やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

WEB拍手メッセージへの返信(10月20日~10月26日分)

 先週の木曜日に近所のゲーム屋をチラッと見たら、Wiiソフトの棚の通路側右上という“一番目立つ場所”に『プロゴルファー猿』が置かれていて写真を撮ろうかと思ってしまいました。携帯電話を家に置いてきたのが悔やまれる……

 いやホント、店からしても「入荷したからには売らなきゃ!」なんでしょうけどねぇ。

 ちなみに他のソフトはと言うと……『プロゴルファー猿』は右上1枚だけで(だから一番目立つ場所だったという気もするか)、そこから左に数枚『天誅4』、その下の2段にかけて『Wii Music』がポップ付きでデカデカと陣取っていて、その下に『ハッピーダンスコレクション』が1段でした。
 面積としては『Wii Music』>『ハッピーダンス』>『天誅』>『猿』なんだけど、大人向けソフトを上段、子ども向けソフトを下段というように考えて置いてあるんだなぁと感心しました。ゲーム屋さんの棚を見ているだけで数時間は楽しめそうです。


 しかし……ということは、店からすると『プロゴルファー猿』は「大人向け」のゲームなんですね。




 『忍之閻魔帳』さんや『ゲームの裏話』さんによると、『Wii Music』の初週販売数は10万本弱だったそうです。
 個人的には「あの題材でここまで売れるのは凄い」と思ったのですが、流通関係者から『Wii Sports』『Wii Fit』に続くソフトとしての期待をかけられ過ぎたのか消化率は低めだとか。このまま年末商戦前に値下げが始まるようだと、1年前の『スーパーマリオギャラクシー』の二の舞になりかねませんね。

 また、『わがままファッション ガールズモード』は忍さんによると初日2.7万本だとか。
 こちらは「期待以上の売上げ」という手応えみたいですが、口コミでもっと伸びて欲しいソフトではありますね。購入者の評判は「作り込みが半端ねえ!」と絶賛されているので、30万本~50万本くらいまではいって欲しいんですけどね。女性ユーザーの多いDSで、馴染みのある題材で、任天堂らしい作り込みとCM戦略と、ここまで揃ったんですから……


B001F7BOXYわがままファッション ガールズモード

任天堂 2008-10-23
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 うわっ、27日朝の時点だと『ガールズモード』はAmazonで定価になっていますね。週末で売れまくったのか、全然入荷していなかったのか、品薄気味というのは間違いなさそうです。

 というワケで、先週分のWEB拍手返信です。↓




>10月21日21時34分
 こちらのブログから勇気(元気?)貰ってますよ~vv頑張ってください!!


 ありがとうございます。
 このメッセージを読んだ時は本当に弱って参っていた時期だったので、強く励みになりました。この数日前に「ブログを通して女子からパンツをもらうにはどうすれば良いのか」という記事を書こうとして思い留まったのですが、思い留まっておいて本当に良かったと思いました。



B000EHVVD4ぶんぶんライダーパンツ

ジグ
売り上げランキング : 50433

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ↑の「商品紹介」。
 バイクとパンツのコラボレーション。乗り心地抜群。

 吹いた。


<今週の近況報告>
 WEB拍手のメッセージ、返信したりしなかったりでゴメンなさい。
 返信できなかったメッセージも欠かさず読んでます。


 あと、先週土曜日の『アニスパ』(@文化放送)鷲崎さんの誕生日企画が聴いてて切なかったです。バラエティなんだからガハハと笑い飛ばせば良いことなんですけど……
 ゲストの坂本真綾さんとの“お互いの良いところを誉めながら黒ひげ危機一髪をする”コーナーで、真綾さんに何度も「思いつかないんで、パス」されつつも、その度にゲストを誉めなきゃならない鷲崎さんの立場が。なんつうか、怒りとか悲しみとかではなくて、自分の人生を客観的に見るとこんなカンジなのかなぁと虚しくなったというか。

 笑い飛ばせば良い話なんですけどね。
 今回は1ヶ月に渡って引っ張ってきた企画だったんで、尚更痛々しさが身に染みたというか。うーん。別に鷲崎さんも真綾さんも何一つ悪くないんですけど(企画に全乗っかりしただけで)、結果的に全然関係のない僕が死にたくなっているという。


B001ELTXQQ雨が降る
坂本真綾 斎藤ネコ

JVCエンタテインメント 2008-10-29
売り上げランキング : 31

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| WEB拍手返信 | 18:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>大人向けのゲーム
プロゴルファー猿ですからね…今の小・中学生の子どもらには馴染みが薄いのかも。
ゲゲゲの鬼太郎のように、今まさに子供向けにリメイクされたものが放映されていたのであれば、話は別だったかも知れませんが(苦笑)


ちなみにこのゲーム、自分はまだ買う決心がついておりません^^;
伊集院光さんも深夜ラジオにて「買う」と公言されていたし、何時かはやってみたいんだけどなぁ…(苦笑)

| じぇふ茶 | 2008/10/27 21:33 | URL |

>じぇふ茶さん

 実を言うと、僕の世代でもギリギリアウトくらいなんです>猿
 アニメ放送は観ていたはずなんですが、あまりに小さかったので内容は覚えていないというか。『ドラえもん』以外の藤子アニメは大抵そんなカンジで……多分、僕よりもうちょっと上の30代前半(団塊ジュニア)くらいがストライクゾーンじゃないかと。

 まぁ、日本の「ゲーム機戦争」はこの団塊ジュニア世代の奪い合いとも言えるんで、Wiiで久々にゲームに戻ってきた30代をターゲットとしているのは悪くない狙いだとは思うのですが。マーケティングだけでゲームは完成しないというイイ例なのかも。


>自分はまだ買う決心がついておりません
 プレイ動画を流すことの是非とかもあるんですけど、このゲームに関してはニコニコ動画ででもプレイ動画を観てから判断した方が良いんじゃないかなーと思います。あのプレイ動画でも「面白く見えるのが腹立つ」と某氏は仰っていましたが、「あれで?」という気分ですもん(笑)。

 「下らないネタゲー」というよりも、「ひたすら単調にタイミングを合わせていくだけのゲーム」という印象で……ガハハと笑い飛ばせるゲームでもないんじゃないかと思うのです。伊集院さんも今週はネタにしてませんでしたし(まぁ、今週は他に話すことがあったからとも思いますが)

| やまなし(管理人) | 2008/10/28 20:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/817-8d2ee3b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT