やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

DSを使って、超初心者のための『萌え絵トレーニング』講座

 原稿進んでいないのに、無性にピクトチャットで落書きしたくなってしまったよ!!

 DSで萌絵(情報元:WY2K帳さん)


 メイドさん
 「一手戻す」がないのはキツイですけど、鉛筆と消しゴムにそれぞれ二種類の太さがあったりで“それなりに”絵は描けるもんですね。
 当然ながら描いた絵を保存・描き直しとかは出来ないので、「あぁ!右目のまぶたを修正したい!」と思っても後の祭りなんですが。それはそれで一期一会な味があります。

 ちなみに、電源を切らない限りは、SENDの下のアイコンで描いた絵をコピー可能。コピー対象は矢印アイコンで切り替えられるウィンドウになります。これを利用して一時保存として使うことも出来そうですね。ピクトチャットに誰かが入ってきた場合なんか知るか!

 そういや、確かDSiのピクトチャットは色鉛筆も使えるって話だったような。
 なんか……あれだけ「DSiは売れないで欲しい」と言っていた僕が日増しに魅力を感じている気がします。ち、ちくしょう!



 それはさておき、ここからが本題。
 この記事を紹介した際の『WY2K帳』のetenrakさんのコメントが非常に印象深かったのが、今日の記事のきっかけになりました。

<以下引用>
 何が欲しいって絵心が欲しい。
『萌え絵トレーニングDS』でも出ないかねえ。

</ここまで>


 萌え絵に限定するかどうかはさておき(限定した方が一部の層には売れそうな気がしますが……)、「絵を描いてみたいけど自分には描けそうにない」というコンプレックスを持っている人って意外に多いのかもと思ったんですよ。
 今でも僕は別に「絵が描けます!」と胸を張れる自信はないけれど、もっともっと下手くそで絵も漫画も自分では描かなかった頃は「絵が描ける人が羨ましい」と思っていましたもの。

 「楽器の弾けない人にも音楽を奏でる喜びを」と『Wii Music』が作られたように、誰でも絵や漫画が描ける『Wii Comic』みたいなソフトとか。『美文字トレーニング』のお絵描き版、それこそ『萌え絵トレーニングDS』みたいなものが出てきてもおかしくないのになーと思いますよね。宮本さんは元々漫画家志望だったくらいですし、スーファミ時代は『マリオペイント』とか出していたワケですし。

 まぁ……出したら出したで、「そんなものは紙と鉛筆があれば十分だ!」「任天堂はゲームを作れ!」と批判されるんでしょうけどね(笑)。僕自身は需要があるのなら出すのも面白いんじゃないかなと考えています。人を喜ばせるのが娯楽産業なワケですし。




 実際問題、「DSのタッチパネルくらいのスペース」に「女のコの顔」を「白黒で」「可愛く描く」くらいならある程度のトレーニングでなんとか出来るんじゃないかと思います。

 喩えば……冒頭紹介した記事の中に『苺ましまろ』のキャラが非常に可愛く描かれていて、それはそれでスゴいことなんですけど。じゃあこの人に『苺ましまろ』が描けるかというとそんなワケがないのです。
 漫画というのは、「体全体」を「色んな角度」と「色んなシチュエーション」で描く必要がありますし、「背景」も描かなきゃならないワケですからね。コレを全部習得するのには半端ない時間がかかることでしょう(つか、描けるようになったらデビューすればイイと思う・笑)


 逆に言うと「女のコの顔だけ描ければイイ!」と割り切って練習すれば、そこに辿り着くまではそんなに大変じゃないと思います。ラクガキ程度にチョイチョイっと描けるくらいになるのなら、さほどの労力はかからないでしょう。そして、「自分には絵が描けない」というコンプレックスを持っている人は、それだけでも嬉しいんじゃないかと思いました。


 でも、実際には『萌え絵トレーニングDS』は出ていません。
 理由はまぁ簡単なことで……「絵」って正解がないんですよね。『脳トレ』の計算問題とか、『えいご漬け』の「何と喋っているのか」とか、『Wii Sports』の「タイミングよくラケットを振る」とかのように、みんなが納得する正解がないのです。
 『美文字トレーニング』のように「模写」するソフトならば作れるでしょうが、既にある絵を模写することが「絵が描けるようになる」とは言えませんからねー。

 だから、「フリーでお絵描き出来るツール」としてのピクトチャットとか『大人の塗り絵』とか、今度出るDSiウェア『うごくメモ帳』のパラパラ漫画機能とか、描いた絵を主人公に使える『ドローン トゥ ライフ 』みたいな“既に絵が描ける人のためのソフト”は出ているのですが―――絵が描けない人のためのソフトは出ていないんですよね。


B001IBHTIQニンテンドーDSi ホワイト

任天堂 2008-11-01
売り上げランキング : 27

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 なので、不肖ながらこの私やまなしめが「超初心者の人が萌え絵を描くための講座」を開こうかと思います。「オマエに教わっても……」という声が聞こえそうですけど、僕みたいに本当に半端なく容赦なく下手くそだった人間だからこそ出来るアドバイスもあるだろうと思うのです。

 「人の顔ってどう描くの…?」というレベルの人が、「この絵は人間の顔に見えるぞ!」というラクガキが描けるようになるってケースを想定しているので。既にある程度上手い人や、本気で上手くなりたい人には必要ない情報だと思います。本気で上手くなりたいのならちゃんとした本を探すとイイと思うよ!!


【この講座で使う教材】
 DS(Lite)内蔵のピクトチャット
 デジカメ


 まぁ、ぶっちゃけ紙と鉛筆(シャーペンの方がイイか)と消しゴムと“描き終わった絵を収納する”透明のケースがあればそれでイイです。アナログで描いた方が裏から透かして「デッサンが正しくなったか」を確認できますし。
 この記事を「DSを使って」としたのは、僕が普段アナログでばっか描いているから違う方法でラクガキしたくなったというだけの話です。

 肝腎なのは、デジタルだろうがアナログだろうが、描いた絵は捨てずに取っておくこと。DSのピクトチャットに保存機能はないので、デジカメ(携帯電話のでももちろんイイです)でササッと撮影しておくのがイイでしょう。
 んで、1週間とか1ヶ月とかかけて10枚くらい描いたら、10枚前の最初の絵を見て「うわっ!あの頃の俺はなんて下手だったんだ!」と思うこと。これが上達のコツです。




【それではレッスン開始】
 「講座」なんだか「トレーニング」なんだか「レッスン」なんだかよく分かりませんが、とりあえず開始。

 それでは皆々様、まず「顔」の輪郭となる○を描いて下さい。なるべく正確に、きっちりとした○を。
 描けましたか?きっちりとした○が描けましたか?





 描けたのなら僕よりもう上手いので、僕が教えられることはもうありません。

 卒業おめでとうございます!おめでとう!おめでとう!おめでとう!おめでとう!




 まぁ、落ち着け。
 多分、本当の「超初心者」の人は○が描けないと思います。

 ○って描くのが難しいんですよ。「○を描け」と言われて1発で描けてしまう人なんて、そりゃ絵が上手い人です。大半の人は○も描けないものです。でも、超初心者の時は「俺なんて○も描けないのか……」と落ち込んでしまいがちです。その必要なんてないのに。



 ほら!やまなしが描いた○なんて、こんなもんだよ!

 ○

 こんな画力でも漫画は描ける!と、胸を張れるほどは描けてませんけど。
 僕も、アナタも、必要以上に自分を「俺って才能ないんだー」と貶めてはいけません。「サイノウナインダー!」とカタカナで書くと戦隊ヒーローみたいです(謎)。

 初心者の内は「1発で描けることなんてない」と受け入れることが大事です。
 そりゃプロの絵描きとか、美術の成績が8とか9の人は1発でチョイチョイッと絵が描けてしまうのでしょうけど。こちとら10段階で4ですもの。しかも、無遅刻無欠席で全作品をちゃんと提出しての4だっての!文句あっか!

 喩えば、『ビートマニア』みたいな音ゲーで最速ノーミスパーフェクトが当たり前に出来る人がいますよね。1発で絵が描ける人というのはそんな人達です。僕らは難易度イージーで「とりあえず序盤のステージだけでも何とかクリアしよう」を目指しているのですから、そんな人達と比べてはいけません。なんか昔書いた記事と思いっきり矛盾しているような気がしますが、気にしてはいけません。

 下手は下手なりに、何度も描き足して何度も修正して、最終的に「絵」に見えるものを描ければイイんですよ。1発で○をキレイに描けなくても鉛筆と消しゴムで少しずつ修正していけばイイのです。



 +

 とりあえず目安の+を入れてみます。
 縦のラインは顔の中心線で、この線を基準に左右対称になることを意識します。横のラインは目の高さなんですが、今の時点ではあまり気にする必要はないでしょう。「何となく○の真ん中に+を引いておく」くらいで違うはず。



 足して足して足して

 こんな風にチョコチョコと線を足して○に近付けていきます。消すのは後で良し。
 上半分は髪の毛に隠れてしまうので、大事なのは下半分。ここが丸みを帯びないと萌え絵にはなりませんからね。頬~アゴのラインが“女のコに見えるかどうか”の生命線だと思っていて下さい。

 マメ知識。
 冒頭に紹介した記事で「みんな向きが一緒だよな」というようなコメントが載っていましたよね。全部の絵がそうではありませんが、人物の左側からのアングル(キャラが画面の左を向いている)の絵が多かったのは確かです。僕が描いた梨奈ちゃんの絵もそうね。

 何故かというと、描き手が右利きの場合、肉体の構造上「)」という線よりも「(」という線の方が圧倒的に描きやすいからという理由があります。「(」を使うためには、「(」が頬の部分になる左側からのアングルが描きやすい―――と。
 でも、実際には「)」も描かないとなりませんよね。一生同じアングルだけを描き続けるワケにもいきませんから。そこで、とっておきのテクニックをご紹介。



 まさに逆転の発想

 紙(DS)をひっくり返す。
 これでOK。何の問題もない。紙をグルグル回せば、「(」だけで大抵の絵は描けるのです。

 アレもコレも出来なければ絵は描けないと思うのではなく、工夫さえすれば「(」だけで絵が描けると思ってもらいたいです。それくらい「(」は重要だし、「(」を磨き続ければ何でも描けるんだくらいの気概で構わないと思います。



消して消して消して

 太くなりすぎた線を消しゴムツールで修正。元の○とは似ても似つかない○になりましたね。
 ここでは分かりやすく丸顔を目指して○を描いていますが……これを縦に長い○にするとか、アゴをシュッとさせるとか、頬を角ばらせるとかで、その人物の性別や年齢を描き分けるのです。萌え絵を描くのならば、頬を丸く描くことを目指しましょう。

 アナログで描いている場合は消しゴムで消しながら「正しい線を探す」感覚かな。絵は描く技術よりも、「この線でイイのか」を判断する見る技術の方が大事だと思います。


 さぁ、こうやって○が描けたのなら完成まであと一歩です。


完成!

 ハイ、完成。
 これでみなさんも萌え絵が描けるようになりましたね。メデタシメデタシー。と、この記事を終わらせると流石に後味が悪いので言い訳すると。途中で飽きてしまった……のではなく、頬さえ描ければ後はもう何とかなるんですよ。逆に言うと、頬をちゃんと描けないと目鼻口をどんなに整えても可愛くは見えません。

 まずは頬!
 超初心者が萌え絵を描くために、唯一絶対的に気を付けなければならないポイントはそこ。

 そして、それは「1発で描ける」とは思わず、「どんどん線を足して、それを消して、それなりに見えるように修正する」こと。要は「ラクガキなんだ!」と楽な気持ちで描けってことですね。絵が描けないとか、絵心がないとか、必要以上に気負うことはないです。

 プロになりたいって人のことは知らんよ。僕もプロじゃないし、プロになる術があるなら知りたい。
 でも、ラクガキ程度ならば気負う必要はないし、ラクガキ程度でもチョコチョコッと絵が描けるのは楽しいことだと思います。下手でもイイじゃない、描かなきゃ上手くならないんですから。レベル1の状態でラスボスと見比べて「勝てそうにない」と落ち込んでも仕方ないです。

 まず、スライム狩って金貯めて棍棒買うぞ、くらいのところから始めましょうよ。


B0012YYKNGドラゴンクエスト ソフビモンスター012

スクウェア・エニックス 2008-04-25
売り上げランキング : 1521

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そりゃ泣くわ

 泣くほど哀しいか。
 1-6での惨敗なんて、昔のレッズを思い出せば……。


 双子も描いておく

 第2弾は反響次第。
 それよりも、デジカメでDSの画面写真をキレイに撮る方法を知りたいです。

| 漫画作成 | 18:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

> それよりも、デジカメでDSの画面写真をキレイに撮る方法を知りたいです。
↓これなんてどうですか?
http://d.hatena.ne.jp/osito/20070528/p1

いろいろ試行錯誤した上でかもしれませんが、
近すぎて焦点があってない感じですね。
(あるいは、やむなくそうせざるをえない感じ。)
デジカメに接写モードがあれば、それで撮影してみてはどうでしょう?
試していたら、ごめんなさい。

| すくみう | 2008/12/11 22:39 | URL |

>すくみうさん

 あぁ!どうも情報ありがとうございます。
 接写モード(多分)は使ってはいるのですが、何分7年前に買ったデジカメですからね……と諦めていたところ。上の記事を読んで、上の記事の正解とは違うのですが(笑)、三脚替わりにデジカメをテーブルに置いてDSをちょっと離してみたら多少改善されたみたいでした。

 これでいつでも第2弾が書けます!ありがとうございます!
 予定は未定だけど!

| やまなし(管理人) | 2008/12/12 21:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/852-b5387813

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT