やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は誰?という問題

友人「オマエって『ゼルダ』好きだよね?」
やま「うん、大好き。」
友人「知ってる?『ゼルダ』の主人公はゼルダって名前じゃないんだよ」
やま「『ゼルダ』を好きなのにソレを知らない人なんているの?」


 『ゼルダの伝説』シリーズが大好きな自分と、『ゼルダの伝説』シリーズをやったことがない友人の会話。よくある“あるあるネタ”ですよね。『ゼルダの伝説』の主人公をゼルダだと思っている人がいる、みたいな。


 『ゼルダの伝説』シリーズを未経験な人に解説をします。
 『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は「リンク」、ヒロインが「ゼルダ姫」、悪いヤツが「ガノンドロフ」、馬が「エポナ」、35歳独身が「チンクル」―――イメージしやすい喩えを出すのなら、それぞれ「マリオ」「ピーチ姫」「クッパ」「ヨッシー」「ルイージ」と置き換えればイイんじゃないかと思います。ルイージ=チンクル説。


 ……というのが、『ゼルダ』シリーズ未経験者に対する模範回答。
 ただ、この「ゼルダシリーズの主人公は誰?」という問題、掘り下げれば掘り下げるほど奥が深くなっていくのです。


 上で挙げた「マリオ」「ピーチ姫」「クッパ」「ヨッシー」「ルイージ」は、基本的にどの『マリオ』作品でも同じ人物です。絵柄とか性格とか設定が違っていても、「マリオ」は「マリオ」なんです。
 しかし、『ゼルダの伝説』シリーズの場合、同じ「リンク」という名前の主人公ではあるものの作品によって別な人物なのです。『トワイライトプリンセス』の「リンク」と、『夢幻の砂時計』の「リンク」は別人なんですよね。


 「作品によって」というのは誤解を招きそうなので、とりあえずのリスト。
● 『ゼルダの伝説』(ディスクシステム/86年)→『リンクの冒険』(ディスクシステム/87年)
● 『神々のトライフォース』(スーファミ/91年)→『夢をみる島』(ゲームボーイ/93年)
● 『時のオカリナ』(64/98年)→『ムジュラの仮面』(64/00年)
● 『風のタクト』(ゲームキューブ/02年)→『夢幻の砂時計』(DS/07年)
● 『トワイライトプリンセス』(ゲームキューブ&Wii/06年)→『ボウガントレーニング』(Wii/08年)

 基本的には、一番左を“本編”と考え。それぞれに独立した主人公と世界観があり。
 そこから派生した作品(スピンオフ?外伝?後日譚?)は、“本編”と共通の主人公・世界観を持っているのです。“本編”で使われた主人公・世界観を使って続編を作っているという感覚ですかね。『FF10』と『FF10-2』とか、『FF4』と『FF4ジ・アフター』みたいなものです。
 カプコン開発の作品は除いたんですが、どうやら『ふしぎの木の実』は『神々のトライフォース』の後日譚らしいですね。


 分かりやすく言うと、2009年現在『ゼルダの伝説』シリーズには“5つの本編”があり(『ドラクエ』や『FF』におけるナンバリングタイトルのようなもの)―――それぞれの“本編”にはそれぞれの「主人公:リンク」や「ヒロイン:ゼルダ姫」が存在するということです。
 『FF』シリーズにおける「シド」もそうですね。同じ名前で同じような役割を持つキャラが複数作品に登場するんだけど、世界観が違うのであくまで別人なのです。


 ……というのが、『ゼルダ』シリーズ初級者に対する模範回答ですかね。
 ですが。実はこの説明には間違っているところがあって、『ゼルダ』シリーズはものすごい長いスパンで歴史が繋がっているという裏設定があります。
 喩えば『時のオカリナ』の数百年後の世界が『トワイライトプリンセス』の世界だとか、その更に数百年後が『神々のトライフォース』だとか、その数百年後が『ゼルダの伝説』だとか……公式設定・裏設定・推測憶測噂話の類がワンサカ溢れているのです(数百年後じゃなくて百数年後だったかも)。知っていないと楽しめないというものでもないんですけどね。

 そのため「リンク」という名前の主人公は、同一世界における「子孫」か「生まれ変わり」とされているとか。「ゼルダ姫」もそうですね。姫なんだから王家の血を受け継いでいるのは当然か。王家で同じ名前を受け継ぐのもそんなに珍しい話じゃないですよね。ただ「ガノンドロフ」だけは同一人物が作品の度に甦っているとか、うんぬんかんぬん。
 ということで、似ている他作品の例で言うと、『ファイナルファンタジー』のシドというよりも、漫画『火の鳥』における猿田彦に近いと説明すれば分かりやすいですかね。分かりやすくないですか、そうですか。



 ……「『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は誰?」という質問に対する、設定面からの回答はこれであらかた終了です。
「ゼルダの主人公はリンクだよ」
「リンクは作品によって違う人物なんだよ」
「それぞれ生まれ変わりみたいなものなんだよ」

 3行で説明がつきました。長々と書いてきたのは何だったのだ。





 しかし、表現論からの回答を考えると、更にややこしいものとなります。
 ここまで一貫して僕は「ゼルダの主人公はリンクだよ」と書いてきましたが、実はこれは大嘘でした。ゴメンなさい。『ゼルダの伝説』シリーズの多くは主人公の名前を自分で決められるのです。

 なので、僕の中での『トワイライトプリンセス』の主人公は「G.G.さとう」です。
 でも、「ゼルダの主人公の名前って何だっけ?」と訊かれて「G.G.さとう」と答えるのはどうかと思いますよね(笑)。

 感覚的には『FF4』~『FF10』までの主人公に近いのかも。
 『FF7』の主人公の名前は恐らく大多数の人が「クラウド」だと思っていることでしょう。正確には自分で自由な名前を付けられるのですが、公式設定が「クラウド」になっているので、自分が何という名前を付けていても「FF7の主人公はクラウドだった」と認識しているんじゃないかと思います。


 しかし、この説明でもまだ不十分なのです。ややこしくてゴメンなさい。
 『FF』シリーズの主人公が自我を持ってそれぞれの台詞を語るのに対して、『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は喋りません。その喋らなさ具合は『ドラゴンクエスト』シリーズに近いものがあります。しかし、『ドラクエ』の主人公はあくまで「プレイヤー自身」で公式な名前が付けられていないのに対して、『ゼルダ』の主人公は「リンク」という公式な名前が付いています。


 『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は誰?
 シンプル極まりない質問ですが、突き詰めれば突き詰めるほどワケが分からなくなります。
 『FF』とも『ドラクエ』とも違う、『ゼルダ』シリーズ独特の“主人公”論がそこにはあるんじゃないかと思うのです。


ゼルダの伝説 夢幻の砂時計ゼルダの伝説 夢幻の砂時計

任天堂 2007-06-23
売り上げランキング : 513

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

● 主人公は「キャラクター」か「プレイヤー自身」なのか
 と、考え始めたのも……『最終防衛ライン2』さんのこの記事を読んだからです。


 最近 無言主人公とプレイヤーの距離がおかしい

 2007年の記事。
 元々は『ドラクエ9』の記事にリンクを貼られていたんですが、自分は『ドラクエ9』未プレイで『トワイライトプリンセス』クリア直後だったために2007年のこの記事を興味深く読んでしまいました。『トワイライトプリンセス』の主人公は誰だったのか?


 日本では二大RPGと呼ばれる『FF』と『ドラクエ』―――
 『FF』の主人公は「キャラクター」です。『FF4』の主人公はセシルだし、『FF5』の主人公はバッツだし、『FF7』の主人公はクラウドです。『10』までの主人公は名前を変更出来るけれど、名前を「クソ玉投げ太郎」にしてもセシルはセシルの言葉を喋るし、バッツはバッツの言葉を喋るのです。

 だから、『FF』を始めとするキャラクター主導のRPGに対して「物語を観ているだけだ」と批判する人もいるのですけど、『FF』を支持している人はそうしたキャラクター達のドラマを期待して買っているので、その批判はどうなんだろうにゃーとは思います。


 『ドラクエ』の主人公は「プレイヤー自身」です。没入度を増すために主人公は喋らず、代わりに『4』~『8』はサブキャラクターに個性を持たせることで物語を進行させていました。主人公に個性はないのです。その究極の形が『9』ですよね。顔も体型も性別も職業も自由に選べるので、プレイヤーの数だけ主人公がいる。
 こないだの記事にもチラッと書きましたが、『どうぶつの森』は『ドラクエ』に近いです。没個性化された主人公をプレイヤーが自分なりに着せ替えて、個性的な住人とスローライフを送るというゲーム。プレイヤーの数だけ主人公がいる。

(関連記事:『ドラクエ』の主人公に自分の名前を付けられますか?
(関連記事:『ドラゴンクエスト9』が狙う「どうぶつの森の“次の1本”」の位置



 『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は『ドラクエ』の主人公に近いと思う人も多いでしょう。
 「主人公=プレイヤー」型のRPGだと思っている人も多いでしょう。
 上で記事を紹介した『最終防衛ライン2』さんもそうですし、Wikipedeiaにも「(主人公は)名前や性格はプレイヤーとの一体感を持たせるために特定されていないが、」という記述があります。


 でも、自分はそうじゃないんじゃないかなーと思うのです。
 少なくとも『トワイライトプリンセス』はそうではなかったと思うのです。
 発売後の青沼さんのインタビューを読むと、今回のリンクは「16歳」で「やんちゃ」で「背伸びしてかっこつけてる」と細かい性格を設定しているそうなんですよ。実際『トワイライトプリンセス』をプレイしていると、そういう印象を持ちました。
 「20代」で「引きこもり」で「なるべく人目のないところでひっそりと死にたい」と思っている自分にはちっとも「自分自身」には思えないワケです。


 「リンク」はあくまで「リンク」というキャラクターであって、「自分自身」には思えません。
 スタッフ側も「プレイヤー自身だと思ってもらおう!」というよりは「今度のリンクはこういう性格でいこう!」と考えているんじゃないかなーと思うのです。



 そもそも「マリオ」も「カービィ」も喋りませんからね。
 喋らない主人公というのは任天堂作品の大きな特徴とも言えて、しかしだからといって「マリオ=自分自身」と思ってプレイする人はそんなに多くないでしょう。なので、僕は「リンク」もあくまで「リンク」というキャラクターなんじゃないかと考えています。

 でもそうすると、「何故ゼルダの伝説は主人公の名前を自分で決められるのか」という疑問が出てきますよね。僕は『トワイライトプリンセス』を「G.G.さとう」という主人公でクリアしたのに、同じ世界観のスピンオフ作品は『リンクのボウガントレーニング』なんですよ。誰だよ、リンクって!オマエなんか知らねえよ!と(笑)。

 こう書くと「名前を自分で付けられるゲーム」が嫌いみたいに思われるかも知れないんですが、実は逆、大好きです。主人公に「G.G.さとう」とか付けられるのが嬉しいです。でも、『スマブラ』とか『ボウガントレーニング』とかでキャラを使う際には「リンク」という名前がないと困りますしねぇ。



 『ゼルダの伝説』シリーズの主人公は誰?
 この質問の奥が深いのは―――任天堂が得意とする「人気キャラクターを使って様々なゲームに登場させる」という“どちらかと言うとライト寄り”な施策と、一作品・一作品キッチリと世界観を作り上げて物語を描くという“どちらかと言うとコア寄り”な施策の間で揺れ動いているからかなーなんて思いました。


ゼルダの伝説 トワイライトプリンセスゼルダの伝説 トワイライトプリンセス

任天堂 2006-12-02
売り上げランキング : 525

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 17日19時追記:
 コメント欄にて興味深い指摘をされたので、追記。

<以下、引用>
神トラが最新作だった頃のムック本?だと
前二作は「リンク」だけど今度のは「リンク」ではないという事でか
名前を使わずに主人公を解説してたような記憶が
</ここまで> 


 そうだ、そうだった。
 自分も『神々のトライフォース』が初ゼルダだったのですが……確か当時「リンク」という名は『ゼルダの伝説』『リンクの冒険』の主人公のことであって、『神々のトライフォース』の主人公はその先祖にあたる「あなた自身」だったような記憶があります。
 んで、『時のオカリナ』が出た際に「主人公のリンクが…」と記述されていて驚いたんだったような。


 バーチャルコンソールの公式サイトで確認してみると……
 ディスクシステム版『ゼルダの伝説』には「少年剣士リンクとなって、」という記述が。
 『神々のトライフォース』「主人公」「あなた」と徹底して書かれていて。
 『時のオカリナ』には「今回の主人公は、コキリの森に住むコキリ族の少年リンクです。」とハッキリと書かれていました。
※ 名前の変更は全作品で出来る


 つまり―――5つの『ゼルダ』本編において、『神々のトライフォース』の主人公だけは「リンク」という名前ではなかったんですね。いや、むしろ『時のオカリナ』以降は『ゼルダ』シリーズの主人公の名を「リンク」に統一しようとしたということか。

| ゲーム雑記 | 17:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

初ぜル伝だった「神々のトライフォース」の取説の写真だと
ニンテンとつけられてて、これが公式名と思ってたっけw

神トラが最新作だった頃のムック本?だと
前二作は「リンク」だけど今度のは「リンク」ではないという事でか
名前を使わずに主人公を解説してたような記憶が

あと名前ネタと言えば「どろぼー」は忘れられませんな

| ああああ | 2009/08/17 11:44 | URL |

『リンク』が全面に押し出されているのは、実はスマブラシリーズくらいで、本編ゼルダでは『リンク』は曖昧です。

…なんていう話を聴きましたが
昔はゼルダの主人公の名前は曖昧だった
→しかし、スマブラで『リンク』が有名になってから、ゼルダの主人公=リンクになったし、説明書でも『リンク』と記載するようになった
→しかし、今まで出来たことが出来なくなると問答無用で批判されるから、名前変更だけは出来るまんまにしておいた

…という仮説を立ててみるも、時オカの地点で『リンク』なら矛盾してるよなぁ…。

初ゼルダのムジュラの仮面の名前入力画面で、単にファイル名を付けるだけだと思って適当な名前を入力したら、『リンク』まで終始適当な名前で呼ばれて後悔したのを覚えてます。
その点トワイライトだと最初から『リンク』と入力されているから誤解がなくて良さそうですね。夢幻の砂時計だとDS本体の名前が最初入力されてるから誤解を受けそう。(いきなり、どせいさんのたまご、と出てビビった記憶が)

| 土星産の卵 | 2009/08/17 19:33 | URL | ≫ EDIT

追記
『リンク』の冒険を忘れてた。ますます矛盾した仮説な気がします。

とはいえ、名前変更は昔からやってたから何となく引き継いでいるだけ、というのはあるような気がする。

| 土星産の卵 | 2009/08/17 19:40 | URL | ≫ EDIT

しかしその神トラもCMでは「リンク」って言ってたりする。
http://www.youtube.com/watch?v=c0o-yMRP-Cs

ゼルダ姫が「あぶなーいゼルダ」と言っている(ように見える)なw

| 774 | 2009/08/19 09:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/989-c308842f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT