やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大好きな人に会いたいですか?

 1週間以上前の話題になってしまうのですが……
 高橋美佳子さんのネットラジオに喜多村英梨さんがゲストに来た回がすっごく面白かったです。

 特に、「二人の初対面はいつか?」という話で―――
 キタエリは子役時代にテレビで観ていた『エクセルサーガ』で美佳子さんの声を聴いていて(『エクセルサーガ』は99年)、声優になって(キタエリの声優デビューは2003年)、『アイマス・ゼノグラシア』(2007年)の現場でようやく声をかけようとしたのだけど「私がこういう性格だから逆に気を遣わせちゃうんじゃないか、だったら最初から存在がない方が良いんじゃないかと…」と躊躇していたという。


 すげー分かる(笑)。「これ、なんて俺?」だよ。
 キタエリ、こういうキャラだったんだ。物凄く共感を抱きました。

 頑張って「美佳子ちゃん」と呼ぶことにして、でも後で「なんで言っちゃったんだろ。腹立てていないかな」と一人反省会を開くとか。「来年も声優業をやっていられるか不安」とか。発言の端々からネガティブっぷりが感じ取れて他人とは思えないです。
 アニメの主題歌を歌っていることについて「アニメのファンも、喜多村の歌を聴いてやろうっかなという人も楽しめると思います」って、そこは「アニメのファンも喜多村のファンも」で良いじゃんか!と(笑)。


 もちろん今までも存在を知っていたし、「面白い人だよなー」とは思っていましたが、このネットラジオを聴いて彼女を凄く応援したくなりました。キタエリがゲストに来ている回はバックナンバーでまだ聴けるんで興味が出た人は是非。


B001LWJZ2AGuilty Future
喜多村英梨 E-RImix with Ai * Mei Gui Ai * Mei Gui

ランティス 2009-01-21
売り上げランキング : 11169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「憧れの人に会えるなら会いたいですか?僕は会いたくないです。」

 キタエリの話を聴いて思い出したこと。
 数年前にこの話をリア充な友達に話したらキョトーンとされてしまったのですが……僕は「憧れの人」には会いたくないんですよ。漫画家にも歌手にもラジオパーソナリティにもゲームクリエイターにも、憧れの人・尊敬している人・その人の存在があったからこそ自分が生きてこれたと思える人は沢山います。

 でも、僕はそんな「憧れの人」には会いたくありません。
 だって、そんな風に憧れていて「この人のおかげで自分の人生がある」とまで思っている人に、もし嫌われたらその後の人生どうすんの?


 いやね、「どんだけネガティブなんだよ」とか「そんな考えだから嫌われるんだよ」と言われるんでしょうけど、自分だって自分のことが嫌いですし。人に会う時はまず「これ以上嫌われるようなことはしないように」を真っ先に心がけている身としては……会わなければ嫌われることもないと思ってしまうのですよ。
 認識していない人を嫌うことは出来ませんからね。



 昔、伊集院さんが「『ドカベン』を好きだ好きだと言っていたら、水島新司先生本人から「ありがとう」と言われたんだけど……水島新司ともあろうものが俺ごときを知っていることにショックを受けた」と仰っていましたけど、それに近いものがあるのかも。

 出来ることならば、その人の輝かしい人生に自分みたいな人間が関わってはいけない―――みたいなカンジというか。「俺の水島新司が汚された気がする!」とでも言えばいいのか。



 でも、この話……多分ほとんどの人がキョトーンだと思うんですよ。
 「俺の話はともかく、伊集院さんの話は分かるっしょ?」と言っても、リア充な友達はキョトーンでした。

 そのリア充な友達曰く「相手だって人間なんだから気にすることはない」みたいな返答だったんですけど、そういうことではなくて。人間だから俺のこと嫌いになるに決まっている!というか。何だろう、ネガティブというよりはワガママで自分勝手で自意識過剰なだけなんでしょうけど。だからこそそこは直しようがないんですよ。

 こう書いている間にも、「あれ?この書き方だとキタエリにも失礼じゃないのか?」とまた一人反省会モードに突入するのですが―――大丈夫、キタエリは美人だから何とかなるよ!(何だこのフォロー)



 人間には2種類のタイプがある。
 「憧れの人に会いたい人」と「憧れの人に会いたくない人」の2種類だ。


 いや、別に「名言」っぽく書いてみただけで全然「名言」じゃないんですけどさ。
 この記事で何を伝えたいとか、「オマエもこう思え!」とかそういうことじゃなくてね。色んな人間がいて、その人それぞれに幸せがあるということを書きたかったというか。
 この記事をアップした後も一人反省会で、予約投稿に設定している時間が来る前に「削除するか?」「でも、これから今日の日記のネタ考える余裕もないよな」と飛び起きたりして。あー、生きていくのって胃が痛い。

| ひび雑記 | 17:54 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

痴豚さんの水島先生くだりを読んで、
3,4年前の馬鹿力でテリー・ギリアムと話すことができた痴豚さんが「憧れている人に会えるのやっぱ嬉しい」と言って、かなり興奮していた事を思い出しました。
やっぱ人は変われるんですかね?

ちなみに自分も1人反省会もしますし痴豚さんとキタエリは好きですwww


| kodo | 2009/02/08 19:43 | URL | ≫ EDIT

>kodoさん

 テリー・ギリアムの話は、言われてみればですね。
 自分の感覚で言うと「外国人相手は開き直れる」ところがあるのかなと思います。「言葉が通じないから」を言い訳に出来ますし、そうそう頻繁に会うものでもありませんし、テレビで見ることも見られることもほとんどないでしょうから。

 ただまぁ、そう考えると「会いたくない」というのは「本当は会いたい(でも嫌われたくない)」の裏返しで、「嫌われないのなら会いたい」というのが本音なのかなーと思ったりもします。でも、「嫌われるだろうから会いたくない」と(笑)。

>ちなみに自分も1人反省会もしますし
( ゚∀゚)人(゚∀゚ )ナカーマ

| やまなし(管理人) | 2009/02/08 20:52 | URL | ≫ EDIT

会うという定義が難しいですね。
道端ですれ違う、サイン会や握手会から、名刺・メアド交換、対談と程度によって重みが
ちがうような。
伊集院さんはさらにタレント(お笑い?雑学王?)ですから憧れの人にあったときの
対応は一般人のソレとはさらに違うものがあるでしょうし。
対談で自分では気が付かないうちに相手に禁句を言ったり、タブーの質問して後で後悔
する可能性もあり、相手に普通~好感触で終われたらよいですが、キモイとか
思われたら会いたくないよな。それはメル友と会うのと同じくらい緊張するのかも。
それならば憧れの存在のままでもと思うかも。
私は某漫画家さんのサイン会で(本当ならば○○○のサブキャラの絵を色紙に書いてもらおうと
心に決めていたのに)緊張のあまり何も言えず主人公の絵を描かれてしまって
もちろんそれでも良かったのですがすごい後悔したことがあります。

| まる | 2009/02/08 22:09 | URL | ≫ EDIT

>リア充の友達がキョトーン

世の中で是とされている価値観(この場合はポジティブか)を持つ人たちは
世の中で非とされる価値観(この場合はネガティブ)を持つ人たちのことを
往々にして顧みることはないんですよね。

しかしその逆はあまり成り立たないのであって。
非とされた人たちは常に是とされる人たちを羨んでいて、成りきれないまでも
どうするとほめられるのか、目で見て、頭で理解します。

世の中の人みんながネガティブだったらいいのに。
みんなで傷のなめ合いができるのに。

まあ、ホントにそんなことになったら
だいぶ面白くない世の中になりそうなんで、やっぱり撤回しときますが。

傷のなめ合いでなくっても、もう少し
異なるものが隣に存在することが当たり前で尊いことだ、
という認識が早いとこ染み渡らないもんなんでしょうか。

| t | 2009/02/08 23:46 | URL | ≫ EDIT

>まるさん
 ふむ。
 自分は「道端で(自分を認識しない形で)すれ違う」くらいなら出来るけど、それ以外は全部キッツイと思っているので一緒くたにしてしまいましたが。確かに「会い方」によって重みは変わってくるような気がしますね。伊集院さんのようなタレントの場合は、「会う前からどんな印象を抱いているか」もあるから余計にキツイ気がします。

 キタエリの場合は「仲良く話しかけたい」が最終目標にあったので、そりゃハードル高いよなと思いますね(笑)。仕事場で毎週会うワケで、万が一嫌われてしまったらどうしようと思う気持ちは凄く分かります。


>tさん
 今回のケースでいうと、そのリア充な友達は「理解しようと思ったけど理解できなかった」状態だったのでちょっと僕の書き方が誤解を招いたかなと思うのですが……tさんの仰るケースは凄く良く分かりますね。

 なんだろうな……
 「世の中で是とされている価値観」を語っておけばOKなんだよな、的な雰囲気と言いますかね。こう言っておけばカッコよくおさまるよね、みんなそう思っているよね的なことを深く考えずに発言して、「世の中で非とされる価値観」を何故「非」とするのかを見ないというかね。

 一つ一つ語りだすと話が脱線してしまうので避けますけど……
 「価値観の違う人間を認める」以前に、「みんな同じ価値観ってことにしておこうぜ。その方が面倒臭くないし」という人を見ると「んー」と哀しくなってしまいます(まぁ、「多様性を認めない」も一つの価値観なんだよなあと最近は考えるようになりましたが)。

| やまなし(管理人) | 2009/02/09 20:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/896-5b839755

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT