やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

11月のバーチャルコンソールラインナップ、他

 我が家には既にDS Liteが2台あるのでDSiを買う予定はないんですけど、母親は結構興味津々だったっぽい。彼女は自分用の携帯電話もPCもデジカメも持っていないので、写真を撮って自由に保存できる機能というだけでも魅力的だそうな。
 TVCMで「ゲームもこれまで通り遊べます」と『脳トレ』を挿されているように、主要ターゲットは年配者なのかもなーと思いました。DSiウェアだ、DSiサウンドだと色んな機能が付いてはいるのだけれど。


 個人的にはDSiカメラの「色変え」にはちょっと惹かれるかも。
 喩えば、手元にあるアナ・コッポラちゃんのフィギュアを写真にとって、金髪を青髪に変えたり出来るワケで。青髪スキーには堪らない機能だとも言えるワケで!「ツリ目をタレ目にする機能」とか、「巨乳を貧乳にする機能」とか、夢は広がりますよね!



【ファミリーコンピュータ】
・『ロックマン3 Dr.ワイリーの最期!?』(カプコン)500円…VC公式サイト
・『スマッシュピンポン』(任天堂)500円…『思い出のファミコン』さんのページ
・『ドラゴンバスター』(バンダイナムコゲームス)500円…『思い出のファミコン』さんのページ


 Wiiウェアで『ロックマン9』大爆発中の今、『ロックマン3』を出してくる辺りが策士ですね。僕も当時この作品を買ってクリアしたんですけど、今回紹介文読んで「え?ブルースの正体ってそうだったの!?」と驚きました。作中に出てきていたっけ……
 『スマッシュピンポン』はコナミがMSX・アーケードで発売した『コナミのピンポン』を、ディスクシステム用に移植した作品(発売元は任天堂)。『はじめてのWii』の「ピンポン」がお披露目された時に「スマッシュピンポンじゃん!」と懐かしがった人も多かったとか。
 『ドラゴンバスター』は「あれ?まだ出ていなかったんだ」と思ったほどの有名ゲーム。主に「ドラクエを買ってきてと頼むと間違えて買ってこられる」ソフトとして有名(嘘)。DSで出た『テレビゲーム検定』にも出ていたそうですしね。



【スーパーファミコン】
・『伝説のオウガバトル』(スクウェア・エニックス)800円…Wikipediaのページ


 クエストという会社と、松野泰己という天才クリエイターを一躍有名にさせた伝説の一作。
 僕自身はプレイしたことがないんですけど、当時のゲーム雑誌で物凄い高評価を受けていたのが印象に残っています。
 『オウガバトル』シリーズはこの後『タクティクスオウガ』を作るも、松野氏はクエストを退社→スクウェアに移って『FFタクティクス』を発売・大ヒットとこの世の春を謳歌していくのに対し。『オウガバトル』シリーズはNINTENDO64で『オウガバトル64』を発売したくらいで迷走、クエストは2002年にゲームソフト開発部門をスクウェア・エニックスに売却―――ということで、紆余曲折あって今は権利会社がスクウェア・エニックスになっているんですね。

 その後の松野氏はというと、『FF12』の指揮を取りつつも途中降板、2005年にはスクウェア・エニックスを退職していたという噂が流れていました。2006年9月のWii Previewのクリエイターインタビューに登場した時は、役職が書かれていませんでしたからね。
 その映像から「Wii向けの新作を作っているのでは?」「ひょっとしてそれはオウガバトルシリーズなのでは?」なんて話題になり続けて2年、ここに来ての『オウガバトル』配信開始に「まさか!?」と思う人も多いのではないでしょうか。


 まぁ、松野氏の新作は置いておいて……
 この作品を未プレイの自分としてはそれなりに気になっています。『428』を買うかどうか次第でプレイする時間が確保できるかも変わってくるんですが、バーチャルコンソールは在庫切れがないので気長に考えていきたいと思います。



【マスターシステム】
・『ソニック・ザ・ヘッジホッグ2(マスターシステム版)』(セガ)500円…1作目の公式サイト


 ソニック、出すぎじゃね?
 メガドライブの『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』が3作、クォータービューの『3Dブラスト』が1作、『ピンボール』が1作、マスターシステム(ゲームギア版?)が2作……あれ?あんまり多くないですね。とは言え、よほどのマニアでなければマスターシステム版に価値は見出せないとは思うのですが。
 


【メガドライブ】
・『戦場の狼II』(カプコン)600円…VC公式サイト


 11月4日はカプコンの日ですね。
 『戦場の狼』はトップビュー型のアクションゲームの金字塔で、この影響を受けたソフトが多数登場したのですが、そんな中に本家から出てきた続編がこの『戦場の狼II』だそうです。ただ、1作目の衝撃と比べると似たような作品が出てきてしまった後だったため、どうにもインパクトは弱かったとか。カプコンっていつもそんなカンジがしますね……


【PCエンジン】
・『熱血高校ドッジボール部 CDサッカー編』(naxat soft)800円…VC公式サイト
・『ヴォルフィード』(タイトー)600円…Wikipediaのページ
・『カダッシュ』(タイトー)600円…『面白ゲーム変遷史』さんのレビュー
・『風の伝説ザナドゥ』(日本ファルコム)800円…Wikipediaのページ


 ファミコン版が出たばかりなのに、PCエンジン(CD-ROM2版)が登場の『熱血高校サッカー編』。ファミコン版よりもグレードアップされているみたいで、ファミコン版をダウンロード購入した自分としてはショボーン。4人対戦できるそうですしね。ただ、読み込みが長いので、一番評価が高いのは『PCサッカー編』なんですって。何故かそれだけ出ていないという(笑)。
 『ヴォルフィード』はラインを引いて画面の75%を占有して自陣にするとクリアになるという面クリア型のアクションパズルゲーム。この手のソフトを作らせたらタイトーは強いですね。もう一方のタイトー作品は『カダッシュ』、こちらはレベルのある横スクロールアクション。当時、アクションゲームにレベルの概念を付けて「アクションRPG」と言っているゲームは多かったですね。何気に結構面白そう。
 『風の伝説ザナドゥ』は『ザナドゥ』とは違うゲームだったことを初めて知りました!日本ファルコムのソフトはネットで調べると総じて評価が高いんですけど、この『風の伝説ザナドゥ』はその中でも群を抜いていて「ファルコムゲームの集大成!」とまで言われていました。

 ちなみに10月に予定されていた『大魔界村』(PCエンジンスーパーグラフィックス版)は延期に。
 MSX同様に技術的な問題が出てきたんですかねぇ。つーか、MSXの『レリクス』なんてずっと未定ですもんね。


B000KFA8R0Wii ポイント プリペイドカード 1000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 295

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 作品数はさほど多くはないのですが、なかなかの作品が揃った月と言えるんじゃないかと思います。『ロックマン3』『オウガバトル』『風ザナ』辺りが注目株ですかね。ランキング上位常連のくにおくんシリーズなので、『CDサッカー編』も注目ですかね?

 個人的には『オウガバトル』『カダッシュ』辺りには惹かれています。
 ただ、『オウガバトル』は物凄く時間がかかるゲームという評判も読んだので、現実的には手が出せないかなぁ……ちなみに、今我が家にはスーファミ版の『タクティクスオウガ』があります。数年前に友達が「やるよ」と置いていったまま、スーファミ本体すら出していません(笑)。これを機に手を出してみるか??

| ゲーム雑記 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/822-04aa51f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT