裳デザインが男性から「残念だ」と言われるというのは、展開としては失敗と言えると思うんですけどね。あんまり言い過ぎると自分の創作活動にも跳ね返ってくるのでアレなんですけど、現実から隔離され過ぎてしまうとイマイチ実感が得られなかったりするものですし。


 まぁ……要は、どの分野でも悩ましい「現実とファンタジーのバランス」という話なんでしょうね。現実そのものはイヤだけど、現実味がなさ過ぎるのもイヤだというか。その辺は個人差があるんで、それこそ最適解などないのでしょうね。
 個人的には体育のシーンで普通にブルマを履かれていたりすると、その時点でゲンナリしてしまいます。

| やまなし(管理人) | 2008/09/01 20:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/765-0d961f0c

TRACKBACK

【ネタ】 (アニメ・漫画・ゲーム) ・幸村誠「ヴィンランド・サガ」6巻 王子の顔とリアルな眼 (ゴルゴ31)  こういう細かいところで全体の...

| 送り犬のビーフストロガノフ | 2008/08/28 21:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT