やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」という固定概念を疑ってみる

 ちょっと時期が遅れましたけど、今日はこの話題。

 中古でゲームを買う人は客ではない、ゲームソフトの中古問題に関して語る
 ゲームの中古市場を否定するのは、メーカーのエゴじゃないか?(情報元:WY2K帳さん)
 中古でゲームを買う人は客ではない……(情報元:EXAPON Becky!さん)


 最初に断っておきますけど、僕は別にゲーム業界の関係者というワケではなく単なる一人のゲーム好きです。なので、素人ならではの認識の違いとか無知なる部分も多いと思うので、もし「その認識は間違っているよ」とお気付きの業界関係者や業界通の方がいらしたらコメント欄にてでもお教え下さるとありがたいです。


 はい、本文開始。
 まず最初に、「ゲームソフトを中古で買う」と一概に言っても“発売後1週間のソフト”なのか“発売後2ヶ月のソフト”なのか“発売後半年のソフト”なのか“発売後数年のソフト”なのかでは全然違う話ですし、その認識がズレたまま反論をぶつけ合っても意味がないんじゃないかなーと思いました。

 それこそ最初の『まこなこ』さんが書いている「別に新品と中古の価格差が大きく開いているような場合はまた考えるところもあるだろうが、価格差が数百円とか、千円台とかであれば、そこはメーカーへの応援の意味も込めて、新品を買ってもらいたいところだ。また、ベスト版が出ているのであれば、中古を買わずにベスト版を購入するとかね。」という文を意訳すると、「何でもかんでも新品で買え!」というよりは「何でもかんでも中古で買おうとするのはどうよ?」という主張だと思いますしね。

 まぁ、要は……「○○の新作出たけど、すぐに中古で安くなるベー」狙いの人ばっかりだと困るよねという話なんでしょう。


 分からなくはないです。
 自分も「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」という感覚があるから、少しでも面白いゲームを作って欲しいと新品でゲームを買っていますし。中古を利用するのは、既に新品が在庫切れの商品だとか、初回限定版が既にもう新品で手に入らなくなっているパターンとか(この場合はネットオークションに頼る)に限っていました。


 ただね……世の中の全てを穿って考える捻くれものな僕は、最近ちょっと思うことがあるのです。
 「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」という前提条件自体、間違っているんじゃないのか?と。


 喩えば僕が5000円を持ってゲーム屋さんに行ったとする。
 5000円の商品を買ったとする。
 この5000円は誰のものになるでしょう?
 ゲーム屋さんのものになるんですよね。

 直接ゲーム会社にお金が入るワケではないのです。
 これが「本」とか「漫画」の場合、再販制度があるから売れ残った商品は返品されてその損益は本屋さんが被らない仕組みになっていると思いますし(逆に、何を入荷するかの権限が下がることになる)、新品を買うことが出版社の利益に直接繋がっていると思うのですが(加えて、印税が権利者に入る)―――

 ゲームソフトの場合。
 もちろん僕が5000円でそのソフトを買わなかったとしても、他の誰かが買うかも知れないのだけれど……誰にも売れなかったら少しずつ値下げをして、4000円、3000円、2000円と下がっていき、その度にゲーム屋さんの利益(販売価格-仕入れ価格)も下がっていくことになりますよね。

 ゲーム屋さんがゲームソフトを買い取って売っている以上、売れたらゲーム屋さんにプラスになるし、売れ残ったらゲーム屋さんにマイナスになるだけであって。新品のゲームソフトを買ったからと言って、必ずしもゲーム会社の利益になるワケじゃないんじゃない?と思ったのです。



 もちろん、「あのソフト売れまくっているからどんどん追加発注するぞ!」とゲーム屋さんが考えれば、問屋を通じてどんどんゲームソフトが市場に出てゲーム会社の利益になるのは間違いないです。
 でも、大多数のソフトは初動が命と言われているので、ロングセラー商品以外は発売から数ヶ月後に売れたからといって追加発注するんかいな?と思いますし。そんな状況だから、「追加発注なんか要らないからバグだらけでも初回で出来るだけ小売店に売りさばいちゃえ!」というPSP版『海腹川背』みたいなソフトも出てくるワケで。

 うーん……こういうのは外野から見ただけではよく分かりませんよね。
 喩えば、発売から1年経ったソフトの店頭在庫が1本残っていて、10ヶ月ぶりにそのソフトが売れたら「在庫なし」になっちゃうから新しく追加発注するんでしょうか?ゲーム屋さんのブログとか見ると、「10本仕入れて9本しか売れなかったら赤字」みたいな話を頻繁に読みますし。普通に考えたら追加発注しないんじゃないかと思うのですが……


 裏を返せば―――
 ゲーム屋さんで「値崩れしている新品のゲームソフト」を買うのも、「中古のゲームソフト」を買うのも、ほとんど一緒と言えるんじゃないでしょうか?
 ゲーム屋さんは新品が残り続けても困るワケですし、ゲーム会社さんはどっちが売れても(新品の販売数の記録が伸びるかどうか以外では)それほど関係がないですし、ユーザーからするとバッテリーバックアップの時代でもないのだから中古で買うデメリットはさほどありませんし。


 都合のイイ魔法の言葉で結論付けちゃいますけど―――
 この問題ってケースバイケースだよね。

 新作ソフトやロングセラーのソフトは確かに「中古ではなく新品で買う」方がゲーム会社の利益になると思うのですが、そうでもないケースも沢山ある、と。ゲーム会社からしても一番困るのは、取引先となるゲーム屋さんが潰れちゃうことでしょうし、中古ソフトでしかゲーム屋さんが存続出来ないのだとしたらそれを禁止しようとしても自分達の首を絞めるだけというか……



 「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」を盾にして、新作ソフトが値崩れするのを待つというのも(中古で買う行為と)大差がないと思いますし。
 中古問題では、ネットオークションという存在もあります。ゲーム屋さんは中古ゲームを売ったお金を資金に新作ソフトの仕入れをする(ので間接的にはゲーム会社にメリットが来る)のですが、ネットオークションはそのお金を何に回すかは人それぞれ。それってゲーム屋さんで中古ソフトを買う以上に「ゲーム業界のためになっていない」気もしますし。それを言うと、新品でも家電量販店とかAmazonとかで買うケースはどうなるんだという問題もありますし。


 色んな要素が絡まっていて、もうワケが分かりません。
 頭を使いすぎたせいで僕の脳のキャパシティを超えてしまいました。プップクプ~~。


 ……


 …………



 冷静になって考え直してみると……
 「大半のゲームソフトは初動でしか売れない」ことを前提に語る前に、その問題を無視して良いのかよと自分ツッコミ。その問題があるからこそPSP版『海腹川背』みたいなソフトが出てきて、その損害を全部ゲーム屋さんが被ることになるのですし、その結果ゲーム屋さんは「中古を売らないと経営が成り立ちません」となるのですからね。


 こうした状況を打破する為には、幅広い人がゲームソフトに興味を持つような状況にする必要があって、そういう意味で任天堂の岩田社長が提唱する「ゲーム人口の拡大」を僕は支持してきて。でも、DSやWiiがゲーム人口が拡大したと言われる現在も大多数のソフトは初動型なワケで。
 そんなこんなで、いつの間にかパッケージソフト以上にダウンロードソフトが話題になっているWiiみたいなゲーム機もあって。ダウンロードソフトはパッケージソフトのように「在庫を抱えるリスク」もそれに伴う「値崩れ」もないけれど、そもそもゲーム屋さんをサイクルに入れていないビジネスモデルなワケで。


 うーん……そもそも中古ゲーム市場が存在して困っているのは「誰」なんだ?
 新作のパッケージソフトがあって、中古のパッケージソフトがあって、時期が経っても値崩れしないダウンロードソフトがあって、消費者は自由にそれを選べて、そのお金はゲーム屋さんに流れて、ゲーム会社さんに流れて―――誰も損をしているようには思えないのですが。

 少なくとも、違法コピーのような誰もが損をする絶対的な悪とは違うものですし。それと一緒に「著作権の概念がどうの」と論ずるのはナンセンスな気がします。



 漫画の場合は先述した再販制度や印税の違いがあるので、漫画家さんに「ブックオフで全巻揃えました!」なんて言うと露骨にイヤな顔されると思いますけどね。でもまぁ、漫画業界における新古書店も“使い方”次第であって、「旧作を古本で」「新作を新品で」と使い分けてもらうのがベターなんでしょうけど……



 閑話休題。
 こういう「中古ゲームは悪か?」という議論は定期的に現れ、その度に「なるべく新品を買え!」「中古で買ったってイイじゃないか!」と平行線の議論になってきたと思うんですが。それって、当たり前のように言われてきた「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」という主張すら、どうにもピンと来なかった人が沢山いるということなんじゃないでしょうか。

 僕のこの記事もひっちゃかめっちゃかで何書いてんだかワケ分かりませんけど、これが恐らく大多数の消費者の意見だと思いますよ。「中古ゲームを買うとゲーム会社の利益にならないって言うけど、本当なのかなー?」くらいの気持ち。
 結局のところ、本の話と一緒で「新品も買う、中古も買う、ダウンロードソフトも買う」と使い分けていくくらいのバランスでやっていくのがベターなのかなぁと。


 で、個人的な話。
 来年出るWiiの『アナザーコード:R』とDS『メイドイン俺』に先駆けて、DSの『アナザーコード』と『さわるメイドインワリオ』をやっておきたいんですけど、この2本は4年前のゲームなんで中古で買っても良いですよね?(Amazonで新品買うと定価になるし……)

 ただ一点のその言い訳をしたいがために、この記事を書いたというのか。


B0007L8SPQアナザーコード 2つの記憶

任天堂 2005-02-24
売り上げランキング : 3408

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
B0002FQD7Wさわるメイドインワリオ

任天堂 2004-12-02
売り上げランキング : 1492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:06 | comments:29 | trackbacks:3 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/11/04 23:13 | |

これ、中々難しい問題ですよね。
ただこう考えてみるとどうでしょうか。

それは、「相手の嫌がってる事はしない」理論です(笑)

中古でメーカーが実際に被害を被っているかは兎も角、
メーカーは中古を嫌がっている様なので、中古では買わない。

とすると、中古をやめるようにと裁判を起こしたメーカーのゲームは新品で買う。
(因みにこの裁判では、ソフトメーカー側が負けています)
つまり、SCE、カプコン、スクエニ、コナミ、ナムコ、セガ、おまけで光栄の
ソフトは新品で買う。
その時の裁判で積極的では無かったメーカーのソフトは中古でも買う。
どうでしょう(笑)

これなら実際に中古が与える影響という、とても難しい問題を回避しつつ
やまなしさんは上記二本のソフトを中古で買えますよ。

自分で書いていて無理がある、とも思うんですが(笑)
ただ中古反対派の人の気持ちには、実際にそういう思いが
有るんじゃないかなあとも思います。

僕自身も、出来るだけ発売日近くに新品で買おう、と思いますし。

| s | 2008/11/05 00:40 | URL |

新品を買う

売り上げが伸びる or 安定する

小売店、卸売業者がこのシリーズ(メーカー)はある程度売れるなと思う

次回作も安定して受注が来る

開発費を回収出来る。

そのお金で次回作を作れる

少し大雑把すぎるかもしれないが
これが「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」手順。
新品を買えば続編という形でユーザーに返ってくるから新品は買うべきである。

|   | 2008/11/05 01:09 | URL |

そりゃ中古で流れた商品はゲーム開発したとこにかね落ちないから
逆に言えば新品を買えばゲーム会社に金が入ります

もちろん中古買う→面白いのでシリーズの新作を買う、とかありえますが
それよりも中古待ちで新作買わない人のほうが確実に多いでしょう
今なら1週間で中古買うことも可能ですし
値崩れしてもお金はゲーム会社にはいります
よって中古が流れれば流れるほどゲーム会社は損です

ゲーム屋も中古の販売価格で云々ありますが、そもそもどこも中古無ければ新品かいますし、中古専門も少なくありません

ゲーム会社も何かしらの対策を考えてるところだと思いますよ

| ああああ | 2008/11/05 03:44 | URL | ≫ EDIT

米2が言っている事が大体の構図。
中古買って次回作買おうって流れがあるのも否定しないんだけども、もしその時に次回作の新品が「様々な理由で」数絞られてたらどうだろね。
初動で売れなければ皆中古が出てきて、安いからってそっち買っちゃう人が多いと思う。
となると新品売れないわけじゃん。
そしたら売れないメーカーってショップが判断してもおかしくないわけで、次回作の発注減らす判断は妥当とまでは行かないまでもありうるよな。
そうなれば店頭に並ぶ数が減少する可能性は大いにありうるわけで。
さらに前作売れなかったから、メーカーがリスク回避のために初動絞るなんてのも追い討ちを掛ける様にあったりする訳だしさ。
一部のプレミア付いてる初回版とかそういった傾向のアイテムだったからこそ、じゃないかと思う。

ちなみに米3はないと思うよ。
問屋が買い取るかショップが買い取る方式なはず。
某庭園の時もショップが返品できないって泣いてたって記事が某所で合ったと思う。
まぁこれは問屋とかの契約とかで変わってくると思うから一概に違うとは言えないけど、基本的にワゴンセールの多さからも殆どの店が買い取らされてると考えるのが妥当。

中古もP2Pでやるのも否定はしないけど(もちろんP2Pは肯定もしないが)、自分が好きなメーカーやブランドが潰れてもいいんだったらそのスタイルで続ければいいんじゃないかな。

| ああああ | 2008/11/05 05:02 | URL | ≫ EDIT

再販制度ではなく、売り切りタイプのゲームソフトでユーザーが新品を買うことで得られるメーカーの利益は
 1,再出荷がかかればその分の利益
 2,販売実績による次作以降の予算見込み
2の影響は色んな要因をはらむので数字としては出しにくいですが。

確かに発売日を大きくすぎたタイトルの新品購入はたいした影響はもたないと思います。ニンテンドークラブで「早期購入ボーナス」があるのはそういう理由ですね。でも一応、店によれば累計売り上げ本数にはカウントされていたりするので、清き一票にはなり得るかもしれません。
そもそもゲームソフトが初動型メインになったのは、1週間もすれば中古が出回り、綺麗好き以外が新品を買う理由がなくなるからです。長期売れ続けるタイプのゲームは基本的に「親が子に買い与えるタイプ」で、こういう場合は中古だと格好がつかないので新品が求められます。

ただ、中古でもどんどん買えばいいと思います。小売店は中古で支えられてるところが多いわけで、そちらの存続も業界全体で見ると重要。「買わない」よりは「中古で買う」ほうが数倍良いわけです。犯罪でも何でもないので堂々と買って楽しみましょう。

| あわれ | 2008/11/05 05:49 | URL | ≫ EDIT

選挙といっしょですよね。
ぼくは1票のつもりで、できるだけ早期に新品買うようにしています。
まあ我慢できないだけとも言いますがw

無効票(中古)もありだと思いますよ。

| 金銀パール | 2008/11/05 11:07 | URL |

本の場合ですが、中古屋(BOOK○FF)等が出来た商店街では、万引きの被害が増えるそうです。新品を万引きして中古に流す方が多くなり、BOOK○FFが出来た街の本屋は潰れやすい傾向にあるとのこと。
メーカーだけではなく、正式な流通を使っている店舗にも被害が出ますので
もちつもたれつの関係で居るならば、なるべく新品を買った方が良いです。

中古屋も転売屋のようなもので、頭の良い商売だと思いますが、業界の事などは
考えていないのではないかなと思います。

| 通りすがり | 2008/11/05 14:28 | URL |

これは難しい問題ですが……。
SCEの場合、ダウンロード販売に力を入れるみたいです。
今後、PSP用にSCEから発売される新作タイトルは、基本的にパッケージ販売とDL販売との併用になります。
現在までに「勇者のくせになまいきだor2」「BLEACH ソウル・カーニバル」の2本がDL販売もされてます。

過去の作品のエミュとか小粒な作品とかと違って、完全新作でパッケージ版もある作品のDL販売というところに意義があります。
DL版だと中古屋に売れませんからね。さらにぶっちゃければ、小売店が仕入れてくれなかろうが潰れようが関係なくなるわけで……。

現在だと、DL容量と外部メモリ容量の関係でPSPとDSiくらいでしか現実的でないでしょうが、据え置き機もHDD容量がどんどん大きくなっていけば主流になるかも?
なにせ、中古対策としてメーカー側の最終解答でしょうからね。

ちなみに私は、「勇なま2」をDL購入してみました。
ローディングとかディスクとあまり変わらないようですが(元々早い?)、ディスクアクセス時のシーク音がないのは個人的に気に入ってます。
今後は、DL購入できるものはそうしようと思っています。

| メルト | 2008/11/05 17:05 | URL |

本文読ませていただきました。で、思ったんですが、そもそもが暴論でしかないので悩んで当然かと。本来は問題提起した本人が推敲すべきことだったと思いますよ。ああいったことは。
ゲームの続編云々に関して新品購入の是非に関してですが、そういった要素はあるとは思いますが当然ながらそれが全てではないですし、その程度の問題だと考えます。

| 名無しさん | 2008/11/05 19:55 | URL | ≫ EDIT

問題は、値段が下がることを期待して発売日に買う人が減ることなんじゃないですかね?
もっとも値崩れしなかったらその値段で買ってくれるのか、というと微妙なところですが。

ただ、中古を扱ってるお店では新品を売るより中古を売った方が利益があるんですよ。
だからよほどの大作でもない限り新品の入荷が絞られていたりする気がします。

| とおりすがり | 2008/11/05 20:33 | URL | ≫ EDIT

議題自体がアレでしょ
金くれる人が客
そうでなかったら辞書を改訂するしかありませんね

|   | 2008/11/05 21:44 | URL |

販売店の関係者より。

はじめましてで失礼いたします。

一応、ゲーム関係の量販店に勤めておりますので、『一例として』書いてみます。
販売店からすれば、中古と新品は『両方売れてしまうのが良い』のが正直なところ。
新品はどうしても入荷本数が有限でいつまでも売れるわけではなく、よほどのことで
なければ短期間で売れなくなります。また、ほとんどが"買いきり"と言って店が完全
に買い取って売る形になるため、売れないとどんどん赤字になり、損する一方になり
ます。(よほどメーカーや問屋と仲が良いかとことん交渉しないと返品は無理)
新品の儲けは数%程度。一桁です。それも新品でも定価ではなく、10円でも安く価
格をつけないと他店と比較されて売れなくなります。もちろん、某ゲーム機のように
メーカーの圧力や談合?により横一列の価格をつけることもありますが・・・
その点、中古は販売価格から買取金額を引いた金額が儲けになりますので、新品
に比べて儲けが出ます。が、秋葉原などと違い、地方ではプレミアをつけても「理解
されることがないため新品定価以下になるのはざらですので、古いタイトルほど儲か
らなくなります。念のため。
消費者からとすれば、"少しでも安く"が当たり前の心理であり、中高生や親御さんは
メーカー云々なんてどうでも良いものです。それに”プレイできればどうでも良い”と思
う人も多いですし。物凄く悪い言い方ですが。

| 落伍者 | 2008/11/05 21:52 | URL | ≫ EDIT

>sさん
 でも、その論理だと「中古ゲームは禁止すべきだ!」と言われるのをゲーム屋さんは嫌がっているとも思うんですけどね。それこそ禁止されると潰れてしまう店が多いでしょうし。

 この中古ゲームの是非って「ゲーム会社を優先するか、ゲーム屋さんを優先するか」という話に突き詰められちゃうと思うので、僕がこの記事で言いたかったのは「ゲーム屋さんが得をする中古ゲームでもゲーム会社が損をしないケースもあるのでは?」ということでした。
 皆さんのコメントを読むとそうではないなと思いましたが(笑)。


 個人的にはメーカーで区別するということはしたくないですね。
 色んな事情で当時は裁判に参加できなかったメーカーもありますし、それこそ裁判ではメーカー側が負けているのですし。

 そもそも・・・僕の悩んでいるケースなんか顕著なんですけど、「新品定価で買うか、安い中古で買うか」の二択ではなく、「安い中古で買うか、買わないか」の二択なんですよ。4年前のゲームに4800円なんて払う気にはならないので、それなら(他のメーカーの)他のゲームを買うよ、と。


> さん
>新品を買えば続編という形でユーザーに返ってくるから新品は買うべきである。
 なるほど。
 構造に納得がいったとともに、僕がこの問題にしっくり来なかった理由が分かりました。

 僕、続編ソフトが好きじゃないんですよ。

 『FF6』が好きすぎて『FF7』を「あんなの『FF』じゃねえよ」と思っちゃうタイプ。
 こういう人間からすると、中古問題の是非がイマイチ納得がいかないというのも当然であって。「続編ソフトしか売れないとか、任天堂のソフトしか売れないとか、文句を言っているけどゲーム業界の構造がこう(初動売り切り型)なっているからじゃん」と思ってしまいます。

 とは言え、「中古ゲーム市場を一掃すること」以上に「初動売り切り型ではないビジネスが一般的になる」のは難しいでしょうし。どっちにしろゲーム屋さんが介在しないダウンロードソフトに注力していくのも当然の結果と言えて。
 ゲーム屋さんを守るためにも、新品のゲームソフトをゲーム屋さんでなるべく買うようにするというのは大事なことなんだと、今回頂いたコメントを通じて思いました。


> ああああさん
>今なら1週間で中古買うことも可能ですし
 記事の中でも書きましたけど、これは確かに問題でしょうね。
 でも、裏を返せば「発売半年経ったソフトは中古で買ってもイイ」とか「中古ゲーム専門店では買わない」とかの自分ルールを作っておけばイイんじゃないか?とも思いますし。「何が何でも中古ゲームは利用してはならない」という主張は、どうにも僕にはしっくり来ません。

>そもそもどこも中古無ければ新品かいますし、
 そうですかねー。
 少なくとも僕は4年前のゲームを定価4800円で買う気にはなりません。

>ゲーム会社も何かしらの対策を考えてるところだと思いますよ
 これには同意。
 裁判では中古ゲームは合法と認められたので、「中古には流れない」ビジネスモデルを考えるのは当然な流れだと思います。

・海外市場にも売れるソフトを作る
・ダウンロードソフト(携帯電話、Wiiウェアとか、PSP・PS3でダウンロード版販売)
・有料ダウンロードコンテンツで、中古で買った人からも徴収
・時期が経ってからのベスト版(安価版)投入

 穿った見方をすれば、DSiからGBAスロットがなくなったこともそうかもですね。
 GBAソフトはもう中古市場でしか回転していませんし、中古ソフトを起動させる機能を付けるよりは、バーチャルコンソールのような形でダウンロード販売した方がメーカー側にはメリットがありますからね(実際にやれるかはともかく)。


>ああああさん
 なるほど、分かりやすい情報をありがとうございます。

 しかし、この話を聞けば聞くほど「新品が値崩れしたようなソフトは中古で買ってもいいんじゃないのか?」という気になります。「全てのゲームを中古で買う」行為は僕もどうかと思いますが、話を聞けば聞くほど「中古を利用してもメーカーが困らないケースがある」ように思えるのです。

 あーでもそうか。
 「値崩れする前に新品を買え」ということなのか(汗)。

 でも、「新品ソフトを値崩れする前に買う」→「ゲーム屋さんは売れるシリーズと判断」→「次回作での受注を増やす(or現状維持)」→「また新品ソフトが入ってくる」→「値崩れする前に買う」→「以下ループ」

 これってお客さんが増え続けるはずだという根拠の元で成り立っている商売じゃないですかねー。上の方への返信にも書きましたが、僕は(前作と比べてしまうから)続編ソフトは連続して買えない人間なので―――
 どうにもこの「シリーズファンはずっと同じシリーズを支持し続けるはずだ」というビジネスモデルがしっくり来ません。もっと言うと、こんな基準で発注していたらそりゃ大量に余るソフトも出てきて当然じゃないか、と心配になります。



 時間がなくなってしまったので、残りの返信はまた後で行います。

| やまなし(管理人) | 2008/11/05 22:02 | URL | ≫ EDIT

記事を読んで思ったのですが、「古いゲームなら中古で買ってもよい」と思ってる人が多いせいで、ゲームが初動型になるのではないでしょうか?
たとえ古くても新品で買う人が増えればこの構造も変わるのかなと思うのですが、
やっぱり難しいですよね。同じものなら安い方がいいですし

| ひろふと | 2008/11/05 22:29 | URL |

私は消費して無くなってしまう物(たとえば食べ物)と同じビジネスモデルをゲームに持ってきているゲーム会社達は、その安易さの「報い」を受けるべきだと考えます。

| ステラ | 2008/11/05 22:52 | URL | ≫ EDIT

>あわれさん
>2,販売実績による次作以降の予算見込み
 なるほど。これは「続編の受注」と似ている部分もあるし、違う部分もある話ですね。
 “新品が”売れたソフトはその実数を元に「次の販売数目標」が設定され、その目標にあわせた適正な予算が分配されることで“続編を買うファン”に還元されるという。必ずしもお金をかけたゲームが面白いワケではありませんが、非常に分かる話だなと思いました。

>長期売れ続けるタイプのゲームは基本的に「親が子に買い与えるタイプ」で
 確かに。
 親子の層に支持される任天堂ゲームにロングセラーが多くて(リアル系は除く)、10代後半~20代辺りに支持されるゲームは初動傾向が強いというのはそういうことですか。それは別に優劣があるワケではなく、ファン層の違いが新品の販売実数では大きな差に反映されるというか。


 うーん・・・この話を聞くと、やっぱり中古で買うのは躊躇われますね。
 1本のソフトで考えれば「中古で買うか、買わないか」なので、中古で買わない場合は新品でも買わないつもりなんですけど・・・僕のケースで言えば、その資金を他のソフトにまわすと思うのでゲーム業界全体にとってはあまり変わりがないのかなぁと。

 「犯罪ではない」のは確かですし、P2Pと同列で語るのはおかしいと僕も思いますけど。中古で買うと後ろめたさが残るというのも確かですしねぇ。


>金銀パールさん
 あの・・・こんな記事を書いたせいか、僕は「中古ゲーム賛成派」の急先鋒かのように思われているみたいですけど。僕も今年買ったソフトは全て新品を発売日前に予約注文して買ったソフトですよ。
 いや、金銀パールさんは多分分かって下さっているとは思うんですけど(笑)、他の人のコメントを見ると「お前のようなヤツがいるからゲーム会社が苦しんでいるんだ!」とばかりに言われているようで・・・・・・

 この2年で買った中古ソフトも、全て新品では既に手に入らなかった商品ですしね。
 初回限定版とか、マジでネットオークション推奨みたいで逆効果ですよ。


>通りすがりさん
 それは別問題じゃないですか?
 その問題は100%万引きをしている犯罪者が悪いんであって、それを知らずに買い取る中古ショップが悪い要素は1ミリもありませんよ(もちろん気付いている場合は別ですが)。金属バットで人を殴る犯罪者が現れたらバットメーカーが悪いのかとか、ゲームに影響受けて犯罪を犯す人がいたらゲーム会社が悪いのかとかのように、僕はその論理には賛成できません。


 本屋と違って、ゲーム屋さんの場合は「新品も中古も扱っている」店が多いです(ブックオフは店舗によるかな)。
 新品販売では赤字にしかならないので中古販売で何とか黒字にするという店も、「業界の事などは考えていない」と言われてしまうのでは可哀想だと思いますし。誰もゲームの小売店などやらなくなってしまうと思います。


>メルトさん
 この記事の冒頭で紹介している記事(3つめ)にも書かれていますが、PS3の『サイレン』もダウンロード販売されています。Wiiは内蔵メモリが少ないのでまだまだキラータイトルをダウンロード販売することはないでしょうし、PS3はファーストのキラーコンテンツがないからという理由があるんでしょうけど。
 サードメーカーが「今後はダウンロードソフトを中心にする」と決断したら、そちらが中心になるかも知れませんね。ハドソンなんかはまさにWiiウェアに注力していますし、各会社が携帯電話向けゲームに力を入れたのもそうした理由なんでしょう。

>小売店が仕入れてくれなかろうが潰れようが関係なくなるわけで……。
 ただ、ダウンロード販売一本槍になってしまうと、ゲーム業界は先細りすると個人的には思っています。ダウンロードコンテンツにお金を払うことに抵抗がある人も多いですし、ネット接続が出来ない人もいますし、ダウンロードソフトは「指名買い」がほとんどでしょうから「店頭で眺めて何となく買ってみる」ソフトは減るんじゃないかと思います。

 まぁ、そんなこと言いつつ僕は新品ソフトもAmazonで買っていますし、中古ソフトも買っていませんから。町のゲーム屋さんが潰れていく方向性に進めている一人という気もするんですけど。(なので、別にダウンロード版を購入することを否定しているワケじゃありません)
 うーん・・・本当に良いのか、コレで。ゲーム屋さんが潰れていく未来が、バラ色のゲーム業界だとは僕にはとても思えません。


>名無しさんさん
 まぁ、あのサイト自体が……ね。「釣って話題になるのを狙っている」みたいなところなので。

 ただ、僕自身も本当に悩んでいるんですよ。Wiiの『アナザーコード:R』を買うのなら、DS版をやっておきたい(DS版をやっていないとWii版が理解出来なさそうなので多分買わない)。でも、DS版を今更新品で買うのは勿体ない気がする。

・DS版を中古で購入+Wii版を新品購入
・そのお金で他のソフト(現在のところ『428』が最有力候補かな?)を新品購入

 どちらの方がゲーム業界全体のためになるのか、と。
 まぁ、セガとチュンソフトは「下だ!」と言うでしょうが(笑)


>とおりすがりさん
 確かに仰るとおりで、この記事を書くか書かないかという辺りに任天堂の岩田社長が「ゲーム機の値下げやゲームソフトの廉価版は最初に買ったお客さんが損をした気分になるので極力避けたい」と仰って話題になったりしましたけど……

 ゲームソフトの中古販売がなければ、過剰なまでの値下げ合戦だとか、(新品ソフトは)初動でしか売れないなんて事態にはならないのかも知れません。
 もちろん、「せーの!」で中古ゲームを排除することは法律的に出来ないので、現状は「高くても新品で買う」という消費者が煽りを食らっているとも言えるんですけど。うーん・・・


> さん
 多分、あの記事のタイトルは「中古ソフトを買ってもゲーム会社に直接お金がまわらないので、ゲーム会社にとっては(中古で買う人は)客ではない」という意味だと思います。それを言うと、新品ソフトを買ったお金もゲーム屋さんのものになるんですけどね(笑)。


>落伍者さん
 初めまして。
 関係者の方の書き込み、本当にありがとうございます。非常にタメになりました。

 どうにもうこういう「中古ゲームソフトの是非」という議論になると―――
 「中古ゲーム賛成派&小売店vsゲーム会社・中古ゲーム反対派」みたいな構図で語られることが多いと思うんですけど、やっぱりゲーム屋さんにとっては「新品ソフトが売れないと困る」はずなんですよね。

 なので、素人ながらに考えてみると……新品在庫が残っている状態で中古ソフトの価格を物凄く下げたりはしないのがフツーで、「新品も中古も売れる価格差に留める」のがセオリーになると思うんですけど。
 あーでもそうか、競合店の存在があって、中古でしかゲーム販売をしていないようなところは価格差を無視して中古ソフトの価格を下げられるということですかね。うーん……そう考えると、「中古でゲームを買う場合は新品も扱っているお店で買う方が業界のためになる」ということなんですかね?

 しかもなぁ、Amazon愛用していてアフィリエイトもやっている僕が言うのもアレなんですけど、ネット販売とかネットオークションとかは新品販売にも中古販売にもパイの奪い合いになるでしょうし。ゲーム屋さんが置かれている状況は非常に厳しいものがあることだと想像します。

 それでも、町から「ゲームソフトを売っているお店」がなくなると辛いものがありますし(子どもの頃、ウチの近所にはゲーム屋さんがなくてバスで町まで出て往復1時間かけてゲームを買いに行っていました)。
 必要としている人達が必ずいるので、これからも頑張って下さい。応援しています。


>ひろふとさん
 あー、確かにそうですね。
 ゲームって「買ってみるまで分からない」ものなので、発売後の評判を見てから買おうとする人が多くて当然のはずなんですよね。でも、そうした人達が買おうとした時「安い中古ソフトが出ている」ならばそっちを買うだろうし、そうした数値は新品の販売実績には反映されない―――と。

 もういっそのこと「初回限定版」とか「早期購入ボーナス」の逆で、「発売から数ヶ月・数年経ってから買った人ボーナス」とかを付けてくれればイイんでなかろうか。本末転倒……それこそ初動で誰も買わなくなるか。


>ステラさん
 そう考えると・・・スパイ映画に出てくる「このディスクは最後まで見ると消滅される」映像メディアのように、「ある程度遊ぶと消滅するゲームディスク」を売り出せばイイんじゃないかと思って「それはないな」とすぐに思いました(笑)。

 でも、冗談ではなく。PS3版『ウイイレ』の「一度ネット登録されると他の本体ではネット接続できなくなる」(だっけ?)とか、『バンブラDX』の「ダウンロードは100曲限定でダウンロードした曲は消せない」というのも一つの形なのかも知れないと思いました。「セーブデータは1つしか作れなくて消せない」とか。誰が喜ぶんだ、それ。

| やまなし(管理人) | 2008/11/06 01:09 | URL | ≫ EDIT

新品でソフトを購入した場合、何%かのロイヤリティーが直接メーカーの方に入るものだと(中古で買った場合のみ全てゲーム屋さんの利益になる)勝手に解釈していたのですが…確かに、本や漫画と違って再販制度等があるわけじゃないですからね…。

中古ソフトに関しては、自分は肯定派です。
基本注目タイトルは新品で買うようにしているのですが、それはそれとして〝面白いゲームを安く楽しめる〟という点はいちユーザーとしては見過ごせません。
後、話の本筋からは外れるし、CDメディアが主流になった今となっては過去の話ですが、購入した中古ソフトに残っている前の所有者のセーブデータを見てみるのもちょっと楽しかったりするし(ぇ)^^;

当然ながら新品は何時までも新品ではないし、人の手に渡った時点で中古になるわけだし、「中古ゲームをやるor買うべきではない!」と声高に主張するのはどうかなあ……と個人的には思います。 逆に考えれば、「新品ゲームしかやるな=そのゲームを一生涯手放すなor売るな」ってことになりそうですしね(汗)

そういうわけで、中古で購入すること自体は別に悪いことでも何でもないのでは。
アナザーコードは面白かったですよ!w

| じぇふ茶 | 2008/11/06 02:34 | URL | ≫ EDIT

中古をいまさらどうにかしても旨み知ったやつは値崩れゲーム以外はほとんど買わないて。そういった価格にうるさい層は中古で売れないとなるとそれすらも」買わなくなるか。
現在は下手すれば違法ソフトという選択肢もあるしな。ならまだ循環させてたほうがマシ。新品買ってる人の中にもには中古で売れるの前提で買う人もいるだろうしケースバイケースの人もいるだろう。このご時世どこかで金落としてくれるだけでありがたいと思わないと。

| 永久ループ | 2008/11/06 04:13 | URL |

製作会社を応援したいなら、ドネーションできるようにしてくれよ。

| ああああ | 2008/11/06 20:20 | URL |

>じぇふ茶さん
 僕もイチ消費者としては「価格の弾力差」は大事だと思っていて、定価4800円のソフトにみながみな4800円の価値を見出せるワケではなくて、「3000円なら買ったのにな」という人もいるのが当然だと思うんですよ。
 そういう人のためにも、発売から時間が経ったソフトの値段が下がることや、“ベスト版”と言われる低価格版、逆に言えば値段割り増しの限定版なんかがあるのも消費者の選択肢としては大切だと思います。

 “中古ソフト”がなければ、新品ソフトも値段が下がりませんし、中古ソフト対策として出てきた“ベスト版”も発売されなかったでしょうしね。

 ただ、何人かの方が指摘されているように、そうした「時間が経てば価格が下がる」と新品を買い控える消費者が多かったからこそこういう問題が表面化しているのでしょうし。中古反対派の人達の気持ちも分からなくはないなーと、昨日今日で僕は痛感しました。

 しかしまぁ、中古市場を完全に消滅させることは法的に出来ないワケで。
 「消費者が我慢をする」というカタチで努力し続けても、いつか限界は来ると思うんですけど……うーん、難しい。

>アナザーコードは面白かったですよ!w
 ちょっと!人がせっかく諦めきようとしたというのに!(笑)
 4800円の新品で買う気にならなくても、探せば新品2000円台とかで売っていないかな……4年前のゲームだと逆に新品で探しづらいんですよね。


>永久ループさん
 「自分自身がどうするか」はさておき、僕も同じような考えですね。
 違法コピーは極悪でマイナス300点くらいの人間のクズですが、新品で買うか中古で買うかの議論は100点か95点かを比べている話だと思います。それを「中古で買うのは違法コピーと同じ」くらいまで言っちゃう中古否定派の人がいるから、焦点がぼやけてくるというか。違法は違法、合法は合法で分けて考えるべきです。

 それに、中古がなければ新品ソフトも値段が下がらないという気がしますしね。
 中古に制限かけていたプレステ時代と違って、今はネットオークションとかもありますし。今更「中古市場禁止!」とするのは現実的ではなくて、後は個人の意識の問題でしかないのかなーと。


>ああああさん
 そういう意味で、有料ダウンロードコンテンツは重要なのかなと。
 ただまぁそれを「搾取」と思う人もいますし、僕も「それが最初から入っていてこその商品じゃないの?」と思うものも多いですし、なかなか受け入れられにくいのかも知れません。日本だと寄付活動自体があまり一般的ではないですもんね。

| やまなし(管理人) | 2008/11/06 21:19 | URL | ≫ EDIT

>取引先となるゲーム屋さんが潰れちゃうことでしょうし、中古ソフトでしかゲーム屋さんが存続出来ないのだとしたらそれを禁止しようとしても自分達の首を絞めるだけというか……

まったく、その通りですよ。
販売店が少なくなる事を考えて無いで「中古反対」と言ってるだけですね。
もしくは、「そんな小売は、無くても出来る」と思ってるメーカー。

話は、変わって
中古のせいで、良いゲームが作れなくなる。
定価が高くなる。

んな分けないだろ!
PS1の初期は、中古を規制してたのに、。定価もSSと一緒。
クソゲーも発売しまくりだ。
FCだって、中古屋なんか存在しない時代でも、
クソゲーありまくり、価格も高い。

発売日に新品、定価で買ったら、
バグありまくりで、クリアできない!!
ふざけるなよ!!金返せ!!

となったら、メーカー不信になって、買わなくなりますよ。
潰れろ!×××××!あっ潰れたか(爆)
でも、気にいったメーカー、シリーズは、予約で新品購入してますけどね。

まぁ、中古でj買ったユーザーが、そのゲームの感想をツマラナイと批判するのは、
嫌です。
逆にツマラナイから、中古に流れたんだな、と思って中古を買うのが、正しいかと。

ちなみに、中古しか扱ってない店(ブックオフ等)は、
新品も入荷しないんで、まったく害だけですね。

| かめのこ | 2008/11/07 22:13 | URL | ≫ EDIT

>かめのこさん

 なるほど。僕はPS初期にPSを持っていなくて、「PS初期は中古ソフトの販売が禁止されていた(禁止されても売っているところはあったらしいけど)」「一律定価が普通だった」という記憶があるものの自信がなかったので記事内で言及できませんでした。なので、そうした情報をいただけると非常に助かります。

 サターンは普通に中古があったので、新品エリアはPSが面積を取っているのに、中古エリアはサターンが牛耳っていて。「何が起こっているんだろう?」と当時は不思議に思いましたね。サターンが一部のファンに支持されていた背景には、こういう要素も大きかったんでしょうね。


>中古で買ったユーザーが、そのゲームの感想をツマラナイと批判するのは、嫌です。
 なるほど。
 いや、確かにこれは言えますね。(『プロゴルファー猿』みたいなのは例外として)新品ソフトを発売日に買った場合は前情報がないから「え?こんなにつまんないの?」と文句を言いたくなる気持ちも分かるんですけど。
 発売から時間が経っている中古の場合は評判を調べることも出来るし、そもそも「中古に売られている」時点で差し引きしろよという気持ちは分かりますね。


>中古しか扱ってない店(ブックオフ等)
 ブックオフは店舗によるんじゃないかなぁ。
 僕の家から一番近いブックオフは新品も扱っていて、PS3の体験台もあるのだけど、今日立ち寄った別のブックオフは中古しか扱っていませんでした。新品を扱っている店舗は、他の系列店が入っているということなのかな?

 そういや、今日立ち寄ったそのブックオフ―――
 『クイズマジックアカデミーDS』を4000円で買取していました。誰だよ、11月になるとバグ修正版が出荷されるから買取価格が下がるとか言ってたヤツ(泣)。

 ちなみに僕が3500円で売ったところは、新品も扱っているところでした。
 やっぱり中古のみの店舗の方が「買い取り価格は高く」「販売価格は安く」抑えられるのかも知れませんね。ちょっと腹立たしい話ですが。

| やまなし(管理人) | 2008/11/07 23:34 | URL | ≫ EDIT

ゲームメーカーは売り上げ数をかなり重要視しています。
でもそれは、赤字黒字の問題はここ数年、二の次です。
それは、どんなデベロッパーが作ったタイトルでも赤字になってしまうご時世だから。

それでも売り上げ数を重要視しているのは、
そのタイトルを冠として、冠を付けたグッズなどがどれだけ捌けるかってところ。
まず売り上げ数=ユーザー支持が、良い数字いってれば開発費をペイする前に、
その時点ですぐに次作の制作へ乗り出します。

だから市場的に売れている。もしくは儲かっている。
というのは、ユーザー側の考えや分かりやすく見る方法であって、
メーカー的にはちょっと違う捉え方をしているのでは、と感じました。
(論点がズレてるかもしれないけど、別角度で斬り込み入れてみました)

| 名無し | 2008/11/08 12:58 | URL | ≫ EDIT

>名無しさん

 確かに面白い切り口ですし、実際にメーカーも売上げ数を重視しているところはありますね。仰られていることも非常に分かります。

 ただ、逆に言うと「新品の売上げだけでユーザー数を測定するのは不可能」だということでもあると思うのです。中古ユーザーの話だけじゃなく、“買ってすぐ積んだ”とか“友達から借りて遊んだ”という人も多いでしょうし。そういうことに目をつむってて良いのかなーと以前から思っていました。

 Xbox360の『テイルズ』の「レベルをお金で買える」仕様が話題になった際に、「ソフトを実際に買ったお客様には好意的な反応をもらい、ソフトを買っていない人が批判的だった」とスタッフの誰かが言ったインタビュー記事を読んだことがあるのですけど。「そりゃソフト買った人は賛同するだろうよ!そのソフトを買っていない(=そのシリーズに興味を示していない)人にどうやってアピールするかってこと考えていないのかよ」と愕然としたことがありました。
 ゲームって「ソフトを買った人」以上に、「ソフトのことを知っていたけど買わなかった人」のデータが大事だと思うんですけどねー。

| やまなし(管理人) | 2008/11/08 21:05 | URL | ≫ EDIT

ゲーム販売チェーンのゲーム仕入と新品 中古の価格設定を行っている人間です。細かいこと抜きにして PS3本体ですが80GBの4万円近いものを販売して競合さんの価格に泣く泣く販売価格合わせると500円くらいしか利益になりません・・数年前にはガンダムショックという言葉を引き起こした一年戦争・・5000円くらいで仕入れたものが 3,4日で 3000円にしないと売れない事態・・単純計算でも残った在庫500本×(3000円-5000円)で・・・
作ったメーカーさんは次の新作受注には影響するけど、受注した分は実際には小売店がこのダメージを被ります。DSのラブベリの時は売れない状態なのに発売日前に受注した分が追加で入荷してきて地獄のようでした・・・・株のような厳しい世界で、新品だけではなかなか商売を成り立たせにくい業界です・・・、

| ひとことだけ | 2008/11/14 00:40 | URL |

バカスwwww新品のみとか古い考え方wwww
中古がない=誰も売らない=古いゲームが市場からなくなる=ゲーム認知局地的=ますますゲーム売れなくなるwww
中古があるってことは、新品で買ってつまんなかったら売れるって事でしょ??気軽に新品買えなくなったら困る人のほうが多いんじゃない??ゲームあんまりしない人が新品買ってがっかりしたらますます買わなくなるやん

| VIPPERな名無しさん | 2008/11/14 20:42 | URL |

少し論点がずれてしまいますがご容赦を。
数年前に雑誌で読んだ話なのですが、ゲーム業界で中古販売が本格的に問題になったのが、上で挙げてる方もいるテイルズの処女作だったそうです。
何が問題だったのか?といいますと、攻略本がゲームソフト自体より冊数が売れてしまったそうです。
その冊数というのがソフトの倍近く、これを機に中古市場に対してゲームメーカーが危機感を覚え対策を考え始めたそうですが・・・裁判で負けて辛酸を味わい、仕方が無いのであの手この手のアイデアを出したりしてますが、上手く結果を出せないでいるそうです。

デジキューブで新品を買うと初回限定版にはオマケが付いてくる。というのも発端は中古問題らしいです。
まあ、今は付けるのが殆ど当たり前になってしまったり、逆にこのオマケの弊害が表に出てきてますね。

というか、デジキューブって皆さん知らない世代・・・?

| codex | 2008/11/14 21:26 | URL |

>ひとことだけさん
 PS3を売って500円の利益……
 確かに「新品ハードを売っても店に利益はほとんどない」と言いますもんね。ハードを買った時にはソフトも一緒に買うのが店のためなんだと思いつつ、今使っているDS Liteは当時品切れが続いていたので「あ!売ってる!」と売っていたのが嬉しくて買って忘れていました。申し訳ないことをしました……

 『一年戦争』や『ラブベリ』は確かに(流通に詳しくない自分のような人間でも知っているくらい)典型的な例ですよね。『ラブベリ』なんて大ヒット間違いなし!みたいに言われて、事実出荷ベースではセガ久々のミリオンだったんですけど、販売は……という商品だったと記憶しています。
 あれだけ「ヒット間違いなし」と言われていた商品でもそうなんだから、新品だけ売って経営が成り立つ店なんてほとんどないんだろうなぁと推測します。


>VIPPERな名無しさんさん
 口調は凄くアレなのに、言っていることは凄く理路整然として非常に面白いという新手のツンデレでしょうか(笑)。
 仰るとおり、この記事を書いて「中古ゲームよくない!」と散々言われた僕は、「中古ゲームを買うのも売るのも良くないんだろうなぁ」と思った結果、「勇気を出して買って面白くなかったとしても中古に売れないから見送ろう」とスルーすることにした作品が幾つもあります。まぁ、単に金欠というのもあるんですけど。


>codexさん
 なるほど。
 初代『テイルズ』が出た時期、プレステソフトの中古販売が規制されていた時期、デジキューブが一つの時代を築いた時期―――とそれぞれ繋がっていますね。ちょうどこの時期僕はゲームをやっていなかった(94年~00年はゲーム封印時期、例外的に98年はサターンをやっていたけど)ので、詳しいタイミングの差はあるのでしょうが。非常に良く分かる話だと思いました。

 『ドラクエ』にしろ『FF』にしろ、プレステ時代が最高の売上げだったというのはそういうことなのかなと(あ、でも『ドラクエ7』が出た2000年には中古のプレステソフトは普通に売っていたような記憶も)。

| やまなし(管理人) | 2008/11/15 00:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/824-bef752f3

TRACKBACK

[ゲーム]ゲームショップにもお金が落ちる仕組みにしないといけない

やまなしなひび-Diary SIDE- 「新品を買えばゲーム会社にお金が入る」という固定概念を疑ってみる これに少しだけ賛同したいのは、ゲームショップとかの小売店というのも、ゲーム業界を担う重要な要素じゃないですか、だけどゲームソフトが、小売店にとって利益率が低いと

| 昨日の風はどんなのだっけ? | 2008/11/14 10:34 |

メーカーの都合も書いてみる

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-824.html 新品で買うことが本当にゲーム会社の利益になるの? というハナシ。 結論からいえば、「もちろんなります」。 一応、ワタシの周りの営業担当やショップ側からヒアリングした内容をまじえて ちとばか...

| TidalBeachBlog | 2008/11/16 03:41 |

ゲーム中古問題とか「ゲームブック」が萌え絵で復刻とか

■ブリザードの職人芸的なゲームの作られ方 ・日米、ゲームの作られ方(島国大和のド畜生)  日米のというか「ブリザード」と日本ゲームメ...

| ものろぐ | 2008/11/19 01:38 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT