やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

考察:アホな子だからこそ、平沢唯が大好きです

※ この記事はアニメ『けいおん!』13話(番外編)までのネタバレを含みます


 自分の住んでいる地域では、先週『けいおん!』アニメが13話(番外編)で放送終了となりました。
 自分は本当にこのアニメが大好きでした。それほど沢山のアニメを観ているワケではないですけど、「好きなアニメを一つ挙げて下さい」と見合いの席で訊かれたら迷わず「けいおん!」と即答したいくらい好きでした。


 「その作品を好きかどうか」は理屈抜きでキャラクターの魅力で決まるんだなぁとつくづく思います。
 キャラクターの魅力というのは、“キャラクターの描き方”とか“見せ方”という言葉の方がしっくりきますかね。『けいおん!』アニメはこれがとんでもなく上手かったです。
 喩えば、唯憂姉妹よりももっと直接的にイチャイチャしている姉妹は恐らく二次元には存在していると思うのだけれど、唯憂姉妹はそれらのどの姉妹よりもグッと来るように描かれていたというかね。

 演出も脚本も作画ももちろん大切な武器だけれど、そうした武器で描かれるのは“キャラクター”なんですよね。



 ということで、アニメの放送は終わってしまったのだけれど、『けいおん!』キャラが何故ああも魅力的だったのかをしばらくは考えて記事にしていこうかなーと思います。今日は自分が一番好きだった俺の嫁平沢唯について。


B0024DGN70けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]
豊崎愛生, 日笠陽子, 佐藤聡美, 寿 美菜子, 山田尚子

ポニーキャニオン 2009-07-29
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 平沢唯は「アホな子」の魅力をこれでもかって体現したキャラクターでしたよね。

 『けいおん!』キャラの中で自分が一番好きなキャラは唯です。
 世間的には澪や梓の方が人気高いかもなーとは思いますし、“完璧な妹”である憂だって捨てがたいのだけれど……やっぱり自分は「唯あっての『けいおん!』」だったと思います。そして、どうして自分がそこまで唯のことが好きかと考えると、「アホな子」だったからこそと思うのです。



 「アホな子」萌え

 喩えば『あずまんが大王』の大阪とか、『CLANNAD』の渚とか、「おバカキャラ」とも「ドジっ子」ともちょっと違う「アホな子」としか形容のしようがない微妙な抜け具合のキャラを自分は好きな傾向があると思っていました。勉強が出来ないというよりは、勉強の仕方を知らないタイプというか。
 男性キャラでいうと、『スラムダンク』の桜木花道とかもそうかな。頭が悪いワケではないし、気が遣えないワケでもない。ただ、「どこか抜けている気がする」絶妙さというかね。


 「何故アホな子に萌えるのか?」
 貧乳が好きだという記事を書いた後もそうなんですけど、こういうことを書くとウンザリするくらい「それはアナタが小っぽけな人間だから相手を見下したくてそういう女性を好きになるんじゃないですか」みたいなことを言われます。ふざけるなと言いたい。オマエは見下している相手を好きになるのか、と。


 貧乳が好きなのは、それ自体のフォルムの美しさゆえです。
 貧乳には貧乳にしかない魅力があるのです。貧乳コンプレックスなんか要らん!

 「アホな子」萌えもそう。
 「アホな子」には「アホな子」にしかない魅力がある―――



 平沢唯は、その「アホな子」にしかない魅力を徹底的に描いたキャラクターだったと思いますし。
 自分が「好きなんだけどどうして好きなのかは上手く説明できないなー」と長年疑問だった「アホな子」萌えの理由を、平沢唯というキャラクターは自分に教えてくれたと思うのです。



1.「アホな子」だから裏表がない
 ほぼ初対面の人達に向かって「あんまり上手くないですね!」ですよ。
 フツーは相手に気を遣って言えません。でも、唯は思ったままを口に出してしまうコ―――言い換えれば「ウソをつく技量のないコ」なので、そのまんまの言葉を発してしまうのです。その素直さに、自分は第1話のそのシーンで『けいおん!』を一気に好きになりました。


 子どもの頃に「大人は汚い!」「大人はウソばかり言う!」とよつばのように言っていたのだけど、大人になるとそんな生易しいものではなかったことを知るのです。
 ウソをつくのは生きていくための処世術。如何に自分たちに利益が来るように他人を騙せるか、自分達の利益を失わないように他人に騙されないかという世界で、「騙されるヤツが悪い」と堂々と言われてしまうのが大人というもの。

 そんな世界で、ウソのつけない「アホな子」は大人が忘れてしまった“人間の理想像”のように目に映るのです。本当ならばこうありたい、でも汚れてしまった自分にはもうこんな生き方は出来ないよ、と。


 そんな唯だけど、作中で2度ばかり「ウソをつく」シーンがありました。
 1度目は7話の「クリスマス」で、憂に「クリスマス会では一芸を披露しなきゃいけないんだよ」とついたウソ。受験生相手に。しかも本人すぐに忘れるという(笑)。
 2度目は9話で梓相手に「自分の方がギターが上手い」と見栄を張るシーン。でもウソがバレバレな上に、こらえきれずに自分から弟子入りを志願してしまうという。

 「ウソつき」スキルが低いにも程がある。
 でも、そこが唯の魅力なんだと思います。

 7話「クリスマス」は唯憂姉妹のイチャツキっぷりに30分悶えていた回だったのですが、実はその中でも自分が好きだったエピソードが上述した「一芸披露」のウソのくだりでした。唯の他愛もないウソを信じてしまった憂が腹話術を特訓し当日披露、憂が本気にしてしまったことに驚いた唯が「本気にしてたの?」「ごめん」と謝り、憂は「ううん、気にしないで」



 許すの、早くね?

 憂がウソを信じてしまったことや、隠れて特訓していたことはしっかり描かれていたので、「なんでウソつくの、お姉ちゃん!」的な展開になるのかと思いきや。1秒もかからずに許してしまいました。
 サラッと流されたシーンなんですけど、自分はこの短い「ごめん」「ううん、気にしないで」という会話の中に姉妹が過ごしてきた時間を感じたのです。多分憂は、唯が悪気があってウソをついたのではないことも、唯の「ごめん」はうわべではなく心をこめたものだと分かったんだろうなーと思ってホンワカしたのです(実際、次に一芸披露したのは唯だった)。



2.「アホな子」には母性がある!
 もういっちょ唯憂姉妹について。
 しっかりしている妹と色々と残念な姉という姉妹なので、作品の内外においてとかく「姉と妹が逆じゃないか」と揶揄されている二人で……自分も当初はそう思いながら観ていたのですが、アニメ後半になると「やっぱ唯はお姉ちゃんなんだなー」と思うようになりました。


 唯は他人を否定しない―――
 9話でブチギレ梓を後ろから抱きしめて「いーこいーこ」しながら抑える場面なんかは特に顕著なんですけど。6話のライブで澪を「澪ちゃんが一生懸命練習していたの、みんな分かっているよ」と励ますシーンも、7話の回想シーンで憂のためにホワイトクリスマスを演出する場面も。初詣のシーンで澪を「可愛いよ」と言ったり、13話で紬に「ムギちゃんは手も心も暖かいよ!」と言ったり。

 実は、唯は作中最も“母性”を持っているキャラなのかもと思いました。
 他人に対してイジワルをしたり否定をしたりというチャンネルがないんでしょうね。「アホな子」には案外、教師とか保母さんとかの適性があるのやも。


 「裏表がない」、その上で「他人を否定しない」―――
 こういう姉がいるからこそ妹があれだけ真っ直ぐなコに育ったとも思えるし、憂が唯を好きな理由も頷けるというものです。


 ちなみに、そんな唯だけど律に対しては「律っちゃんのくせに」とツッコミを入れるし、さわちゃん先生のセクハラはスルーするという。自分は梓に抱きついているくせに!



3.「アホな子」だから常に一生懸命
 澪や梓はよく「全然マジメに練習をしない!」と唯や律に対して愚痴っていたのだけど。
 唯は「マジメに練習」をして「マジメにサボっている」んだと思うのです。

 遊びも練習も常に全力投球というか。手の抜き方を知らないというか。
 常にアクセル全開なために進路をどっちの方向に合わせるかとか、要領よく色んなことに手を出すとかが苦手で。逆に言うと、方向さえ定まってしまえば本領を発揮する能力は持っているという。

 2年目の夏合宿の回(10話)で、昼間に散々遊んで、みんなが寝静まってから夜一人で練習していた―――というのに梓は驚いていたのですが。マジメにやるなら昼みんなで練習しろって話ですよね(笑)。
 でも、良くも悪くも唯には“方向を定める力”はなく、突如として「練習したい」モードに入っちゃうから周りからは唐突に思えるという。(付き合いの長い憂や和は、唯のそうした特性を知っている)



 「一生懸命」とか「集中している」とかは、人間の魅力として大事な一要素だと思います。
 合コン中にずっとメール打っている女とか腹立つじゃん。
 逆に、ゴハンを一心不乱にすごく美味しそうに食べている男は、見ているこっちも幸せに思えてしまうのです。

 唯の魅力って「美味しそうにゴハンをバクバク食べている男」に通じるものがある気がします。
 常に一生懸命で、幸せそうで、ニコニコしていて、キラキラしていて、観ているこちらまで幸せな気分にしてくれるというか。『けいおん!』を観ていた13週間がどうしてこうも幸せだったかは、唯が一生懸命だったおかげだろうと本気で思っています。


B00276HPFITVアニメ「けいおん!」キャラクターイメージCDシリーズ 「けいおん!」イメージソング 平沢唯
平沢唯(豊崎愛生) 大森祥子 KANATA

ポニーキャニオン 2009-06-17
売り上げランキング : 92

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「アホな子」という言葉が悪いんですけど、どうにも「劣っている」とか「平均以下だ」みたいな印象を持ってしまいがちですよね。でも、どっちかというと、「ウソをつく技術」とか「他人を否定する技術」とか「手広くこなす技術」とか、余計なものを削ぎ落としている魅力があると思うんです。

 これは「貧乳」の魅力にも通じるものがあるかな。



 自分が『けいおん!』アニメで好きだった回は……7話の「クリスマス」は別格として(笑)
 その次が13話の番外編かなーと思います。

 Aパートでは澪・律・紬・梓の4人がそれぞれ“軽音部から一歩踏み出した外で”不安やら悩みやらに直面している様を描き、それはある意味で軽音部の未来―――高校生活が終わって、それぞれが別々の道に進むかも知れない未来を視聴者に感じさせるものでした。

 どんなに楽しい時間も、いずれ終わりが来る。

 でも、唯だけは。唯だけは。
 12話のライブシーンで“(自分達が築いてきた)軽音部の今”と“(自分達が築いていく)軽音部の未来”を信じられるようになったからか。それとも単に「アホな子」だからか。

 何も変わらず、何も考えていない、アホなメールを4人に送り。
 それが彼女達の救いになり。最後、何も変わらず、いつものように部室で「めざせ武道館!」と未来への夢を語るラストシーンに繋がるという。何にも変わっていないし何も起こっていない、だけど物凄く感動的なラストシーンでした。



 僕は平沢唯が大好きです。
 自分にとって彼女のような生き方は「理想像」だから。賢くはない、むしろ「アホな」生き方だけれど、だからこそ非常に魅力的に見えるし。自分もああなりたいと考えさせられるのです。


483227693Xけいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)
かきふらい

芳文社 2008-04-26
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| ヒンヌー | 18:38 | comments:25 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

・・・

ぶっちゃけ同じ音楽アニメ・漫画として
平沢唯とのだめカンタービレののだめが似すぎ

| but | 2009/07/05 16:13 | URL | ≫ EDIT

やまなしさんがどれだけ〝平沢唯が好きなのか〟が良く解りました(笑)

「けいおん!」は漫画ともども最近見たのですが、確かに唯は「アホな子」ですね。
ただ、それ故にあの4人の中で重要なポジションを確立していると言うか――時々ポカもやらかしたりするけれど、あの〝ほんわか〟した感じが場を上手くまとめていると言うか(勿論「主人公だから」という理由もあるでしょうが)。 

自分はキャラ的には澪が好きなんですが、その澪の魅力の幾らかも唯が引き出しているような気がします。 「けいおん!」という作品に於いては無くてはならないキャラなのでしょうねw

| じぇふ茶 | 2009/07/06 01:31 | URL | ≫ EDIT

完全に同意。
「けいおん!」は唯あっての「けいおん!」でした。

| yūki | 2009/07/06 02:16 | URL |

あれ、いつ俺このブログに記事書いたんだっけ

| くさは | 2009/07/19 22:03 | URL |

お前になら唯をやっても…
いややっぱり…

| ta | 2009/07/20 01:25 | URL |

うるせー唯は俺の嫁だ
きさまなんぞに渡すか!

| ああああ | 2009/07/20 02:23 | URL |

きもちわるい

| ああああ | 2009/07/20 03:59 | URL |

こういう記事のコメントに、必ずといって良いほど書き込まれる「きもちわるい」
そういう陰湿なコメントを見る度に「え?自己紹介?」とか思ってしまう

結いの設定、本当に好きです
ここまで徹底して「アホの子」を描いた作品はなかなかないですね

|   | 2009/07/20 04:48 | URL |

切実に真剣に本気で

気持ち悪い。

| ああああ | 2009/07/20 07:26 | URL |

言いたいことはよくわかるけど

あの漫画でそれを表現してるのかと言うと正直微妙な気が・・・

でも面白いですよね

| ああああ | 2009/07/20 08:49 | URL |

はじめまして!
興味深い考察ありがとうございました。
自分もけいおんのなかでは7話が一番好きな回でした。

何度か見ているうちに一芸披露の「違うの?」の発言をしていたときのういちゃんの表情からゆいちゃんの嘘を半分嘘だと思っていたと思いました。

ボクはういちゃんが好きです。以上(笑)

| もんじやま | 2009/07/20 10:05 | URL |

じゃあ梓たんはもらっていきますね

| VIPPERな名無しさん | 2009/07/20 10:10 | URL |

漫画では表現されてないですねw
いや、でもアニメでは表現されてますよ、演出面は露骨に現れてます
キャラクターがいいので、それでいいんです。

| ううう | 2009/07/20 10:37 | URL |

きめえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

なんか可愛そうなオッサンだプギャプギャプギャーwwwwwwwwwwww

| ああああ | 2009/07/20 17:44 | URL |

あなたには感心しました。
まあ紬は俺の嫁ということでよろしいですね?

| VIPPERな名無しさん | 2009/07/20 23:22 | URL |

いい考察でやばいな。
俺の気持ちを代弁してる。

| ああああ | 2009/07/21 00:34 | URL |

素敵な考察。12話と13話、唯が魅力的すぎて頭がどうにかなりそうでした。
律が一番好きだけどねw

| ああああ | 2009/07/21 11:01 | URL |

アホの子の魅力が十分に伝わる良い文章でした。私もアホの子の魅力はその穢れのなさだにあると思います。しかし

>「その作品を好きかどうか」は理屈抜きでキャラクターの魅力で決まるんだなぁとつくづく思います。

これには賛同しかねますね。
キャラクターに魅力がなくても「秒速五センチメートル」などの素晴らしい作品はありますよ。

| ああああ | 2009/07/21 12:43 | URL |

やたら格好良い考察だ。ある種の感動さえ覚える。
作者は単なる「一時的に、あるいは流行的に誰それをとにかくほめちぎる集団」の中の没個性的個人のうちの一人ではない。
ありがちな「俺は誰々が好き」だけに終始するのでなく、自分の好きな対象について、「何故自分が対象に魅力を感じるのか」を説明する(出来る)ことは素晴らしい。

最後に一言。あずにゃんは俺のお嫁さんです。

| ああああ | 2009/07/22 16:07 | URL |

貴方の唯を想う気持ちには完敗です。

じゃあ変わりに澪はもらっていきますね

| あふぁ | 2009/07/22 19:18 | URL |

やまなしさんにとって「きもちわるい」は褒め言葉でしょうね
1キャラにおいての愛を語るのはなかなか簡単ではない
唯の魅力を再認識しました。
自分は律ちゃん派ですがww

| VIPPERな名無しさん | 2009/07/23 01:39 | URL |

みんな取られた・・・・
さわ子先生は私の物で良いですね?

| 名無しさん。 | 2009/07/23 05:17 | URL |

いくつだよオッサン。気持ち悪い。

| ああああ | 2009/09/28 13:30 | URL |

>いくつだよオッサン。
区別のついてない子供と一緒にするべきじゃないです。これは理想。別問題。
それに、語れるものがあるだけ、少なくとも空っぽな人よりはましです。

| 空っぽ | 2009/09/29 07:21 | URL |

今まで私は、作品自体の面白さを話す事はあったのですが、なかなかキャラクター自身について考察を書くという事はありませんでしたね。
楽しんで読ませて頂きました。ありがとうございました。

最後に、あなたに一言申し上げたい事があります。

唯は俺の嫁です。それも本妻です。

なので、愛だけは負けません。

| Shijimi | 2009/12/09 22:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/969-26bba092

TRACKBACK

愛というものについての考察

 いつの頃からか…  毎日毎日深夜枠にてアニメが大量に放送され、全ての番組を網羅することは難しくなりました。  毎日だから結構な本数が登場しては忘れられていく…製作に手間のかかるアニメですら大量生産の時代。  一つ一つの作品に色んな作者の想いが込...

| 徒然WEED | 2009/07/20 21:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT