やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「DSiでWii用バーチャルコンソールが遊べる」の可能性を考える

※ 最初に。
 この記事では「ニンテンドーDSiでバーチャルコンソールのソフトが遊べるようになったらどうだろう?」を語っていますが、現時点ではニンテンドーDSiでバーチャルコンソールのソフトは遊べませんし、そうしたアナウンスが任天堂からあったワケではありません。あくまで「こういう機能があったらどうだろうな」という妄想記事なのを御了承下さい。



 メシ食いながら『ニンテンドーチャンネル』で映像を眺めていたんですが、DSiウェアの『DSi時計 ファミコンマリオタイプ』(公式サイト)って走っているマリオを操作出来るんですってね(ただし、ジャンプとダッシュだけみたい)。
 コレはコレで面白そうだなー。でも、それを言い出すのならいっそのこと『スーパーマリオブラザーズ』もDSiウェアで出せばイイんじゃないかと思ったのが今日の記事のきっかけです。



 「え?何を今更?」と思う人も多いでしょうが……
 何故だか僕は、「DSiでバーチャルコンソール」を展開するのなら携帯ゲーム機のソフトが来るだろうと思っていたんですよ。ゲームボーイ(カラー)、ゲームボーイアドバンス、ゲームギア、ワンダースワン(カラー)、ネオジオポケット辺り?それはそれで非常に魅力的。DSiでネオポケのソフトが遊べたら、れんげたん(@どき魔女)も嬉しいことでしょう。

 でも、よくよく考えてみたら、現在Wii用に展開されている据置ゲーム機のバーチャルコンソールをそのままDSiに持ってきても面白そうですよね。ユーザーとしてもメーカーとしても、メリットは大きいでしょうし。



メリット1>クラコンを必要としない
 DSiにはアナログスティックがないから64のソフトは展開出来ませんが……
 それ以外のソフトは、DSiの「十字ボタン、ABXYLRボタン、スタート・セレクトボタン」で問題なく遊べると思います。クラシックコントローラがなければスーファミのソフトを遊べないWiiよりも、バーチャルコンソールに向いているという見方も出来ます。


メリット2>豊富なラインナップ
 上述したように64ソフトは遊べませんけど、それ以外のソフト―――2年以上かけてWii向けに展開してきたソフトラインナップ(400本以上はあると思う)をそのまま使えれば“売るメーカー”にとっても“遊ぶユーザー”にとっても嬉しいことでしょう。


メリット3>携帯ゲーム機向けのソフトも多い
 喩えばファミコン初期のシンプルなゲームって、居間のテレビの前に座って気合入れて遊ぶよりも、電車の待ち時間なんかの暇潰しにチョロッと遊ぶ方が需要があるんじゃないかと思います(もちろんWii用同様に中断機能は必須)。
 ゲームボーイアドバンス用のファミコンミニが売れたのにもそういう理由があったでしょうし、ファミコンミニの新品ももうあまり売っていないでしょうから、ビジネス的には面白そうかなと。

 それと、散々書いてきたことですが「家でも携帯ゲーム機を遊ぶ」という人も多いですしね。

(関連記事:DSを遊ぶのに相応しいのは外?それとも自宅?
(関連記事:据置ゲーム機のメリットって何なんだろう?


メリット4>Wiiを持っていない人&Wiiをネットに接続していない人も楽しめる
 1台でも多くWiiを買って欲しくて、1台でも多くWiiをネットに繋いで欲しい任天堂の思惑とは逆行しますが……「Wiiでも買える」「DSiでも買える」ことによってソフトの売上げは伸びるでしょうし、サードメーカーがそこにウマミを見出せばソフトも増えるでしょうと。

 Wiiをネットに接続するには自宅にインターネット繋いだりという苦労がありますが、DSiをネットに接続するにはネットを繋いでいる友人宅を訪ねるだけでイイ―――みたいに幅が広がる可能性もありますものね。


B001U0Q16QニンテンドーDSi ピンク

任天堂 2009-03-20
売り上げランキング : 79

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 しかし、何事もメリットがあればデメリットもあるものです。


デメリット1>画面が小さい
 DSiは旧来のDSよりも画面を大きくしたとは言え、元々テレビのサイズで遊ぶことを想定していた据置ゲームを携帯ゲームで遊ぶのには苦労があると思います。光栄のシミュレーションゲームとか、『ファイアーエムブレム』や『タクティクス・オウガ』のように数値情報の多いゲームは厳しいかも知れません。

 それを言うと、シューティングゲームとかもキツイか……



デメリット2>「Wiiでしか出来ない」という売り文句が一つ消える
 バーチャルコンソールがWii本体普及にどれだけ貢献したかは分かりませんが、「Wiiではこんなことが出来るんですよ!」という魅力の一つにはなっていたと思います。バーチャルコンソールがあるからWii本体出したままにしておこうとか、本体売らずにいようとか。

 それが「DSiでも遊べるようになりました」だと、Wiiにとってはマイナス要素ですよね。
 ただでさえ、現在の日本市場は「据置ゲーム機に元気がない」と言われているのに……と、躊躇する材料にはなりそうです。



デメリット3>DSiウェアのライバルになりかねない
 これは「メリット2>豊富なラインナップ」の裏返しなんですが……
 Wiiの時には1年目バーチャルコンソールで“ダウンロードソフトを買う”ことの地ならしをして、2年目のWiiウェアに繋げるという役割分担があったと思います。バーチャルコンソールがこれだけ売れているんだから、Wiiウェアにもソフト投入する価値がありますよ―――と、サードメーカーにアピールする意味もあったのでしょう。

 でも、DSiでは既にDSiウェアが展開されていて。
 そこに400本ものバーチャルコンソールを一気に展開したら、せっせと展開していたDSiウェアは「結局みんなスーパーマリオ買うのかよ!」状態になりかねません。DSiにとっても、必ずしもメリットだけではないのです。


B000WN67L6Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 40

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 その他にも、メリット「口コミが期待できる」とか、デメリット「2人用が遊べない」とか―――色々と思いつくのですが、時間がなくなってきたのでこの辺で。


 PS3とPSPで展開しているゲームアーカイブスのようにセーブデータが共有出来れば最高なんですが、コピーの温床になりかねないから「WiiはWii」「DSiはDSi」と区別した方が無難でしょうね(PS3とPSPは連動させる本体を登録するとかだったはずだけど、WiiとDSiにはそういう機能がありませんし)。
 考えれば考えるほど「魅力的」ではあるのだけど、「それをするくらいなら携帯ゲーム機のバーチャルコンソールをやってくれ」という気持ちにもなります。メリット・デメリットを考えた上で、現時点では行っていないということなんでしょうね。技術的にはそれほど難しいことでもないでしょうし。


 携帯ゲーム機版のバーチャルコンソールを行う場合、DSi専用にするかWiiでもダウンロード出来るようにするかでまた一波乱ありそうですね。個人的にはDSi専用にして棲み分けした方がイイと思うけれど、僕含めてDSiを持っていない人には不満が生まれそう。
 そもそも、携帯ゲーム機版のバーチャルコンソールに需要があるのかという問題もあるか……『ポケモン』シリーズとかは流石に出せないでしょうしねぇ(新作の売上げに影響出ちゃうから)。



 DSiの海外発売は4月2~5日と、まさに今のタイミングですから。
 バーチャルコンソールを展開するとしたら、この4月~7月くらいに何らかの情報が出てくるんじゃないかと予想しているのですが。妄想するだけならタダだという相変わらずの記事でした。


B000KFA8R0ニンテンドーポイントプリペイドカード 1000

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 476

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/926-262e4f1e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT