やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

E3 2009任天堂メディアブリーフィングの、率直な感想

※ 夕方、『みんなのニンテンドーチャンネル』を見て追記しました。



 2006年ドイツW杯、日本vsブラジル戦。
 実力が遥か上の相手に大量得点差で勝たなくては決勝トーナメントには進めない条件で、前半終了間際に追いつかれ、後半早々に引き離され、中盤のボールポゼッションで圧倒されているにも関わらずポストマンの巻をベンチに下げたことで何も出来ることなくなり、ただただ試合が終わるまでブラジルがボールを回し続けているのを観ることしか出来なかった―――アレを思い出しました。



 マイクロソフトには適わねえや。

 多分、(僕と同じ)任天堂ファンやWiiユーザーからは「テメー何言ってんだよ」と怒られることと思います。でも、これが率直な僕の気持ちです。前日のマイクロソフトが発表した“Project Natal”のインパクトはそれくらいデカかったのですもの。

 E3 09: マイクロソフト、噂のモーションカメラ『Project Natal(仮)』を発表

 冷静に考えれば“Project Natal”は発売時期が発表されていませんし、ソフトも具体的な形が見えていませんから、ただ単にWiiモーションプラス潰しなだけの張子の虎だったのかも知れませんけど。マイクロソフトが本気を出せばこんなものが作れちゃうんだ……という絶望感を覚えました。


 「絶望感」というのは言葉が違うか。新しい技術に対するワクワクも大きいし。
 ただ、超巨大な資本力の前には全てはひれ伏すしかないのかなというか。今世代はともかく、次世代はマイクロソフト一強になるのかもと思いました。これを書いている時点では任天堂カンファレンスが終わった直後で、まだSCEが何を発表したかは分からないんですけどね。



 任天堂は沢山ソフトを用意しましたし、僕が悲観しているのとは裏腹にソフト自体のセールスはさほど悲観したものではないと思います。人気ソフトの続編が多かったですからね。ただ、「続編ソフトを連続して買わない」僕にとっては辛い時間だったなぁーと。



● 『ニュースーパーマリオブラザーズ for Wii』
 トップバッターを切ったのが2Dマリオ最新作。
 「三次元のマリオから四次元へ」という言葉にワクテカしていたら、「4人同時プレイが出来る2Dマリオ」ということでした。な、なんだろうこの……肩透かしとも言えるけど、そこまで悪くないような感じは。

 スーファミ時代、当時HAL研の桜井さん達に2人用『カービィ』を提案した際の宮本さんの言い分は、「マリオはテンポが早いから2人用はムリだけどカービィなら出来そう」だった気がするんですけど……現に、今回見た『ニューマリオWii』は4人でチンタラ歩いていたのでちっとも2Dマリオっぽくありませんでした。マリオはBダッシュしてこそナンボだろ!

 でも、これは実演の問題であって、ゲーム自体は「シングルでももちろん楽しめます」ということだから“鉄板”なゲームではあるかも。2Dマリオは定期的に遊びたくなりますし。
 ただ、DSでバカ売れしたソフトをWiiで、というゲームはあんまり売れていないんですけどね……

 2009年ホリデーシーズンに世界同時期発売だそうな。


※ 夕方追記:『ニンテンドーチャンネル』の映像を見ました。
 今回はヨッシーが登場するみたいで、4人同時プレイでも4匹のヨッシーに乗れる模様です。映像だと多人数プレイはさほどプッシュされているワケではなく、シングルプレイ用の新作マリオで多人数でも遊べるよということが強調されている印象です。ペンギンマリオが可愛かった。




● 『Wii Fit Plus』
 ハッハッハ!まさかこれが今年の年末商戦のキラータイトルなのか。

(関連記事:『Wii Fit Plus』はガセネタであってくれ!


 言いたいことは既に上の記事で書いているからイイや。
 「『Wii Fit』買おうか悩んでいるけど続編が出るかもって話なので見送ろうかなー」と言っていた某女史の予想が見事に的中しました。良かった良かった!僕は買わないと思いますけどね!

 筋トレ・ヨガの追加は数種類、バランスゲームは新作が15。
 個人ごとのトレーニングメニューのカスタマイズや、メニュー選択などをカットして連続してトレーニングが出来たり(腕立てとかでも板に乗り直さなきゃならなかったのが直るということかな?)、消費カロリーを計測してくれたり。前作を持っていない人にとってはこっちを買った方が良さそうな改良点がチラホラ。持っている人にとっては……うーん?


 前作を持っていない人のためのバランスボード同梱版と、前作を持っている人のための単品版が発売。発売時期は2009年秋。



● 『Wii Sports Resort』
 スカイダイビングで降りる島が、『Wii Fit』の「ジョギング」の舞台になっている島みたいですね。芸が細かいなーと感心しました。以上。






 ……ダメ?
 これも既に書き尽したことだからなぁ。

(関連記事:WiiモーションプラスでWii本体の売り上げが伸びるのか?

 去年フリスビーを見た時も思ったし、今年のアーチェリーやスリーポイントを見た時も同じことを思ったんですけど。地味なゲームだよね
 『Wii Sports』の「ボウリング」でピンがガタガタと倒れていくのに比べて、犬がキャッチしてくれたりボールがゴールからはじかれたり……すっごく地味。スリーポイントは僕がバスケ下手だったからというのもあるのかもですけど、ボウリングのように「真ん中に向かって投げろ!」という分かりやすさがないんだよなぁ。


 『RED STEEL2』はWiiモーションプラス専用なのね。
 これは普通に楽しそうだと思いました。



● RPGに力入れていくよ宣言
 Wiiの『FFCCクリスタルベアラー』(スクウェア・エニックス)
 DSの『キングダムハーツ 358/2 Days』(スクウェア・エニックス、海外では未だ発売前)
 DSの『マリオ&ルイージRPG3』(任天堂、海外では未だ発売前)
 DSの『黄金の太陽DS』(任天堂?2010年発売予定)


 あ……れ……松野さんは……
 今年のE3で発表されなかったということは、いよいよもって「諦めた方がイイ」ということなのかな。


 「WiiでRPG」という話は以前にも記事に書いたし、非常に期待していたのですが『FFCC』1本かー。これは普通に購入予定。すっげー楽しみにしていますよ。でもなぁ、1本かよ。しかも、ずーっと前から発表されていたソフト1本ですよ。哀しいなぁ。

(関連記事:そういや、どうしてWiiでRPGって出ないんでしょうね?


※ 夕方追記:『ニンテンドーチャンネル』にて『MONADO:BEGINNING OF THE WORLD』というソフトの映像が公開されていました。壇上では発表されなかったけど、E3で公開されている映像みたい?WEBで観る場合はこちらで。
 開発はモノリスソフト、ジャンルは多分RPG(アクション要素があるかは不明)―――ということで、これこそが噂されていた松野氏の新作ソフトではないかとネット上では話題ですね。雰囲気は確かにそれっぽいし、非常に面白そうです。

 「何故メディアブリーフィングで発表されなかったのか?」という疑問は映像見ると分かるんですけど……メニューその他が全部日本語なんですよね。恐らく日本語で日本向けに作ってから海外向けにローカライズする予定で、海外の発売は当分後になるだろうから、E3の壇上では発表されなかったのかなーと推測します。
 これがあったらリアルタイムに中継見て落胆した人(僕含む)の印象も変わったろうにね。キャラデザは「和製RPG!」ってカンジなので海外で売れるかは不明ですけど、日本で「WiiにRPGを!」と期待していた人にとっては嬉しいニュースじゃないかと思います。




● Wiiバイタリティセンサー
 え?ひょっとしてこれで終わり?と焦っていたところに、ようやく岩田社長が登場して「1本のソフトで全ての人を満足させる必要がある」という話をして下さいました。これは2年前『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』や『マリオギャラクシー』について語ったことにも通じますよね。

 そこで登場したるはバイタリティセンサー。
 なんじゃこりゃー!!

 「ソフトを用意していないのに周辺機器だけ発表かよ」とか「まだ周辺機器出すのかよ」とかはどうでも良いんですよ。このバイタリティセンサーを装着して真顔の岩田社長の写真がバッと後ろに出てきた瞬間、人々を笑顔にするゲーム機:Wiiはどこに行ったと思いました(笑)。


 実際、周辺機器だけ発表するのって何の意味があるんでしょうね?
 Wiiモーションプラスもそうなんですけど、ヨソにパクられるリスクを背負うだけだと思うんですけど……「こんなもの誰がパクるんだよ!」だって?ま、まさかそれが狙いか!?



● 『スーパーマリオギャラクシー2』
 ようやく会場が沸きました(笑)
 日本ではミリオンに届かなかったけど、世界では売れまくったソフトですからねー。

 雰囲気・システムはほぼ前作のままという印象です。
 新要素としては、ヨッシーが登場するということ。前作から流用している部分も多いでしょうし、前作の時点で完成されたゲームでもあったので、こういう続編は一つの手段だと思います。僕は続編ソフトは買わない主義なので買いませんけど。



● 『メトロイド Other M』
 レトロスタジオの『メトロイドプライム』3部作が完結し、次なる『メトロイド』はTeam NINJAによる新たな展開に。テクモと任天堂の共同プロジェクトがこうやって形になるのか!

 ノーマル画質で観ていたらちょうどこの辺りで映像がモザイクだらけみたいになってよく分からなかったのですが、一人称視点の『メトロイドプライム』とは違って、横視点(2D?)だったり画面内をサムスが動き回るようなカンジ?ここでも会場が沸いていましたね。発売は2010年。




● その他
 DSソフトは「多様性」、Wiiソフトは「高年齢向け」ということで幾つかのサードのソフトが紹介されていました。セガの『Conduit』はあっちでも注目されているんですね。セガのことだから、うっかり日本でも発売してくれませんかね??






 うーん……
 記事冒頭にも書いたように、マイクロソフトの“Project Natal”が凄すぎて霞んでしまった部分はあるんですが。それを差し引いても個人的には物足りないラインナップだったかなーと思います。松野さんの話は勝手に期待していただけなのでそれほど落胆はしていないんですけど、『Wii Sports』『Wii Fit』『Wii Music』に続く新たなチャレンジがなかったのは非常に残念でした。


 『NewマリオWii』
 『Wii Fit Plus』
 『Wii Sports Resort』
 『スーパーマリオギャラクシー2』

 続編ソフトばっかりなんですもの(DS『ゼルダ』もあったか)。
 もちろん続編ソフトやシリーズソフトは人々の期待を背負いますし、売上げも一定量望めるでしょうし、小売からも期待されると思うんですけど。個人的には“新しい遊び”を期待してWiiに肩入れしてきた分、売れたゲームの続編ばかりが揃った今年のラインナップは残念でした。

 唯一の新機軸とも言える『メトロイド』も発売は来年ですしねー。




 まー、でも任天堂一社にそこまで期待してしまうのはちょっと酷という気もするか。
 新機軸のゲームが売れたらその続編ソフトを作ろうとするのは当然のことですし、それで更なる新機軸のソフトも作れというのは無茶な話か。そういう意味で言えば、ここから先は“サードメーカーをどれだけ巻き込めるか”が任天堂のミッションで、今年のカンファレンスでやたらサードメーカーの話題が多かったことにも裏付けられるのかもと思いました。

 『FFCCクリスタルベアラー』と『Conduit』には期待していますよ。


B001GNBW8Yアークライズ ファンタジア 特典 アート・ライト・シンフォニー付き

マーベラスエンターテイメント 2009-06-04
売り上げランキング : 7

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ゲーム雑記 | 04:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 今年のE3は今世代の乱戦を予想させておもしろかったです。
で任天堂なんですが、僕は驚きはありませんでしたが地味ながらによい印象を受けました
それは去年のカンファレンスのラインナップが新作ソフトばかりで期待する場所が
わからないかったからです。
 今回のマリオやメトロイドは期待しやすく、素直に楽しみでした。

ぼくはカンファとE3が二つ合わせることで全てのユーザーの要望と期待に応えている
と思いこれからも任天堂に期待していきます。

| ああああ | 2009/06/03 08:45 | URL |

マイクロソフトにやられた感もありますし(ナタルは凄まじい)、サプライズはあまり無かったですが、なかなか手堅い発表でしたね。
マリオギャラクシーの続編は前作が良すぎた分、反動で今作のハードルも上がりそうで心配ではあります。メトロイドの新作、チームニンジャを知りませんし、各ブログで見ただけでよく分からないところもありますが、ファンとしては期待します。(3D酔いの心配もなさそう)

まあ、確かに何か新規タイトルの一つも欲しいところではありましたね。そんなときに桜井さんの新作についてちらっとでも触れて欲しかったなぁ。(今の段階ではジャンルすら分からないし)

PS メトロイド見ました。こいつは凄いことになりそう。(サムス、イメチェンしました?)

| 土星産の卵 | 2009/06/03 09:41 | URL | ≫ EDIT

>スリーポイントは僕がバスケ下手だったからというのもあるのかもですけど、ボウリングのように「真ん中に向かって投げろ!」という分かりやすさがないんだよなぁ。

バスケは「カゴに入れろ!」という明確な分かりやすさがあると思います。私にはちょっと恥ずかしい難癖に聞こえます。

任天堂はやっぱりプレゼンが下手ですね。冷静に振り返るとそんなに悪い内容ではなかったと思います。
もしくは、E3のようなイベントを注視する人々だけがメインターゲットではないと考えているのか・・・。
いや、MSのナタル等のプレゼンが上手すぎた、というのも間違いなくあるでしょう。

| ああああ | 2009/06/03 19:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/955-5d424698

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT