やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「あんなのが売れるなんて理解できない」とか言っている評論家って何なの?

 数ヶ月前に作画作業をしながらラジオを聴いていたら、業界では“権威”と言われている(らしい)某映画評論家が「○○という映画を観たがクソだった」「あんなのが売れているなんて理解できない。この国はガキばっかだ」とお発言になさっていて、前者についてはともかく後者の発言はもうホントに許せなくて忘れられなくて―――


 僕自身はその「○○という映画」を観たことはないですし、観る気もないんですけど……
 あ、一応言っておきますけどその映画は『ポニョ』じゃないですよ。子ども向けアニメ映画が売れたから「この国はガキばっかだ」と仰られていたのではなくて、大人向け映画をその評論家先生が気に入らなくて「あんなものを楽しんでいる大人はガキだ!」と仰られていたのが非常に腹立たしかったということです。


 「○○という映画を観たがクソだった」
 この発言に関しては別に構わないです。

 これは映画に限らない話なので、以降の文章は「映画」の部分をお好きな分野に置き換えて読んでもらいたいのですが―――
 “評論家”と呼ばれる人は年に何百本も映画を観ているのでしょうし、年に10本レベルの人間からしてみれば「この映画、自分は面白かったけど、沢山映画を観ている人からの評価はどうなんだろう?」と気になることはありますからね。自分とは違う立場の人はどう思ったのか?という意味で、プロだろうがアマだろうが“評論家”の意見も重要だとは思います。


 でも、それと同じことは逆の立場にも言えるのです。
 「年に何百本も映画を観る評論家の意見」と同じくらい「年に1~2本、イベント事のようにしか映画を観ない人の意見」も重要なんです。誰もがみんな年に何百本も映画を観ることなんて出来ません。映画鑑賞なんて趣味の一つであって、他に仕事や勉強といった本業があるワケですからね。

 立場が違えば、評価や感想が違うのも当然だろうと。


(関連記事:ゲームをやらない人が遊ぶゲームがベストセラー
(関連記事:「普段萌えない属性の人を萌えさせられるのがメジャーキャラ」説
(関連記事:漫画はお金がなくても作れるエンターテイメント



 まぁ……自分が絶賛した映画が売れてなくて酷評した映画が売れまくっている状況だと、「間違っているのは自分じゃなくて人々だ!」と大声で叫ばなきゃ商売上がったりなんでしょうけどさ。そんな人が「面白い」と言っている映画なんて観る気にならんよ。

 そもそも映画の興行収入って基本「面白いと思った人」の数ではなく、「面白そうだから観に行こうと思った人」の数で決まるワケですからね(リピーターとかもありますけど)売れることと、それを観た人が面白いと思ったかどうかは別であって―――映画評論家はそのスキマを埋めるための仕事なのに、そんなことも分かってなくて仕事してんのかよと言いたい。




 今回のケースに限らず、「○○なんて理解出来ない」という言葉って自分自身の“想像力の欠如”“貧困な理解力”“狭い視野”“頭を使えない無能さ”を主張しているだけだと思うんですよ。それを辛口コメントか毒舌コメントと勘違いして使っている評論家がまさにいたからこういう記事を書いているんですけど、「僕バッカでーーーーす」と言っているのとほとんど変わらんと思うのですがね。



 ………


 ………うん、そうね。



 ……長らく僕のサイトとかブログを追いかけて下さっている人もいらっしゃるでしょうし、懺悔しておきます。



 僕も漫画の感想サイトをやっていた時代、「あんな漫画、どうして人気あんのかワケ分かんねえ」と書いていました。若かった。噛み付くことが鋭いことだと勘違いしていました。

 もちろん自分が面白いと思うかどうかは別ですよ。
 どんなに人気があっても、どんなに売れていても、自分にとっては「何が面白いかチンプンカンプン」なものは沢山ありますよ。作品名とかは出さないけどね!(それが大人になるということなのだ!)

 でもね、自分にとって「面白いとは思えんなぁ」という作品が、世間では「面白い!」と絶賛されている時―――それは自分と世間とのズレを知る良い機会であって、“世間で「面白い」と言われているもの”の要素を見つける手段にもなると思うのです。

 何度か書いていることですけど……『ファイナルファンタジー』シリーズって最新作が出るたびに批判されるじゃないですか(一応言っておきますけど、僕は大好きですよ!)。でも、売れる。
 それはネームバリューのおかげだとか、お金をかけているからだとかというものも大きいでしょうけど、「『ファイナルファンタジー』なら安心して遊べる」という部分もあると思うんです。それは操作のしやすさとか、難易度調整の絶妙さとか、セーブポイントの数だとか。“評論家”の方々があまり挙げない要素かも知れないけれど、大切な部分がしっかりしているからで。

 ↑の文、『ファイナルファンタジー』を『ガンダム』に置き換えても読めますね。



 こういう長所って、むしろ「面白いとは思えなかった人」の方が見えてくるんじゃないかと思います。
 「○○はクソだ!」「あんなのが売れるなんて理解できない!」と思考停止してしまうと、そこまで辿り着かずに勿体ないんじゃないかなーと考える昨今。


B001DYQKMO崖の上のポニョ 2009年カレンダー

エトワール (株式会社 ハゴロモ) 2008-10-06
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ひび雑記 | 18:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/818-98399a96

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT