やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Wiiチャンネルはマルチタスク化してこそ真価を発揮すると思いました

 数日後のE3よりも、数年後の夢物語を妄想するのがやまなしクオリティ。


 ゲーム機はそろそろマルチタスクであるべきでは?(情報元:電気カチューシャさん)


 非常に面白い記事でした。
 10年くらい前、PCヲタクでないイチ高校生でもWindowsがどういうものかを何となく分かってきた頃、友達に「ゲームを切り替えながら遊べたら良いのに」と言われたことがあります。こういう用語にはてんで疎いんで自信がないのですが、これも一つのマルチタスク願望ですよね?
 当時の僕はゲームをやっていなかった時期だったので、「バッカじゃねえの」「1本のゲームをやる時間もないのに2本同時に遊ぶとか誰がやるんだよ」と心の中で思ったけど友情のために言わなかったのですが……


 10年経った今、上述の記事を読んで、最近サービスが始まった『出前チャンネル』をボーっと眺めながら……

 Wiiがマルチタスクだったらスゲー便利だろうなぁと思いました。
 10年前の友達よ。とっくに縁切れているけど、オマエの言っていたことは正しかったよ。オマエの言っていたことは時代を先取りしていたのだよ。


ダウンロードコンテンツの普及→ディスクチェンジの必要がなくなる(手間と本体スペース的に)
非ゲーム的なコンテンツの充実→ゲームを補佐するコンテンツをゲーム会社が作っている


 もちろん他の機種でも恩恵は受ける(Xbox360の「ボイスチャットしながら何のゲームを遊ぶか相談できたりする」のは既にマルチタスクという気もする)でしょうけれど―――非ゲーム的なダウンロードコンテンツを多数抱えているWiiチャンネルは、特にその恩恵を受けるんじゃないかと思うのです。

 『ドラクエ』と『FF』を切り替えながら遊べるとかそういうレベルではない、複合的な魅力を感じます。




【Wiiがマルチタスクになった場合の遊び方を考えてみた】
・『Wiiスピークチャンネル』でボイスチャットしながら、『スマブラX』でオンライン対戦
・『Wii Fit』の「ながらジョギング」をしながら、『ニンテンドーチャンネル』や『Wiiの間』の映像を視聴
・『マリオカートWiiチャンネル』で対戦相手を待ちつつ、他のゲームをプレイして時間を潰す
・『どうぶつの森』で撮影した写真を、同時に『写真チャンネル』で閲覧
・みんなで『Wii Sports』をワイワイ遊びながら、『出前チャンネル』でパーティセットを注文
・『ニンテンドーチャンネル』で映像眺めながら、『ショッピングチャンネル』で片っ端からダウンロード
・ゲームに行き詰まったら、『インターネットチャンネル』で攻略サイトへGO
・『Wii Sports』のプレイキャラを『Miiコンテストチャンネル』でリアルタイムに選ぶ
・『インターネットチャンネル』で検索した画像を観ながら『似顔絵チャンネル』でMiiを作成


 「チャンネルを切り替える手間がなくなる」だけではなく、「同時に動かせることで遊びの幅が広がる」面も多いですよね。
 「ゲームソフト」はメインのおかずだから同時に2つ食べるのは胃がもたれるけれど(オッサンだから特に)、あくまで添え物でしかない「非ゲーム」はメインのおかずを引き立たせる効果が出てくるんじゃないかと思うのです。


 こういう話をするとよく「PCでやればイイじゃん」みたいなことが言われるのですけど、Wiiのコンセプトは“リビングに置かれるゲーム機”なので、デスクトップPCを自室に置いている人は同時に動かせませんから―――「1体のゲーム機で複数のソフトを同時に動かす」ことのメリットは大きいんじゃないかと思います。


 ……まぁ、「もう1台Wiiを買っちゃう」という解決策もありますけどね!


B000WN67L6Wii(「Wiiリモコンジャケット」同梱)

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 という夢物語はこの辺にして、そろそろ現実的な話に戻します。

 現行のWiiでマルチタスクをすることなんて不可能です。
 アップデートでどうにかなるなんてレベルじゃないです。SDカードメニューみたいなウルトラCをやってくれたWiiですけど、こればっかしは出来るワケがありません。技術的な話に無知な僕でも、それくらいは分かります。


 喩えば『写真チャンネル』。
 PCと違って快適な速度で動かせる理由について、開発スタッフ「(一度に複数のソフトを動かす)パソコンと違い、一つのソフトにマシンパワーのすべてを使えるゲーム機だからできたんです。」と答えています。

 このことは冒頭紹介した記事の中でも触れられていますが……ゲーム機は「一つのソフトを動かす」ことに力を注ぐものですし、ソフトもそのことを前提に作られているので、現行のゲーム機をマルチタスクにするなんて夢物語でしかないワケです。少なくとも今世代は。




 では、次世代は?
 Wiiの後継機が出るのが2012年とか2013年とかだとして―――喩えば「Wiiの3倍の処理能力を持つゲーム機」が出てくることはさほど驚くようなことではありませんよね。ならば、「Wii3台分の働きを同時にしてくれる」ことだって不可能じゃないと思わなくもなくもないような気がしないワケでもないようなうんたらかんたら。


 いやね……
 僕は以前から”Wiiの後継機”がどういう形なら納得できるのかを考えていて―――喩えば画質がフルHDになったとか一度に出てくる敵の数が増えるとかで、面白くなるゲームがないとまでは言いませんけど。少なくとも任天堂が得意な分野ではないと思うんですよ。

 それでソフトは面白くなるの?とか、それでわざわざ何万円も出して後継機を買わせるの?とか、そういう話になってしまって―――Wiiの後継機なんて存在し得ないみたいなことすら思っていました。Wiiリモコンの精度もWiiモーションプラスのような拡張機器で解決されるでしょうし。

(関連記事:理屈だけで言えば、Wiiは任天堂最後の据置型ゲーム機にならないかい?



 そんな僕でも、次世代機をマルチタスクにするという選択肢は一つの選択肢として面白いんじゃないかと思いました。


 ただまぁ……「機能が複雑になる」と「使いこなせる人が限られる」のも確かなので、技術的に出来たとしても任天堂がそこに魅力を感じるかは分かりませんけどね。ウチの親なんて未だに「+ボタンを押すとポーズ画面になる」のが覚えられないくらいですし(笑)。

(関連記事:WiiリモコンにはSTARTボタンもSELECTボタンもない……何故?

 あと、バグチェックなんかも大変になりそうですよね。技術的な話はよく分かりませんけど。





 色んな考えがあって当然だと思います。
 「Wiiチャンネルなんかいらねえよ!」「そんなもん作ってないでさっさと『ゼルダ』出せよ!」と言う人もいると思います。そこに因果関係があるかはさておき、そうした意見もあって当然だと思います。

 僕自身はWiiの方向性を支持していますし、自分の使っているものも使っていないものも含めてWiiチャンネルには価値があると思っています。ただ、現行のままだと「使いづらい」と思う部分があるのも確かです。
 任天堂の次の据置機がWiiの路線を継承するのか、それとも全く別な方向に進むのかはまた3年後にでも議論すればイイと思いますけど……今この時点で蒔いているWiiチャンネルという種はムダにしないで欲しいなぁ、そのためにはマルチタスクかなーなんてこんな妄想をしてみました。


B001IBHTH2Wii スピーク

任天堂 2008-12-04
売り上げランキング : 1161

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 17:44 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

xbox360では、ボイスチャットをしながら好きな音楽を聴きながら(この時ゲームのBGMは自動的にオフになり、効果音はオンのまま)体験版・デモ動画などのダウンロードをしながらゲームができます。
音楽再生は、CDからxboxのHDDに取りこんだもの、USBメモリに入れたMP3、iPod、パソコンの中のものをLAN経由で、などの方法が選べます。また、同様のことが動画でもできます。
ゲーム中にボタン一発でメニュー画面が呼び出せ、音楽再生の操作・フレンドの状態(オンライン・オフラインかどうか、オンラインの場合は今何のゲームをやっているか等)の確認・メールの読み書きなどが行えます。

こんな感じで、360はマルチタスクを実現していると言えます。なぜ実現できたかというと、ハードウェアリソースが潤沢だから、とか、発売が1年早かったから、とかいうのもあると思いますが、やはりマイクロソフトがWindowsというマルチタスクOSを作っているメーカーだから、というのが大きいと思います(360のOSはWindows2000がベースです)。ゲームソフト開発とOS開発はわりと別物なので、その経験のないソニーや任天堂は四苦八苦してるわけです。特に任天堂は、マイクロソフトやソニーほど大規模な会社ではないので、必要なだけの人員を割けない、という問題もあります。

というわけで、WiiのOSを、マイクロソフトが開発してくれたらなぁ・・・などと思ったりします。

| gom | 2009/05/30 15:43 | URL |

Wiiの場合、根本的にハードウェアスペックが足りないというのが一番のネックでしょうね。
単純にCPUだけの話をしても、Wii、XBOX360、PS3は実は同じCPUがベースになっていて基本的に同じ物なんですが、その数が違います。Wiiは1個、XBOX360は3個、PS3は1個なんですがサブCPUを7個持っています。
CPU1個でも擬似マルチタスク(極短い時間でタスク(プログラム)を高速に切替ながら処理することで同時に動いてるように見せる)は可能(つい最近までパソコンはみんなそうだった。というかゲームだって内部的にはマルチタスク処理で1つのゲームが動いてるともいえる。)なんですが、OSやゲームなどの重い処理を同時に動かすには絶対的な数がモノを言うようになります。
それと、たくさんプログラムを同時に動かすためにはそれだけ多くのメモリが必要になります。
XBOX360の場合は、OSの処理に丸々1個CPUを使わせていて、ゲームは残りの2つで動いています。
PS3は当初OSはゲームが起動すると最小限の処理を残して停止していましたが、アップデートでメニュー画面がほぼ丸々呼び出せるようになりました。(プログラムの最適化によりサブCPUと少ないメモリでメニューを動かせるようにしたようです。)
また、XBOX360のゲームをしながらボイスチャットが出来たり、好きな音楽に換えられたりという機能は、ハードの設計段階で仕様として組み込んだことで、ゲームを開発する時に必ず対応しなければいけないことになっています。(とはいえ、ツールは全て用意されているので、ほとんど開発の負担にはなりません。)

やまなしさんが想像するようなWiiの機能を実現するためには、ハードはもちろんのこと、OSやゲームを含めたソフト全てを対応させる必要があって、ゲーム機のように過去のソフトを簡単に捨てられない場合、後から対応させるというのはなかなか難しいですね。

バグ云々の話も基礎となるOSと仕様がしっかりしていれば各ソフトで連携機能を意識する必要はなくなります。

| どんちゃん | 2009/06/01 17:55 | URL |

今更ですが、この記事を見て、3dsで「ゲームに行き詰まったら、『インターネットチャンネル』で攻略サイトへGO」ができるようになったことのことではないか、と大変驚きました。3dsには3d以外の機能にも期待できますね。

| ああああ | 2010/11/19 21:11 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/952-53d83793

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT