やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

手を出す前から“終わり”を考える病

 近況報告。
 現在、作画作業の時間を確保するためにゲームを封印している状況なのですが……
 流石に禁断症状が出てきたというか、ペースが落ちてきたので、逆手にとって「下描きが全部終わったらゲームをしよう」と自分にエサぶら下げて頑張ることにしました。俺は馬か。


 とは言っても、笑っちゃうくらい金欠でもあるので、未クリアのまま積んでいるソフトとかWiiウェアのソフトとかをやろうと思っています。
 『あそぶメイドイン俺』が配信される4月29日までに下描きを終わらせたいのだけど、まず間違いなくムリだろうなぁ……時間もないしお金もないなぁ……


B001HN6G3Eメイドイン俺

任天堂 2009-04-29
売り上げランキング : 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さて、近況報告はここまで。
 こんな風に僕は、“何かに手を出す”前に「それがどのくらいの時間とお金を要するのか?」をチェックして、無理なくそれが楽しめるかどうかを判断してから手を出す傾向があります。
 その割には未クリアのまま積んでいるソフトとかあるんですけど(笑)。禄にやりもしないけど買っちゃったとか、いつの間にかスゴイ出費になっていたとかの事態にはしたくないのです(有料ダウンロードコンテンツに否定的なのもそういう理由)。


 でも、この話をすると、友達には大抵キョトンとされます。
 友達に『ドラクエ』と『スパロボ』を同時に買うヤツがいて、僕からすると「何で時間かかるゲームを同時に始めるんだよ!」「絶対どっちかやらなくなっちゃうじゃん!」と思うのですけど、別にそれがフツーらしいんですよね。で、しばらく経ってから「『ドラクエ』と『スパロボ』どっちやってんの?」と訊くと「『ポケモン』」と答えられるという(笑)。



 これ、ゲームに限らず漫画とかアニメとか小説とかでもそうで。
 手を出す前に「これ、読む時間あるかな」「本棚に置くスペースあるかな」「大体幾らくらいかかるのかな」などを考えないと、怖くて手が出せないんです。それはまー裏を返せば、昔に「読む時間がなかった」とか「本棚に置ききれなかった」とか「出費が予想以上で悲鳴をあげた」とかの経験をしたからなんですけど……

 連載中のコミックスに手を出す時は、「それが何巻くらいで終わるのか」を考えた上で、コミックスを集めている他の漫画との兼ね合いで「○巻くらいで終わってくれれば本棚に収まる!」と計算するので―――
 その漫画がその後にヒットして、自分の予想以上に連載も続いてしまった場合。大好きな漫画が続いてくれるのはとても嬉しいのだけど(ここは忘れちゃいけない)、でもその分の本棚のスペースを確保するために他の何かを手放さなきゃならなくなって複雑な気分になるのです。



 で、この話も大抵キョトンとされます。
 「置ききれないのなら売っちゃえばイイじゃん」と―――

 読みたいから買うのだし、遊びたいから買うのだし、観たいから観る……本能に忠実なまま行動し、置ききれなくなったら売るし、遊ぶ時間がなければ積むし、観る気がなくなったら観なくなる。娯楽なんてそんなものだよ、と言われるのです。




 なるほど。確かにそうですよね。
 あくまで娯楽。自分の都合で途中退場したって構わないじゃないかという意見も頷けます。

 ということで、このブログの記事も脈略のないところで終わったってイイじゃないですか。僕が「書きたくなくなったから書くのをやめる」でイイj

| ひび雑記 | 18:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

逆に

面白そう!買いたい!とにかく欲しい!と思ったものを金の許すかぎり買っちゃう私とは逆なんですね、貯金できるタイプ。
見習った方がいいかも…まあゲームに関しては大体最後までやるけど。(いや、数年前より完遂率は落ちた)

| 土星産の卵 | 2009/04/15 18:23 | URL | ≫ EDIT

自分も何かを買う前には「それがどのくらいの時間とお金を要するのか」を考えますが、やまなしさんと違う所は、そう考えた上で「欲しい」と思ったら(お金の許す限り)買ってしまう点でしょうか。

我ながら欲望に弱過ぎますね……反省しなくては(苦笑)

| じぇふ茶 | 2009/04/16 00:18 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/932-90555e00

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT