やまなしなひび-Diary SIDE-

変わらない価値のあるもの

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『Wii Fit Plus』をダウンロード販売になんて出来るワケがない

 『どき魔女ぷらす』→『ラブプラス』→『Wii Fit Plus』だと思うよ往乃さん!
 また女性トレーナーに恥ずかしいポーズを取らせて股間をガン見する日々が始まるお!



 という変態じみた宣言は置いておくとして―――
 今のウチのブログは「コメント欄に返信しない」という方針を取っているので、他所様のブログに対して反論エントリを書くのは失礼かなとも思うのですが。自分にとっても無視できない話題なので、失礼を承知で今日はこの話題にします。


 もしかして、マジで「Wii Fit Plus」はダウンロード販売しないの?
 (情報元:電気カチューシャさん)

 白状しますけど、自分も以前に『Wii Fit Plus』はガセネタであってくれ!という記事を書いた際に同じようなことを主張していたんですよ。当時はまだ正式発表前だったので、「出すんだったらダウンロード専売にすればいいのに」と。

 「もし『Wii Fit』の続編を出すのなら『ちょっと脳トレ』のようにダウンロード専売にした方がリスクが少ないでしょうし、ディスクの入れ替えをしなくて良いし、『からだチェックチャンネル』などとの連動もしやすいでしょうしね。」



 なので、他所様への反論エントリというよりは、自戒の念を込めて書かなきゃならんと思うのです。
 『Wii Fit Plus』をダウンロード販売なんて出来るワケがありません。


 Wiiのフラッシュメモリじゃ容量が全然足りないもの。
 Wii本体に内蔵されているフラッシュメモリは512MB。しかしこの容量を自由に使えるワケではなく、アップデートやらセーブデータやらにも活用されることも見越して、Wiiウェアには1タイトルにつき40MBという容量制限が付いているそうです。DLCを使うとコレをオーバーしている作品もあるなんて話も聞きますけどね。

 一方のWiiディスクの最大容量は……
 一層で、大体4.3~4.5GBくらいだと言われています。二層だと8GB前後。

 もちろんディスクの容量を全部使っているワケではないでしょうが、4GBと40MBじゃケタの次元が違いますよね。『Wii Fit Plus』は前作の機能を全て残した上で、トレーニングの組み合わせやらプログラムやら新トレーニングやらといった新機能を追加した完全版―――実際にどのくらいの容量を使っているかは知りませんけど、少なくとも40MBよりは多いんじゃないかと思いますよ。

 なので、『Wii Fit Plus』はダウンロード販売に出来なくて当然。
 むしろダウンロード販売出来る程度のソフトで「完全版Wii Fit」を名乗らないで欲しいです。



 こういう話になると、恐らく「SDカードメニュー使えばイイじゃん」「アレなら8GBまで入るんしょ?」と仰る人が出てくるでしょう。
 しかし、SDカードメニューというのは、SDカード内に保存されているゲームソフトをWiiのフラッシュメモリに“一時的にコピー”して起動する―――という言わば裏技。そのためにフラッシュメモリ内にソフト分の空き容量を確保していなければ使えませんし、当然ながらフラッシュメモリの最大容量を超えるソフトなんか起動できません。



 『ちょっと脳トレ』のようなお手軽版ならともかく、バランスWiiボードを持っている人は『Wii Fit』も持っているので『ちょっとWii Fit』なんて要らないでしょうし。『Wii Fit完全版』を出すからにはパッケージソフトでなければならなかったというのは当然のことだと思います。

 「ディスクの入れ替え面倒くさいからダウンロード販売にして欲しかったなー」という気持ちは僕にもありますけど、そのために最低限の「体重を量る機能」だけはWiiチャンネルにコピー出来るワケですし。コレ以上は文句を言っても仕方がないんじゃないかと思うのですよ。


Wiiフィット プラス(ソフト単品)Wiiフィット プラス(ソフト単品)

任天堂 2009-10-01
売り上げランキング : 1

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Wiiフィット プラス(バランスWiiボードセット)Wiiフィット プラス(バランスWiiボードセット)

任天堂 2009-10-01
売り上げランキング : 45

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

○ ということで、「Wiiソフトのダウンロード販売」について考えてみます
 こうなると「そもそもハードディスクを内蔵しなかったWiiが悪い」みたいな反論が出てくるパターンですよね……PS3もXbox360もハードディスクがあるからこそ(Xbox360にはハードディスクがないモデルもあるけど)、一部のパッケージソフトをそのままダウンロード販売しているワケですし。

 でも、Wiiが「家族の記録を蓄積するゲーム機」という理念で作られた以上、寿命に不安があるハードディスクを選ばなかったのには自分は賛成です。フラッシュメモリの容量も、2006年末に発売するという絶対条件から考えればアレが限界だとも思います。
 「なら、もっとゲームキューブを引っ張ってWiiの発売を遅らせて、最初から大容量フラッシュメモリ&モーションプラス搭載で出せば良かったんだ」と言う人も沢山いるんですけど。それは「Wiiは成功した」今だから言える結果論であって。自分は以前にも書いたように、任天堂が64・ゲームキューブで二連敗した要因の一つに「発売時期が(PS・PS2に比べて)遅かった」ことがあると思っているので。コレ以外の選択肢はなかったんじゃないかと思うのですよ。

(関連記事:「収穫逓増」に挑んだ任天堂の戦略



 あと……これはまぁ「現状では」というカッコ付きの話なんですが。
 任天堂は「ダウンロードソフト」と「パッケージソフト」を棲み分けたいと考えているんじゃないかと思います。
 喩えば『Wii Fit Plus』は……いっつも予測を外す僕の予測ですけど、100万本は微妙でも50万本売れるのは堅いソフトだと予想しています。50万本クラスのソフトをダウンロード販売(併売でも専売でも)にしたら、小売店を敵に回しかねないんじゃないかと思うのです。

 DSiウェアで過去作の切り売りみたいなことをしていますけど、アレは「昔の作品」だからやれていることでしょうしね。『顔トレ』なんかはパッケージソフトでスッ転んだソフトですけど、ダウンロード販売で復活させたいのでしょう。
 5日夕方時点でAmazonでは70%オフの1450円ですから、ソフトの入れ替えさえ面倒じゃなければパッケージソフトでもお得なんじゃね?とは思わなくもないですが。


フェイスニングで表情豊かに印象アップ 大人のDS顔トレーニング(顔認識カートリッジ「フェイスニングスキャン」&ニンテンドーDSシリーズ専用スタンド同梱)フェイスニングで表情豊かに印象アップ 大人のDS顔トレーニング(顔認識カートリッジ「フェイスニングスキャン」&ニンテンドーDSシリーズ専用スタンド同梱)

任天堂 2007-08-02
売り上げランキング : 386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ということで、「ガセネタであってくれ!」の記事ではボロクソに批判した僕ですが……今回の『Wii Fit Plus』には大賛成です。それでも自分は購入を迷っていたのですが、母親が「なら私が買う」とのありがたい御言葉。

 やっぱ値段ですよね。
 2000円という価格は「前作を買ってくれた人」への感謝価格なんでしょうが、長らく続いていたWiiソフト市場の低迷打破のためにも思い切って勝負に出てくれたなーと感心しました。『Wii Sports Resort』だって、何だかんだ日欧米でそれぞれ100万本突破という結果を残していますしね。「何だかんだ」批判をしていたのは自分だけな気もするけどなっ!



 今でも自分は「続編ソフトばっかりなのは…」とは思っているんですけど……
 2006年頃にドカッと拡大させたゲーム人口の興味を引くために、『Newマリオ』とか『Wii Sports』とか『Wii Fit』の続編を出すというのはそれほど間違ったことではないと思うようになりました。
 『Wii Sports』の“次の1本”が『Wii Sports Resort』だったとか、『Wii Fit』の“次の1本”が『Wii Fit Plus』だったとかなら寂しい話なんですけどね……結局、その増えたゲーム人口を引き付けられるソフトを(サードメーカー含めて)出せなかったということですから。

| ゲーム雑記 | 17:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

寿命についてですが、フラッシュメモリにも寿命はありますよ。
材料と仕組みの特性によるもので、だいたい数百万回の書き込みや消去が寿命とされています。
一方のHDDはフラッシュメモリのような明確な寿命はなく、利用する環境や頻度によって大きく変動すると言われていますが、ゲーム機のような用途ではヘビーユーザーが毎日数回起動停止を繰り返し、数時間ずつ遊んだとしても5年やそこらで壊れるようなものではありません。
決まった書き込み回数で確実に寿命が短くなるフラッシュメモリと、利用環境に大きく左右される機械的な寿命のHDDでは簡単に比較できませんが、今のゲーム機のような使われ方では、どちらかというとフラッシュメモリの方が寿命は短くなる可能性が高いのではないでしょうか。
逆に、デジカメで撮った写真を撮り貯めるような用途では、フラッシュメモリは半永久的に保存が可能ですが、HDDは電源を入れなくても数年~数十年で確実に壊れてしまうので、HDDの方が寿命が短いと言えます。

| どんちゃん | 2009/09/06 18:52 | URL |

はじめまして

はじめまして、Tといいます。

やまなしレイのブログは文字にメリハリがあって見やすいですね。
またWEBマンガ好きという事で・・・トップ絵もご自身でかかれたのでしょうか?
自分はまったく絵心がないのですごいなと思いました。

私もサイトを運営しているのですが、「良いサイトだな」って思ったので勝手ながらリンクさせてもらいました。
URL:http://internet-game-m.seesaa.net/article/127540655.html

無料でできるインターネットゲームを紹介しているサイトです。

また、厚かましいお願いですみませんが、もし良かったら相互リンクをお願いできませんか?
リンクOKだったら、以下サイト情報ですので、使ってくれると嬉しいです。(もちろんリンクのみでも構いません)

サイト名:インターネットゲーム無料屋
URL:http://internet-game-m.seesaa.net/
サイト説明:無料の「インターネットで遊べるオンラインゲーム」を紹介しています。
RPG、パズル、戦争ゲーム等、様々なジャンル有り。

検討よろしくお願いします。
もしOKなようでしたらお手数ですが当サイトに一言コメントくれると助かります。

では。また遊びに来ますね。

| T | 2009/09/09 00:22 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/tb.php/999-6aafd2ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT