やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マジコン問題でまず警告すべきは保護者ではないか

 パワポケ制作スタッフ、公式サイトにてマジコンに苦言を呈する
 マジコン問題(情報元:WY2K帳さん)


 僕自身は違法コピーの類が大嫌いですし、今回の件についても100%『パワポケ』スタッフ側に賛同しますし、ゲームビジネスに関わっている全ての人のためにも違法コピーが一日でも早くなくなることを祈っているのですが―――

 この話を読んで真っ先に思ったのは「確かに正論なんだけど、正論じゃ違法コピーはなくならないんだろうなぁ……」ということでした。
 ここで語られていることは、違法コピーばかりでゲームが売れない→制作サイドにお金がまわらない→ゲーム制作にかけられるお金がなくなる→ゲーム自体が生まれなくなる→困るのは最終的に「ゲームを遊びたい人」、ということだと思います。
 これはゲームに限った話ではなく、「違法コピーを使うことが5年後、10年後の業界を潰す」ということが言えると思います。これは確かに正論。僕も心から同意します。



 ですが、正論だけでは届かない人もいます。
 喩えば、「5年後、10年後に面白いゲームが出なくなっちゃうよ」と言っても「俺、5年後とか10年後にゲームなんてやっていないだろうし」と思っている人には届かないワケです。実際に10年後にゲームをやっているかは置いといて、です。僕だって10年前に「10年後もゲームをしているだろうなぁ」なんて思いもしなかったですもの。


 この件で深刻なのは、小学生・中学生の間でも違法コピーが蔓延しているということです。
 もちろん個人差はあるでしょうし危機意識を持っている人もいるでしょうが、10年前後しか生きていない人に「10年後のゲーム業界のために」なんて言っても想像できないんじゃないかと思うのです。

 だからこそ未成年。
 短い人生しか生きていなければ、一つ一つの事柄の“未来に与える影響”を想像しにくいものです。言わないよりは言った方がマシなのは確かです。「違法コピーはゲーム会社を苦しめている」事実を伝えることは大事だと思います。ですが、そう言っても「そんなの俺には関係ないし」と思ってしまう人もいることでしょう。未成年者ならば特に。



 成人していても違法コピーを享受している人は置いといて―――
 未成年者に蔓延している違法コピーをなくしていくには、やっぱり親(保護者)に訴えていくのが一番じゃないかと思うのです。
 法的な措置とかそういうことまでしなくても、「親御さんへのメッセージ」として「違法コピーされたゲームを子どもに遊ばせることは、お子さんを犯罪行為に関わらせるということですし、犯罪はしても良いものなんだとお子さんに思わせることに繋がりかねます」みたいに書いておくとか(僕は法律家じゃないので、細かい言い回しは専門家に任せます)。

 「親のモラルが低下しているからこうなっているんだ」という意見もあるでしょうが、事の重大さを知らずに子どもにせがまれたからマジコンを買ってあげたという親もいるでしょうし「保護者へのメッセージ」を書いておくことで食い止められるケースもあるんじゃないかと思います。子どもの将来のモラルに関わる話ですしね。



 いやホント、マジメな話。
 ゲームについてもそうですしアニメについてもそうなんですけど、違法コピーを使うことに何の罪悪感も覚えない世代が大人になって主な購買層になった時代ってどんな未来なんだろうと思いますよ。その世代が「子どもに買い与える」年代になったらどうなんの?
 任天堂のタッチジェネレーションじゃないですけど、「違法コピーを好まない世代」を狙って延々と対象年齢が上がり続ける、とか。日本の娯楽文化はずっと団塊世代、団塊ジュニア世代を狙い続けるとか……笑いごとじゃない未来が待っているようで、背筋が凍る思いがしています。


B001GIPGKYパワプロクンポケット11

コナミデジタルエンタテインメント 2008-12-18
売り上げランキング : 261

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:02 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ソフトに起爆装置をつけておいて、コピーしようとしたら爆発するようにすべきだ。なんていう人もいましたね。

…まあ爆発はともかく、機械が逝く位の仕掛けなら(出来るのかは知らないが)取り付けちゃってもいいんじゃないかと思います。文句を言われたら違法行為をした方が悪いと言い返せばいいし。
万が一誤作動したら素直に謝ろう。

PS 違法云々といえばニコニコ動画とかYOU TUBEはどうなりますかね?アニメとかにとっては害悪でしょうが、ゲーム業界にとっては必ずしもマイナスになるとは限らない(宣伝になる場合もある)ので・・・。

| 土星産の卵 | 2009/02/23 18:44 | URL | ≫ EDIT

ソフトに起爆装置とえいば

かつてPCのシェアウェアに、そんな仕掛けがされたソフトがありました。
で、どうなったかは「WinGroove」で検索してみてください。

| Nanasi | 2009/02/23 20:13 | URL | ≫ EDIT

>土星産の卵さん
 そういう仕組みは誤作動を起こした際の被害がデカいのがネックですよね。
 「ある部分でフリーズする」とか「延々と船が着かない」みたいなものが現実的な落としどころなんでしょうが、それも直に破られてしまうらしいですし(この辺の話はあまり詳しくない)。

 でも、それを言うと「機械が壊れるような仕組」も即効性がある分、罰を受ける人も最初の少数人だけということになるか……結局、受け手の意識を変えることしかないのかなぁ。

>違法云々といえばニコニコ動画とかYOU TUBEはどうなりますかね?
 ゲームはジャンルによるでしょうね。
 ストーリーメインのソフトは思いっきし被害を受けますし、個人的には「ゲームらしいゲームが売れない」と言われる一因にもなっているんじゃないか(これから先はもっとなるんじゃないか)と危惧しています。

 逆に、ユーザー自身が自由に遊べるゲーム(痛車とかもそうですね)は動画をきっかけに購入する人が増えることも多いでしょうね。ゲーム業界がだんだんと「ストーリーメインのソフト」から「ユーザー参加型のソフト」にシフトしていく傾向は、今後も続くんじゃないかと思います。


>Nanasiさん
 ザッと検索してみましたが、「誤作動を起こしてトンでもないことになった」という認識で良いですかね?自分も、万が一のことを考えると攻撃的な仕組みは入れにくいだろうなぁと思います。関係ない人を巻き込んでしまえばゲーム業界全体に打撃を与えかねませんし。

 じゃあ一体どうすればイイんだという話ではあるのですが……

| やまなし(管理人) | 2009/02/24 07:42 | URL | ≫ EDIT

同意。早めに対策しないと本当に滅びる。
事実コピー天国の某国では全くソフト産業なりたってないというし。

現実問題としては地道にメーカー側で対策してくしかないかね
イタチゴッコにはなるけど、敷居を少しでも上げる事が必要。

| ・ | 2009/02/24 10:57 | URL | ≫ EDIT

うまい策を見いだすのは難しいですね
最終的にはオンラインアクティベートとか、そういうちゃんと使っている人に面倒さを与える方法くらいしかないのかも。

バ○に塗る薬はないとは言いますが、
それを生業にしている人にとっては死活問題ですから、
本当勘弁してほしいですね。

個人的には本当に対策できるのなら、ちゃんと使っている人に多少面倒をかけさせる認証なんかを使ってもいいと思います。
自分は金払って遊んでいるのに、犯罪者は金を払わずのうのうと遊んでいる方が余程正規利用者にとって不利益です。

| sou | 2009/02/24 21:11 | URL |

>・さん
 ゲーム会社が共同で機器を訴えた(だっけ?)のは、消費者に対して「その商品はダメな商品ですよ」というメッセージを送る意図もあったと思うんですけど。それでもなくならないということは、もはや良心に訴えてもダメな段階まで来ているということなのかも知れませんね……

 一ゲーム好きとしても、一漫画描きとしても、明るい未来はないんだなぁと暗い気持ちになったりもします。


>souさん
 結局のところ、「自分がやっていることは悪いことじゃない」と思い込める力なのかもと思います。マルチ商法などの問題でよく語られる「もう後には退けない」感覚というか。そういう人に「これは悪いことですよ」と言っても、一度知ってしまった味は捨てられないのかも知れませんね。

 そう考えると、やっぱり「コレ以上加害者を増やさない」ために警告はし続け。
 「現在も使い続けている人を減らす」ために法的措置を取っていくしかないのかなーと。

 「コピーは生まれるもの」という御意見もありますが、僕はだからと言って黙認はしない方がイイと思うのです。

※ そう言えば、この商品名で書き込んでくるスパムコメントがウザかったのでずっと前に商品名を「禁止ワード」に設定していたのを忘れていました。もし、この件について書き込もうとして弾かれてしまった人がいらしたら申し訳ないです。
まさか、自分で自分のブログにコメントしようとして「禁止ワードです」を喰らうとは……

| やまなし(管理人) | 2009/02/25 07:45 | URL | ≫ EDIT

やまなしさんの提唱した「保護者へのメッセージ」って、「何処に」書くんですか?肝心なところが抜けているかと思います。

| 白恋 | 2009/02/26 02:06 | URL |

>白恋さん
 それはもちろん「保護者の目の付くところ」ですよ。
 本体買ったら注意書きの紙が入っているとか、カタログとか、CMとか―――もちろんそうした行動によって逆に宣伝してしまう可能性もあるので、費用対効果を考えて十分な検討をしなきゃならないでしょうけどね。

| やまなし(管理人) | 2009/02/26 08:00 | URL | ≫ EDIT

いやいや、おかしいですよ。
「違法コピーされたゲームを子どもに遊ばせることは、お子さんを犯罪行為に関わらせるということですし、犯罪はしても良いものなんだとお子さんに思わせることに繋がりかねます」を書く場所ですよ?普通に商品を買う人の目のつくところに、関わりの少ない人に向けて書くのですか?
それとも、マジコんの箱やカタログに載せようというのですか?

| 白恋 | 2009/02/26 21:52 | URL |

>白恋さん

 そうですか?
 映画の前に「録画禁止」のCMが入ったり、漫画雑誌の中に「ネットに流さないで下さい」という広告を入れたりするようなものなので。議論の一つとしてはあって然るべきものだと思いますけど(リスクもあるので最適解というワケではありませんが)。

 先日の判決があるので、それを根拠に違法性を更に主張していくことによって、保護者の中には「これはマズいんだな」と認知していく人も多くなるでしょうし。余計な加害者を増やさないためにも、そうした意識は大事だと思うのですが。

| やまなし(管理人) | 2009/02/28 07:12 | URL | ≫ EDIT

議論や意識の必要性・重要性ではなく、やまなしさんのおっしゃる「保護者に認知させる手段」の有効性のお話です。「先日の判決」が出る以前に唱えた案として、はたして中身のあるものだったと言えるでしょうか。
映画や漫画への対応策については、「保護者」に向けたものではなく、全消費者に向けてのものですよ。本気時でご自分で絞り込んだターゲットを自らお忘れになってはいませんか。

| 白恋 | 2009/03/01 18:13 | URL |

>白恋さん

 あー、そういう意味ですか。
 僕はエスパーではないので、白恋さんがどういう意味で仰っているかは白恋さんの文章からしか読み取れないワケで。
 「普通に商品を買う人の目のつくところに、関わりの少ない人に向けて書くのですか?それとも、マジコんの箱やカタログに載せようというのですか?」という文章から、「コピーしない人が見る欄(カタログやCMなど)にコピーする人への警告を載せることに意味があるのか」という話にシフトしたのだと勘違いしました。映画や雑誌の例はそういう意図で書きました。

>やまなしさんのおっしゃる「保護者に認知させる手段」の有効性のお話
 判決が出る前であっても「ソフトメーカーと協力して訴えに出ていた」のですから、その事実を書くだけでも「あ、これってマズいことなんだ」と気付く人はいると思いますよ。

| やまなし(管理人) | 2009/03/02 10:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/905-94f4e7cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT