やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『Wii Fit Plus』はガセネタであってくれ!

 毎日が綱渡りです。

 『Wii Fit Plus』と『Wii MotionPlus』の発売日がオランダの小売店で確認

 この噂が流れたのが確か今月初めくらいだったと思います。
 ここに書かれている『Wii Sports Resort』とWiiモーションプラスの発売日は、その後に発表された発売日とは異なるので、『Wii Fit Plus』の情報もガセというかデマだったんだろうと思うのですが……
(ちなみに、N-Wii.netさんの情報によると欧州ではWiiモーションプラスが6月12日発売、『Wii Sports Resort』が7月24日発売北米ではWiiモーションプラスが6月18日発売6月8日発売、『Wii Sports Resort』が7月26日発売だそうです。)


 火のないところに煙は立たないと言いますか……
 全世界中で大ヒット中の『Wii Fit』なんだから続編を出してくるだろうという予想は確かにあって当然だと思います。『脳トレ』も『えいご漬け』も続編が出ましたしね。


 でも、個人的には『Wii Fit Plus』はガセであって欲しいと思っています。
 僕は今でも『Wii Fit』を継続的にプレイしていますし、この路線(ゲーム人口拡大路線)を否定しているワケでは決してありませんけど、『Wii Fit』って物凄く続編を売りにくいソフトだと思うのです。


 ブラッシュアップして欲しいところは沢山ありますよ。
 「筋トレ」も「ヨガ」もレパートリーが増えたら良いなとは思いますし、新しいバランスゲームとか、ジョギングのコースが追加されたらなとは思いますよ。ウィーボ君はいい加減に新しいことを言えとか思いますよ。

 でも、そこに魅力を感じるのは、現在でも『Wii Fit』を継続してプレイしている人だけだと思うのです。『Wii Fit』を買って、プレイして、飽きて、押し入れにしまってしまったような人は「ヨガが増えたなら続編買おうかな!」とは思いづらいんじゃないかなと思うのです。『ビリーズブートキャンプ』に挫折した人は、『ビリーズブートキャンプ2』を買わないと思うのです。



 そもそも、こういうコンプレックス系のソフトの続編って前作から数字を落とすのは仕方ないと思うのです。
 『Wii Fit』を「痩せるために」購入した人からしてみれば、『Wii Fit』で痩せられなかったら「こんなんで痩せられるワケない!」と続編は買わないでしょうし、『Wii Fit』で痩せられたら「もう自分には必要ないな」と続編は買わないでしょうし。

 『えいご漬け』→『もっとえいご漬け』とか、『常識力DS』→『常識力テレビ』とか、続編が大きく販売数を落としたのも当然だと思うのです。『脳トレ』→『もっと脳トレ』だけは、前作がロングヒット中に続編が発売されてブームを超加速させたのですが、あれはあくまで例外というか。





 『Wii Fit』は国内で300万本以上売れましたけど、『Wii Fit Plus』が喩えば国内50万本の売上げだったら―――恐らく世間は「任天堂の路線は飽きられている」みたいな風潮になると思います。ゲハ的な話だけでなく、株価的な話でも、ゲーム人口拡大的な話でも。

 『Wii Fit』の続編を出すなとは言いませんけど……上述の噂のように“2009年の年末商戦の目玉ソフト”として用意されているゲーム人口拡大用ソフトが『Wii Fit Plus』だったならば、『Wii Fit』を続けている僕でも任天堂に失望してしまいます。


 ゲーマー向けソフトは“続編”もキラータイトルになると思いますし、不安はありませんけど。
 ゲーム人口拡大ソフトは、“続編”だけじゃゲーム人口は拡大出来ないんですよ。


 『Wii Fit』に飽きてしまった人や、『Wii Fit』に興味がなかった人を振り向かせるための商品は『Wii Fit Plus』ではなく全く新しい商品じゃなくてはダメだろうよと。
 もし『Wii Fit』の続編を出すのなら『ちょっと脳トレ』のようにダウンロード専売にした方がリスクが少ないでしょうし、ディスクの入れ替えをしなくて良いし、『からだチェックチャンネル』などとの連動もしやすいでしょうしね。


 というか、もし本当に『Wii Fit Plus』を商品として発売する予定ならば、『からだチェックチャンネル』とかカロリーメーターのような無料サービスを公開せず、『Wii Fit Plus』に新機能として「今度の『Wii Fit』はこんなことも出来ますよ!」と売り出すと思うんですよね……

 なので、『Wii Fit Plus』は出ないだろうと僕は予想していますし、冒頭記事が出てきた時点で「これはガセネタであってくれ!」と願ったのですが……そうは言っても、WiiモーションプラスもDSiもホントに出てきたもんなぁ。


B000NWDXLSWiiフィット(「バランスWiiボード」同梱)

任天堂 2007-12-01
売り上げランキング : 21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 蛇足。
 関連しているような、していないような話。
 よく「『Wii Fit』目当てにWii本体を買ったような人は他のゲームを買わない」とか、「『Wii Fit』目当てにWii本体を買ったような人は飽きたらゲームを見放す」みたいなことが言われますし、全体的にそういう傾向は強いと思うんですけど……


 でもさー、“本体を売られちゃっている”ならもうどうしようもないですけど、“本体がホコリを被っている”とか“本体が押しいれに片付けられた”くらいなら、「あ、このソフト面白そう。Wii本体あるから買ってみよう」と思わせられれば呼び戻せると思いますよ。「本体を買わせる」という一番厄介な作業は済んでいるワケですから。


 問題は、「そういう人が面白そうだと思うソフト」の情報を「そういう人が伸ばしているアンテナ」の中に飛ばせるか―――ということだと思うのです(成功例:『レイトン教授』シリーズ)。
 「そういう人が面白そうだと思うソフト」を面白そうだと思わない別のユーザー(ややこしいな…)が「『Wii Fit』目当てにWii買うようなヤツは出てけ!」と文句を言うのならまだしも、ソフト作るメーカーが「『Wii Fit』目当てにWiiを買ったような人は他のソフトを買わないから」と発言しているのを見かけると「それでいいの??」と驚いてしまいます。



 更に蛇足。
 『みんなで投票チャンネル』をやっている人ならば分かると思うんですけど、あれに投票しているユーザーの男女比はほぼ5:5なんですよ。あのチャンネルが始まった2007年2月から、最近までずっと(海外はもうちょっと男の方が多い)。

 もちろん家族がやっているから一緒に投票しているという人も多いでしょうし、『みんなで投票チャンネル』ユーザーがWii全体のユーザーではありませんけど。任天堂の岩田社長はことあるごとに、DS&Wiiの女性ユーザー比率の高さを主張していますし……女性ユーザーは相当量いるはずなんですよ。


 でもね。
 喩えば、「グロテスクな表現」だとか「半裸の女性が戦う」だとかの“男性ユーザーが好みそうな要素”を沢山持ったゲームをゲームらしいゲームと呼んだりとか。逆に、登場人物に美男子が揃っていたりすると「腐女子に媚びやがって」みたいに言ったりとか。

 ゲーム業界って、男性中心主義なんだなぁと思うことが多々々々あります。
 極端な人になると、男性ユーザーを「コアゲーマー」、女性ユーザーを「ライトユーザー」みたいに分ける人までいますもん。



 別に全部のゲームが老若男女均等に楽しめるゲームであれとは言いませんけど。
 「アナタが仰る“ゲームらしいゲーム”って、全体数の半分しかターゲットにしていませんよね?」と言いたくなるソフトがあると言いますかね。


(関連記事:女性向けゲームを遊ばない女性ゲーマーの方が多い
(関連記事:「コアゲーマー」の定義は発言者の立場によって異なるんじゃないか




 やまなしは「ゲームを遊んでいる女性」が好きなんで、もっともっと女性受けするゲームが出てくればいいなぁと思います。女性に限らず、「今までゲームに触れてこなかった人」がもっともっと沢山ゲームを遊ぶようになればいいなぁと思います。
 そのために必要なソフトは『Wii Fit Plus』じゃないだろうよ、というのが今日の記事でした。


B001LNNNK4レイトン教授と最後の時間旅行(特典無し)

レベルファイブ 2008-11-27
売り上げランキング : 213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 18:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本題と関係ないコメント
声のデカい人が、自分の印象(俺法)だけで物事を断罪している、ということですね。
小学校の頃の担任とか、今日見た新聞の投書欄の爺ちゃんとかが「どんなジャンルであろうがゲームは黙々とやるものだからダメだ」と断罪してたみたいに。(先週スマブラで兄妹水入らずで大盛り上がりした僕はどうなるんですか?)

女性とゲームで盛り上がる時代が来るといいなとは思います。彼女と二人きりで、いや彼女でなくとも二人きりでなくとも女友達でも何でもいいから。いや、その前に女性の扱い方を学べるゲームを下さい。

| 土星産の卵 | 2009/04/22 21:31 | URL | ≫ EDIT

一点だけ。
「半裸の女性が戦う」は間違いなく”男性ユーザーが好みそうな要素”ですが、「グロテスクな表現」って”男性ユーザーが好みそうな要素”ですかね?
ホラー映画とかスプラッター映画が好きな女性って結構多いと思うんですけど。
血に対する耐性は女性の方が高かったりします。
私(♂)は苦手ですが。(笑)

| どんちゃん | 2009/04/28 13:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/935-303483a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT